【OLYMPUS】OM-D E-M1Xの実力と魅力に迫る Part.1 | THE MAP TIMES //該当の要素を削除する $(this).remove(); }); });  【OLYMPUS】OM-D E-M1Xの実力と魅力に迫る Part.1 | THE MAP TIMES
Select Language

【OLYMPUS】OM-D E-M1Xの実力と魅力に迫る Part.1

[ Category: OLYMPUS|掲載日時:2019年02月15日 13時30分]

OLYMPUS OM-D E-M1Xの実力を検証
何が変わった?OM-D E-M1X AF性能の向上
世界最高7.5段の手ぶれ補正 圧倒的な機動性と高い信頼性


1月24日にオリンパスから新しいフラッグシップモデル『OM-D E-M1X』の発売が発表されました。縦位置グリップを一体構造にした少し大きめの筐体に目を奪われがちですが、高速画像処理エンジン「TruePic VIII」を2基搭載することで各種処理を高速化するなど、隠れた進化が多数盛り込まれています。いち早く注目の新製品を手にすることができた私達は、早速試してみることにしました。



何が変わった?OM-D E-M1X

E-M1X vs E-M1 MarkII


縦位置グリップが一体化された『E-M1X』と比較すべく、『E-M1 Mark II』 には「パワーバッテリーホルダー HLD-9」を装着し、イメージを見比べてみました。 コントロールダイヤルが操作ボタンと独立してボディ埋め込みになった他、縦位置撮影用にホワイトバランス/プレビューボタンが新設されたり、ファインダーが大型化されたりなど、操作面での改良が加えられています。新たに搭載されたAFエリアを操作する「マルチセレクター」は、ファインダーを覗きながらAFポイントを移動させるのにとても便利です。

スペック表
  OM-D E-M1X OM-D E-M1 Mark II
撮像素子 4/3型LiveMOS 4/3型LiveMOS
有効画素数 2037万画素 2037万画素
最大記録画素数 10368×7776
(三脚ハイレゾショット)
10368×7776
(ハイレゾショット)
画像処理エンジン TruePic VIII ×2 TruePic VIII
AFセンサー測距点 121点(クロスタイプ位相差AF)
121点(コントラストAF)
121点(クロスタイプ位相差AF)
121点(コントラストAF)
撮影感度 標準:ISO64~6400
拡張:ISO64〜25600
標準:ISO64~6400
拡張:ISO64〜25600
ファインダー アイレベル式液晶ビューファインダー
約236万ドット
ファインダー倍率1.65 倍
アイレベル式液晶ビューファインダー
約236万ドット
ファインダー倍率1.48 倍
シャッタースピード 1/8000~60 秒(フォーカルプレーン)
1/32000~60 秒(電子シャッター)
1/8000~60 秒(フォーカルプレーン)
1/32000~60 秒(電子シャッター)
連写速度 約15コマ/秒(H)
約60コマ/秒 (静音撮影H)
約15コマ/秒(H)
約60コマ/秒 (静音撮影H)
手ぶれ補正効果 7.5段(12-100mm F4.0 IS PRO 使用時) 6.5段(12-100mm F4.0 IS PRO 使用時)
液晶モニタ タッチ機能付き3インチ104万ドット タッチ機能付き3インチ104万ドット
記録メディア UHS-II対応SDカード ダブルスロット UHS-II対応SDカード ダブルスロット
(スロット2はUHS-Iのみ対応)
バッテリー BLH-1 ×2個(1個でも使用可能) BLH-1 ×1個(HLD-9使用時は2個)
バッテリー撮影可能枚数 870枚 440枚(HLD-9使用時は880枚)
寸法(W×H×D)
質量(充電池・メモリー含む)
約144.4×146.8×75.4mm
約997g
約134.1×90.9×68.9mm
約574g


「パワーバッテリーホルダー HLD-9」の重さが約330g。「E-M1 Mark II」と合わせた数値で比べても「E-M1X」は、さらに大きくなっています。小型・軽量が魅力のマイクロフォーサーズ機においての大型化は、マイナス要因と思われがちですが、より肉厚になったグリップはとても握りやすく、重くなったという印象は受けません。ぜひ一度手にとってその感触をお確かめください。
注目は画像処理エンジンを2基搭載したことで、各処理が高速化されたこと。スペック表では表記できない機能が多数追加されています。この後は新機能について紹介いたします。




Part.2へ >>



〓〓新製品〓〓

[ Category: OLYMPUS|掲載日時:2019年02月15日 13時30分]

面白いと思ったらコチラをClick!24票


写真展『わたしの見つけた瞬間』vol.6

写真展のご案内 〜写真展『わたしの見つけた瞬間』vol.6~[2019年10月17日]

マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 写真展 『わたしの見つけた瞬間』vol.6 です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
MACRO日記 Vol.2

MACRO日記 Vol.2[2019年10月17日]

日中の厳しい暑さも終わり、過ごしやすい季節になりました。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 今回は、 Canon EOS 90D Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM の組み合わせで撮影してきました。 EOS 90Dは先月発売されたAPS-Cサイズのセンサーを搭載した一眼レフカメラ。EOS 90Dは有効画素数約3250万画素のセンサーとEOS Rなどに使われている映像エンジンDIGIC 8を積んでおり、より高画質な写真を撮ることができるようになっています。 焦点距離:100mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/250秒 ...
続きを読む
『逍遥』PENTAX 6×7

『逍遥』PENTAX 67[2019年10月16日]

『逍遥』PENTAX 6×7 『逍遥(しょうよう)』とは、気ままにぶらぶら歩くこと、 つまりは散歩です。 たとえば、天気の良い日に洗濯物を干していて、ふと出かけたくなり、ちょっとそこまで散歩をする。 こういったことを『逍遥』と呼ぶのだと個人的に解釈しています。 散歩よりもちょっとかっこいい存在です。 今回は筆者が『逍遥』に持ち出したカメラ、 PENTAX67をご紹介します。 ウッドグリップがあるとよりどっしりとした印象を受けます。 少し重量が増えますが、 このカメ...
続きを読む
ぼくらのズミクロン日記

【Leica】ぼくらのズミクロン日記Vol.1 ~ズミクロンS100!~[2019年10月15日]

We are summicron!! この連載は、マップカメラライカブティックのスタッフそれぞれがズミクロンへの愛を語るものです。 1954年に発売され、その性能の高さと描写力で世界のレンズ設計の基準を引き上げたとすら言われるLeicaレンズのレジェンド、ズミクロン。 今ではライカMマウント以外にも、Rマウント、Lマウント、Sマウント等様々なズミクロンが存在します。 十人十色ならぬ十本十個性の色々なズミクロンに対し、様々な角度でスポットを当てていきたいと思います。 幕開けを飾る記事は、...
続きを読む
【SONY】早秋の汀にて。

【SONY】早秋の汀にて。[2019年10月14日]

SONY α7S+SIGMA Contemporary 45mm F2.8 DG DN 焦点距離:45mm 絞り:F6.3 シャッタースピード:1/200秒 ISO:100 「早秋の汀にて。」 暑さが一段落して、秋深まりつつある今日この頃…。皆様、いかがお過ごしでしょうか。筆者は北の生まれなもので、夏のうだるような暑さは苦手です。まだまだ残暑厳しい日もありますが、朝晩の風に秋の気配を感じつつあります。 ふと、「秋の海」というものに興味を持ちました。 海水浴客で賑わう夏の海とは少し違う、趣のある風景に出会うため...
続きを読む