StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
【SIGMA】「C 90mm F2.8 DG DN」&「C 24mm F2 DG DN」ファーストインプレッション【作例あり】

【SIGMA】「C 90mm F2.8 DG DN」&「C 24mm F2 DG DN」ファーストインプレッション【作例あり】

皆さんこんにちは。

9/9、SIGMAから新たに「C 90mm F2.8 DG DN」「C 24mm F2 DG DN」の二本の発売が発表されました。
9/10 10時から予約が始まり、9/24発売予定となっております!

今回こちらの二本のレンズ早速お借りすることが出来たので、近い焦点距離のレンズとのサイズ比較を交えつつご紹介したいと思います。

また、文末に新発売のレンズの作例を掲載いたしますので、ぜひご覧ください。

Contemporaryラインの「C」のロゴがどちらにもついております。

今回発表されたContemporaryラインの二本のレンズは以前に発売されたIシリーズ同様、金属の鏡筒にメタルフードとマグネットレンズキャップが付属しておりコンパクトながら非常に高級感溢れるモデルとなっております。

左からCarl Zeiss Loxia 85mm F2.4、SIGMA C 90mm F2.8 DG DN、SONY FE 85mm F1.8

左からSIGMA C 24mm F3.5 DG DN、SIGMA C 24mm F2 DG DN、SONY FE 24mm F2.8G、SAMYANG AF 24mm F2.8 FE

近い焦点距離のレンズと比較をしてみました。
90mmは他のレンズと比べかなり小型のレンズであることが分かります。24mmは他に小型のレンズが多くサイズが大きく見えがちですがF2という明るさのレンズと考えれば十分小型の部類と言えると思います。

左:SIGMA C 90mm F2.8 DG DN 右:SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS

同じ90mmということで比較してみました。ソニーの方はマクロレンズなので単純比較にはならないとは思いますが、大きさが一目瞭然です。

左:SIGMA C 24mm F3.5 DG DN 右:SIGMA C 24mm F2 DG DN

Iシリーズ現行モデルとの比較です。
どちらも、金属鏡筒で所有欲を刺激するデザインなのは変わりませんが、新型の方が一回り大きくなっております。

今回発表された二本を含めるとIシリーズは累計で6本となります。
高級感や所有する喜びと高い光学性能を持つSIGMAのIシリーズ。今後も目が離せません。

実際に「C 90mm F2.8 DG DN」と「C 24mm F2 DG DN」の二本を少しだけ使用する機会に恵まれましたので、作例を少しだけこちらに掲載いたします。
全てSONY α1にて撮影。jpgでの撮って出し、未処理の写真となっております。

まず初めに「C 90mm F2.8 DG DN」にて撮影した画像をご紹介いたします。

本レンズは絞り値をF2.8まで抑えることで驚きの軽さを手に入れました。
実際に使用してみたところ、その軽さにまず驚き、取り回しのしやすさに感動を覚えます。

今までの中望遠レンズといえば大きくて、スナップには中々持ち出せない…といった不満がありましたが
本レンズはスナップ写真のための中望遠レンズといっても過言ではないぐらい、日常スナップとして常用できるレンズとして仕上がっています。
標準レンズスナップでは味わえない、中望遠レンズならではの圧縮効果を楽しむことが出来ます。

最短撮影距離まで近づいて撮影することで大口径単焦点レンズのようなボケ味を手に入れることが出来ます。
また、前ボケ、後ろボケを上手く活用することで奥行きある写真に仕上げることも可能です。
F2.8と言われるとボケ味はどうかな?と不安になる方もいるかと思いますが、中望遠レンズならではのボケを楽しむ撮影を行うことが出来ました。

次に「C 24mm F2 DG DN」にて撮影した写真をご紹介いたします。
こちらは先ほどの90mmとは違い、F2.8ではなくF2まで明るくすることで、コンパクトながら様々なシーンで活用できる一本になっています。
今回の撮影では夕暮れや夜景での撮影が行えなかったのですが、大口径を活かして暗い所での撮影でも本レンズの活躍が期待できます。

広角レンズは比較的寄れるレンズが多く、本レンズもグッと被写体に寄せることで広角マクロのような使い方が出来ます。
ボケ味も自然で、若葉の生き生きとした黄緑を綺麗に表現することが出来ました。
これから秋を迎えると、紅葉や秋の花々の撮影を行う機会が増えると思いますので、風景と一緒に接写撮影も楽しんで頂きたいです。

広角スナップも大口径レンズを活かして立体感のある一枚に仕上げることが出来ます。
少しアンダー目に撮影しましたが、しっとりした雰囲気と、木でできた椅子と机の質感が綺麗に描写されています。
広角レンズでスナップとなるとハードルが高いと感じる方もいるかと思いますが、本レンズは軽くて持ち運びもしやすいので、是非トライして欲しい使い方です。

もちろん本来の広角レンズとして気軽にパシャパシャと撮影するのも楽しい使い方。
旅行中に風景を沢山撮りたい!ズームレンズはちょっと大きいし…というときは、小さくて明るい本レンズがオススメです。
小さいレンズですが非常にシャープな写りなので、広角レンズの常用としても大活躍間違いなしです。

 

高級感かつ高性能で、スナップ撮影に最適な「C 90mm F2.8 DG DN」と「C 24mm F2 DG DN」。

本日9月10日からご予約開始となります。皆様のご予約をお待ちしております!




撮影に使用した、SONYが誇るフラッグシップミラーレスカメラはこちら↓

[ Category:SIGMA | 掲載日時:21年09月10日 11時00分 ]

 

マップカメラのおすすめイベント

中古欲しいを応援SALE 指定の中古商品にお買い替えなら買取額最大20%UP
 

RECOMMEND

PAGE TOP