【写真を楽しむ6月】ローライ持って出かけよう! | THE MAP TIMES 
Select Language



【写真を楽しむ6月】ローライ持って出かけよう!

[ Category:etc.|掲載日時:2019年06月18日 20時30分]




ある日、棚を開けたらローライフレックスが出てきたとします。

棚からローライ」……出たらいいなぁ…

……なんて願望はともかく、幸運にも二眼レフカメラの雄 ローライフレックスを手に入れることに成功した貴方は、いざ撮影に出かけようとして大変な事に気がつきます。
そう、ストラップがない!!

ローライフレックスのほとんどのモデルで、ストラップ取付部が下の写真のような形状になっています。(ローライコードのシリーズは異なります。)

ローライフレックス

真ん中に心棒が入っているため、通常のストラップを通すことが出来ません。

通称「カニ爪ストラップ」と呼ばれる、独特の形をした金具がついた専用ストラップが必要になります。
ワンタッチで取り付け可能な優れたアクセサリーなのですが、ローライのオリジナル品はすでにはるか昔に廃番になっていて入手困難。
1本革の製品だったため、手に入っても劣化していると、いつプチっといってしまうか、常に不安と隣り合わせの撮影となってしまいます。

年季入ってます
プチッといきそう

撮影中にプチッてなことになったら…

はるか以前に書いた「二眼レフは、いかがですか?!」というブログで代替案を紹介し、好評をいただいたことがあります。
ただ、ちょっと工具が必要になり、かつボディに若干のキズを付けてしまう可能性や、元に戻すとき大変だったりということはありまして…

そこで今回は、もっと簡単に「カニ爪ストラップ問題」を解決する策をご提示させていただきます。

【peak design (ピークデザイン) アンカーリンクス AL-4】
アンカーリンクス

紐のついた「アンカー」と呼ばれるパーツをカメラボディのストラップ取り付け部につけておけば、ワンタッチでストラップが着脱可能に。
複数台のカメラでお気に入りのストラップを使いまわすことも出来る、優れものアクセサリーです。

そして、このアンカー、なんとローライフレックスのストラップ取り付け部にも使用可能!
特別な工具もいらず、ものの数分でストラップ取り付けに成功しました。

スッと通して
反対から出して
頭をくぐらして
パチッと留めれば
出来上がり!


耐荷重は90kgといいますから、もちろん全く問題なし。

B1スタッフSです
地下アイドルです

さらにこのアンカー、4個入りですから、ローライフレックス2台に使用可能。
ストラップに悩むことがなくなった貴方は、なんの気兼ねもなくもう1台ローライを入手することが出来るのです。

いかがですか?!

ローライフレックス2.8F + 3.5F 夢の2台持ち!!

6月のアジサイはもちろん、7月の七夕、ほおずき、風鈴などなど… 貴方とローライに撮られたがっている夏の被写体が目白押し!
さぁ、お気に入りのストラップを付けて、ローライ持って撮影に繰り出そう!!

鎌倉です

ローライフレックス2.8E(プラナー)+ローライナー1

鎌倉です

ローライフレックス2.8F(プラナー)

鎌倉です

ローライフレックス2.8F(プラナー)+ローライソフト1

浅草です

ローライフレックス2.8E(プラナー)

浅草です

ローライフレックス2.8E(プラナー)

きれいな方でした

ローライフレックス3.5F(プラナー)


↓マップカメラオススメのストラップです↓
↓ご一緒にフィルムも如何ですか?↓
↓オールドカメラのレンズクリーニングには、傷のつきにくい高品質クリーナーを!↓







〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:2019年06月18日 20時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Nikon Z 50mm F1.8 S 【私のお気に入り】旅行とZで日常にスパイス【Nikon】 2019年07月17日
スパイス12 どんよりとした天気の中に、時折見せる晴れ間。 照らされる新緑の木々が、より一層青々としてきた文月。 昨日、SONYより新型のミラーレスカメラが発表される等、 今年のミラーレス市場はますます盛り上がってまいりました。 しかしながら、Nikonを愛してやまない私は、相も変わらず、 愛用のボディと共に写真活動に臨みます。 今回の撮影に持ち出したのは、愛機Nikon Z6と、Z 50mm F1.8 Sです。 50mmは基本の「き」である 去る7月初旬、私はZ6と、持ち出したZ 50mm F1.8 ...
続きを読む
Leica M Monochrom 【私のお気に入り】LEICA MM 2019年07月16日
私のお気に入り 『LEICA M Monochrom』 その「デジタルモノクロ縛り」の哲学に惚れ込んでからは すっかり私のお気に入りになりました。 そして始まった、お気に入りレンズを模索する日々の中から 気に入った幾つかのレンズを紹介していきます。 MINOLTA SUPER ROKKOR 50mm F1.8 此処でいきなり、MINOLTAレンズです。 旧千代田光学であるMINOLTA、 銘板にその名残である「CHIYOKO」と記してあるのも気に入っています。 明るく使いやすいレンズ、心なしか白が綺麗に写るような気がし...
続きを読む
【私のお気に入り】 旅と一緒にSONY RX100M5A 【私のお気に入り】 旅のお伴にSONY RX100M5A 2019年07月15日
F1.8 1/40 ISO-2000 24mm 観覧車からのラスベガス夜景 F2.8 1/50 ISO-1600 53mm アンテロープ・キャニオン アメリカのラスベガスと西海岸のキャニオン観光。 そこでRX100M5Aをお伴に連れて行きました。 メイン機にフルサイズを携え、サブ機のつもりで持って行きましたが、 フルサイズ顔負けの素晴らしい画の数々!! 今まで所詮コンデジという印象が一気に変わりました。 F2.8 1/160 ISO-500 70mm まずはラスベガス・マッカラン国際空港に到着するなりパシャリ。 飛行機を...
続きを読む
空飛ぶ巨大なカメと 【私のお気に入り】空飛ぶ巨大なカメと 2019年07月14日
私は幼少の頃から鉄道好きで、写真を始めたきっかけも鉄道を撮ることから始まりました。 そんな私が飛行機に興味を持ち始めたのが「ジャンボ」の愛称で親しまれてきたとボーイング747型機が、日本の航空会社から無くなると聞いた時からです。 鉄道写真を撮る人達の間では、廃線となる路線や引退する車両に集まることを「葬式鉄」と呼びますので、これに倣えば葬式空がきっかけだったのかもしれません。 小型低燃費機へのシフトは日本だけではないようで、国際線が発着する空港でも大型機を...
続きを読む
ニコンの50mm 【私のお気に入り】ニコンの50mm 2019年07月13日
大切に使い続けているレンズがあります。 AI Nikkor 50mm f/1.4S 1981 年から発売されているニコンの標準レンズ。 このレンズとの出会いは学生時代。 キットで付いていたレンズの写りに満足できず、自分で調べたり周りの人に聞いてみると、どうやら単焦点レンズというものがあり50mmが標準的なレンズとされているらしい。 なるほど、じゃあ使ってみるか。 それくらいの知識で買ってみたレンズでした。 実際にカメラに装着しファインダーを覗くと、いままで見たことがないくらい世の中が輝い...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]