Select Language

【OLYMPUS】OM-D E-M1Xの実力と魅力に迫る Part.1

[ Category: OLYMPUS|掲載日時:2019年02月15日 13時30分]

OLYMPUS OM-D E-M1Xの実力を検証
何が変わった?OM-D E-M1X AF性能の向上
世界最高7.5段の手ぶれ補正 圧倒的な機動性と高い信頼性


1月24日にオリンパスから新しいフラッグシップモデル『OM-D E-M1X』の発売が発表されました。縦位置グリップを一体構造にした少し大きめの筐体に目を奪われがちですが、高速画像処理エンジン「TruePic VIII」を2基搭載することで各種処理を高速化するなど、隠れた進化が多数盛り込まれています。いち早く注目の新製品を手にすることができた私達は、早速試してみることにしました。



何が変わった?OM-D E-M1X

E-M1X vs E-M1 MarkII


縦位置グリップが一体化された『E-M1X』と比較すべく、『E-M1 Mark II』 には「パワーバッテリーホルダー HLD-9」を装着し、イメージを見比べてみました。 コントロールダイヤルが操作ボタンと独立してボディ埋め込みになった他、縦位置撮影用にホワイトバランス/プレビューボタンが新設されたり、ファインダーが大型化されたりなど、操作面での改良が加えられています。新たに搭載されたAFエリアを操作する「マルチセレクター」は、ファインダーを覗きながらAFポイントを移動させるのにとても便利です。

スペック表
  OM-D E-M1X OM-D E-M1 Mark II
撮像素子 4/3型LiveMOS 4/3型LiveMOS
有効画素数 2037万画素 2037万画素
最大記録画素数 10368×7776
(三脚ハイレゾショット)
10368×7776
(ハイレゾショット)
画像処理エンジン TruePic VIII ×2 TruePic VIII
AFセンサー測距点 121点(クロスタイプ位相差AF)
121点(コントラストAF)
121点(クロスタイプ位相差AF)
121点(コントラストAF)
撮影感度 標準:ISO64~6400
拡張:ISO64〜25600
標準:ISO64~6400
拡張:ISO64〜25600
ファインダー アイレベル式液晶ビューファインダー
約236万ドット
ファインダー倍率1.65 倍
アイレベル式液晶ビューファインダー
約236万ドット
ファインダー倍率1.48 倍
シャッタースピード 1/8000~60 秒(フォーカルプレーン)
1/32000~60 秒(電子シャッター)
1/8000~60 秒(フォーカルプレーン)
1/32000~60 秒(電子シャッター)
連写速度 約15コマ/秒(H)
約60コマ/秒 (静音撮影H)
約15コマ/秒(H)
約60コマ/秒 (静音撮影H)
手ぶれ補正効果 7.5段(12-100mm F4.0 IS PRO 使用時) 6.5段(12-100mm F4.0 IS PRO 使用時)
液晶モニタ タッチ機能付き3インチ104万ドット タッチ機能付き3インチ104万ドット
記録メディア UHS-II対応SDカード ダブルスロット UHS-II対応SDカード ダブルスロット
(スロット2はUHS-Iのみ対応)
バッテリー BLH-1 ×2個(1個でも使用可能) BLH-1 ×1個(HLD-9使用時は2個)
バッテリー撮影可能枚数 870枚 440枚(HLD-9使用時は880枚)
寸法(W×H×D)
質量(充電池・メモリー含む)
約144.4×146.8×75.4mm
約997g
約134.1×90.9×68.9mm
約574g


「パワーバッテリーホルダー HLD-9」の重さが約330g。「E-M1 Mark II」と合わせた数値で比べても「E-M1X」は、さらに大きくなっています。小型・軽量が魅力のマイクロフォーサーズ機においての大型化は、マイナス要因と思われがちですが、より肉厚になったグリップはとても握りやすく、重くなったという印象は受けません。ぜひ一度手にとってその感触をお確かめください。
注目は画像処理エンジンを2基搭載したことで、各処理が高速化されたこと。スペック表では表記できない機能が多数追加されています。この後は新機能について紹介いたします。




Part.2へ >>



〓〓新製品〓〓

[ Category: OLYMPUS|掲載日時:2019年02月15日 13時30分]

面白いと思ったらコチラをClick!27票


Nikon Z7 × NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct

【Nikon】幻の銘玉 NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct をZ7に装着してみました【カメラを愉しむ vol.8】[2020年01月21日]

2019年10月12日に受注を開始した受注生産モデルの「新生Noct」。 ノクトニッコールと言えば1977年(昭和52年)に発売された「Ai-S Nikkor 58mm F1.2 Noct」。 Nocturne=夜想曲から命名されたと言われ、中古相場では今でも状態の良い個体で60万円近い価格で取引されている伝説のレンズだ。 この伝説のノクトニッコールの歴史を現代に受け継いだZシリーズ用レンズ。 これが今回ご紹介す...
続きを読む
null

【街で見つけた形にフォーカス】monochrome 【SONY】[2020年01月21日]

皆さんこんにちは。 今月は「街で見つけた形にフォーカス」をテーマに綴っております。 昔聞いたことのある話なのですが一般的に男性は形や空間認識能力に優れ、女性は色彩感覚に優れているのだそうです(あくまで一般的に、なので逆の人もいれば両方共優れている人もいるのだとか。) となると今回のテーマは一般的(?)に言えばまさに男性が得意な被写体と言えるのでしょうか。実際どのスタッフが書...
続きを読む
【街で見つけた形にフォーカス】α7Sと一緒に東京散歩【SONY】

【街で見つけた形にフォーカス】α7Sと一緒に東京散歩【SONY】[2020年01月20日]

今回の掲載写真は「SONY α7S」にマウントアダプター「LA-EA3」を使い Aマウントレンズ「Vario-Sonnar T*24-70mm F2.8 ZA SSM」で撮影しました。 こちらは東京・浅草周辺を歩いている時に見つけた面白い形の白い大きなオブジェ 側面に穴が開いており、穴からはスカイツリーが見えます。 スカイツリーの隠れ撮影スポットを発見しました。 穴の中にカメラを入れるとオブジェの内側を覗く事がで...
続きを読む
D780

【発売直前】 D780とはどんなカメラ?[2020年01月20日]

Nikon D780とはどんなカメラ? 待っていた方も多いのではないでしょうか。 2014年に登場し、 ミドルレンジのフルサイズデジタル一眼レフとして長年多くのユーザに愛されてきたD750。 時代の移り変わりとともに、 Nikon一眼レフの金字塔D850が登場したり、 待望のフルサイズミラーレスZシリーズが誕生してきましたが、 それとは別に、今の時代ならではの新しい技術を取り入れつつも 安心して使...
続きを読む
カタチから過去を振り返る

【街で見つけた形にフォーカス】カタチから過去を振り返る【FUJIFILM】[2020年01月19日]

FUJIFILMといえば最近は専ら『X-Pro3』の話題で持ちきりですが、 『X-Pro2』も捨てたものではありません。 今回、街で見つけた形にフォーカスということで、 その『X-Pro2』を片手に今まで撮影してきたものを振り返ります。 私の中で丸といえば、なぜか道路標識が優先度高めに出てきます… 最初の写真は福岡にいたときに撮影したもので、こちらは東京丸の内で撮影。 同じような被写体...
続きを読む