StockShot

  • タグ一覧
  • 検索
【SIGMA】fpと帰り道のスナップ

【SIGMA】fpと帰り道のスナップ

すっかり日が落ちるのも早くなり、辺り一帯にぱっと灯った街明かりに気が付くのも早くなりました。

師走と言えば、読経をあげるためにお坊さん(師)が西へ東へと疾走する程に忙しい姿が語源と言われています。さすがにお坊さん程に忙しくはありませんが、それでも普段よりもどことなく早足で一日が過ぎているような気がしてなりません。

とはいえ慌ただしい中でもカメラはいつも持っているので、帰り道には気楽にスナップ撮影を楽しんでいることもあります。寒い季節になると街灯の眩い輝きがひと際綺麗に写るようで、後々自宅のPCモニターで見返す瞬間が楽しみになります。

今回はそんな冬の帰り道に撮った写真を並べてみました。

 

使用した機材は『SIGMA fp』と『Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4 ZE』。ホワイトバランスは筆者が一番気に入っている色温度の4600Kに合わせました。青色が強調されることで写真も引き締まったように見えます。

『fp』の直線的なボディは安定性が良く、長時間露光をする際にも大きな助けになっています。『Planar T* 50mm F1.4 ZE』の澄み渡るような描写もお気に入りで、このボディとレンズの組み合わせでスナップ写真を撮る事が一番多くなりました。

長時間露光はカメラを置いてシャッターを押したら待っているだけなのですが、その間に写真がどのような仕上がりになるのかを予想するのも楽しみの時間でもあります。

『fp』のカラーモード・ティールアンドオレンジとの相性がよいので光跡写真を多く撮るようになりました。夜の疾走感を未来的に見せてくれる使い勝手の良いカラーだと思います。

 

 

車の知識は殆どないのですが、メカニカルなパーツを一杯に詰めたボディは文句なしに格好良いと思います。

ISO感度を上げ、ザラッとした質感にしたことでインダストリアルな感触や雰囲気が強く出てくれました。

 

 

思い付きで写真を崩してみたくなる時もあります。

どこにでもあるイルミネーションなのですが玉ボケと相俟って、まるでこんこんと光が湧き出ているかのような幻想的な写真になりました。

マニュアルフォーカスレンズは機械的な制約も少ない分、思い描いた自由度が高い写真を撮れるのではないでしょうか。

 

街の明り溢れる写真は、日中では撮る事ができない特別な一枚になります。

帰り道には気楽にスナップ撮影。

今日もカメラを片手に気ままに思い付きで写真を撮りに行くのです。

 







SIGMA 60th Anniversaryキャッシュバックキャンペーン

[ Category:Carl Zeiss SIGMA | 掲載日時:21年12月05日 10時05分 ]

マップカメラのおすすめイベント

Jaccs限定60回まで金利0% 商品おすすめコンテンツがLINEで受け取れます

RECOMMEND

PAGE TOP