StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索

【The Prime Lens】TAMRON 35mm F2.8 DiIII OSD『SONY』

SONY α7RⅢ + TAMRON 35mm F2.8 DiIII OSD M1:2/Model F053SF
SONY α7RⅢ + TAMRON 35mm F2.8 DiIII OSD M1:2/Model F053SF
焦点距離:35mm 絞り:F7.1 シャッタースピード:1/1000秒 ISO:100

【The Prime Lens】

連載を続けておりました【35mm編】も今回が最終回となります。
同じ焦点距離のレンズでも、それぞれの個性が写りとしてあらわれるのをご覧いただけたかと思います。

最終回にご紹介いたしますのは、『TAMRON 35mm F2.8 DiIII OSD M1:2/Model F053SF』
本レンズのコンセプトは、『寄れる、新感覚スナップ。』
35mmというスナップ撮影に適した画角と、高い近接撮影能力を持つレンズです。最短撮影距離は0.15m!広角で風景などを撮るのとはまた違った世界が見えてきます。

近づく春の足音を探しに、ふらっと散歩をしてみました。

………………………………………………….

SONY α7RⅢ + TAMRON 35mm F2.8 DiIII OSD M1:2/Model F053SF
SONY α7RⅢ + TAMRON 35mm F2.8 DiIII OSD M1:2/Model F053SF
焦点距離:35mm 絞り:F2.8 シャッタースピード:1/1250秒 ISO:100

時刻は午前9時ころ、川辺を散歩しながら春を探しました。
『35mm』という画角は、とにかく直感的に撮れる画角だと思います。見た目と同じ範囲に近しいので、被写体を見つけると『パッ』と撮れます。流れる川を背景に、川辺の花を狙いました。
開放F2.8だとピント面も薄いので、群生している花の一部だけにピントを合わせられます。前後がボケるので、広角ですが被写体の主体性がぐっとまします。

SONY α7RⅢ + TAMRON 35mm F2.8 DiIII OSD M1:2/Model F053SF
SONY α7RⅢ + TAMRON 35mm F2.8 DiIII OSD M1:2/Model F053SF
焦点距離:35mm 絞り:F2.8 シャッタースピード:1/1000秒 ISO:100

『寄れる!』というコンセプト通り、グッと近づいて撮影すると、これだけ背景がボケます。同じ場所で撮影しているのですが、1本の単焦点レンズでこれだけ違う雰囲気の写真が撮れるのは非常に便利です。広角で寄って撮影するのは、標準や望遠での寄りとはまた違う世界が見えてきます。

………………………………………………….

SONY α7RⅢ + TAMRON 35mm F2.8 DiIII OSD M1:2/Model F053SF
SONY α7RⅢ + TAMRON 35mm F2.8 DiIII OSD M1:2/Model F053SF
焦点距離:35mm 絞り:F5.6 シャッタースピード:1/250秒 ISO:100

小さい橋が渡してありました。欄干に午前の斜光がさして、印象的な影を落としていました。35mm画角だと適度に奥行き感も出るので、手前から奥への人工物も印象的に描けます。

SONY α7RⅢ + TAMRON 35mm F2.8 DiIII OSD M1:2/Model F053SF
SONY α7RⅢ + TAMRON 35mm F2.8 DiIII OSD M1:2/Model F053SF
焦点距離:35mm 絞り:F11 シャッタースピード:1/400秒 ISO:100

遠くに富士山を望める場所に菜の花畑がありました。景色の中に『黄色』が混じると春を感じます。秋から冬の間は、どうしてもくすんだ色ばかりの風景になってしまいますから。春になると目に入る『色』が増えて、気持ちもだんだん陽気になってきます。F11までしっかり絞るときっちり解像してくれます。重量210gのコンパクトなレンズなのに、これだけシャープだと頼もしいですね。

SONY α7RⅢ + TAMRON 35mm F2.8 DiIII OSD M1:2/Model F053SF
SONY α7RⅢ + TAMRON 35mm F2.8 DiIII OSD M1:2/Model F053SF
焦点距離:35mm 絞り:F2.8 シャッタースピード:1/2500秒 ISO:100

群生している中から一輪だけ、飛び出して咲いていました。
35mm広角で寄って撮ると、標準や望遠で撮るよりも、背景情報を緩やかに入れつつ主題にフォーカスできる点が気に入っています。ボケの具合もなだらかなので、『なんとなくその場の状況が分かる程度』にボケてくれる、いい塩梅だと思います。

SONY α7RⅢ + TAMRON 35mm F2.8 DiIII OSD M1:2/Model F053SF
SONY α7RⅢ + TAMRON 35mm F2.8 DiIII OSD M1:2/Model F053SF
焦点距離:35mm 絞り:F11 シャッタースピード:1/320秒 ISO:100

遠くに山の峰々を望みながら、一面に咲く菜の花畑がありました。この日は、天気も良く風も無風に近い状態。日差しを背中に受けながら撮影していると、その陽気にあてられて、うとうとと、眠気が・・・。

………………………………………………….

SONY α7RⅢ + TAMRON 35mm F2.8 DiIII OSD M1:2/Model F053SF
SONY α7RⅢ + TAMRON 35mm F2.8 DiIII OSD M1:2/Model F053SF
焦点距離:35mm 絞り:F11 シャッタースピード:1/125秒 ISO:100

適度に距離をとって鉄塔を狙いました。過度なパースもつかず、すっきりと人口直線物も描画できます。青空の濃淡の出方が非常に気に入った一枚です。

SONY α7RⅢ + TAMRON 35mm F2.8 DiIII OSD M1:2/Model F053SF
SONY α7RⅢ + TAMRON 35mm F2.8 DiIII OSD M1:2/Model F053SF
焦点距離:35mm 絞り:F11 シャッタースピード:1/200秒 ISO:100

自然物の複雑な描線・質感描写も良好と言えます。木目をそのまま生かしたベンチが川辺にありました。欄干の影も落ちて非常に面白い被写体となっています。人工物とは違い、有機的な線を持つのが、自然物の特徴ですが、木目の線、一本一本を良く描写できています。

SONY α7RⅢ + TAMRON 35mm F2.8 DiIII OSD M1:2/Model F053SF
SONY α7RⅢ + TAMRON 35mm F2.8 DiIII OSD M1:2/Model F053SF
焦点距離:35mm 絞り:F2.8 シャッタースピード:1/500秒 ISO:100

SONY α7RⅢ + TAMRON 35mm F2.8 DiIII OSD M1:2/Model F053SF
SONY α7RⅢ + TAMRON 35mm F2.8 DiIII OSD M1:2/Model F053SF
焦点距離:35mm 絞り:F2.8 シャッタースピード:1/160秒 ISO:100

SONY α7RⅢ + TAMRON 35mm F2.8 DiIII OSD M1:2/Model F053SF
SONY α7RⅢ + TAMRON 35mm F2.8 DiIII OSD M1:2/Model F053SF
焦点距離:35mm 絞り:F2.8 シャッタースピード:1/800秒 ISO:100

TAMRONのレンズが得意とする描写は『ふわっと、柔らかい』描写だと思います。そこで、白を飛ばしてみたり、逆光で撮影してみたりと試してみました。予想通りの柔らかい描写は、春先の花々によく似あいます。逆光下でもコントラストの低下や、フレアが少なく感じられます。TAMRON独自のBBAR(Broad-Band- Anti-Reflection)コーティングが、それらを効果的に抑制してくれます。積極的に逆光撮影等に挑みたくなるレンズですね。

現在、TAMRONからソニーEマウント対応のレンズは本レンズを含み全5本というラインナップです。その全てのフィルター径が67mmに統一されています。PLフィルターなどの各種フィルターを使いまわせるという利便性は、なかなか考えられたものだと思います。

↓今回の撮影で使用した機材はコチラ!↓

〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:SONY | 掲載日時:20年03月30日 11時00分 ]
0

RECOMMEND

PAGE TOP