Select Language

【DJI】Hello New Vlog.Scene1

[ Category: etc.|掲載日時:2019年11月04日 14時51分]

DJI Osmo Pocket

Hello New『Vlog』

VideoのVにBlogを合わせた造語。

それが『Vlog』です。

あまり聞きなれない方もいらっしゃるかと思います。


そもそもBlogとは、
Weblogの略称で、自分の撮影した写真や思い浮かんだ意見、日頃の感想をWeb上の日記に記すもの。
それに対して感想など、見た方が自由にコメントできる形式のWebサイトのこと。

VlogはWeb上でのlog(日記)今はSNSも含め、写真や文章ではなく動画で記録して投稿するものとなります。
*注*Panasonic製カメラで行うLog撮影の中にV-Logという形式がありますが、それとはまた異なるものとなります。


動画で記録するというとYouTuberを想像する方もいらっしゃるかと思いますが、
Vlogは日々の日常を動画で撮影し、それをコンテンツとして投稿すること(アマチュアを含む)
YouTuberはユニークな内容を企画&実行しコンテンツとして投稿すること。
という違いがあります。


前置きが長くなってしまいましたが、
要は旅行や日常生活、お子様の成長記録、
ちょっとしたお出かけの際に気軽に動画を撮って思い出を残しましょう。

ということです。


初回のScene1はDJI Osmo Pocket










DJI Osmo Pocketの最大の特徴はジンバルです。

スマホやカメラなど強力な手ブレ補正を搭載している機種はありますがジンバルを搭載しているカメラはDJIのみです。

そしてこのジンバル、細かいブレはまったくありません。
片手で歩きながら撮影しても、歩行の際のブレは若干ありますが、ほとんどブレていません。





クイっとカメラが動いてしまいましたが歩きながらの撮影になります。
歩きカメラ。ではありませんが私自身はちゃんと前を向いて歩いております。

カメラだけを横に向けての撮影ですが、暗い夜にもかかわらずしっかり撮れています。

これはFPVモードという機能でユーザーの目線に合わせてカメラの動きを再現するので、
ジンバルの向き(撮りたい方向)に沿ってスムーズな動きで撮影できるのも特徴の1つです。

今まで一眼レフやミラーレス、ハンディカムなどで動画撮影!というと少し敷居が高いように感じてしまいます。
Osmo Pocketを使用していると動画撮影というよりは見たものを記録している感覚になります。











Osmo Pocket単体での撮影や、設定変更などはもちろん可能ですがスマホを取り付けることでより細かい設定や機能などを使うことができます。

ストーリーモードはその1つであらかじめ設定された撮影パターンとカメラワークを組み合わせて、専用のフィルターやサウンドトラックも用意されていて、そのまま撮影すれば編集などは自動で行ってくれます。





午後!


Osmo Pocketを起動すると毎回ジンバル部分を体操するかのようにくるくる回ります。
そんなOsmo Pocketを起動する度にちょっとかわいいと思ってしまいました。

小型軽量でとにかく簡単に撮影ができる事と別売りで防水ケースなども発売されている為、水中での活躍も間違いありません。



まだまだ日本では馴染みがないVlogですが、既に海外では多くの動画が投稿されています。

日本国内でも一部のタレントさんや一般人の方もVlogを投稿している方は増えています。

このHello New Vlogでは今後も撮影を行う機材や機能の紹介はもちろん、
動画を気軽に、気楽に撮影できる楽しさをお伝えしていければと考えております。







[ Category: etc.|掲載日時:2019年11月04日 14時51分]

面白いと思ったらコチラをClick!19票


光害カットフィルター「StarScape」の魅力

【marumi】光害カットフィルター「StarScape」の魅力[2020年02月17日]

α7RⅣ + FE24-70mm F2.8 GM + M100 + StarScape for M100 + ND8 65mm | F8 | 31s | ISO100 東京都江東区にて 古今を問わず、写真撮影の応用として、「特殊な効果」を持ったフィルターは大変人気です。例えば、「C-PLフィルター」「NDフィルター」等はその中でも定番です。更に特殊なものとして、カラーフィルターやソフトフィルター、クロスフィルターなんかがありますが、昨今では夜景を...
続きを読む
null

私の現像レシピ[2020年02月15日]

先日、自分でフィルム現像をしていて本当に良かったなぁと感じたことがありました。 カメラ屋さん「ご自身で現像されたんですか?」 私「ええ、意外と簡単ですよ。」 カメラ屋さん「私も興味がありまして... 暗室でですか。」 私「いえ、暗室がなくてもできますよ。私はお風呂場を暗室の代わりにしてやってます。」 カメラ屋さん「すごい、私もやってみようと思います。」 自家現像...
続きを読む
port

【Lensbaby】創造者に新しい「創造」を。[2020年02月13日]

SONY α7RIII - Tokina atx-m 85mm F1.8 FE 1/80 - F2 - ISO:1600  皆様はLensbabyというメーカーをご存知でしょうか。  アメリカで生まれた、他メーカーにはない独特なボケの表現を可能とするレンズを生み出しているメーカーです。  写真の四隅がぐるぐるボケを生み出すBurnsideや、マクロのようにとても寄ることができ、さらに開放で使うと柔らかいボケを表現するVelvetや、独特な表現を一つ...
続きを読む
新品・中古デジタルカメラ人気ランキング

2020年1月 新品・中古デジタルカメラ人気ランキング[2020年02月10日]

新品デジカメ1月ランキング 1位 SONY α7III ミラーレス一眼カメラ 2位 Nikon Z50 ミラーレス一眼カメラ 2位 FUJIFILM X-T30 ミラーレス一眼カメラ 4位 FUJIFILM X-Pro3 ミラーレスカメラ 5位 FUJIFILM X-T3 ミラーレス一眼カメラ 6位 SONY α7RIV ミラー...
続きを読む
null

【七工匠】衝撃の出会いから1年が経ちました!【カメラを愉しむ vol.11】[2020年02月09日]

衝撃の出会いから、早いもので1年が経過しました。 その衝撃の出会いとは中国製レンズ「七工匠 7artisans」 筆者は「センサー性能」「高感度性能」「顔認識・瞳AF」というハイスペックなボディというのはあまり重要視せず、ボディは「好きな色が出れば良い」と割り切っています。 しかし装着する『レンズ』にはとことんこだわる。 純正AFレンズはもちろん、ライカやカールツァイス、フォクト...
続きを読む