【OLYMPUS】OM-D E-M1Xの実力と魅力に迫る Part.3 | THE MAP TIMES 
Select Language



【OLYMPUS】OM-D E-M1Xの実力と魅力に迫る Part.3

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2019年02月15日 13時32分]


OLYMPUS OM-D E-M1Xの実力を検証
何が変わった?OM-D E-M1X AF性能の向上
世界最高7.5段の手ぶれ補正 圧倒的な機動性と高い信頼性


世界最高7.5段の手ぶれ補正

手ぶれを検出するセンサーや補正ユニットのメカニズムを見直しすることで、カメラ単体で7段、「ED 12-100mm F4.0 IS PRO」レンズとの組み合わせでは最高7.5段の5軸手ぶれ補正を実現しました。 OM-D E-M1 Mark IIの最大6.5段補正で2秒間の手持ち撮影が可能だったことを思い起こすと、1段向上したことで昼夜問わず様々なシーンで活躍してくれることは容易に想像がつきます。感度を上げるか、三脚を立てて手振れ対策をする必要から解き放たれ、好きな場所で撮影ができる。考えただけでもワクワクしてしまします。
そして注目すべきは、手振れ補正技術向上に伴い更なる進化を遂げたハイレゾショット。80M相当の超高解像画像を生成するモードに加え、手持ち撮影でも50M相当の撮影を可能にする「手持ちハイレゾショット」が実装されたことで、様々なフィールドの景色を高解像度で記録できる可能性が高まりました。


手持ちハイレゾショット
撮影中に発生するわずかな位置ずれを利用し、16回撮影した画像をもとに50M相当の高解像写真を生成。三脚を利用できない場所での撮影でも高画質な撮影が楽しめます。また、このわずかなズレはカメラ側で大きすぎると判断した場合、エラー表示がされるので、その場ですぐ撮り直しができるのも魅力です。


手持ちハイレゾショット
こちらが実際に手持ちハイレゾショットで撮影したカットです。画像をクリックすると実寸(8160×6120 Pixel)の画像がご覧いただけます。岩肌や草木を高精細に捉えているのはもちろん、手ぶれもしっかり抑えられています。


ライブND機能
同じく画像合成で可能になった機能に「ライブND機能」があります。複数の画像を合成して疑似的に露光時間を延ばすことで、スローシャッター効果を使ったような表現が得られます。効果の段数はND2(1段分)~ND32(5段分)の5段階から選択可能で、撮影前にファインダーでスローシャッター効果が確認できます。前玉が飛び出した超広角レンズなどフィルター装着が困難なレンズでも超スロー撮影が楽しめます。


ライブND機能


「ND32」を選択し、シャッタースピード6秒で撮影しました。海岸に打ち寄せる波しぶきを止め、雲海のようなイメージに仕上げました。
他にも前ページで触れた優れたAF機能を併用して流し撮りに応用するなど、作品の幅を広げることができる嬉しい機能です。


撮影シーン



Part.4へ >>



〓〓新製品〓〓

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2019年02月15日 13時32分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

イメージです 【Leica】勝手にライカライフ 2019年03月21日
先月6周年を迎えたライカブティック MapCamera Shinjuku。 それを記念してマップカメラスタッフ数名による「私のライカライフ」というブログが掲載されました。 ちなみにこの「ライカライフ」という単語を『マップタイムス』のページで検索かけていただくと、一番古いものとして「【LEICA愛】ライカの世界へようこそ」という記事が引っ掛かります。 実はこれ私が書いたもの。 ちょうど6年前の記事で、そのなかに「ライカライフ」という言葉を使っています。 そんなわけで、『マップタイムス』における元...
続きを読む
RIOCH GR III 【RICOH】GReatest snapshooter 2019年03月20日
GR III 1/40 | F2.8 | ISO 1600 ついに発売となりました、RICOH GR III。 昨年の発表からずっと心待ちにしていた方も多くいらっしゃると思います。 既に最高のスナップシューターとしての地位を確立し、 このジャンルにおける一大巨塔であったGRシリーズ。 ですがここにきて、さらなる小型化、画素数向上、レンズの刷新、 そして手ぶれ補正機構”SR”を搭載するなどなど、 さらなる高み、”究極”へと進化したGR III。 待望のこのGR IIIで撮影してきましたので、ご覧いただければと思いま...
続きを読む
更なる進化を遂げた "超高画素" Phaseone XF IQ4 【PhaseOne】更なる進化を遂げた超高画素Phaseone XF IQ4 2019年03月19日
すっかり春の陽気も近付いて参りました。 皆様いかがお過ごしでしょうか? 前回ご紹介したPhaseone IQ3 Trichromaticは 非常に大きな反響を頂き、ありがとうございます! なかなか見ることのできない1億画素機の写真というだけあって 多くのお客様にその衝撃が伝わったと思います。 そして昨年発表され、更なる高画素化を行ったPhaseone IQ4。 なんと今回、PhaseOne Japan様から貴重なこのボディと Schneider 40-80mm LS F4.0-5.6+120mm LS F4.0 macroレンズをお借りして "1億5000万画素"...
続きを読む
写真展のご案内 〜 衝動『8人の写真家たち』~ 写真展のご案内 〜 衝動『8人の写真家たち』~ 2019年03月19日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 衝 動 『8人の写真家たち』 です。 是非足をお運び下さい。 asamiranda/koichi73/佐々木龍一/信夫良介/田河新平/TOSHIO/ZUI/140 会期:2019年3月22日(金)- 24日(日) 会場:gem(東京都目黒区中目黒1-9-18)
続きを読む
【Leica】控え目な実力派中望遠 ELMARIT-M 90mm F2.8 【Leica】控え目な実力派中望遠 ELMARIT-M 90mm F2.8  2019年03月18日
Leica ELMARIT-M 90mm F2.8 長い間、ライカの90mmという焦点距離をSummicronとともに担ってきたElmarit 90mm F2.8。 Summaritの登場とともにその役目を終えましたが、やはり「エルマリート」という優しい響きは、それ自体に魅力があります。 個人的にも「ズミクロン」よりも「エルマリート」という名前が好きで、このレンズを選んだ節があります。 今回は、SONY α7RIIとLeica ELMARIT-M 90mm F2.8 E46 フード組込の組み合わせで撮影しました。 ライカMシステムとの違いは、やはりカメラ内手振れ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]