PENTAX Q-S1 × PENTAX DA* 300mm

2014年10月20日

PENTAX Q-S1+ PENTAX K Adapter Q + PENTAX DA*300mm F4ED [IF]SDM

PENTAX-Q BODY × PENTAX-DA LENS

PENTAX Q-S1 ×PENTAX DA*300mm F4ED [IF]SDM

今回ご紹介しますのはマウントアダプターの一つの醍醐味。センサーサイズの小さなカメラに望遠レンズを装着した超望遠セットです。

使用したカメラはQシリーズの最新作「Q-S1」。レンズはPENTAXユーザーに圧倒的な支持を得ている「PENTAX DA*300mm F4」を装着。35mm判に換算にすると約「1380mm」という驚きの焦点距離になる組み合わせで早速撮影に出掛けてきました。

PENTAX Q-S1+ PENTAX K Adapter Q + PENTAX DA*300mm F4ED [IF]SDM

PENTAX Q-S1+ PENTAX K Adapter Q + PENTAX DA*300mm F4ED [IF]SDM

PENTAX Q-S1+ PENTAX K Adapter Q + PENTAX DA*300mm F4ED [IF]SDM

正直なところ筆者である私自身が、「この組み合わせではいくらなんでも良い画は撮れまい…」とあまり期待はしていませんでした。

モニターで確認した時の私の驚き、お分かりいただけるでしょうか。ご覧いただいている写真は全てJPEGの撮って出し、一切のレタッチは加えていません。1/1.7型とは思えないボケ感、毛並の解像感も期待以上のものでした。

PENTAX Q-S1+ PENTAX K Adapter Q + PENTAX DA*300mm F4ED [IF]SDM

三脚に乗せて撮っていても、ほんの僅かな振動が伝わってしまうなど、やはり1000mmオーバーのピント合わせは非常にシビアです。ですが、Q-S1のピーキング機能はとても優秀で、僅かなズレもしっかりと感知してくれます。

このボディとレンズの組み合わせのメリットは、開放値での撮影でもピントの甘さを気にする必要がないこと。300mmF4.0が持つ開放でのボケ感を最大限活かせる事です。

PENTAX Q-S1+ PENTAX K Adapter Q + PENTAX DA*300mm F4ED [IF]SDM

PENTAX Q-S1+ PENTAX K Adapter Q + PENTAX DA*300mm F4ED [IF]SDM

実際には超望遠マニュアルフォーカスで動く被写体を撮るというのは実用的ではありません。ただ、カメラの可能性を楽しむという点において、この組み合わせはとてもワクワクさせてくれるものでした。

PENTAX Q-S1+ PENTAX K Adapter Q + PENTAX DA*300mm F4ED [IF]SDM

PENTAX Q-S1+ PENTAX K Adapter Q + PENTAX DA*300mm F4ED [IF]SDM

PENTAX Q-S1+ PENTAX K Adapter Q + PENTAX DA*300mm F4ED [IF]SDM

焦点距離が約4.6倍。望遠レンズをさらなる超望遠レンズとして使える「Q-S1」

望遠レンズを持っていて、一度は超望遠にも挑戦してみたい!という方にも、ぜひオススメしたいアダプターセットです。

Photo By MAP CAMERA Staff

0

NEW POST

MORE
PAGE TOP