Select Language
FUJIFILM X20 絞り:F9|シャッタースピード:1/1400秒|ISO:100|露出補正:0|フィルムシミュレーションモード:ベルビア
FUJIFILM X20


「FUJIFILM X20」は、富士フイルムのコンパクトXシリーズX10の後継となるモデルで、光学系は手ブレ補正機能付きの28-112mm F2.0-2.8と同じだが、センサーはローパスフィルター無しの高精細なX-Trans CMOS IIセンサーとなり、フジノンレンズの性能を引き出せるようになった。画素数は据え置きの1200万画素だがEXR CMOSセンサーよりも、解像感が上がりキレのあるコンパクトデジカメとなった。

X10を受け継いだボディーは、新たにシルバーが加わりクラシカルなデザインがより強く打ち出されたように思う。ダイヤルの側面など、シルバーだからこそ見える陰影がある。落ち着いた雰囲気で「塊」感のあるブラックと、パーツのそれぞれの個性が際立つシルバーの2色はなかなか悩ましい存在だ。


FUJIFILM X20 絞り:F3.2|シャッタースピード:1/640秒|ISO:100|露出補正:-0.7|フィルムシミュレーションモード:モノクロ


 FUJIFILM X20 絞り:F3.2|シャッタースピード:1/220秒|ISO:100|露出補正:0|使用機材: FUJIFILM X20


X20には新たに光学ファインダー内にデジタルトランス液晶を搭載することで、ファインダー内の絞りやシャッタースピードの表示、さらにオートフォーカスフレームの表示も実現した。これによって、光学ファインダーでのAF撮影がより実用的になった。
さらにこのAFは、センサー内に位相差センサーを搭載する「インテリジェントハイブリッドAF」となり、スナップ撮影が気持ちよくできる強い味方といえる。
AF機能は、思ったところにピタッとピントが合う「オートエリアAF」や、構図の中の任意のポイントにピントを合わせる「エリア選択AF」など撮影スタイルに合わせて使い分けると良いだろう。


FUJIFILM X20 絞り:F8|シャッタースピード:1/900秒|ISO:100|露出補正:-0.7


FUJIFILM X20 絞り:F2.8|シャッタースピード:1/400秒|ISO:100|露出補正:0|ベルビア


FUJIFILM X20 絞り:F2.2|シャッタースピード:1/1000秒|ISO:100|露出補正:+1|フィルムシミュレーションモード:モノクロ


X20を使っていて思うのは、枚数を気にせず撮影できるコンパクトデジタルカメラなのにも関わらず、フィルムカメラのように丁寧に一枚一枚撮ってしまう不思議な作法みたいなものを感じた。絞りの制御、露出補正など直感的に操作でき特に難しい要素はないのだが、X20の佇まいが不思議とそうさせているのかもしれない。
程よい重さのあるズームリングの操作も、細かくフレーミングする際に役立ち、電動ズームでは味わえない独特の撮影感覚をもたらしているのだろう。
AF/MFの切り替えもメニューではなく、本体前面のレバーで切り替えるメカニカル式のため直感操作が可能で、瞬時に撮影方法を切り替える事ができる点もX20の良さだ。MF時にはピントのイメージを掴みやすいピーキング表示機能が付いているため、MFによる撮影も楽しく行うことができた。


 FUJIFILM X20 絞り:F9|シャッタースピード:1/1900秒|ISO:100|露出補正:0|アドバンストフィルター:ローキー


FUJIFILM X20 絞り:F9|シャッタースピード:1/800秒|ISO:100|露出補正:-1.3|フィルムシミュレーションモード:ベルビア


富士フイルムと言えばフィルムシミュレーションも魅力の一つ。素材としてのスタンダードの仕上がりも良いが、青空や赤や緑を見つけたらついついベルビアモードを試してみたくなる。ベルビアモードの濃い青、空の青は素晴らしい。それぞれの美しい仕上がりをみると、X20がコンパクトデジカメであることを忘れてしまうほどだ。


FUJIFILM X20 絞り:F9|シャッタースピード:1/1200秒|ISO:100|露出補正:-1.3


FUJIFILM X20 絞り:F6.4|シャッタースピード:1/900秒|ISO:100|露出補正:0|フィルムシミュレーションモード:ベルビア


開放F値2.0~F2.8の明るいズームレンズは、屋内での撮影やぼけを活かした近接撮影などに威力を発揮する。広角端でのマクロモードの最短撮影距離は約10cmだが、スーパーマクロモードに切り替える事で最短撮影距離1cmまでの接写が可能となる。X20の、寄れる広角レンズは撮影が楽しく、ダイナミックな写真表現が可能だ。このように最新のフジノンレンズのボケの綺麗さ、マクロ機能などクリエイティビティーの高い光学系の面と、F2.0~2.8明るさと光学手ブレ補正の実用性も兼ね備えたシステムであると言える。
X20は、手にした時の感触そして細部まで作り込まれたデザイン、Qボタン/Fnボタンなどのアシスト機能や、直感的に操作できる露出補正ダイヤルなど自分の「もの」としての喜びを感じることができるプレミアムコンパクトだ。

FUJIFILM X20


Photo by MAP CAMERA Staff


Kasyapaトップへ戻る"

[Category: FUJIFILM|掲載日時:2013年02月26日 06:21:51 PM]

面白いと思ったらコチラをClick!216票


PENTAX HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR

574:携帯性・合焦性能に優れた望遠ズーム『PENTAX HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR』[2020年02月21日]

焦点距離:210mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:160 / 使用機材:PENTAX K-1 Mark II + HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR PENTAXHD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR ペンタックスの『HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR』をご紹介します。フルサイズ一眼対応の小型・軽量望遠レンズで、手にした第一印象は「細い!」でした。これはバッグの中で邪魔にならない細さです。そしてペ...
続きを読む
Tokina atx-m 85mm F1.8 FE

573:ハイコストパフォーマンスな中望遠『Tokina atx-m 85mm F1.8 FE』[2020年02月17日]

絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7III + Tokina atx-m 85mm F1.8 FE Tokinaatx-m 85mm F1.8 FE トキナーの新シリーズ「atx-m」。中望遠域の新定番となる 「atx-m 85mm F1.8 FE」をご紹介します。「m」は「motif(動機・創作行為)」の頭文字で、「ユーザーが創作行為を掻き立てられる」ことを意味します。とても興味深いコンセプトで撮るのが楽し...
続きを読む
Canon EOS-1D X Mark III

572:フラッグシップ一眼レフ『Canon EOS-1D X Mark III』[2020年02月15日]

焦点距離:1000mm / 絞り:F9 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:400使用機材:Canon EOS-1D X Mark III + EF500mm F4L IS II USM + エクステンダー EF2X III CanonEOS-1D X Mark III “Canon EOS-1D X Mark III”その名称を聞いたとき、新しい体験が待っていると確信しました。新開発の約2010万画素CMOSセンサーと、映像エンジン「DIGIC X」を搭載し、最高約16コマ/秒の高速連続撮影...
続きを読む
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark III

571:3代目にして完成形『OLYMPUS OM-D E-M1 Mark III』[2020年02月14日]

焦点距離:40mm / 絞り:F13 / シャッタースピード:2秒 / ISO:200 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark III + M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8 PRO OLYMPUSOM-D E-M1 Mark III 各メーカーから渾身の新機種が発表・登場している2020年。業界の主流となったミラーレスカメラを最初に作り出した、あのメーカーからも大きなサプライズがありまし...
続きを読む
Tokina FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO

570:素直でリアルな描写が魅力のマクロレンズ『Tokina FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO』[2020年02月12日]

絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:1250 / 使用機材:SONY α7III + Tokina FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO TokinaFiRIN 100mm F2.8 FE MACRO 今回はトキナーの『FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO』をご紹介します。マクロレンズは特に近接撮影において、歪みがなく高解像度の描写が必須と言われています。一方で、ポートレートなどの撮影でも活躍...
続きを読む