StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
【Carl Zeiss】Otusを担いで走る日々

【Carl Zeiss】Otusを担いで走る日々

Otus 85mm F1.4

子供達と過ごす日常を写真に残したい。
今ならスマートフォンひとつで出来る事ですが、せっかくカメラ好きに産まれてしまったのですから、そこは拘りたい。突き抜けたい。
そんな私が選んだのは、Carl Zeiss Otus 85mm F1.4 ZF.2です。レンズ名称わずか16文字ですが、Carl Zeissの頂点に立つスチルレンズの内のひとつです。

Otus 85mm F1.4 ZF.2の良いところは、やはり写りが抜群に佳い事です。

Otus 85mm F1.4

Otus 1.4/85

Otus 85mm F1.4

Otus 1.4/85

その代わりに大きく、重たく、高価です。
そんなレンズをストラップでぶら下げ、時に担いで子供達と遊びます。

Otus 85mm F1.4
泣きながら助けを求められば、Otus 85mm F1.4 ZF.2を肩にぶら下げたまま急いでジャングルジムに挑みます。私も泣きそうになります。

Otus 1.4/85
すべり台の上でちょっと撮影。そのわずかな時間でも、すぐに滑って行ってしまいます。カメラを仕舞う間もなく握りながら急いで追いかけます。
危ない時、転んだ時、泣いてしまった時、すぐに駆け寄ってあやしたりするので、地面や遊具にぶつける事もしばしばあります。
小さな子供達はよく泣きますが、Otus 85mm F1.4 ZF.2をぶつける度に私も心の中で泣いています。
所有する前から予想していた通り、子育てに使うには大変です。今では、気休めではありますが、冒頭のレンズ写真にあるように、フードにクッションテープを巻いています。ぶら下げている時、子供達が顔をぶつける事もあるので扱いに気を使います。

そんなに大変なら、軽くて写りの良いレンズにすれば良いと思われるかもしれません。
その通りです。軽くて写りの良いレンズをたくさん所有しました。しかし、大きく重たいOtus 85mm F1.4 ZF.2を子育てしながら使ってみて後悔した事は、ありません。むしろ、なぜもっと早く手にしなかったのだろうという後悔の方が強いのです。
そう思うわせるほど、抜群に写りが佳いのがOtus 85mm F1.4 ZF.2というレンズでした。

Otus 85mm F1.4

マニュアルフォーカスが不便に感じる事もあります。しかし、ピントを追い込むためにかけた時間が、その時の事を記憶に焼き付ける程よい時間となり、それこそ単調な日々の繰り返しとなる日常写真において、写真を見るたびに記憶とリンクし、その日の事を鮮明に思い出させてくれます。たとえ撮りたい瞬間を逃した写真であっても、ピンボケの写真になっていたとしてもです。

写すという行為の過程、そのすべてで雑味を排し、最高の写りを提供してくれるOtus 85mm F1.4 ZF.2は、その大きさも重さも価格も、すべて納得させる力がありました。

Otus 85mm F1.4
手にした日から今までも、そして、これからもOtus 85mm F1.4 ZF.2を担いで、家族の追っかけを続けます。
腰とOtusを壊さないよう気を付けながら。

また、Otus 85mm F1.4 ZF.2を楽しむ上で欠かせないものがあります。
それが、以下のカメラとアダプターです。Otus 85mm F1.4 ZF.2を付けたままぶつけたりしてますが、めげることなくタフに撮影をサポートしてくれます。このふたつがあってこそ、情熱も予算もOtus 85mm F1.4 ZF.2に注ぎ込むことが出来たといっても過言ではありません。

○SONY α7RII
現在は、中古のみとなりますが、マニュアルフォーカスレンズを楽しむカメラとして、非常にコストパフォーマンスに優れます。4200万画素、ボディ内手ぶれ補正、サイレントシャッターなど機能が充実しており、液晶やEVFでピントを簡単に追い込めます。Otusクラスのレンズであっても描写や味を存分に楽しむ事ができます。せっかくのお気に入りレンズを使うのであれば、しっかりと味わいたい。それに応える基本性能を持っています。

○Commlite(コムライト) マウントアダプター CM-ENF-E1 PRO
Commliteのアダプターも、まさかOtus 85mm F1.4 ZF.2とくっついて走り回る日々が待っているとは、思わなかった事でしょう。
Exif記録目的で使用しておりますが、この重量を受け止めつつ多くの衝撃や振動にさらされている為か、年に数回、座金が緩む事があるのでネジの増し締めを定期的に行っております。
それでも元気にExifを記録してくれるので短い足のように見える三脚座も可愛らしく思えるようになりました。Exif記録が出来るアダプターとして、中古でお求めやすい価格となっております。

※2021年10月16日現在、Otus 85mm F1.4 ZF.2の新品しか在庫がご用意できず、大変申し訳ございません。中古でお探しの際は、当店の「入荷お知らせ」機能をご利用頂ければ幸いです。Otus 85mm F1.4 ZF.2の商品ページにボタンがございます。スマートフォンご利用の際は、価格表記の下部に。パソコンをご利用の際は、カートに入れるボタンの右側にございます。
私の大好きなOtus 85mm F1.4というレンズにご興味を持って頂けたら嬉しく思います。

 

 

[ Category:Carl Zeiss | 掲載日時:21年10月16日 10時15分 ]

 
マップカメラのおすすめイベント

指定商品にお買い替えなら買取見積額最大15%up! スピーカープレゼント

RECOMMEND

PAGE TOP