StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
Leica M4で撮影した写真を振り返る。

Leica M4で撮影した写真を振り返る。

寒くなってきたと思った矢先、ふと気づくともう年末。もうあといくつか寝るとお正月です。

フィルム写真が好きな筆者は散歩しながら少しづつ写真を撮って過ごした一年間でした。

このブログを見てから、今年よく持ち歩いた機材を振り返ってみたいと思い、

今回は筆者が今年一番持ち歩いたLeica M4についてご紹介したいと思います。

各写真にリンクがございます。詳しいブログはそちらからご覧いただけます。

 

お正月と海

2020年のお正月は少し足を伸ばして海で初日の出…ではなく元旦の夕日を見に行きました。

この頃はまだ世間はゆったりとしていて気持ちの良いお正月だったように記憶しています。

この日はとても寒くM4のボディはキンキンに冷えていました。金属ボディの醍醐味とも言えます。

夏場はひんやりと気持ちいいので重宝しています。

レンズはズマロンM35mm F2.8、フィルムはPORTRA400を使用しました。

ゆったりと潮の匂いを感じながら過ごしたひと時を思い出します。

 

『逍遥』ズマロン M35mm F2.8

池の鯉が日光の当たる部分に集まっていました。

酸素があるのでしょうか。緑色の池に泳ぐ錦鯉に目を奪われました。

Leicaのカメラは散歩に持ち出すのにちょうど良いと思っています。

小さすぎて無くすことも、大きすぎてかさばる事もなく、そっと存在感を放つそのいで立ちに魅力を感じます。

レンズはズマロン M35mm F2.8、フィルムはFUJIFILM PRO 400Hを使用しました。

 

『逍遥』ズミルックス M35mm F1.4 2nd

久しぶりに訪れた展望スポット、高い所からの眺めは大人になった今でもワクワクします。

クセ玉としても名高いズミルックス M35mm F1.4 2nd、フィルムはFUJIFILM PRO 400Hを使用しました。

フィルムはまとめて買うことが多いためこの時期ははPRO 400Hをたくさん買い込んでいたのだと思われます。

独特の青みがとてもきれいでお気に入りのフィルムです。

 

『逍遥』ズマリット 50mm F1.5

クセ玉が続きます。ズマリットと業務用400フィルムを使用しました。

夜のスナップ撮影はなんだかいつもの街よりよりきれいに見えます。

開放はふんわりと、絞ればシャキッとした写りのレンズは1本で2度楽しめるお得なレンズであると思っています。

このレンズだからこそ味わえる素敵な描写、今も恋しいレンズです。

 

『逍遥』 CineStill800Tとズミクロン M35mm F2 (8枚玉)

少し足を伸ばして京都を訪れた時の一枚。

京都という素晴らしいロケーションもあり、とても情緒的な写真となりました。

端正な描写のズミクロン M35mm F2 (8枚玉)と今や珍しいタングステンフィルム、CineStill800Tを使用しました。

独特の滲みが楽しめるフィルムと初代ズミクロンの組み合わせは眼を見張るものがありました。

常用フィルムとはなりませんが、特別な時、特別なシチュエーションで使用したいフィルムです。

 

フィルムをデータ化! フィルムデジタイズアダプターのすゝめ 【準備編】

さて、M4の写真の話とはズレてしまいますが、フィルムのデジタル化のお話を!

Nikonのカメラ(D5、D850、D780、D610、D500など)やマクロレンズを所持しており、写真を好きな時に簡単にデータ化したい。

そんな方におススメなのがフィルムデジタイズアダプター ES-2です。

フィルムを愛用されている方は既にスキャン環境が整っているという場合も多いかと思われますが、使ってみるとフラットベッドスキャナなどとはまた違った快適さがあります。

フィルムの高騰や終売で市場が縮小している中、最新のデジタル一眼レフにフィルムデジタイズの機能を搭載しているのはとても素敵なことだと思います。

写真のリンクから詳しい使い方をご紹介しております。

 

銀塩写真列伝 Kodak PORTRA 800編

バスの中から一枚。ゆっくりと移り変わる車窓を眺めていると、気分がリフレッシュされます。

今年に入り、個人的に高感度のフィルムを使う機会が増えました。

Kodak PORTRA 800は優しい印象の色味で、どなたにでもお勧めできるフィルムです。

レンズはズマロン M35mm F2.8を使用しました。

・・・

 

さて、以上のように今年もたくさん使用したLeica M4ですが、じつは現在調整中のため手元を離れています。

昨今の状況から遠出する機会もほとんどないため、メンテナンスをするなら今がチャンスだったのです。

改めて写真を見返すと良いカメラだとしみじみ思います。

筆者のM4は 50周年記念のモデルなのですが、落ち着いたブラッククロームの色がとても気に入っています。

服装を選ばずどこへでも持ち出せること、静かなシャッターフィーリングで撮影に集中できることもお気に入りのポイントです。

戻ってきた時のためにPORTRA400などを買い込みました。準備は万全です。

また来年はゆっくり写真を撮れますように。

 

 

お気に入りのPORTRAシリーズ。特にPORTRA800が今年の個人的なブームでした

 

今年はPRO400Hをよく使いました。モノクロに迷った時はぜひトライXを。

 

中判カメラをお持ちの方、120フィルムはいざというときに足りなくなるものです。備えあれば患いなしです。

 

ご紹介したデジタイズアダプター ES-2です。

[ Category:Leica | 掲載日時:20年12月28日 11時30分 ]

 

マップカメラのおすすめイベント

中古欲しいを応援SALE 指定の中古商品にお買い替えなら買取額最大20%UP
 

RECOMMEND

PAGE TOP