【OLYMPUS】OM-D E-M1Xの実力と魅力に迫る Part.4 | THE MAP TIMES //該当の要素を削除する $(this).remove(); }); });  【OLYMPUS】OM-D E-M1Xの実力と魅力に迫る Part.4 | THE MAP TIMES
Select Language

【OLYMPUS】OM-D E-M1Xの実力と魅力に迫る Part.4

[ Category: OLYMPUS|掲載日時:2019年02月15日 13時35分]

OLYMPUS OM-D E-M1Xの実力を検証
何が変わった?OM-D E-M1X AF性能の向上
世界最高7.5段の手ぶれ補正 圧倒的な機動性と高い信頼性


圧倒的な機動性と高い信頼性

オリンパスのフラッグシップ機には、代々受け継がれてきた高い信頼性があります。SDカードスロットをはじめとする開閉部やダイヤル部分には、浸水を抑えるラバーを使って気密性を高めています。実際、私たちが撮影に出かけた際も強い雨に遭遇しました。普段なら早々に撮影を切り上げるところですが、本機の信頼性を検証する良い機会と思い、しっかり雨に濡らしてみました。雨の降る冬の海岸はとても寒かったものの、カメラはびくともしません。


防塵防滴


外装にはマグネシウム合金を採用し、堅牢な高剛性に防塵・防滴・耐低温(-10℃)など撮影環境を選ばない高い信頼性がありますが、その信頼性は外装部分だけではありません。レンズ交換の際、ボディ内部に入り込み撮像素子に付着するゴミやホコリを弾き飛ばす「ダストリダクションシステム」も大きく進化。30,000回/秒以上で振動させるSSWF(スーパーソニックウェーブフィルター)と新コーティングにより、写真にゴミが写りこむ可能性を従来の1/10にまで低減しました。ホコリが舞う環境下でも安心してレンズ交換が行えます。





レンズシステムを含めた小型軽量設計も魅力です。「OM-D E-M1X」と同じく動体撮影を得意とする縦位置グリップ一体構造の各社フラッグシップ機と比べてみました。握りやすいグリップ形状を追求すると、ほぼ同じ大きさになるというのがよく分かります。それでもミラーが無い分、厚みを抑えた「OM-D E-M1X」はこの中でも一番コンパクトであることが分かります。

寸法比較

重量比較


「OM-D E-M1X」の小型軽量化はレンズを含めたシステム全体で見るとより明確になります。上の写真は画質に定評がある人気のF2.8望遠ズームレンズを装着したものです。「OM-D E-M1X」は35mm換算で80-300mm相当をカバーしますので、広角端で10mm狭いものの望遠端では100mmの余裕があり、ニコン/キヤノンの両機よりもう一歩踏み出した画像が得られます。そして何より、レンズ自体の軽さも魅力ではないでしょうか。
より望遠域を求めると、その差はさらに大きくなります。600mm F4 相当の超望遠レンズと合わせても約 2270g。フルサイズシステムならレンズだけで 3800g 以上ですから、その差は歴然。手持ち撮影を可能にするだけでなく、撮影地への移動にかかる負担も軽減されます。さらに三脚等を使う際は、耐荷重の大きなより丈夫な脚が必要になりますから、アクセサリーにかかる費用負担も馬鹿になりません。
マイクロフォーサーズはフルサイズと比べると、被写界深度が2段分深くなりますので、シャッタースピードを落とすことなく、画像の鮮明さが増すのも超望遠撮影では嬉しいポイントです。ポートレートなどボケ量を重視したいシーンでは、より大口径なF1.2 PROレンズ等で対応するとよいでしょう。この完成されたレンズシステムはとても魅力です。




「OM-D E-M1 Mark II」と比べれば、確かに大きくなりました。それでも握りやすくなったグリップと操作性の向上、手ぶれ補正の強化やAF機能の進化など、飛行機などの動体を狙うにはこの上ない進化を遂げた印象です。好きな被写体のためにとことん拘った結果に繋がるのが「OM-D E-M1X」なのです。



<< Part.1へ戻る



〓〓新製品〓〓

[ Category: OLYMPUS|掲載日時:2019年02月15日 13時35分]

面白いと思ったらコチラをClick!49票


写真展『わたしの見つけた瞬間』vol.6

写真展のご案内 〜写真展『わたしの見つけた瞬間』vol.6~[2019年10月17日]

マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 写真展 『わたしの見つけた瞬間』vol.6 です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
MACRO日記 Vol.2

MACRO日記 Vol.2[2019年10月17日]

日中の厳しい暑さも終わり、過ごしやすい季節になりました。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 今回は、 Canon EOS 90D Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM の組み合わせで撮影してきました。 EOS 90Dは先月発売されたAPS-Cサイズのセンサーを搭載した一眼レフカメラ。EOS 90Dは有効画素数約3250万画素のセンサーとEOS Rなどに使われている映像エンジンDIGIC 8を積んでおり、より高画質な写真を撮ることができるようになっています。 焦点距離:100mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/250秒 ...
続きを読む
『逍遥』PENTAX 6×7

『逍遥』PENTAX 67[2019年10月16日]

『逍遥』PENTAX 6×7 『逍遥(しょうよう)』とは、気ままにぶらぶら歩くこと、 つまりは散歩です。 たとえば、天気の良い日に洗濯物を干していて、ふと出かけたくなり、ちょっとそこまで散歩をする。 こういったことを『逍遥』と呼ぶのだと個人的に解釈しています。 散歩よりもちょっとかっこいい存在です。 今回は筆者が『逍遥』に持ち出したカメラ、 PENTAX67をご紹介します。 ウッドグリップがあるとよりどっしりとした印象を受けます。 少し重量が増えますが、 このカメ...
続きを読む
ぼくらのズミクロン日記

【Leica】ぼくらのズミクロン日記Vol.1 ~ズミクロンS100!~[2019年10月15日]

We are summicron!! この連載は、マップカメラライカブティックのスタッフそれぞれがズミクロンへの愛を語るものです。 1954年に発売され、その性能の高さと描写力で世界のレンズ設計の基準を引き上げたとすら言われるLeicaレンズのレジェンド、ズミクロン。 今ではライカMマウント以外にも、Rマウント、Lマウント、Sマウント等様々なズミクロンが存在します。 十人十色ならぬ十本十個性の色々なズミクロンに対し、様々な角度でスポットを当てていきたいと思います。 幕開けを飾る記事は、...
続きを読む
【SONY】早秋の汀にて。

【SONY】早秋の汀にて。[2019年10月14日]

SONY α7S+SIGMA Contemporary 45mm F2.8 DG DN 焦点距離:45mm 絞り:F6.3 シャッタースピード:1/200秒 ISO:100 「早秋の汀にて。」 暑さが一段落して、秋深まりつつある今日この頃…。皆様、いかがお過ごしでしょうか。筆者は北の生まれなもので、夏のうだるような暑さは苦手です。まだまだ残暑厳しい日もありますが、朝晩の風に秋の気配を感じつつあります。 ふと、「秋の海」というものに興味を持ちました。 海水浴客で賑わう夏の海とは少し違う、趣のある風景に出会うため...
続きを読む