StockShot

  • タグ一覧
  • 検索
931:目覚ましい超広角『HASSELBLAD XCD 25mm F2.5 V』

931:目覚ましい超広角『HASSELBLAD XCD 25mm F2.5 V』

2024年05月08日



 
 

絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/50秒 / ISO:64 / 使用機材:HASSELBLAD X2D 100C + XCD 25mm F2.5 V

 

ハッセルブラッド X SYSTEMのレンズに35mm判換算で焦点距離 20mmとなる、明るい超広角レンズ『XCD 25mm F2.5 V』が登場しました。重量は592gで長さが約105mmと既存モデルの「XCD 28mm F4 P」に比べて大きい筺体となりますが、よりワイドに、そしてF値の明るいレンズとなっています。4枚の非球面レンズと3枚の異常分散レンズを含む、最速1/4000秒のレンズシャッターに対応しており、全てのシャッター速度でのストロボ同調が可能。歪みや周辺光量はハッセルブラッドが提供する画像編集ソフトウェア「PHOCUS」にインポートすることで自動的に補正される仕様になっています。カメラ自体でのレンズ歪み補正には対応していないということなので、RAWでの撮影が推奨されます。今回撮影したデータは「PHOCUS」でインポートし補正された状態でご紹介いたします。ぜひご覧ください。

 

絞り:F4.8 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:64 / 使用機材:HASSELBLAD X2D 100C + XCD 25mm F2.5 V

 

郵便ポストの金属のツヤや質感がとても良く再現されています。あと前面に突き出ているポストに木製の土台、これらの奥行き、位置関係が一目でハッキリと分かります。F4.8まで絞っていますが、背景がざわつくことなく、硬くなりすぎないボケ味にとても好感が持てます。

 

絞り:F4 / シャッタースピード:1/50秒 / ISO:200 / 使用機材:HASSELBLAD X2D 100C + XCD 25mm F2.5 V

 

 

絞り:F2.5 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:64 / 使用機材:HASSELBLAD X2D 100C + XCD 25mm F2.5 V

 

白い壁にイエローとグリーンの挿し色が綺麗だったのでパシャリ。壁の「白」が飛ばずにしっかりデータとして残っているところに中判センサーの底力を感じます。

 

絞り:F2.5 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:64 / 使用機材:HASSELBLAD X2D 100C + XCD 25mm F2.5 V

 

空を泳ぐ鯉のぼりの群れ。開放絞りでも四隅の空まで綺麗な仕上がりです。もちろんこれも「PHOCUS」で補正した結果ではありますが、ここまで仕上げてくれるとならば利用しない手はありません。一つ一つの色に濁りがなく気持ちが良くなる発色です。

 

絞り:F2.5 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:800 / 使用機材:HASSELBLAD X2D 100C + XCD 25mm F2.5 V

 

最短撮影距離は0.25m。近接でも全く劣化を感じさせない解像力の高さです。グリーン系の発色もとても綺麗です。本レンズはフォーカスリングに便利なプッシュ&プル機能があり、AF/MFを即時切り替えることが出来ます。個人的にとてもお気に入りの仕様なのでぜひこれからも採用してもらいたい機能です。近接ではややオートフォーカスが迷う時もあるのですが、この機能のおかげでスムーズなピント合わせが出来ました。

 

絞り:F2.5 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:800 / 使用機材:HASSELBLAD X2D 100C + XCD 25mm F2.5 V

 

広く奥行きのある空間を、超広角で贅沢にとらえます。暗い室内でしたが明るいレンズのおかげで感度を上げすぎずに撮影することが出来ました。つくばいにフォーカスして撮影しましたが開放絞りでもしっかり立体感を感じる写りにも驚きです。

 

絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:64 / 使用機材:HASSELBLAD X2D 100C + XCD 25mm F2.5 V

 

水に濡れてより鮮やかになった牡丹。鮮やかでも鮮やかすぎない自然な発色です。赤系の色は特に難しい印象があるのですが、素晴らしい表現力であると感じました。

 

絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:400 / 使用機材:HASSELBLAD X2D 100C + XCD 25mm F2.5 V

 

 

絞り:F2.5 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:64 / 使用機材:HASSELBLAD X2D 100C + XCD 25mm F2.5 V

 

 

絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:64 / 使用機材:HASSELBLAD X2D 100C + XCD 25mm F2.5 V

 

意外、と思えるほどに標準レンズのような寄りとボケ感を出した画も撮ることが出来ます。太陽をネモフィラでふさぐように撮影してはいますが、そもそも逆光性能もとても優秀でフレアゴーストが出てくることもほぼありませんでした。コントラストの低下もなくクリアに写ります。

 

絞り:F3.4 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:800 / 使用機材:HASSELBLAD X2D 100C + XCD 25mm F2.5 V

 

せっかくの超広角なので池の反射を撮りたいと歩いていたら、日が沈んでいく方向の空と太陽の反対側に見えるピンク色の空を同時に収めることが出来ました。経験が乏しいだけかもしれませんが、こんな風に空を切り撮ることが出来たのは初めてだったので興奮しました。超広角の可能性を改めて感じた一枚です。

 

 


 

目覚ましい超広角

撮影対象が距離感の近いものが多かったということ要因ではあるのですが、20mmという超広角レンズでありながら普段使いするような感覚で使える近接能力の高さやテンポよく撮影できる操作性の高さが非常に魅力的でした。歪みや周辺減光もレンズの要素の一つ、という考えがあるのですがこのレンズに関しては「PHOCUS」で補正して『XCD 25mm F2.5 V』の真価をぜひとも味わっていただきたいです。壮大な景色はもちろん日常的なワンシーンもこなせる超広角レンズ、間違いなく推しの一本です。

 
Photo by MAP CAMERA Staff
 
 

新規会員登録
マップカメラのおすすめイベント

EarlySummerSALE 先取/下取交換15%UP

RECOMMEND

PAGE TOP