StockShot

  • タグ一覧
  • 検索
マップカメラスタッフが語る『ニハチ』の魅力 28mm総集編

マップカメラスタッフが語る『ニハチ』の魅力 28mm総集編

これまでそれぞれがお気に入りの『ニハチ』の魅力を語ってまいりました。
少しでも皆様にその魅力が伝わっていれば幸いです。

最終日の本日は28mmの総集編として、数ある28mmレンズの中からスタッフが厳選したレンズ
さらにその中から記事を読んで私が欲しくなってしまったレンズのいくつかを写真とともに振り返っていきたいと思います!

マップカメラスタッフが語る「ニハチ」の魅力~Leica Q2 モノクローム~

まずはいきなりモノクロから。コンパクトデジタルながらフルサイズでさらにモノクロ専用機という尖ったスペックのLeica Q2 モノクロームというカメラです。色ではなく被写体そのものにフォーカスするモノクロ写真と28mmという画角は相性が良いです。白い石がまるで花びらのようになっていてとても綺麗です。カラーではこうはいきません。モノクロ写真では新しい世界を見せてくれるような気がします。

 

 

マップカメラスタッフが語る「ニハチ」の魅力~Nikon NIKKOR Z 28mm F2.8~

「28mm」は意外と馴染みのない方が多い画角なのではないでしょうか。

標準ズームも24mm始まりが多いですし少し詰まったような画角のイメージがありました。

ですが使ってみると自然な写真が撮れる不思議な画角です。この写真のように目に見たものをそのままに写し出してくれます。

Zfcの相棒としても人気のこのレンズ。Special Editionも用意されており往年のクラシカルなニッコールレンズを思い出します。かっこいいです。

 

マップカメラスタッフが語る「ニハチ」の魅力~SIGMA Art 28mm F1.4 DG HSM~

Leica SL2と組み合わせた写真です。SIGMAらしい抜けの良い画です。

様々なものをすっきりと写し出す一本。それもそのはずFLDガラスを2枚、SLDガラスを3枚、非球面レンズを3枚使用という贅を尽くした光学系となっています。

 

マップカメラスタッフが語る「ニハチ」の魅力~HASSELBLAD C 50mm F4 T*~

続いて中判カメラの雄、HASSELBLADの登場です。

50mmとありますが、6×6フォーマットでは35mm判換算でおよそ28mm相当になります。

やはりフィルムにはデジタルには出せない風合いがあります。優しさの中にしっかりとした芯がある写りです。

 

マップカメラスタッフが語る「ニハチ」の魅力~RICOH GR III~

28mmといえばRICOH GRシリーズが思い浮かぶ方も多いと思います。

スナップという撮影スタイルを具現化したような「GR」というカメラはいまでも多くのユーザーに愛されています。まだ使ったことのない方は一度は撮っていただきたいなと強く思う一台です。

 

マップカメラスタッフが語る「ニハチ」の魅力~Leica アポズミクロンSL28mm F2.0 ASPH.~

素晴らしい風景もさることながら、何の変哲もないものを写しだした時にそのレンズの実力を感じる瞬間があります。それを実感し自分の目よりもリアルに写し出す一本です。

マップカメラスタッフが語る「ニハチ」の魅力~TTartisan 28mm F5.6~

普段持ち歩くにはコンパクトなレンズが良いなと常日頃思います。

かつその旅情を写真に残してくれる心地の良い一本。

高額なライカレンズのなかで5万円台で買える本レンズはお財布にも優しいです…。

 

マップカメラスタッフが語る「ニハチ」の魅力~Nikon AF-S NIKKOR 28mm F1.4E ED ~

雄大な風景と人物を一緒に残せる画角が28mmといっても過言ではないかもしれません。

ピント面のキレ味の良さと共に狭すぎず、広すぎず、まさに”丁度良い”画角。

見たままにスッと入ってきてくれるように感じます。

 

正直どれもこれも魅力的で選ぶのに困ってしまいました。

28mmで企画をやるとなった時、正直あまり使ったことがないというスタッフが多かった印象があります。

筆者も知ってはいるけれどイメージが沸かずになぜか敬遠していました。

加えてなんだか「玄人好みのレンズ」という印象があり、敷居が高く感じていたのもあります。皆様の中にもそういう方がいらっしゃるのではないでしょうか。

 

それがどうでしょう。いざ撮影してみるとスタッフから「丁度いい」や「使いやすい画角」という言葉が飛び出してきたではありませんか。今までは35mmや50mmでその言葉を使っていましたが、いまや28mmに置き換わりそうな勢いです。

もちろんスマートフォンに搭載されているカメラの画角がそれに近いこともあり、目に馴染みやすくなったことは考えられますが、また一歩、写真に対する理解が深められたような気がします。

マップカメラの28周年を迎えた8月はスタッフがまた一つ成長した月となりました。

我々MapCameraは皆様のカメラライフに寄り沿う存在であるように、また写真のさらなる楽しさを感じて頂けるように努力して参ります。

これからもご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

 

いやあ、ニハチって本当にいいもんです。

 

▼#ニハチ 28mm編 バックナンバー▼

 

 

[ Category:etc. | 掲載日時:22年08月31日 17時17分 ]

LINEで会員登録マップカメラのおすすめイベント

YouTubeでお買物体験新品2年保証

RECOMMEND

PAGE TOP