StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
【Leica】Q2モノクローム× Ronin-SCで初めての電動ジンバルに挑戦

【Leica】Q2モノクローム× Ronin-SCで初めての電動ジンバルに挑戦

小型・軽量化が進み、一般にも使いやすくなった「電動ジンバル」
以前から興味のあった商品ですが、なかなか使う機会が有りませんでした。
今回は電動ジンバルで有名なメーカー、DJIの人気商品「Ronin-SC」で電動ジンバルデビューをしました。

撮影に使用したカメラは「LEICA Q2 モノクローム」。
名前からもわかるように「LEICA Q2」をベースとした、モノクロ撮影専用モデル。
本機は静止画機能はもちろんのこと、4Kやスローモーション撮影など現代的な動画機能も搭載しています。


カラー映像が当たり前の時代、モノクロ映像はとても新鮮に見えます。
今回は初めての「電動ジンバル」。
専用アプリなどを使って細かな設定も可能ですが、バランス設定のみを行い、早速テスト撮影に向かいました。

レンズ一体型カメラなので、可動部も少なく撮影前のセッティングもスムーズに進みました。

特に手ブレを気にすることなく、街を歩きながら撮影した動画ですがカメラ内の手振れ補正機能とは比較にならないほど安定しています。
ジンバルの構造上、歩く際の上下の縦揺れは補正する事は出来ません。
ジンバルの扱いに慣れてくると上下揺れをカバーする歩き方や持ち方など改善が出来そうです。

今回掲載した動画は「Ronin-SC」を初めて触ってから、設定・撮影まで30分程度のものです。
初めての撮影でしたが、とても扱いやすく誰でも気軽に扱う事が出来ると思います。
三脚や手持ちでの撮影に飽きてきた方はぜひチャレンジしてみてください。

[ Category:Leica | 掲載日時:21年01月04日 11時30分 ]
3+

RECOMMEND

PAGE TOP