StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索

CP+ 2015 レポート その4

  ■シグマブース

シグマブース
シグマブースでは、先日開発発表された新製品に注目が集まります。

24mmArt
まずはArtラインの「24mm F1.4 DG HSM」。先に発売された35mmF1.4、50mmF1.4の評判が良いだけに期待の1本です。

150-600mmCon
「150-600mm F5-6.3 DG OS HSM150-600mm F5-6.3 DG OS HSM」のContemporary モデルも登場。
同スペックのSportsモデルに負けないくらい迫力あるデザインですが、約1kg軽量化されています。

dp3Q
dp Quattroの望遠側を担う「dp3 Quattro」にはさらに焦点距離を1.2倍にするコンバージョンレンズが用意されました。
75mm相当の画角と90mm相当の画角が楽しめます。

dp0Q
DP Merrillシリーズには無かったラインとして「dp0 Quattro」が登場です。
dp1より広角側を担う”0”は21mm相当の画角を楽しむことができます。
“0”の由来はディストーションがゼロとの事。広角レンズの性能を最大限に引き出すモデルに期待が膨らみます。

  ■ケンコー・トキナー/スリックブース

Kenkoブース

Tokona AT-X24-70
トキナーレンズコーナーには2月20日発売予定の「AT-X 11-20 PRO DX」と一緒に「AT-S 24-70mm F2.8 PRO FX」がお披露目されました。

TokinaAT-X24-70TokinaAT-X24-70
待望のフルサイズ対応の大口径標準ズームは、画質の期待が高まる大型レンズ。望遠側にズームするとその迫力はさらに増します。
Nikonマウントが先行で6月頃の発売を目指しているとの事。また新たな楽しみが増えました。

samyangsamyang

Zeta adapter
他にSAMYANGの新レンズや、強化ガラスを使用したZeta QuintのC-PLフィルター、マウントアダプターの新製品も登場。
まさに新製品ラッシュです。

<<レポートその3に戻る   レポートその5はこちら>>

[ Category:etc. | 掲載日時:15年02月12日 23時52分 ]
0

RECOMMEND

PAGE TOP