Select Language

天空のオアシスとKiss X7

[ Category: Canon|掲載日時:2019年12月17日 13時19分]



水族館といえば海沿いにあることが多いですが、海の無い都会の中心ともいえる池袋には「天空のオアシス」というコンセプトの水族館があります。

その名もサンシャイン水族館。

サンシャインシティの屋上にある水族館ですが、その立地を活かした展示も多く、東京にある水族館のなかでも特徴的だと思います。


【Canon Kiss X7+EF40mm F2.8 STM】

【Canon Kiss X7+EF40mm F2.8 STM】




空を飛ぶペンギン。
水槽の中を飛ぶように泳いでいく姿に、ビルが写る。
不思議な構図です。


クリスマスも近いということもあり、名物のカワウソ・グリーティングもクリスマス仕様になっていました。


【Canon Kiss X7+EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM】

【Canon Kiss X7+EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM】


コツメカワウソは指先がとても器用な動物で、トレーナーさんに連れられながら氷やおもちゃの小物で遊ぶしぐさはとても可愛らしく。

とはいえなかなか家庭で飼えるものでもないので、しっかりとここでその可愛さを目に焼き付けます。


【Canon Kiss X7+EF40mm F2.8 STM】

【Canon Kiss X7+EF40mm F2.8 STM】



ショー終わりの帰り道。チャンスがあり、かなり間近で撮ることができました。
おもちゃの中には小魚が入っていて、器用に手で取り出して食べる姿を楽しめました。


続いて、常設の水槽も観覧していきます。

水族館独特の暗がりに溶け込む青い水槽の光。
これがなんとも落ち着く空間で、これが水族館めぐりを趣味とする理由のひとつです。


【Canon Kiss X7+EF40mm F2.8 STM】

【Canon Kiss X7+EF40mm F2.8 STM】



スケルトンボディが特徴的なトランスルーセントグラスキャットフィッシュ。
透明な魚というのは意外と数多くいるもので、水族館でも楽しみにしている魚のひとつです。


【Canon Kiss X7+EF40mm F2.8 STM】

【Canon Kiss X7+EF40mm F2.8 STM】



こちらはキッシンググラミー。
闘争する時にキッシンググラミー同士でキスをするように口をぶつける姿からこの名前になったそうです。
ロマンチックな姿には争いが・・・・・・。


【Canon Kiss X7+EF40mm F2.8 STM】

【Canon Kiss X7+EF40mm F2.8 STM】



魚屋さんで見かけるような魚ももちろん水族館には展示されています。
つぶらな瞳が個人的に好きなポイントです。
食べるだけではなく、こうして生態を学ぶ事ができるのも水族館の魅力の一つではないでしょうか。


【Canon Kiss X7+EF40mm F2.8 STM】

【Canon Kiss X7+EF40mm F2.8 STM】



最後にカエルの写真をひとつ。
種類は失念してしまいましたが、ヤドクガエルの一種だったかと思います。
苦手な方は多いかもしれませんが、小さなカエルにクローズアップして撮ってみると、普段私たちが何気なく踏んでしまうコケなどの植物が大きく見えたり。
カエルの見えている世界を想像してみるのも面白いものです。


今回この記事を書くにあたり、Kiss X7のキットレンズのみを使うということで写真を撮りましたが、やはり暗い水族館の中、小さい魚を撮るには少し物足りない面もありました。

また、事前にショーなどを観覧する予定がある場合は、やはり望遠レンズは必須だと思います。
予定が無くても、ペンギンなど柵越しに展示されているものを撮る際にも便利なので持っているといい1本かなと思います。

都内の水族館は他にもあるので、また折を見て水族館めぐりをしてみたいと思います。

サンシャイン水族館の隣にはレンズも作っているコニカミノルタが運営している「満天」というプラネタリウムもあります。

是非一度、サンシャインシティの屋上に足を運んでみてはいかがでしょうか。


【Canon Kiss X7+EF40mm F2.8 STM】

【Canon Kiss X7+EF40mm F2.8 STM】





▼今回使用した機材はこちら▼


〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓


[ Category: Canon|掲載日時:2019年12月17日 13時19分]

面白いと思ったらコチラをClick!12票


null

【Nikon】開放F値1.2!1977年生まれの元祖ノクトの作例[2020年01月24日]

先日より連載しております「NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」企画。本日は、元祖ノクトニッコールを最新のボディであるZ7と組み合わせて、すべて開放F値1.2で撮影してきました。1977年(昭和52年)生まれの実力やいかに! ショーウインドウに飾られたスパンコールが付いたバッグ。ベージュ系の優しい色合いの服飾に似合うやわらかい描写です。 街角に貼られたステッカー群。目が合った気がして...
続きを読む
「かたち」あるものを探して【Nikon】

【街で見つけた形にフォーカス】「かたち」あるものを探して【Nikon】[2020年01月24日]

こんにちは。 今回のテーマが「街で見つけた形にフォーカス」 ということで、Nikon D800を通して 「かたち」あるものを探してみました。 さっそくご紹介させていただきます。 公園にはいろんな形の遊具があります。 形を意識して写真全体を見ると、 木々や雲もあっていろんな「かたち」が見られます。 平日は夕方になると学校が終わった子供たちや 幼稚園、保育園等が終わった親子連れが ...
続きを読む
HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR

【PENTAX】「HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR」速報レポート![2020年01月23日]

本日、1月23日に発表された、35mmフルサイズ判センサー対応の望遠ズームレンズ、 ペンタックス『HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR』。 発表当日の今日、縁あってほんの数分ながら実機に触れる機会がありましたので、 そのファーストインプレッションを皆様にお届けいたします! 何といっても特筆すべきはその軽量小型な出で立ち。 開放F値2.8の望遠ズームレンズ「HD D FA★ 70-200mm ...
続きを読む
Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4

【M42】スーパータクマー 50mm F1.4の魅力【PENTAX】[2020年01月23日]

今回はスーパータクマー50mm F1.4のレンズを使用し、撮影した写真をご紹介します。 使用カメラはCanon EOS 5D Mark IVです。 この日は、よく撮らせてもらっている友人と袴撮影をしました。 豪快なフレア・ゴーストを撮影できるのが大きな特徴のひとつです。 Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4 Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4 あえて逆光で撮影をし...
続きを読む
null

【街で見つけた形にフォーカス】ミラーレスで行くさんぽみち~成田参道~ 【Nikon】[2020年01月22日]

先日、久しぶりに成田参道を成田山に向かってぶらぶらと散歩に出かけてみました。 今回のお供はNikon Z50 16-50kitです。 この組み合わせのコンパクトさは素晴らしいと思います。 手元に構えても大きさがまったく気にならない。 グリップのホールディングの良さは歴代のニコンの機体から受け継がれたものを感じられます。 さて、1月の土・日曜日といえば成田の街中は人混みですごいイメー...
続きを読む