Select Language

【Panasonic】 LUMIX S1H特集Vol.3 「LUMIX DC-GH5SとS1Hを検証」

[ Category: Panasonic|掲載日時:2019年12月22日 12時00分]
 

LUMIX S1H特集の第三弾
今回はLUMIX DC-GH5SとS1Hの検証動画となります。


記録方式:MOV形式、4K [3840×2160]、29.97p、400Mbps(4:2:2,10bit ALL-I)、S1H V-Log /GH5S V-Log L

Log撮影とは
Log撮影をする事で通常の撮影ガンマに比べて幅広いダイナミックレンジを得ることができ、色の再現域も広く記録出来ます。この特徴を活かして編集時のグレーディングと合わせることで、制作者のイメージに合った自由度の高い映像表現を可能にしてくれます。

V-Log /V-Log Lとは、Panasonic独自のLogの事です
GH5Sに搭載されている「V-Log L」とS1Hに搭載されている「V-Log」の大きな違いは撮影出来るストップ数(ダイナミックレンジの再現域)で、「V-Log」が14ストップ以上あるのに対して「V-Log L」は最大12ストップとなっています。


今回どちらの機材も同じISOやシャッタースピード、レンズF値で撮影。
さらにダイナミックレンジの広さをわかりやすくするため、明暗差が激しくなるような環境を意識し両機種の差が確認できるように撮影を行いました。
両者のダイナミックレンジの差が映像にどのような違いを見せてくれるのでしょうか。
それでは、さっそく比較をしてみましょう。






逆光の木の下で撮影。

null



赤枠部分を拡大した画像がこちら

null








null


赤枠部分を拡大した画像がこちら

null



ハイライト部分に関しての効果や差異がわかりにくい結果となってしまいましたがシャドウ部分に関しては赤枠で拡大している通りS1Hの方がシャドウ部の黒潰れが少ないことが分かります。

この様な差がLogをベースにマスター制作を行う事が基本のデジタルシネマや、広いダイナミックレンジが必要とされる映像制作などにおいては必須となるでしょう。

さらにV-Logの持つ多階調(濃淡)・広ダイナミックレンジを生かしてフィルムライクな映像やハイライトやシャドウ部の諧調(調和)を生かした映像表現も可能ではないかと感じました。


LUMIX GH5/GH5Sをお使いの方は映像制作をしていく上でV-Log Lのレンジの狭さに不満を持っている方も多かったのではないでしょうか。
従来は14+ストップV-Log/V-Gamutを搭載したカメラといえば業務用のシネマカメラVARICAMシリーズのみとなります。

今回、ミラーレス機で初めてS1Hが対応したことでプロの映像クリエイターはもちろん、これから映像制作を始めてみたいアマチュアの方々など、今までよりも幅広いユーザーが高いクオリティで気軽にワンランク上の映像表現に挑戦できるようになったのではないかと感じています。






過去記事はこちら

LUMIX S1H特集Vol.1「シネマクオリティを個人でも」↓クリック
LUMIX S1H特集Vol.1



LUMIX S1H特集Vol.2「6Kを活用しよう!6K撮影のメリットとは?」↓クリック
LUMIX S1H特集Vol.2






[ Category: Panasonic|掲載日時:2019年12月22日 12時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!10票


【Panasonic】LUMIX GX7 MarkⅢの気になる機能を使って撮影に挑戦

【Panasonic】LUMIX GX7 MarkⅢの気になる機能を使って撮影に挑戦[2020年02月27日]

Panasonic LUMIX GX7 MarkⅢ レンズ交換式ながら、小型軽量ボディに加え、 ボディ内手振れ補正や、可動式のファインダーなどを搭載し 操作性を兼ね備えたLUMIX GX7 MarkⅢ。 動画撮影をする中で、どうしても入れたてみたい映像があり、 今回は、気になる機能を使って撮影してみました。 インターバル撮影(タイムラプス撮影) 長時間の撮影のようですが、実際には静止画を一定...
続きを読む
null

【Panasonic】G9とMFレンズで動画に挑戦しました![2020年02月03日]

登場した時はその開放F値の明るさが大変な話題になりました。 Voigtlander Nokton 25mm F0.95 使う使わないに関わらず、F値の明るいレンズには羨望にも似た憧れがあります。 パナソニック G9PRO+Voigtlander Nokton 25mm F0.95 typeⅡ MFでのピント合わせは至難ですが、 驚異的な明るさを体感すべく、Voigtlander Nokton 25mm F0.95 typeⅡを持ち出して、動画を撮影してみました! (typ...
続きを読む
Panasonic LUMIX DC-GX7MK3 + Panasonic LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2 ASPH. POWER O.I.S.

【街で見つけた形にフォーカス】光と影が織りなすかたち【Panasonic】[2020年01月09日]

形にも様々なものがあります。 マル・サンカク・シカクと言った人工的な幾何学模様や、 どの形にも属さない少し歪な自然の形。 形を探しながら撮影するというのは童心に帰った気分で、 中々楽しいものです。 今回は光の形。 目に見えているようで、見えていない様な形に少し注目して見ようかと思います。 駐輪している自転車をモノクロで撮影。 明暗差が車輪に一本の線を作り出して...
続きを読む
【Panasonic】 LUMIX S1H特集Vol.3l

【Panasonic】 LUMIX S1H特集Vol.3 「LUMIX DC-GH5SとS1Hを検証」[2019年12月22日]

  LUMIX S1H特集の第三弾 今回はLUMIX DC-GH5SとS1Hの検証動画となります。 記録方式:MOV形式、4K [3840×2160]、29.97p、400Mbps(4:2:2,10bit ALL-I)、S1H V-Log /GH5S V-Log L Log撮影とは Log撮影をする事で通常の撮影ガンマに比べて幅広いダイナミックレンジを得ることができ、色の再現域も広く記録出来ます。この特徴を活かして編集時のグレーディングと合わせることで、制作者のイメー...
続きを読む
GM5

【Panasonic】LUMIX G 20mm F1.7 と行く三都物語【カメラを愉しむ vol.7】[2019年12月21日]

仕事の休憩中に『京都で紅葉の撮影がしたい!』 そんな衝動に。 しかしながらカメラも自宅、着替えも自宅、車も自宅。 一度○○をしたいと考えると実現しなくては気がすまない性格の私は、休憩時間が終わるまでに「中古カメラ」と「深夜バス」の予約を済ませておりました。 そこでセレクトした機材は『Panasonic GM5』と『Panasonic LUMIX G 20mm F1.7(初代)』。 使いたい時だけ中古...
続きを読む