【SONY】α7III その進化に迫る Part2 | THE MAP TIMES 
Select Language



【SONY】α7III その進化に迫る Part2

[ Category:SONY|掲載日時:2018年02月27日 20時26分]


α7III ブログ
マップカメラが注目する
α7Ⅲの特徴
α7Ⅲは凄い!
ライバル機とスペック比較

α7シリーズ 比較

α7IIから大幅に進化した『α7III』。α9・α7RIIIで培われた技術が多く使われていることもあり、ボディ形状や操作系のみならず・ファインダー倍率・サイレント撮影性能・動画撮影機能など多くの共通点がみられます。

  SONY α7III SONY α7II SONY α7RIII
センサータイプ 35mmフルサイズ裏面照射型CMOS 35mmフルサイズCMOS 35mmフルサイズ裏面照射型CMOS
有効画素数 2420万画素 2430万画素 4240万画素
ISO感度
(静止画)
100~51200
(拡張50〜204800)
100~25600
(拡張50〜25600)
100~32000
(拡張50〜102400)
カードスロット デュアルスロット
(スロット1は UHS-IIに対応)
シングルスロット デュアルスロット
(スロット1は UHS-IIに対応)
ボディ内 手ブレ補正 5.0段/5軸 4.5段/5軸 5.5段/5軸
ファインダー 0.5型電子ビューファインダー
約240万ドット
0.5型電子ビューファインダー
約240万ドット
0.5型電子ビューファインダー
約368万ドット
ファインダー倍率 約0.78倍
(50mmレンズ・∞・-1m-1
約0.71倍
(50mmレンズ・∞・-1m-1
約0.78倍
(50mmレンズ・∞・-1m-1
オートフォーカス測距点 693点(位相差検出方式)
425点(コントラスト検出方式)
399点(位相差検出方式)
25点(コントラスト検出方式)
399点(位相差検出方式)
425点(コントラスト検出方式)
サイレント撮影 最高10コマ/秒 最高10コマ/秒
最高連写速度 最高10コマ/秒(AF/AE追従) 最高5コマ/秒(AF/AE追従) 最高10コマ/秒(AF/AE追従)
連続撮影枚数 89コマ(圧縮RAW) 23コマ(圧縮RAW) 76コマ(圧縮RAW)
動画撮影 4K記録
S-Log2,S-Log3
HLG対応

S-Log2
4K記録
S-Log2,S-Log3
HLG対応
液晶モニタ 3.0型
約92万ドット
タッチフォーカス/タッチパッド対応
3.0型
約122.9万ドット
3.0型
約144万ドット
タッチフォーカス/タッチパッド対応
バッテリー撮影可能枚数 NP-FZ100
約710コマ
NP-FW50
約290コマ
NP-FZ100
約530コマ
寸法(W×H×D)
質量(ボディのみ)
約126.9×95.6×62.7mm
約565g
約126.9×95.7×59.7mm
約556g
約126.9×95.6×62.7mm
約572g



他メーカー ライバル機 比較

ミラーレス機と一眼レフ機の構造的な違いはあるものの、やはり最新機種である『α7III』の方が有利な点が目立つ結果になりました。しかしミラーレス機は電力を多く使用する分、バッテリーの撮影可能枚数は一眼レフ機の方がまだまだ上手。同じような使い方で撮影をするのなら、予備バッテリーがあったほうが安心かもしれません。

  SONY α7III Nikon D750 Canon 6D MarkII
センサータイプ 35mmフルサイズ裏面照射型CMOS 35mmフルサイズCMOS 35mmフルサイズCMOS
有効画素数 2420万画素 2493万画素 2620万画素
ISO感度
(静止画)
100~51200
(拡張50〜204800)
100~12800
(拡張50〜25600)
100~25600
(拡張102400)
カードスロット デュアルスロット
(スロット1は UHS-IIに対応)
デュアルスロット シングルスロット
ボディ内 手ブレ補正 5.0段/5軸 (手ブレ補正はレンズに依存) (手ブレ補正はレンズに依存)
ファインダー 0.5型電子ビューファインダー
約240万ドット
アイレベル式ペンタプリズム
視野率100%
アイレベル式ペンタプリズム
視野率98%
ファインダー倍率 約0.78倍
(50mmレンズ・∞・-1m-1
約0.7倍
(50mmレンズ・∞・-1m-1
約0.71倍
(50mmレンズ・∞・-1m-1
オートフォーカス測距点 693点(位相差検出方式)
425点(コントラスト検出方式)
51点(位相差検出方式)
15点(クロスタイプ)
45点(位相差検出方式)
45点(クロスタイプ)
サイレント撮影 最高10コマ/秒(無音) 最高3コマ/秒(静音) 最高3コマ/秒(静音)
最高連写速度 最高10コマ/秒(AF/AE追従) 最高6.5コマ/秒(AF/AE追従) 最高6.5コマ/秒(AF/AE追従)
連続撮影枚数 117コマ(JPEG) 100コマ(JPEG) 150コマ(JPEG)
動画撮影 4K HD 4K
液晶モニタ 3.0型
約92万ドット
タッチフォーカス/タッチパッド対応
3.2型
約122.9万ドット
3.0型
約104万ドット
タッチフォーカス/タッチシャッター対応
バッテリー撮影可能枚数 約710コマ 約1230コマ 約1200コマ
寸法(W×H×D)
質量(ボディのみ)
約126.9×95.6×62.7mm
約565g
約140.5×113×78mm
約750g
約144.0×110.5×74.8mm
約685g






<< 前の記事へ




〓〓新製品〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2018年02月27日 20時26分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null LEICA Boutique ~MapCamera Shinjuku~ 6th Anniv. 2019年02月20日
この度ライカブティックMapCamera Shinjuku は、本日2月20日にオープン6周年を迎えることとなりました。 これもひとえにお客様おひとりおひとりのご愛顧あってのことと心より御礼を申し上げます。 これからもご期待にお応えできるよう、スタッフ一丸となって皆様に愛されるお店にして参りたいと思います。 今後とも末永いお付き合いのほどよろしくお願いいたします。 ライカブティックでは様々なライカを実際に手に取り お座りいただきながらゆったりと製品をご覧いただけるカウンターもご用意...
続きを読む
【SONY】まもなく発売 α6400!! 【SONY】まもなく発売 SONY α6400!! 2019年02月20日
いよいよ注目の新機種SONY α6400が 2月22日発売となります。今回は進化したその性能を改めて整理してみました!! まずは注目のAF性能。α6000シリーズ最速の最速0.02秒を実現したAF速度と、被写体を確実に捉え続けるリアルタイムトラッキング。 加えて撮像エリアの約84%をカバーする425点の位相差AFセンサーを高密度に配置。像面位相差センサー測距点の数については、α6500・α6300は同様となりますが、コントラストAF枠をα6300の169点から425点に多分割化されており、より高性能なAFになっています。 ...
続きを読む
K-1+HD FA35mm F2 【PENTAX】FA35mmF2の進化 2019年02月20日
『smc PENTAX-FA35mmF2AL・HD FA35mmF2』 PENTAX K-1+HD FA 35mm F2 1/400 f/2 ISO100 PENTAXファンの皆様、お待たせいたしました。 FA35mmF2にHDコーティングを採用したという、今週新発売のHD FA35mmF2。 誰もが気になっているであろうこと、 なぜこのレンズをリニューアルする必要があったのか… 今回一足早く新旧の描写を比較してみたところ、すぐにその答えが見えてきました。 その魅力をお伝えしたいと思います。 まずは外観の比較をご覧くださいませ。 PENTAX K-1 + smc PENT...
続きを読む
発売まであと2日 【OLYMPUS】OM-D E-M1X発売まであと2日!7-14mmを使ってみた。 2019年02月20日
E-M1X発売まで、あと2日! 今回は「E-M1X」と一緒に使用して頂きたいレンズの一つ PROシリーズの超広角ズームレンズ「M.ZUIKO 7-14mm F2.8 PRO」を E-M1 Mark IIで楽しんでみました。 E-M1Xを待ち遠しにしている皆様の暇を少しでも潰せたら幸いです。 水面に写る建物と実際の建物。 広角レンズならではのダイナミックさがあります。 また、太陽の方向からのゴースト現象も味を出してくれています。 また広角レンズの利点は最短撮影距離が短い事です。 その利点は狭い場所での被...
続きを読む
【Leica】私のライカライフ~S~ 【Leica】私のライカライフ ~S~ 2019年02月19日
平素よりマップカメラをご愛顧賜りまして、誠に有難うございます。 お陰様でライカブティック MapCamera Shinjukuは、2月20日にオープン6周年を迎えます。 LEICA Qチタングレー等の豪華賞品が貰えるLEICA SMILE PHOTO CONTESTの開催や、 LEICA M10用のサムレストレバーなど、ワクワク盛り沢山でお送りしております。 さて、そんなワクワクの中の一つ(になれたらいいな)の「私のライカライフ」ですが、今回はスタッフEがお送りいたします。 使用機材はLEICA S(Typ007)とLEICA S-E、組み合わせたレ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]