Select Language

【Nikon】D780 体験レポート in ニコンプラザ新宿

[ Category: Nikon|掲載日時:2020年01月18日 21時00分]

先日、速報としてお伝えした『Nikon D780』の先行展示。
今回改めて、ニコンプラザ新宿で新製品の注目ポイントを伺ってきました。


Nikon D780 先行展示

2台用意されていた展示機の内、1台は「AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8 G ED」と「フィルムデジタイズアダプター ES-2」のセット。
ES-2は、マイクロレンズとの組み合わせで、35mm判フィルムを手軽にデータ化できる便利なアクセサリーですが、ネガフィルムをパソコン編集なしでポジ化してくれるのは、これまでD850だけでした。
それが今回、D780も対応に。一眼レフを愛するユーザーの方は、フィルムの一眼レフも愛用していたに違いない。そんな配慮がちょっと嬉しくなりました。


D780とD750の比較

カタログスペック上ではD750(写真左)と同じ約840gのボディ。スタッフの方にお願いしてD780(写真右)と並べてみました。
まず目につくのが、内蔵ストロボが無くなったことで、よりスマートになったペンタ部分です。AF補助光部も無くなり正面から見ると、かなりカッコよくなったと感じます。
そして驚くのがそのサイズ感です。D780には、最速1/8000 秒のシャッターユニットが搭載されているのですが、その寸法はほぼ変わっていません。
以前、Z50のお話を伺った時、「F値0.95の明るいレンズを使うことを考慮して1/8000秒にも対応して欲しかった」と伝えると、シャッターユニットが大きくなってしまうため、あの小さなサイズが保てなくなると教えていただきました。
たとえ1段でもシャッター速度を上げるとボディは大型化してしまうということでしたが、D780はD750とほぼ同じ大きさ。相当の苦労があったと想像できるのです。


D780とD750裏面比較

続いて背面を。
「iボタン」が右側に移動し前面のデザイン同様、D850に近づいたと思いきや、動画/静止画を切り替えるライブビューセレクターがファインダーの右脇に移動しており、Zシリーズにも少し近づいたイメージです。


D780とD750の比較

シャッターボタン周りのレイアウトは、D850やZシリーズと同じになり、モードダイヤルからはストロボ項目等が無くなりスッキリしたデザインになりました。チルト式モニターはタッチ液晶になり、表示レイアウトも少し変わっています。
個人的に気になったのがフラッシュ取り付け部が黒く塗装されていること。メタルブラックのアクセサリーシューカバーが似合うことでしょう。



続いて機能面をチェックです。
D780の注目すべきポイントは、D5譲りのファインダー撮影時の位相差AF。画像処理エンジンが「EXPEED 6」にアップし、アルゴリズムを最適化したということで、かなりの追従性が期待できます。
プラザ内にはテストにお誂え向きのミニサーキットが用意されていましたので、早速試してみました。



被写体までの距離が近かった為、最接近時に一瞬ピントを外しましたが、すぐに追いかけ、捉え直してくれます。
画像の持ち帰りが禁止されていたので実写をお見せできないのが残念ですが、かなり優秀と感じました。
7コマ/秒の連写モードで100枚近く連写し続けましたが、カードへの書き込み詰まりもなく、安定した撮影が楽しめます。


続いて、ライブビュー時のハイブリッドAFによる瞳AFも試してみました。



プラザ内に置かれていた女性のパネル写真。ライブビュー機能をONにし、少しズームで寄るだけで、瞬時に瞳を捉えます。左右の瞳の切り替えもスムーズで、Zシリーズとの差は全く感じられません。



ニコンプラザからの夜景

最後に最長900秒になったスローシャッター機能を。撮影モードを「Mモード」にし、カスタムメニューを開くと「Mモード時のシャッタースピード延長」が選べます。これをONにすることで、最長15分の長時間露光が可能になります。暗いシーンでも迷わない-7EV対応のローライトAF機能と合わせれば、夜の撮影を強力にサポートしてくれることでしょう。


既に完成域にあると思われていた一眼レフカメラですが、新たに追加された機能の多さに驚きました。
D750の後継機であるD780が、D760でもD770でもなかったのは、3世代分の進化をしたというメッセージが込められているのかもしれません。一眼レフ派の方はもちろん、ミラーレスしか使ったことがないという方にも試していただきたいモデルです。

発売日をどうぞお楽しみに。







〓〓新製品〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: Nikon|掲載日時:2020年01月18日 21時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!6票


【Leica】本館地下 中望遠倶楽部 ~NOKTON 75mm F1.5 編~

【Leica】本館地下 中望遠倶楽部 ~NOKTON 75mm F1.5 編~[2020年02月18日]

皆さま、こんにちは。 MapCameraの店舗のある新宿は暖かいなぁと感じる日がだんだんと多くなってきました。 さて、今回はLeica M10-PとNOKTON 75mm F1.5 Vintage Line Aspherical VMを使って写真を撮ってきました。 VMとはVoigtlander Mマウントの略です。 VoigtlanderのBessaシリーズをはじめとしてM型ライカのカメラにも装着することが出来ます。 まずは開放F1.5。優しいピント面からなだら...
続きを読む
光害カットフィルター「StarScape」の魅力

【marumi】光害カットフィルター「StarScape」の魅力[2020年02月17日]

α7RⅣ + FE24-70mm F2.8 GM + M100 + StarScape for M100 + ND8 65mm | F8 | 31s | ISO100 東京都江東区にて 古今を問わず、写真撮影の応用として、「特殊な効果」を持ったフィルターは大変人気です。例えば、「C-PLフィルター」「NDフィルター」等はその中でも定番です。更に特殊なものとして、カラーフィルターやソフトフィルター、クロスフィルターなんかがありますが、昨今では夜景を...
続きを読む
【OLYMPUS】4K動画×手ブレ補正【OM-D E-M1 Mark III】

【OLYMPUS】4K動画×手ブレ補正【OM-D E-M1 Mark III】[2020年02月16日]

2月12日にオリンパスから待望のフラッグシップモデル『OM-D E-M1 Mark III』が発表されました。 2013年10月に『OM-D E-M1』 2016年12月に『OM-D E-M1 Mark II』 そして2020年2月、3代目となる『OM-D E-M1 Mark III』 特集ページに収まりきらなかった機能をMapTimesで紹介。 今回は『4K動画×手ブレ補正』 手持ちでシネマクオリティを実現するOM-D Movie 4K動画撮影機能はもちろん、E-M1 X...
続きを読む
null

私の現像レシピ[2020年02月15日]

先日、自分でフィルム現像をしていて本当に良かったなぁと感じたことがありました。 カメラ屋さん「ご自身で現像されたんですか?」 私「ええ、意外と簡単ですよ。」 カメラ屋さん「私も興味がありまして... 暗室でですか。」 私「いえ、暗室がなくてもできますよ。私はお風呂場を暗室の代わりにしてやってます。」 カメラ屋さん「すごい、私もやってみようと思います。」 自家現像...
続きを読む
【Laica】ひだまりの暗箱、詠う蛹

【Leica】ひだまりの暗箱、詠う蛹[2020年02月15日]

のぼる朝日は靄を帯びて、 窓からのぞく歩道は白く歪んでみえます。 鼻をすする声と軽快な足音が入り混じる街は 少し早めの春の訪れを感じさせます。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 この度はライカブティック 7周年にあやかりまして 7枚の御手と少しのおまけを 撮ってまいりました。 またお付き合いいただけると幸いです。 『愛昧』 さて、いきなりで大変恐縮ですが ...
続きを読む