StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
【写真の日】「撮っておき」の1枚  前編 ~愛しきものたち~

【写真の日】「撮っておき」の1枚  前編 ~愛しきものたち~

今日 6月1日は「写真の日」です。1951年(昭和26年)に制定されました。
初めて日本人により写真撮影がされた日というのが、記念日制定の理由です。
1841年(天保12年)6月1日、長崎の蘭学者 上野俊之丞(日本人写真家の祖と言われる上野彦馬の父)が薩摩藩主 島津斉彬を撮影した日と言われていました。
「いました」というのは、今ではその説は誤りで、実際は1857年(安政4年)9月17日、薩摩藩士が島津斉彬を撮影したのが、日本でタゲレオタイプ(銀板写真)の撮影が成功した最初とされています。
ところが、一度制定したものを変更するのも何だしとなり、そのまま6月1日が「写真の日」として現在に至っています。
…いいのかな、まぁ、いいんでしょう。

あらためまして、今日 6月1日は「写真の日」です。

昨年来、私たちの日常はそれまでと大きく変わってしまいました。
当たり前だったコミュニケ―ションもソーシャルディスタンスという隔たりを必要とされ、人とのつながりが希薄になっていくような不安と寂しさを日々感じざるを得ない状況下に身を置くこととなってしまいました。

「写真を撮る」という行為も『娯楽』としてとらえられ、人々が自粛を強いられるなかにあって、それに反する行為とみられてしまうこともありました。

ですが、人との間に隔たりができてしまう今だからこそ、写真や映像で記録を残す・思いを伝えることの大切さに気付かされた方も多いのではないでしょうか。

私たちマップカメラスタッフも、日々写真に対する思いが強くなっていくことを感じずにはいられません。

そんななかでの「写真の日」。写真について語らせてください!
「撮っておきの1枚」と題して、それぞれがこれまでに撮ったなかから特に思い出に残る写真、思い入れの深い写真、とっておきの写真をご紹介いたします。

写真を愛する者同士、語るうちついつい熱くなってしまうことをお許しいただき、しばしお付き合いください。

 

FUJIFILM X-E4 + Leica MACRO-ELMAR M90mm F4.0 (6bit)

ネモフィラとみつばち。
ネモフィラを撮りに出かけた日、花の周りには花粉採集に勤しむみつばちたちが飛んでいました。
太陽光に照らされたみつばちの羽根が高速に羽ばたいて金色に輝いて見える瞬間を捉えた写真です。

この日は花をメインで撮りにきたはずなのに、いつの間にかみつばちを追いかけてシャッターをたくさん切っていました。普段から生き物を撮ることが好きで、いつの間にか体が動いてしまったようです。
ネモフィラとみつばちの春らしい色がクラシックネガの効果も相まって素敵な色合いに仕上がりました。

わたしの「撮っておき」の1枚です。

 

OLYMPUS E-M5 Mark III + M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO + テレコンバーター MC-14

なぜこの子が「撮っておき」なのか、実は愛機を携えて初めて動物園に撮影に行った時の写真で…と言いたいところなのですが、実は2回目に撮影に行った時の写真です。

初めて動物園に撮影に行った日は天候が微妙な小雨、レインコートを準備して雨に濡れるゾウやキリンを撮影し満足して帰宅したのですが、何がいけなかったのかデータを読み込む最中にフリーズ…データが破損して見られなくなってしまいました。さよなら私の動物園デビュー…ということで1週間以内にリベンジをすることに。

奇しくも天候不順、どころか台風間近で小雨になったり大雨になったりと撮影日和とはお世辞にもいえませんでした。改めて撮影したかったゾウは展示されておらず、前回疲れて回らずにいたエリアを中心に撮影することに。

いざ目的のエリアが近づいてきたあたりで一気に天候が崩れて大雨になってしまいました。レインコートと折り畳み傘で最低限のガードをしつつ、目についたのが写真のモデルであるミーアキャットです。

雨にも負けず活発に動き回るミーアキャットたち、中でも写真の子は唯一穴掘りをしていて、ずぶ濡れの毛並みに泥までついて凄いことになっていました。あまりのずぶ濡れ具合に思わず親近感を覚えて、振り向いた瞬間思わずシャッターをきっていました。

リベンジマッチである撮影、大荒れの天候、防塵防滴の愛機の信頼性、三拍子揃ってこそ撮影できたコミカルなこの1枚が私の「撮っておき」です。

 

Rollei Rolleiflex 3.5F(Carl Zeiss Planar 75mm F3.5) FUJIFILM PRO 160NS

昨年9月、神奈川県葉山の海岸での1枚。
毎年9月上旬の結婚記念日、大事な記念の日にまで食事の支度等々をしたくないという至極ごもっともな妻の意見を尊重し、夫婦で東京近郊のホテルに1泊し祝うことにしています。
撮影カメラは、二眼レフのRolleiflex 3.5F(Carl Zeiss Planar 75mm F3.5)。同じく永年連れ添った相棒です。

結婚当初から写真を撮られるのが苦手な妻は、私がレンズを向けても逃げてばかり… 最新デジカメの高速AFをも上回る速さでかわされてしまうのですが、結婚記念日くらいはともう1人の相棒ローライでの撮影に応じてくれました。
とはいえ、つい後ろ姿の写真になってしまうのは、ファインダー越しでもじっと眼が合うと今さらながらなんか照れてしまうせいもあります。

…さて、なぜ昨年9月の写真が「撮っておき」かというと、この後2人で旅行と言えるようなものに出向いていないから… 例年なら秋口や春先などにちょっと遠出の旅に出るのが常なのですが…
まだまだ積み重ねていく夫婦の時間、事態が収束したらあそこにも行きたいしここにも行きたい、今は2人で次の旅行の計画をあれこれ考える日々です。
そんなわけで、この「撮っておき」は、次に撮る「撮っておき」のための1枚。

 

Canon EOS 60D + EF16-35mm F4L IS USM

2015年8月、当時住んでいた実家からほど近い田園の中で撮影した愛車の内装です。
この10年で15万キロを共に旅したMAZDA AXELA。
自室のベッドを除けば、一番長く「居た」場所がこのシートでした。

中学生の頃からATENZA・AXELAといったMAZDA車に憧れていた私は、社会人になる少し前、高校3年生の冬に新車を契約しました。
大分特殊な仕様を選んだ為に、なんと受注生産となった愛車。
1か月ほど待った末、広島の工場からディーラーに到着したという電話が入ったとき、嬉しくて電車で2時間ほどかけて会いにいったことを、昨日のように覚えています。

納車後はどこまでもひたすら走りました。
行ったことのない場所、行きたくてたまらない場所、行けば何かが変わるかもしれない場所…。
とりわけ海と空が美しいスポットには、数えきれないほど通いました。
1日に500キロほど走るなどはざらで、車の乗りすぎでヘルニアになりかけたことすらあります。

今は訳あって、ナンバーを切った状態で実家で待機中の愛車。
必ずやもう一度車検を取り、どこまでも走りたいと強く願います。

 

Nikon D3s + SIGMA Sports 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM

2019年に日本で開催されたラグビーW杯
その前哨戦として行われた南アフリカとの一戦、試合中の円陣の様子です。

スポーツ写真の醍醐味として、緊張感と臨場感、高揚感、極限まで高まる集中力
日常生活の中では味わうことのできない様々な感覚を体感することができます。

スポーツ写真以外の写真を撮ることのほとんどない私にとってこの1年は、
息苦しさとフラストレーションを感じざるを得ない1年でした。
無観客試合や観客数制限によって撮影の叶わない試合、指定席が常となったことで思うように撮影ができない試合、
自然とカメラに触れる機会が減り、世界から色彩が失われたように感じることもありました。

自分で撮影した過去の写真を見返したり、国内・国外問わず様々なカメラマンが撮影したスポーツ写真を見ることで気がついたこと。
それは「写真の価値は美しさではなく、積み重ねてきた時間と切ってきたシャッターの数で決まる」ということです。

技術の進化とともに誰でも簡単に美しい写真を撮ることができる今、
差が生まれるのは決定的瞬間にどれだけ近く、どれだけ多く立ち会うことができたかということなのではないでしょうか。

今はただ、キックオフの笛を待つのみです。

 

~今まで撮ったなかで、「撮っておき」の1枚を紹介して!~
スタッフ数名にそんな声掛けをして、今回の企画はスタートしました。

ところが、いざ自分の写真を選ぶ段になって、はて困ってしまいました。
「あっちが良いか、それともこっちの方が良いか…」 …別に選ぶのに迷うほどの傑作があるわけではありません。
普段、数枚の写真を組み合わせブログを作成しているので、はたして1枚だけで観る人に自分の想いが伝わるのかな? そんな悩みです。
そうこうして選んでいるうちに、それぞれの写真を撮った時のことが次々と思い出されてきました。
その時の天気や気温、同行者との会話の一言一言… いつか当初の目的を忘れ、すっかり回想に浸っている自分がいました。
そして、選んだ写真は… さて、どれでしょう。
あれこれ考えた分、自分のなかでは本当に思い入れの深い1枚になりました。

今日は「写真の日」、こんな風に自分の写真と改めて向き合ってみるのも良いものです。
貴方が選ぶのはどんな写真ですか?

【写真の日】「撮っておき」の1枚
ブログは、後半に続きます。

 

 





[ Category:Canon etc. FUJIFILM Leica Nikon OLYMPUS | 掲載日時:21年06月01日 11時05分 ]

 

マップカメラのおすすめイベント

中古欲しいを応援SALE 指定の中古商品にお買い替えなら買取額最大20%UP
 

RECOMMEND

PAGE TOP