StockShot

  • タグ一覧
  • 検索
【SONY】スタッフおすすめの単焦点レンズ特集

【SONY】スタッフおすすめの単焦点レンズ特集

皆さんこんにちは。

2010年に始まったSONYミラーレスの「Eマウント」システム。
多くのモデルが出ている中、一つのテーマに絞ってオススメのカメラを改めてご紹介したいと思います。

今回ピックアップするのは定番の単焦点レンズ。

それでは、作例と共にブログやKasyapaのリンクを添えてご紹介していきたいと思います。


FE 50mm F1.2 GM SEL50F12GM

まずはじめにご紹介するレンズはSONY純正レンズの中で唯一の「F1.2」を誇るG Masterレンズ。発売後から不動の人気を誇っております。
開放での撮影時に得られるとろけるようなボケ感は、誰しもが一度は憧れるレンズではないでしょうか。


開放時のピント面のシャープさは本当に素晴らしいです。
α7RⅤなどの高画素機でもしっかりと写ってくれます。


人間の視野に近いと呼ばれる50mmという画角はポートレートは勿論、様々なシチュエーションに対応ができます。
被写体の立体感に加え、滑らかなボケ感が美しく、魅力的な1枚に仕上がりました。


価格改定前に購入したい憧れのレンズのひとつです。
皆様もぜひF1.2の世界を体感してみてください。


SONY FE 20mm F1.8 G SEL20F18G

続きましてご紹介する単焦点レンズは広角レンズ。20mmという広角レンズでありながら重量約373g、全長約84.7mmと小型軽量なモデルから多くのお客様に支持を得ている大人気レンズとなります。
歪曲収差も少なく、非常に撮影しやすく気軽に使用できる広角単焦点レンズです。

広角レンズですので、このような壮大な景色を1枚の写真に写すことができます。暗所からハイライトまでしっかりと描写してくれました。
このようなシチュエーションはもちろん、セルフィ―での撮影にも最適。小型軽量なところから簡単にジンバルに乗せることができますので動画撮影に大変人気なレンズです。

こちらのレンズは接写も得意としております。AF時の最短撮影距離は0.19mですので、このように被写体へ近づいての撮影も得意としております。
滑らかなボケがとても自然な1枚となりました。

FE20mmF1.8Gは非常に万能で優秀なレンズですので、信頼性が高いです。
スチル撮影でも動画撮影でも、広角単焦点レンズをお探しのお客様へ自信をもってオススメしたいレンズのひとつです。


FE 40mm F2.5G SEL40F25G

続きまして40mmという最近人気の画角をご紹介します。35mmでも50mmでもない40mmという画角はスナップ撮影好きの心を踊らせます。
広すぎず、狭すぎない画角は周りの雰囲気をちょうど良い画角で写してくれます。

約173g、全長45mと非常に小型軽量のレンズとなり、旅行に持ち運びしやすいレンズとしてぴったりな1本となります。
主題の雰囲気を残しつつ、背景をボカすことができる優れものです。

小さいレンズですが、描写力はとてもよく、しっかりと解像してくれます。
上記の写真もフレアが起こりやすい難しい環境の中、フレアはなく、描写力が優れていることが分かります。

こちらのレンズもスチル撮影のみならず、ジンバルに乗りやすい事もあり、動画撮影でも人気な1本となります。
今回紹介したレンズは40mmですが、外形寸法が最大径68mm×長さ45mmで統一されており、同時期に発売されたレンズを含めると計3本、すべて価格改定の対象機材となっております。どのレンズも性能は優れており、発売当初から根強い人気があります。自分の好みの画角の購入を検討してみてはいかがでしょうか。

 


Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Z

次にご紹介するレンズは古くから多くのお客様からご好評を頂いている大人気標準単焦点レンズ。
ポートレートやスナップ撮影、風景撮影、旅先での持ち運びの良さなど、様々なシチュエーションに対応ができます。


ツァイスレンズならではの高いコントラストや発色の良さが人気の理由のひとつです。
上記の写真のように青色の発色がよく、他のレンズではなかなか出すことのできない味のある写りが特徴的です。


美しいボケ味が魅力的な事もあり、昨今は動画撮影でも人気を集めているレンズです。
上記の動画のように高い解像力と美しいボケを生かした動画を楽しむことができます。


SONYユーザーなら1度は使用したい標準単焦点レンズ。気軽に持ち運びができる有能なレンズですのでお出かけ先で撮影を楽しんでみてはいかがでしょうか。


FE 90mm F2.8 Macro G OSS SEL90M28G

最後にご紹介いたしますのはマクロレンズ。SONYでマクロレンズと言えば本レンズを選ばれるユーザーが多いです。
最短撮影距離は0.28m、最大撮影倍率は1.0倍と、小さな被写体を大きく写すなどの物撮りに適しているレンズとなります。


開放から素晴らしい描写性能ですので、開放でも安心して撮影する事が出来ます。
とろけるような美しいボケに驚かされます。


マクロレンズですが、もちろんスナップ撮影の要素で使用することも可能です。
中望遠単焦点レンズとして、1本持っていても問題はないかと思います。


SONY Gレンズでは唯一のマクロレンズとなります。

 


 

以上、いかがでしたでしょうか。
どのメーカーも単焦点レンズは小型軽量のレンズが多いですが、SONYミラーレス用レンズは他の一眼レフカメラのレンズよりもさらに軽く万能なレンズとなります。
ぜひご検討いただけましたら幸いです。最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

 

↓今回ご紹介したレンズはこちら↓

[ Category:SONY | 掲載日時:23年01月27日 18時45分 ]

新規会員登録
マップカメラのおすすめイベント

EarlySummerSALE 先取/下取交換15%UP

RECOMMEND

PAGE TOP