【SONY】α9 Ver5.0 アップデートが解禁されました! | THE MAP TIMES 
Select Language



【SONY】α9 Ver5.0 アップデートが解禁されました!

[ Category:SONY|掲載日時:2019年03月26日 16時25分]



α9 アップデート
2019/3/25(月) α9 Ver.5.0 解禁!


今年1月16日にソニーから発表されたαシリーズの大型アップデート。
先行してフラッグシップ機 α9 Ver.5.0が解禁されました!
AFシステムを中心に大幅な性能向上が盛り込まれ、楽しみにされていた方も非常に多いのではないでしょうか?

α9
マップカメラ 本館5階 ソニーフロアでは、ご来店頂いたお客様が実際に触って試して頂ける
Ver5.0にアップデートしたα9を展示しています!
大幅なAF性能の向上から操作性の細かな変更点など、じっくりとお試しする事が可能となっております。

今回は数あるアップデート内容の中から、是非とも体感して頂きたい注目の機能をご紹介いたします。

AIによる瞳検出をさらに強化した『瞳AF』の進化

シャッターボタン半押しで作動/瞳の左右選択/動物瞳AF


α9大型アップデート

瞳を検出してピントを合わせ続ける「リアルタイム瞳AF」の性能がさらに進化。精度・速度・追随性・操作性が向上しました。
また、シャッターを半押しするだけで瞳AFが作動。ピントを合わせたい瞳の左右を切り換えることも可能です。
今までワンアクションする必要がありましたが、今回のアップデートにより瞳AFがより手軽に利用する事が可能に。
ポートレート撮影を中心に使いやすさが格段に向上しています。
そして、Ver.6.0では動物にも瞳AFが対応になる予定!大注目の追加機能です。



狙った被写体を自動検出・追尾し続ける
新開発『リアルタイムトラッキング』


α9大型アップデート

AIによる物体認識を含む最新のアルゴリズムの採用により、被写体との距離、模様、輝度などの空間情報を高速に検出し、複雑な動きやスピードに緩急のある動体を高精度に認識し追尾し続けます。
特に被写体が人物や動物の場合は、AIにより瞳の位置情報を並行してリアルタイムに認識します。
また、カスタムキーに「押す間トラッキング」を設定しておけば、狙ったタイミングに追尾を開始することも可能。
さらにタッチトラッキングを設定すれば、モニター上をタッチして追尾する被写体を選べます。




F16まで対応する像面位相差AFの精度向上


進化したアルゴリズムを採用することで、AF-Cかつ連写時にオートフォーカスが可能な絞り値をF11からF16に拡大
屋内スポーツなど照度の低い環境でも性能が向上しました。
また、スローシャッター時など絞り値を大きく設定した撮影においても、迅速に自動でフォーカスを合わせることが可能です。




精度・速度・追従が向上した動画撮影時のAF


動画撮影時には、位相差検出AFとコントラスト検出AFを併用したファストハイブリッドAFのうち、位相差検出システムをより効果的に活用することでAFの精度・速度が向上。
被写体の手前を何かが横切った場合や、絞り値を大きく設定した撮影時でも、スムーズでふらつきの少ないピント合わせができます。



タッチ操作によるフォーカスの進化


モニター画面上の被写体にタッチするだけで直感的にフォーカスを合わせるタッチフォーカスに加えて、新たに液晶モニター上を指でなぞることでスムーズにフォーカスの位置を変更できるタッチパッド機能にも対応。
また、タッチトラッキング機能を設定しておけば、タッチによる被写体の選択と追従が可能です。



階調表現の向上とWBの安定性強化


カメラ内のJPEG生成アルゴリズムを最適化し、より滑らかな階調表現を実現。
空のグラデーションなど、少しずつ変化する明暗差や彩度をより自然に再現します。
また、連続撮影モード時に短い間隔の連写を繰り返す場合などに、オートホワイトバランスの正確性・安定性が向上しました。
全体的な色再現性も向上し、画質全体の改良が図られています。



カスタマイズ性の向上と機能拡張


・ 前後ダイヤルや背面コントロールホイールの柔軟なカスタマイズに対応する「マイダイヤル」機能の追加。

・ メモリーカードの容量オーバー時に、もう一方のメモリーカードに記録先を自動で切り替えるリレー記録。

・ デュアルスロット記録メニューの静止画振り分け記録設定の選択方法を詳細化。

・ 撮影した静止画に5段階で設定できるレーティング機能と再生時の一覧性が向上する連写グループ表示を追加。

・ カスタムキーの設定に対応し、再生画面上で迅速に誤消去を防止できるようプロテクト機能を強化

・ インターバル撮影機能に対応(Ver.6.0)し、タイムラプス用の画像撮影をカメラだけで撮影可能。※付属ソフトの「Imaging Edge」「PlayMemories Home」でタイムラプス動画に編集できます。



スポーツや報道の撮影現場において、
転送や納品をサポートする機能群を強化


α9大型アップデート


・ アプリ「Transfer & Tagging add-on」を使用し、FTPバックグラウンド転送を使用したモバイル機器への画像転送が可能。さらに、転送した画像に音声やショートカットを用いてタグやキャプションを入力したり、ショートカット用の用語をパソコンで作成しモバイル機器に同期することも可能です。
・ 画像の転送後にモバイル機器上でIPTCメタデータを付与が可能となりました。




α9大型アップデート

今回のバージョンアップと合わせて、今年夏頃にVer.6.0をリリース予定。
注目の『動物瞳AF』はVer.6.0で実装予定です!




↓SONY α9 いまなら在庫ございます!↓
(2019/03/26現在)

お求めやすい中古商品もございます。



マップカメラのご案内


〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2019年03月26日 16時25分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

ヴィンテージカメラ mickey35を使ってみた 【SONY】待望の動物対応 瞳AFがα6400に実装されました! 2019年06月13日
本日、α6400ユーザーが待ちに待った動物対応 瞳AFのファームウェアが公開されました! アップデートはコチラから!(ソニー公式サイト) ご自宅で簡単にアップデートが可能です。 α7RIII、α7IIIで先行搭載され、話題の新機能が遂にα6400にも搭載! フルサイズ機に比べると手軽で使いやすいエントリー機 α6400に対応したことで、今まで以上に気軽に動物対応瞳AFを楽しめるようになりました。 使い方はいたってシンプル! 動物に向かってシャッターを半押しするだけで簡単に瞳にピントが合っ...
続きを読む
ポピーに魅せられて 【写真を楽しむ6月】ポピーに魅せられて 2019年06月10日
α7III + FE24-105mm F4G OSS + ND8 91mm | F5.6 | 1/6 | ISO100 ポピーに魅せられて 暑い日が続いた5月後半、日中は撮影への集中力が続かない為、早朝に撮れる被写体を探しました。 筆者はインターネットで被写体を探したり、グーグルマップでのロケハンをしばしば行いますが、 今回見つけた被写体は、「早朝のポピー」でした。陽が高くなる前なら動きやすいと、休みの日に早速撮影地へ出向きました。 α7III + MC-11 + Art135mm F1.8 DG HSM(キヤノンEF) 135mm | F3.5 | 1/60 | IS...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】動物瞳AFを愉しむ 【写真を楽しむ6月】動物瞳AFを愉しむ 2019年06月01日
先日のファームアップで待望の「動物対応瞳AF」が実装された、ソニー「α7III / α7RIII」。 今回は「α7RIII」に「FE 24-70mm F2.8 GM SEL2470GM」を装着し、その実力を体感すべく、いざ動物園へ。 先ずは、腹ごしらえから。 赤い瞳ではなく、いくらが零れ落ちるボリューム。 うねうねとした角にインパクトのある動物と目が合います。 「ブラックバック」というそうです。 てっきりシカの仲間かと思いきや、ウシ科に属するそう。 動物の分類も奥が深いなと変なところに感心したりします。 ...
続きを読む
【SONY】雨ニモマケズ、風ニモマケズ。 【SONY】雨ニモマケズ、風ニモマケズ。 2019年05月27日
焦点距離:24mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/400秒 ISO:125 我々、カメラ好きにとって毎年やってくる憂鬱な季節。 【梅雨】 豊かな四季を誇る日本にとって、植物への恵となる雨・・・。わかってはいるのですが、如何せん湿気は機材の大敵であり、せっかくの休日に撮影に行こうと考えていても天気は生憎の【雨】。 生まれつきの出不精な私にとっては、家にこもりっぱなしにもなりがちな季節。 【梅雨】 ジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジ...
続きを読む
【SONY】強くてニューゲーム 【SONY】強くてニューゲーム 2019年05月14日
愛らしい容姿と、美しい囀り…。 被写体として、小鳥ほど魅力のあるものはなかなか無いのではないでしょうか。 とはいえ撮影難易度は非常に高く、「作品」を撮ろうとすると多大な努力を要します。情報収集から始まり、なわばりの位置特定、さらには目当ての鳥が現れるまで何時間も粘ったり…。 どちらかというと筆者は「歩きながら小鳥を探し、見つけたら撮る」というお手軽撮影派です。なので今までは愛機の一眼レフに70-300mmのズームを装着し、ライトに野鳥撮影を楽しんでおりました。 ですが、そ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]