【SONY】α7III その進化に迫る Part2 | THE MAP TIMES 
Select Language



【SONY】α7III その進化に迫る Part2

[ Category:SONY|掲載日時:2018年02月27日 20時26分]


α7III ブログ
マップカメラが注目する
α7Ⅲの特徴
α7Ⅲは凄い!
ライバル機とスペック比較

α7シリーズ 比較

α7IIから大幅に進化した『α7III』。α9・α7RIIIで培われた技術が多く使われていることもあり、ボディ形状や操作系のみならず・ファインダー倍率・サイレント撮影性能・動画撮影機能など多くの共通点がみられます。

  SONY α7III SONY α7II SONY α7RIII
センサータイプ 35mmフルサイズ裏面照射型CMOS 35mmフルサイズCMOS 35mmフルサイズ裏面照射型CMOS
有効画素数 2420万画素 2430万画素 4240万画素
ISO感度
(静止画)
100~51200
(拡張50〜204800)
100~25600
(拡張50〜25600)
100~32000
(拡張50〜102400)
カードスロット デュアルスロット
(スロット1は UHS-IIに対応)
シングルスロット デュアルスロット
(スロット1は UHS-IIに対応)
ボディ内 手ブレ補正 5.0段/5軸 4.5段/5軸 5.5段/5軸
ファインダー 0.5型電子ビューファインダー
約240万ドット
0.5型電子ビューファインダー
約240万ドット
0.5型電子ビューファインダー
約368万ドット
ファインダー倍率 約0.78倍
(50mmレンズ・∞・-1m-1
約0.71倍
(50mmレンズ・∞・-1m-1
約0.78倍
(50mmレンズ・∞・-1m-1
オートフォーカス測距点 693点(位相差検出方式)
425点(コントラスト検出方式)
399点(位相差検出方式)
25点(コントラスト検出方式)
399点(位相差検出方式)
425点(コントラスト検出方式)
サイレント撮影 最高10コマ/秒 最高10コマ/秒
最高連写速度 最高10コマ/秒(AF/AE追従) 最高5コマ/秒(AF/AE追従) 最高10コマ/秒(AF/AE追従)
連続撮影枚数 89コマ(圧縮RAW) 23コマ(圧縮RAW) 76コマ(圧縮RAW)
動画撮影 4K記録
S-Log2,S-Log3
HLG対応

S-Log2
4K記録
S-Log2,S-Log3
HLG対応
液晶モニタ 3.0型
約92万ドット
タッチフォーカス/タッチパッド対応
3.0型
約122.9万ドット
3.0型
約144万ドット
タッチフォーカス/タッチパッド対応
バッテリー撮影可能枚数 NP-FZ100
約710コマ
NP-FW50
約290コマ
NP-FZ100
約530コマ
寸法(W×H×D)
質量(ボディのみ)
約126.9×95.6×62.7mm
約565g
約126.9×95.7×59.7mm
約556g
約126.9×95.6×62.7mm
約572g



他メーカー ライバル機 比較

ミラーレス機と一眼レフ機の構造的な違いはあるものの、やはり最新機種である『α7III』の方が有利な点が目立つ結果になりました。しかしミラーレス機は電力を多く使用する分、バッテリーの撮影可能枚数は一眼レフ機の方がまだまだ上手。同じような使い方で撮影をするのなら、予備バッテリーがあったほうが安心かもしれません。

  SONY α7III Nikon D750 Canon 6D MarkII
センサータイプ 35mmフルサイズ裏面照射型CMOS 35mmフルサイズCMOS 35mmフルサイズCMOS
有効画素数 2420万画素 2493万画素 2620万画素
ISO感度
(静止画)
100~51200
(拡張50〜204800)
100~12800
(拡張50〜25600)
100~25600
(拡張102400)
カードスロット デュアルスロット
(スロット1は UHS-IIに対応)
デュアルスロット シングルスロット
ボディ内 手ブレ補正 5.0段/5軸 (手ブレ補正はレンズに依存) (手ブレ補正はレンズに依存)
ファインダー 0.5型電子ビューファインダー
約240万ドット
アイレベル式ペンタプリズム
視野率100%
アイレベル式ペンタプリズム
視野率98%
ファインダー倍率 約0.78倍
(50mmレンズ・∞・-1m-1
約0.7倍
(50mmレンズ・∞・-1m-1
約0.71倍
(50mmレンズ・∞・-1m-1
オートフォーカス測距点 693点(位相差検出方式)
425点(コントラスト検出方式)
51点(位相差検出方式)
15点(クロスタイプ)
45点(位相差検出方式)
45点(クロスタイプ)
サイレント撮影 最高10コマ/秒(無音) 最高3コマ/秒(静音) 最高3コマ/秒(静音)
最高連写速度 最高10コマ/秒(AF/AE追従) 最高6.5コマ/秒(AF/AE追従) 最高6.5コマ/秒(AF/AE追従)
連続撮影枚数 117コマ(JPEG) 100コマ(JPEG) 150コマ(JPEG)
動画撮影 4K HD 4K
液晶モニタ 3.0型
約92万ドット
タッチフォーカス/タッチパッド対応
3.2型
約122.9万ドット
3.0型
約104万ドット
タッチフォーカス/タッチシャッター対応
バッテリー撮影可能枚数 約710コマ 約1230コマ 約1200コマ
寸法(W×H×D)
質量(ボディのみ)
約126.9×95.6×62.7mm
約565g
約140.5×113×78mm
約750g
約144.0×110.5×74.8mm
約685g






<< 前の記事へ




〓〓新製品〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2018年02月27日 20時26分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

虫撮りその2 【SONY】α77II 虫撮りその2 2018年12月15日
前回、撮影に行ってから2ヶ月ほど経ちました。その間に秋を飛び越えたように冬の寒さになった気がしました。 さて、こんな寒さになっても虫はいるのでしょうか。 愛機のSONY α77IIボディILCA-77M2とTAMRON SP 180mm F3.5 Di LD[IF] MACROを持って、 近くの公園に虫撮りに行ってきました。 この蝶(クモガタヒョウモン)や川の中にモツゴ(関東名ではクチボソ)稚魚を撮りに行った頃と違い季節が急に冬になった気がしました。 なんとか、この気候にいる昆虫・魚に会いたいものです。 探したのです...
続きを読む
null ネガフィルム撮り比べしてみました 2018年12月14日
現在デジタルカメラが主流になっていますが、フィルムで撮るとデジタルとはかなり違った印象になります。 今回はいろいろなフィルムで撮影した写真をご紹介していきます。 ちなみに個人的にはいかにもフィルム、というような粒子感が好きです。 なおすべて現像と一緒にスキャンしてもらったため、自動補正が掛かっています。 Canon EF35mm F2 IS USM FUJICOLOR 100 Canon EF35mm F2 IS USM Kodak UltraMAX 400 Carl Zeiss Distagon T* 25mm F2.8 ZF Kodak PORTRA160...
続きを読む
【Canon】R Playing  vol.02 【Canon】R Playing vol.02 2018年12月13日
という訳で晴れた日の撮影。 と言っても、陽がすでに落ち始め、、 秋の感覚を引きずったままだと時間の早さにびっくりします。 さて、今回のレンズも「EF35mm F1.4L II USM」と「EF135mm F2L USM」 どちらも本当に良いレンズです。 一枚目は陽が落ちかけの逆光での撮影、どうでしょう。 このレンズを使いたくなる理由はお分かりいただけるでしょうか。 Vol.1でも同じレンズを使っているので感想は簡単に。 線が細く、丁寧な描写をします。 基本的に解像が良くなれば良くなる...
続きを読む
【Canon】R Playing  vol.01 【Canon】R Playing vol.01 2018年12月13日
みなさま写真、楽しんでますか。 とうとうフルサイズミラーレスも群雄割拠の時代。 Canonからも待望の EOS R が発売されました。 今回は同時に2本、晴れた日と曇った日を撮影しましたので、それぞれご紹介させていただきたいと思います。 Canonの現像ソフト「DPP」でRAW画像を現像しました。 調整したのはほぼ「明るさ」のみ。 ピクチャースタイルは「ディテール重視」 EOS R のセンサーの素質の良さを感じました。 撮って楽しい、撮った後も楽しい。 こちらは曇天。 枯葉で地面が埋まるこ...
続きを読む
新品・中古デジタルカメラ人気ランキング 2018年11月 新品・中古デジタルカメラ人気ランキング 2018年12月12日
新品デジカメ11月ランキング 1位 Canon EOS R ミラーレス一眼カメラ 2位 SONY α7III ミラーレス一眼カメラ 3位 Nikon Z6 ミラーレス一眼カメラ 4位 FUJIFILM X-T3 ミラーレス一眼カメラ 5位 SONY Cyber-shot DSC-RX100M6 コンパクトデジタルカメラ 6位 SONY α7RIII ミラーレス一眼カメラ 7位 Nikon Z7 ミラーレス一眼カメラ 8位 OLYMPU...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]