【OLYMPUS】OM-D E-M1Xの実力と魅力に迫る Part.1 | THE MAP TIMES 
Select Language



【OLYMPUS】OM-D E-M1Xの実力と魅力に迫る Part.1

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2019年02月15日 13時30分]


OLYMPUS OM-D E-M1Xの実力を検証
何が変わった?OM-D E-M1X AF性能の向上
世界最高7.5段の手ぶれ補正 圧倒的な機動性と高い信頼性


1月24日にオリンパスから新しいフラッグシップモデル『OM-D E-M1X』の発売が発表されました。縦位置グリップを一体構造にした少し大きめの筐体に目を奪われがちですが、高速画像処理エンジン「TruePic VIII」を2基搭載することで各種処理を高速化するなど、隠れた進化が多数盛り込まれています。いち早く注目の新製品を手にすることができた私達は、早速試してみることにしました。



何が変わった?OM-D E-M1X

E-M1X vs E-M1 MarkII


縦位置グリップが一体化された『E-M1X』と比較すべく、『E-M1 Mark II』 には「パワーバッテリーホルダー HLD-9」を装着し、イメージを見比べてみました。 コントロールダイヤルが操作ボタンと独立してボディ埋め込みになった他、縦位置撮影用にホワイトバランス/プレビューボタンが新設されたり、ファインダーが大型化されたりなど、操作面での改良が加えられています。新たに搭載されたAFエリアを操作する「マルチセレクター」は、ファインダーを覗きながらAFポイントを移動させるのにとても便利です。

スペック表
  OM-D E-M1X OM-D E-M1 Mark II
撮像素子 4/3型LiveMOS 4/3型LiveMOS
有効画素数 2037万画素 2037万画素
最大記録画素数 10368×7776
(三脚ハイレゾショット)
10368×7776
(ハイレゾショット)
画像処理エンジン TruePic VIII ×2 TruePic VIII
AFセンサー測距点 121点(クロスタイプ位相差AF)
121点(コントラストAF)
121点(クロスタイプ位相差AF)
121点(コントラストAF)
撮影感度 標準:ISO64~6400
拡張:ISO64〜25600
標準:ISO64~6400
拡張:ISO64〜25600
ファインダー アイレベル式液晶ビューファインダー
約236万ドット
ファインダー倍率1.65 倍
アイレベル式液晶ビューファインダー
約236万ドット
ファインダー倍率1.48 倍
シャッタースピード 1/8000~60 秒(フォーカルプレーン)
1/32000~60 秒(電子シャッター)
1/8000~60 秒(フォーカルプレーン)
1/32000~60 秒(電子シャッター)
連写速度 約15コマ/秒(H)
約60コマ/秒 (静音撮影H)
約15コマ/秒(H)
約60コマ/秒 (静音撮影H)
手ぶれ補正効果 7.5段(12-100mm F4.0 IS PRO 使用時) 6.5段(12-100mm F4.0 IS PRO 使用時)
液晶モニタ タッチ機能付き3インチ104万ドット タッチ機能付き3インチ104万ドット
記録メディア UHS-II対応SDカード ダブルスロット UHS-II対応SDカード ダブルスロット
(スロット2はUHS-Iのみ対応)
バッテリー BLH-1 ×2個(1個でも使用可能) BLH-1 ×1個(HLD-9使用時は2個)
バッテリー撮影可能枚数 870枚 440枚(HLD-9使用時は880枚)
寸法(W×H×D)
質量(充電池・メモリー含む)
約144.4×146.8×75.4mm
約997g
約134.1×90.9×68.9mm
約574g


「パワーバッテリーホルダー HLD-9」の重さが約330g。「E-M1 Mark II」と合わせた数値で比べても「E-M1X」は、さらに大きくなっています。小型・軽量が魅力のマイクロフォーサーズ機においての大型化は、マイナス要因と思われがちですが、より肉厚になったグリップはとても握りやすく、重くなったという印象は受けません。ぜひ一度手にとってその感触をお確かめください。
注目は画像処理エンジンを2基搭載したことで、各処理が高速化されたこと。スペック表では表記できない機能が多数追加されています。この後は新機能について紹介いたします。




Part.2へ >>



〓〓新製品〓〓

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2019年02月15日 13時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【MapTimes】One More Times!! vol.1 2019年08月24日
THEMAPTIMES。 更新は毎日。 マップカメラのスタッフが機材の感想、ちょっとした豆知識や体験談を添えて 撮影した写真などをご紹介させていただいております。 月に30本以上掲載されるので 月初に掲載されたブログも月末には見にくくなってしまい勿体ない、、、 と思ったのでもう少しだけ目に留まるようにしたく 不規則ではありますが何本かをピックアップさせていただくことにしました。 というわけで今回は本館4Fのスタッフが撮影したブログをご紹介させていただきます。 超望遠レンズを使った...
続きを読む
【私のお気に入り】隅田川大橋 【私のお気に入り】隅田川大橋 2019年08月24日
Nikon D7100 + AF-S VR ED 70-200mm F2.8 G(IF) ずっと地方暮らしだった私にとって、東京とはニュースでしか見聞きしたことのない存在。 この先どのような道を歩むのかと不安だらけな上京の日、隅田川大橋から眺めた景色が心に焼き付いています。 Nikon D7100 + AF-S VR ED 70-200mm F2.8 G(IF) 青の濃淡が広がる世界に、白く輝く東京の象徴。 慌ただしい都会はそれ自体がビビッドな存在。そこに現れた柔らかな彩りの眺めに迎え入れてもらったような気がしたあの日。 時の流れを忘れら...
続きを読む
邸宅探訪 【私のお気に入り】邸宅探訪 2019年08月23日
私は"お気に入り"があればあるほど幸せな気分になれるので ついついたくさん"お気に入り"を増やしてしまいます。 さらなる"お気に入り"を見つけるために 新しい機材を持って、群馬県にある旧中島家住宅へ向かいました。 この邸宅は昭和初期に建てられたもので、国の重要文化財に指定されているそうです。 邸宅の中でも一番豪華な部屋が応接室でした。 壁紙はシルク、ドアノブも家門の入った特注のものであったり、 海外から取り寄せたステンドグラスがはめてあったりまさに豪華絢爛です。 ...
続きを読む
【私のお気に入り】なかめさんぽ 【私のお気に入り】なかめさんぽ 2019年08月22日
今年の7月、SIGMAからフルサイズミラーレスの開発発表がありました。 まだ詳しいことは解禁されていないですが、今から楽しみです。 そんなSIGMAから生み出されたdp3 Quattro 私のお気に入りカメラの一つです。 dp3 Quattroはdpシリーズの一つで、50mm(35mm換算75mm相当)F2.8のレンズが搭載されています。 今回はこのdp3 Quattroを持って同じく私のお気に入りの場所・中目黒に向かいました。 編集せずにありのままを載せていきます。 dp3 Quattro F3.2 1/320 ISO200 SIGMAはモノクロが良い...
続きを読む
【SONY】α7R IV 第4世代の進化点と革新 【SONY】α7R IV 第4世代の進化点と革新 2019年08月21日
カメラ史に残るフルサイズミラーレス『α7』が登場して約6年、そこからフルモデルチェンジを繰り返しながら進化を果たし、2019年9月に第4世代に当たる『α7R IV』が発売されます。トピックとして有効6100万画素の新型センサーを搭載したことが挙げられますが、特徴や魅力は超高画素だけなのでしょうか?マップカメラでは世界中のカメラユーザーが注目する『α7R IV』の魅力を改めて検証したいと思います。 ダイナミックレンジ15ストップ、常用ISO感度32000。『α7R IV』が今まで...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]