【SIGMA】Foveonと行く夏の北海道。 その3 | THE MAP TIMES 
Select Language



【SIGMA】Foveonと行く夏の北海道。 その3

[ Category:SIGMA|掲載日時:2018年08月12日 10時30分]

SIGMA dp3 Quattro


皆様こんにちは!
前回前々回と「釧路・知床」の旅をお送りしてきました!
このブログが今回の旅の最終回。早速いってみましょう。

「オシンコシンの滝」という日本の滝100選に選ばれる滝を見に来ました。
しかしながら滝の前は海外からの観光客で埋め尽くされていたので隅っこでパシャリ。
飛沫がFoveonなら写る!と信じて写したらいい感じに。
濡れた草と葉の上で弾かれる水滴、そして宙を舞う飛沫。
大伸ばしにプリントしても良さそうな気がしました。

SIGMA dp0 Quattro


果てしない大空と広い大地のその中で、海も満喫して名残惜しいですが帰り道です。
「小清水原生花園」に行きました。
前々回の冒頭で載せたエゾスカシユリが群生しています。
dp0 Quattroは広角21mmなので、被写体に寄ると背景がグッと入って遠近感が出ます。

SIGMA dp0 Quattro


コチラもdp0 Quattroにて。
「ディストーション・ゼロ」の名の通り、周辺までスッとまっすぐ抜ける気持ちいい写りです。

SIGMA dp3 Quattro


ハマナスの茎をdp3 Quattroの最短撮影距離(22.6cm)でF5.6くらいに絞ってパシャリ。
ハマ「ナス」とは言いますがバラ科の植物です。
気になって調べたら、そもそも野菜の茄子が由来ではないらしく、日本語は難しいなと思いました。
更には、これの果実をローズヒップと言うそうです。世の中知らないことだらけです。

絞り開放だとピントが浅すぎて棘の鋭さが分かりにくかったので絞ってみました。
あと、質感にのみ目がいくように色を無くしてモノクロで。見てるだけで刺さりそうです。

SIGMA dp0 Quattro


北海道最大の湖である「サロマ湖」の展望台にて。
カラーを「Foveonクラシックブルー」にして鮮やかな青に。
こういったロケーションを撮ってこそdp0の真骨頂です。

SIGMA dp0 Quattro


別方向のカット。
角度が違うだけなのに光の差し方が全然違くて風景撮影の奥深さを感じたのでした。

SIGMA dp3 Quattro


たまに食べるとハマってしまう揚げ芋。
ご飯にはまだ早いけど小腹がすいた時にはたまらんです。

2泊3日、北海道の旅はこれにてオシマイ!

旅を終えて星印の辺りの実家へ帰宅!
今まで北海道の東側は行ったことがほぼ無かったので新鮮でした!
来年は稚内に行こうかなんて話していたので、北海道1周も夢じゃない!?

SIGMA dp3 Quattro


2泊3日の道東の旅を終えて、預けていた愛犬を引き取って最終日は実家でまったり。
何かくれないかなぁと主のそばで虎視眈々としているお犬様。

SIGMA dp3 Quattro


あぁ、可愛い。ぺろぺろしたいです。

SIGMA dp3 Quattro


庭に咲いていた花。
dp3を持つと接写したくなります。

SIGMA dp3 Quattro


旭川発の飛行機に乗る直前の通路から見えた夕焼け。
これから東京に帰るのにこんな綺麗なものを…と何だか名残惜しい気持ちになりましたとさ。

コンパクトデジタルカメラ2台持ちの旅は動くのに邪魔にならず、体への負担も感じず実に快適でした!
今回持っていったdp0、dp3、dp3用コンバーターで21/75/90mmの3焦点分を撮り分けられます。
更にはバッチリ撮れた時のクオリティときたらレンズ交換式のカメラで撮ったものと互角かそれ以上!
この軽快さでこの画質、鳥肌ものです。
持ち運びが楽で画質も良い、そんな素敵なカメラSIGMA dp Quattroシリーズ!
他メーカーのカメラに比べたらまだまだ「じゃじゃ馬」な感はありますが
コレを乗りこなせたら他の追随を許さない程のポテンシャルを秘めています。

それではまた!







〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:SIGMA|掲載日時:2018年08月12日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Vol.1 ~Summicron 50mm F2 1st~ 【新元号令和、平成を振り返る】Leicaで撮るということ 2019年04月18日
平成も終わりかぁ。と思い 数年前に書いたブログを思い出しました。 【SONY】Leicaで撮るということ 当時はα7が発売され、 マウントアダプターでどんなレンズも付ける事が出来る。 という事に感激していた記憶があります。 Leicaで撮るということ、と書いておきながらカメラはSONYなんですが笑 Vol.1 ~Summicron 50mm F2 1st~ Vol.2 ~Summarit 50mm F1.5~ Vol.3 ~Summilux 75mm F1.4~ Vol.4 ~Summar 50mm F2.0~ Vol.5 ~Summarit-M 90mm F2.5 6bit~ Vo...
続きを読む
EOS620+EF 85mm F1.2L USM 【新元号令和、平成を振り返る】平成元年生まれのレンズと私 2019年04月17日
平成、それは FUJIFILM SUPERIA PREMIUM 400 平成、それは 私が生まれてから今に至るまでの全ての時間。 筆者は平成元年(1989年)9月生まれです。 私にとっては、景色や音楽、今までの記憶全てが平成そのものです。 平成の最後に、自分が生まれて最初に住んでいた街へ出かけておきたいと思い、 筆者がお供に選んだのがこちらです。 「Canon EOS 620」。 CanonがEOSを投入したのは1987年、 筆者が生まれた時、平成が始まった頃にはすでにEOSは世に登場していたのです。 このEOS 620...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】My Style Welinagara 【新元号令和、平成を振り返る】続・私だけの色で 2019年04月16日
自分が生まれた年号が終わろうとしている。 その事実に、未だに実感がわきません。 「ひょっとすると、平成はこれからも続いてゆくのではないか」とすら思っています。 ああ、今気が付きました。私は「平成」が好きだったのだと。 毎朝泣きながら保育園に行き、小学校のカレー早食い競争で一位をとり、中学校で初恋をし、高校でクルマに憧れ、社会人になってカメラを始めて…。 私の時間は、ずっと平成でした。 「新元号令和、平成を振り返る」というタイトルで連載しておりますブログ、今回のタイ...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】Canonの名機5D MarkIIと世界を歩く 【新元号令和、平成を振り返る】Canonの名機5D MarkIIと世界を歩く 2019年04月15日
スイス ゴルナーグラート展望台 新元号『令和』を迎えるにあたって、平成を振り返る。 遡るは10年ほど前、今回は私が平成20年ごろに練り歩いたヨーロッパの写真を振り返ります。 私の愛する名機『EOS 5D MarkII』とレンズ数本を抱えて3ヶ月間ヨーロッパ一周、12カ国の旅へ出発。 その時は若くまだお金がなくレンズはサードパーティでしたが、 EOS 5D MarkIIが私の旅路をしっかり記録してくれました。 オーストリア ザルツブルグ 映画サウンドオブミュージックの舞台として知られ...
続きを読む
【SONY】RX0 II「手のひらサイズの本格派4Kカメラ」 【SONY】RX0 II「手のひらサイズの本格派4Kカメラ」 2019年04月14日
手のひらサイズの1.0型センサー搭載カメラ「RX0」が更に進化してII型として新登場しました。 今回撮影した映像(4K再生可能です) 撮影設定:PP7「S-Gamut/S-Log2」/ATOMOS SHOGUN収録 カラーグレーディング済み 新たに可動式液晶・4K動画の本体内記録・電子手振れ補正などに対応。外観レビューや使い方は既にメーカーサイトや様々なメディアで取り上げられているので、今回はRX0 IIの4K性能を最大限引き出すべく、外部レコーダーを使用して4Kのテスト撮影を行いました。 小型が魅力のカメラで外部収録を...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]