Select Language
FUJIFILM X100S 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/90秒 / ISO:200 / 使用機材:FUJIFILM X100S



FUJIFILMがおくるプレミアム・コンパクトラインであるXシリーズ。その筆頭として、斬新なハイブリッドビューファインダーと広角大口径の単焦点レンズを装備し、その高い描写性能で大いに人気を集めた『X100』ですが、この度その後継機種が発売されました。
『X100S』、その外観デザインはほぼ先代を踏襲していますが、何より驚かされるのはその操作の俊敏さ。機動からAF、レリーズタイムラグに至るまで驚くほどの快速さです。AF速度は世界最速の0.08秒(2012年11月段階)と言いますから、素晴しいの一言。スナップに最適な仕様の『X100S』ですから、これは特筆すべき大きなポイントです。
逆光にもやはり強い。強い光源でノイズが出てしまうカメラもありますが、『X100S』は素直な反射です。木々の葉も透明感ある描写で美しいものです。




FUJIFILM X100S 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:200 / 使用機材:FUJIFILM X100S

起動からフォーカス、レリーズに至るタイムラグが解消されたのはかなり大きく、狙ったタイミングで迷わずシャッターが切れるのは撮影する上でも大きなアドバンテージです。ここ!と感じたシーンでシャッターが切れないのはフラストレーションの溜まるもの。カメラの基本性能を大きく底上げしてきた印象で、これは『X100S』の完成度を大いに高めています。




FUJIFILM X100S 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/160秒 / ISO:200 / 使用機材:FUJIFILM X100S



レンズの切れ味の良さ、トーン再現の美しさは『X100』でも遺憾なく発揮されていましたが、今回は更に解像力を拾える構造になったという事で、全体に気持ちのよいくらいのシャープネスが得られます。ボケとシャープの差分が大きくなる事で画面にメリハリが効く印象で、今回はJPGそのままの掲載ですが十分に高品位な撮影が可能です。




FUJIFILM X100S 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/71秒 / ISO:200 / 使用機材:FUJIFILM X100S

微妙な色合いが美しいクリスマス・ローズ。少し厚みのある花弁の柔らかな質感も含めて良い描写です。マクロでも大いに立体感を感じさせてくれますね。




FUJIFILM X100S 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:200 / 使用機材:FUJIFILM X100S

絞り羽根は9枚採用されているという事で、円形の綺麗なボケが楽しめます。近接開放近くでの周辺の柔らかな滲みは個人的にとても好ましい描写です。
今回は"デジタルスプリットイメージ"と"フォーカスピーキング"という2つのマニュアルフォーカス・アシスト機能がつき、近接などのシビアなピント合わせもかなり簡便にこなす事が出来る様になりました。 フルマニュアルの撮影というのも、これはなかなか楽しいものです。




FUJIFILM X100S 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/120秒 / ISO:200 / 使用機材:FUJIFILM X100S






FUJIFILM X100S 絞り:F9.0 / シャッタースピード:1/873秒 / ISO:200 / 使用機材:FUJIFILM X100S

輝度差の強いシチュエーションでもさすがの描写です。暗部と明部にコシがあるお陰で、破綻せずに意図した撮影が出来ました。




FUJIFILM X100S 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:200 / 使用機材:FUJIFILM X100S





FUJIFILM X100S 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:200 / 使用機材:FUJIFILM X100S

モノクロームでは諧調の美しさが際立ちます。しかしグッと来るシャープさ、Xシリーズの底力を感じさせます。




FUJIFILM X100S 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/32秒 / ISO:1600 / 使用機材:FUJIFILM X100S

ISO1600でも何ら問題ないでしょう。ボケに少々ノイズが、目を凝らせば見える程度で色転びも諧調の破綻も無い。今回『X100S』には新しく『X-Trans CMOS II』センサーが搭載されたとの事ですが、30%以上の低ノイズ化というのも頷ける描写を見せてくれます。




FUJIFILM X100S 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/375秒 / ISO:200 / 使用機材:FUJIFILM X100S






FUJIFILM X100S 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:1600 / 使用機材:FUJIFILM X100S







操作系が外部に露出しているのは分かりやすい、『X100』譲りの使いやすさです。外観は大きな変化はありませんが、トップカバーに誇らしげに刻まれた"S"の意味は、使えば即座に分かるものでしょう。レスポンス、描写力、カメラにとっての基本性能を真面目に考え磨き上げた1台という印象で、大いに魅力的なカメラに仕上がっています。



Photo by MAP CAMERA Staff


このレンズのお買い物はこちら



Kasyapaトップへ戻る"



[Category: FUJIFILM|掲載日時:2013年03月13日 11:40:05 AM]

面白いと思ったらコチラをClick!176票


FUJIFILM (フジフイルム) X-Pro3

553:カメラとしてのこだわりと本質『FUJIFILM X-Pro3』[2019年12月05日]

絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:400 / フィルムシミュレーション:クラシッククローム使用機材:FUJIFILM X-Pro3 + フジノン XF23mm F2 R WR FUJIFILMX-Pro3 Xシリーズのフラッグシップ機として登場したX-Proシリーズ。デジタル表示を見ながらダイヤルやファンクションボタンを駆使してカメラとレンズを操作する時代に、あえてフィル...
続きを読む
FUJIFILM XF16-80mm F4 R OIS WR

542:XFレンズの新しいスタンダード『FUJIFILM XF16-80mm F4 R OIS WR』[2019年10月25日]

焦点距離:16mm / 絞り:F5 / シャッタースピード:1/20秒 / ISO:640 / フィルムシミュレーション:Velvia 使用機材:FUJIFILM X-T3 + XF16-80mm F4 R OIS WR FUJIFILMXF16-80mm F4 R OIS WR 焦点域で選ぶのか、明るさで選ぶのか、多くの方が直面するズームレンズ選びのテーマだと思います。フジフイルムのXFレンズで言えば、通称・大三元レンズに相...
続きを読む
FUJIFILM XF16mm F2.8 R WR

520:軽快な撮影が楽しめる広角レンズ『FUJIFILM XF16mm F2.8 R WR』[2019年04月16日]

絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200 / 使用機材:FUJIFILM X-Pro2 + XF16mm F2.8 R WR FUJIFILMXF16mm F2.8 R WR 富士フイルムからコンパクトな広角単焦点レンズ『フジノンレンズ XF16mm F2.8 R WR』が発売されました。 16mm単焦点レンズといえば既に「XF16mm F1.4R WR」がリリースされていますが、新レンズは開放F値をF2.8に抑...
続きを読む
FUJIFILM X-T30

517:小さな巨人『FUJIFILM X-T30』[2019年03月20日]

焦点距離:35mm(35mm換算:53mm)/ 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/50秒 / ISO:160 / 使用機材:FUJIFILM X-T30 + XF35mm F1.4 R FUJIFILMX-T30 今回のKasyapaは富士フイルムから発売された「X-T30」を紹介いたします。 昨年9月に発売されたX-Tシリーズのフラッグシップ機である「X-T3」と同じ、新開発の第4世代の新イメージセンサーと画像...
続きを読む
FUJIFILM GFX 50R

502:気軽に使える最高画質『FUJIFILM GFX 50R』[2018年11月28日]

絞り:F8 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:400 / フィルムシミュレーション:Velvia 使用機材:FUJIFILM GFX 50R + フジノン GF45mm F2.8 R WR FUJIFILM GFX 50R 次々と注目度の高いミラーレス機が発表される昨今、改めて自身が所有しているカメラシステムを見直されている方も多いのではないでしょうか。巷の話題がフルサイズミラーレス...
続きを読む