Select Language



中一光学 SPEEDMASTER 50mm F0.95 絞り:F0.95 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7R +SPEEDMASTER 50mm F0.95


中一光学 SPEEDMASTER 50mm F0.95

マップカメラ”Kasyapa”チームに面白いレンズが送られてきました。『SPEEDMASTER 50mm F0.95』と刻印されたレンズはSONY マウントを採用したフルサイズ対応レンズ。
中一光学というあまり聞き慣れないメーカー名に若干の不安を感じつつも、ライカのノクチルックスと同じ50mmF0.95というスペックに魅せられて早速撮影に出掛けてきました。

超高屈折ガラス4枚、高屈折低分散ガラス1枚を含む7群10枚の大口径レンズは、持った瞬間にガラスの重さを感じる720g。
コンパクトなα7Rとの組み合わせでは少々前のめりになるバランスですが、重めのピントリングの感触が良く、ファインダーでじっくりピント合わせをする分にはあまり重さを感じません。
とは言えそのピント合わせが曲者。被写界深度が薄すぎてピントが捉えづらいのです。
幸いカメラ側の拡大アシスト機能のおかげで事なきをえましたが、拡大表示が可能なEVFファインダーのデジタル一眼あってのレンズという印象を受けました。
写りはボケの大きな綺麗な描写です。雨の日の湿度感をしっかり伝えるクリア感も素晴らしいの一言です。


中一光学 SPEEDMASTER 50mm F0.95 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7R +SPEEDMASTER 50mm F0.95



中一光学 SPEEDMASTER 50mm F0.95 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7R +SPEEDMASTER 50mm F0.95


少し絞ればシャープ感が高まり質感描写はさらに良くなります。
絞りリングはクイック感の無い無段階式のため、中間絞り設定も自由自在。自分好みのボケ具合いを探すの楽しくなるレンズです。


中一光学 SPEEDMASTER 50mm F0.95 絞り:F0.95 / シャッタースピード:1/3200秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7R +SPEEDMASTER 50mm F0.95


ピント面が薄いおかげで、遠景での撮影でもなだらかかな前ボケ効果が得られます。
混雑する場面での撮影では人物に注意を払う必要がありますが、大きなボケがまるでボカシを入れたかのような効果になりました。


中一光学 SPEEDMASTER 50mm F0.95 絞り:F0.95 / シャッタースピード:1/2500秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7R +SPEEDMASTER 50mm F0.95


独特なボケ味を意識して少しアンダー気味に撮影すると、どことなくオールドレンズに似た味のある表情を見せてくれました。


中一光学 SPEEDMASTER 50mm F0.95 絞り:F0.95 / シャッタースピード:1/2500秒 / ISO:50 / 使用機材:SONY α7R +SPEEDMASTER 50mm F0.95



中一光学 SPEEDMASTER 50mm F0.95 絞り:F0.95 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:800 / 使用機材:SONY α7R +SPEEDMASTER 50mm F0.95


F0.95と言えば試したくなるのが暗いシーンでの撮影です。
絞り開放にも関わらず光源ボケがレモン型になったものの、蝋の溶ける様子までしっかり捉えています。
光のグラデーションもとても綺麗です。


中一光学 SPEEDMASTER 50mm F0.95 絞り:F0.95 / シャッタースピード:1/5000秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7R +SPEEDMASTER 50mm F0.95


さすがに0.95の開放の撮影では、全体的にピントの甘さを感じ、山門や五重塔の輪郭にもフリンジが見受けられますが、色乗りはしっとりと落ち着いた印象です。


中一光学 SPEEDMASTER 50mm F0.95 絞り:F0.95 / シャッタースピード:1/5000秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7R +SPEEDMASTER 50mm F0.95



中一光学 SPEEDMASTER 50mm F0.95 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7R +SPEEDMASTER 50mm F0.95


約50cmの接写も可能ですので、寄って少し絞ればまた違ったボケ味を楽しむことができました。


中一光学 SPEEDMASTER 50mm F0.95


さすがにライカのノクチルックスと比較するのは酷ですが、10分の1以下の価格でフルサイズ対応のF0.95のレンズが手に入るとは、恐るべきコストパフォーマンスです。
レンズ自体の質感も上々。少し癖のあるボケ味ですが、とろける様なより大きなボケが手軽に楽しめる魅力あるレンズです。


Photo by MAP CAMERA Staff




Kasyapaトップへ戻る"

カテゴリー:etc.    
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:139票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2 439:さらに磨き上げられた大口径標準ズーム『TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2』 2017年08月15日
焦点距離:55mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/40秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 + TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2 先日のシグマに続き、タムロンからも最新の高画素カメラにも対応した新世代大口径標準ズームレンズ『SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2』が発売されました。 旧モデルの「SP 24-70mm F2.8 Di VC USD」の登場が2012年5月でしたから、かなりのハイペースでのモデルチェンジになります。デジタルカメラの進化のスピードが著しいとは言え、それに...
続きを読む
null 438:ワンランク上へ進化した軽量フルサイズ一眼レフ『Canon EOS 6D Mark II』 2017年08月11日
絞り:F4/ シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200/ 使用機材:Canon EOS 6D Mark II + EF24-70mm F4L IS USM 今よりもずっとフルサイズ機というのが憧れの存在だった2012年、「小型軽量なフルサイズ一眼レフ機のエントリーモデル」というコンセプトでCanonとNikonより『EOS 6D』と『D600』それぞれが発売されました。当時のフルサイズ機のイメージといえば画質重視のプロ・ハイアマチュア機であり、その分『大きい・重い・高価』という三重苦とまでは言いませ...
続きを読む
437:フォクトレンダー史上最高のマクロレンズ『Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical』 437:フォクトレンダー史上最高のマクロレンズ『Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical』 2017年08月11日
絞り:F2/ シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:100/ 使用機材:SONY α7RII + Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount 今回のKasyapaでは、F2の明るさを誇るマクロレンズ『Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical』をご紹介いたします。 本レンズは発表当初からEマウントユーザーの話題をさらい、今年2月に開催されたCP+での先行展示でもたくさんの方が実際に手に取って試されていたの...
続きを読む
SIGMA Art 50mm F1.4 DG HSM 436:圧倒的な解像力の『SIGMA Art 50mm F1.4 DG HSM』 2017年08月11日
絞り:F4 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 + SIGMA Art 50mm F1.4 DG HSM 充実の一途を辿るシグマのArtシリーズの大口径単焦点レンズ。先日、超広角の「14mm F1.8」が発売され、14mmから135mmの間に7種類ものバリエーションが揃いました。改めてシリーズのKasyapaを見返してみると、すべてキヤノン用で撮られていることに気づきます。 ニコン純正の単焦点レンズもF1.4とF1.8のシリーズが種類豊富に発売されており、これらのレンズとの差が...
続きを読む
435:ソニーの最先端技術の結晶『SONY FE 16-35mm F2.8 GM SEL1635GM』 435:ソニーの最先端技術の結晶『SONY FE 16-35mm F2.8 GM SEL1635GM』 2017年07月30日
焦点距離:16mm/ 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100/ 使用機材:SONY α7RII + FE 16-35mm F2.8 GM SEL1635GM 今回のKasyapaでは、ソニーG Masterレンズシリーズに新たに加わった『SONY FE 16-35mm F2.8 GM』をご紹介いたします。 同じ焦点距離である『Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS』の評判が良かったこともあり本レンズは使う前から期待値がかなり高かったのですが、実際に使用してみると期待...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |