【写真を楽しむ6月】ローライ持って出かけよう! | THE MAP TIMES //該当の要素を削除する $(this).remove(); }); });  【写真を楽しむ6月】ローライ持って出かけよう! | THE MAP TIMES
Select Language

【写真を楽しむ6月】ローライ持って出かけよう!

[ Category: etc.|掲載日時:2019年06月18日 20時30分]



ある日、棚を開けたらローライフレックスが出てきたとします。

棚からローライ」……出たらいいなぁ…

……なんて願望はともかく、幸運にも二眼レフカメラの雄 ローライフレックスを手に入れることに成功した貴方は、いざ撮影に出かけようとして大変な事に気がつきます。
そう、ストラップがない!!

ローライフレックスのほとんどのモデルで、ストラップ取付部が下の写真のような形状になっています。(ローライコードのシリーズは異なります。)

ローライフレックス

真ん中に心棒が入っているため、通常のストラップを通すことが出来ません。

通称「カニ爪ストラップ」と呼ばれる、独特の形をした金具がついた専用ストラップが必要になります。
ワンタッチで取り付け可能な優れたアクセサリーなのですが、ローライのオリジナル品はすでにはるか昔に廃番になっていて入手困難。
1本革の製品だったため、手に入っても劣化していると、いつプチっといってしまうか、常に不安と隣り合わせの撮影となってしまいます。

年季入ってます
プチッといきそう

撮影中にプチッてなことになったら…

はるか以前に書いた「二眼レフは、いかがですか?!」というブログで代替案を紹介し、好評をいただいたことがあります。
ただ、ちょっと工具が必要になり、かつボディに若干のキズを付けてしまう可能性や、元に戻すとき大変だったりということはありまして…

そこで今回は、もっと簡単に「カニ爪ストラップ問題」を解決する策をご提示させていただきます。

【peak design (ピークデザイン) アンカーリンクス AL-4】
アンカーリンクス

紐のついた「アンカー」と呼ばれるパーツをカメラボディのストラップ取り付け部につけておけば、ワンタッチでストラップが着脱可能に。
複数台のカメラでお気に入りのストラップを使いまわすことも出来る、優れものアクセサリーです。

そして、このアンカー、なんとローライフレックスのストラップ取り付け部にも使用可能!
特別な工具もいらず、ものの数分でストラップ取り付けに成功しました。

スッと通して
反対から出して
頭をくぐらして
パチッと留めれば
出来上がり!


耐荷重は90kgといいますから、もちろん全く問題なし。

B1スタッフSです
地下アイドルです

さらにこのアンカー、4個入りですから、ローライフレックス2台に使用可能。
ストラップに悩むことがなくなった貴方は、なんの気兼ねもなくもう1台ローライを入手することが出来るのです。

いかがですか?!

ローライフレックス2.8F + 3.5F 夢の2台持ち!!

6月のアジサイはもちろん、7月の七夕、ほおずき、風鈴などなど… 貴方とローライに撮られたがっている夏の被写体が目白押し!
さぁ、お気に入りのストラップを付けて、ローライ持って撮影に繰り出そう!!

鎌倉です

ローライフレックス2.8E(プラナー)+ローライナー1

鎌倉です

ローライフレックス2.8F(プラナー)

鎌倉です

ローライフレックス2.8F(プラナー)+ローライソフト1

浅草です

ローライフレックス2.8E(プラナー)

浅草です

ローライフレックス2.8E(プラナー)

きれいな方でした

ローライフレックス3.5F(プラナー)


↓マップカメラオススメのストラップです↓
↓ご一緒にフィルムも如何ですか?↓
↓オールドカメラのレンズクリーニングには、傷のつきにくい高品質クリーナーを!↓







〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: etc.|掲載日時:2019年06月18日 20時30分]

面白いと思ったらコチラをClick!25票


MACRO日記 Vol.2

MACRO日記 Vol.2[2019年10月17日]

日中の厳しい暑さも終わり、過ごしやすい季節になりました。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 今回は、 Canon EOS 90D Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM の組み合わせで撮影してきました。 EOS 90Dは先月発売されたAPS-Cサイズのセンサーを搭載した一眼レフカメラ。EOS 90Dは有効画素数約3250万画素のセンサーとEOS Rなどに使われている映像エンジンDIGIC 8を積んでおり、より高画質な写真を撮ることができるようになっています。 焦点距離:100mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/250秒 ...
続きを読む
『逍遥』PENTAX 6×7

『逍遥』PENTAX 67[2019年10月16日]

『逍遥』PENTAX 6×7 『逍遥(しょうよう)』とは、気ままにぶらぶら歩くこと、 つまりは散歩です。 たとえば、天気の良い日に洗濯物を干していて、ふと出かけたくなり、ちょっとそこまで散歩をする。 こういったことを『逍遥』と呼ぶのだと個人的に解釈しています。 散歩よりもちょっとかっこいい存在です。 今回は筆者が『逍遥』に持ち出したカメラ、 PENTAX67をご紹介します。 ウッドグリップがあるとよりどっしりとした印象を受けます。 少し重量が増えますが、 このカメ...
続きを読む
ぼくらのズミクロン日記

【Leica】ぼくらのズミクロン日記Vol.1 ~ズミクロンS100!~[2019年10月15日]

We are summicron!! この連載は、マップカメラライカブティックのスタッフそれぞれがズミクロンへの愛を語るものです。 1954年に発売され、その性能の高さと描写力で世界のレンズ設計の基準を引き上げたとすら言われるLeicaレンズのレジェンド、ズミクロン。 今ではライカMマウント以外にも、Rマウント、Lマウント、Sマウント等様々なズミクロンが存在します。 十人十色ならぬ十本十個性の色々なズミクロンに対し、様々な角度でスポットを当てていきたいと思います。 幕開けを飾る記事は、...
続きを読む
【SONY】早秋の汀にて。

【SONY】早秋の汀にて。[2019年10月14日]

SONY α7S+SIGMA Contemporary 45mm F2.8 DG DN 焦点距離:45mm 絞り:F6.3 シャッタースピード:1/200秒 ISO:100 「早秋の汀にて。」 暑さが一段落して、秋深まりつつある今日この頃…。皆様、いかがお過ごしでしょうか。筆者は北の生まれなもので、夏のうだるような暑さは苦手です。まだまだ残暑厳しい日もありますが、朝晩の風に秋の気配を感じつつあります。 ふと、「秋の海」というものに興味を持ちました。 海水浴客で賑わう夏の海とは少し違う、趣のある風景に出会うため...
続きを読む
null

【Nikon】おやひこさま参り×Z7[2019年10月13日]

   9月中頃、少し遅めの夏休みを頂きましてNikon Z7にZ24-70mm F2.8をつけて、新潟県にあります越後国一宮・弥彦神社のお参りに行ってきました。  一の鳥居をくぐって左手に、神様しか通れないと言われている玉の橋があります。  平日にも関わらず、団体の参拝客の方々を見かけました。神社でお参りする際は二礼二拍一礼が一般的ですが、弥彦神社では二礼四拍一礼でお参りします。この形式は、出雲大社が有名です。  御神木である椎の大木。  お参りが終わった後は、ご本殿の背...
続きを読む