Select Language



Nikon COOPIX A 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:280

Nikon COOPIX A

近年各メーカーより大型センサーを搭載したコンパクトデジタルカメラが多く出回り、それぞれが高い支持を集めています。 そんな流れを静観していたNikonより、遂にこのカテゴリーの製品が登場しました。 そもそもNikonといえば様々な分野のプロに愛用されるデジタル一眼レフカメラのフラッグシップモデルにはじまり、その他にも上位機に劣らぬ魅力を誇るミドルクラスモデルのイメージがとても強いのではないでしょうか。 もちろんエントリークラスの小型軽量モデルもありますが、それでも一眼レフカメラともなれば手のひらサイズで...とはいかないのが現実です。 今回発売となった『COOLPIX A』はまさに一眼レフクオリティーの画質をコンパクトデジタルカメラの収まりの良さで携行できる、と言える製品です。


Nikon COOPIX A 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:100


こちらは東京駅近くにOPENしたての商業施設内で撮影したものです。OPEN後間もないのもあり、周囲は多くの人で賑わいます。 そんな館内で大型のカメラを取り出して足を止めて撮影をすることに、ためらう方も多いのではないでしょうか。 かくいう私もそういう性格でして、撮りたい...でも。 とあきらめてしまうこともしばしば。 コンパクトデジタルカメラの持ち味は荷物としてのサイズ感や重量ももちろんですが、周囲に与える印象、撮影対象が生き物であれば被写体への圧迫感の軽減などが知られています。 このカメラを携行して強く感じたのは撮影者が撮りたいと思った時にスッと取り出せ撮影が行える心地良さです。 気軽に撮影が行える...というのは他のコンパクトデジタルカメラとも何ら変わりませんが、そんな気軽に撮った1カットがバシッと決まる安心感を含めての印象です。 これに関してはNikonのデジタル一眼レフカメラに通ずる絵作り、露出、カラーバランスの安定性が一つの要因と考えます。


Nikon COOPIX A 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:160


今までのCOOLPIXシリーズは画像処理エンジンにCOOLPIX専用の「EXPEED C2」を採用してきましたが、デジタル一眼レフカメラと同等のセンサーを有する当機種にはD7000などのモデルに採用されている「EXPEED 2」が採用となりました。 その上でローパスフィルターを排しセンサーの持つ解像力をさらに引き出すとともに、沈胴式でうまく収めてはいるものの35mm判換算28mm相当の画角となる専用設計の単焦点レンズを搭載。 レンズが専用設計で組み込まれているともなると1600万画素クラスの同社デジタル一眼レフカメラD7000などに匹敵する画質、というよりはそれを超える高画質と銘打たれても良いのではと期待せずにはいられません。 上の写真のようなクローズアップ時には質感描写に優れ、ガラスやマットな塗装面など部位ごとに素材が異なっていることをしっかりと描き分けてくれます。


Nikon COOPIX A 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:720


せっかくの広角レンズなので構造物を引きで捉えてみます。 何枚か撮影した中で、シャッタスピードの確保と感度上昇を抑えることを優先し、絞りを開放で撮影したカットです。 窓のハイライト部にこそややにじみが見受けられますが、周辺部が流れるようなこともなく優秀なレンズ光学系と言えるのではないでしょうか。 現時点でAPS-Cサイズ以上の大型センサーを搭載したコンパクトデジタルカメラの中で唯一となる沈胴式レンズを採用し、撮影時以外の薄型化に成功しながらもこの性能は頼もしいですね。 レンズバリアーがあるためキャップの付け外しの必要がないのも魅力的です。 この辺りの特徴も気軽に撮影、持ち運びができる利便性に寄与します。


Nikon COOPIX A 絞り:F4 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:1600





Nikon COOPIX A 絞り:F4 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:640


上の2カットは同時発売の外付け光学ファインダー「DF-CP1」で覗いて撮ったものです。 撮影画像の仕上がりが安定しているということは、光学ファインダーを覗いてフレーミングだけを考えても何ら心配なし、という安心感に繋がります。 贅沢な価格である分見え味は非常にクリアで、ぜひとも合わせてスナップ撮影に活用して頂きたいです。


Nikon COOPIX A 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:200


お店の方には申し訳ないですが、電球に付いた指紋がどう写るかを試したカットです。 ローパスフィルターレスモデルの実力を発揮してしまいました。


Nikon COOPIX A 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:100


背面液晶は撮影中は適正な明るさに自動調整されていますが、半押しすることで露出がシミュレートされます。 輝度差を生かしたシーンなどでは意識すると撮影がしやすくなります。


Nikon COOPIX A

Nikon初となるAPS-C(DXフォーマット)センサーを採用した「COOLPIX A」ですが、尖った特徴や絵作りのクセなどはありませんが、その分ソツがなく手になじむ1台です。 コンパクトデジタルカメラとしての利便性をしっかりと残しながらも、デジタル一眼レフカメラクオリティーの画質を備えた当機種は、 画質を求めてのステップアップにも、大型カメラをスケールダウンしつつも画質には妥協したくない方にも広く応える魅力を備えています。

Photo by MAP CAMERA Staff


Kasyapaトップへ戻る"

カテゴリー: Nikon   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:175票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

SONY FE600mm F4 GM OSS 529:プロフェッショナルに必要とされる超望遠『SONY FE600mm F4 GM OSS』 2019年08月02日
絞り:F5 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:1250 / 使用機材:SONY α9 + FE 600mm F4 GM OSS SONYFE600mm F4 GM OSS ソニーより待望の大口径超望遠単焦点レンズ『 FE 600mm F4 GM OSS』が登場しました。 本レンズの発表時、ソニーの担当者から「弊社はカメラセンサーの開発も並行して行なっているので、数年先のカメラを見据えてレンズ設計を行っている」と伺いました。数年後は何万画素になっているのだろう?と想像した矢先に6100万画素の「α7RIV」...
続きを読む
TAMRON SP 35mm F1.4 Di USD 528:本気の35mm『TAMRON SP 35mm F1.4 Di USD』 2019年07月10日
絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/6400秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + TAMRON SP 35mm F1.4 Di USD TAMRONSP 35mm F1.4 Di USD タムロンから新しい大口径単焦点レンズ『SP 35mm F1.4 Di USD』が発売されました。 SP (Superior Performance)シリーズ40周年の節目から、最上級の描写力を目指したという本レンズ。F1.4の大口径ということで少し大きめな仕上がりですが、手に伝わるその質感から良く写りそうと瞬時に感じとることができます。標準レン...
続きを読む
Canon RF85mm F1.2L USM 527:絶対的な性能を持つ中望遠『Canon RF85mm F1.2L USM』 2019年06月28日
絞り:F4 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS R + RF85mm F1.2L USM CanonRF85mm F1.2L USM キヤノンがフルサイズミラーレス機に参入し、新マウントの特徴として選んだのがRF用Lレンズという強力な武器。銘玉24-105mmを継承したズームレンズと弩級のF2通し28-70mmズーム、そして50mm F1.2という誰しもが憧れるラインアップを初期から登場させ、フルサイズミラーレスに対するキヤノンの本気を世界に知らしめました。今回はそこに...
続きを読む
526:Zeissレンズの凄みを感じる『Carl Zeiss Otus 100mm F1.4 ZF.2 / ZE』 526:Zeissレンズの凄みを感じる『Carl Zeiss Otus 100mm F1.4 ZF.2 / ZE』 2019年06月20日
絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/6400秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + Carl Zeiss Otus 100mm F1.4 ZF.2 Carl ZeissOtus 100mm F1.4 ZF.2 / ZE 世界最高性能を謳う「Carl Zeiss Otus」シリーズに望遠域をカバーする『Otus 100mm F1.4』が登場しました。同じクラスのレンズの中でも最高のクオリティを誇るという本レンズ。これまでに発売されたOtusシリーズを振り返ってみても、性能の高さは容易に想像がつき、期待は高まる一方です。 いざ手元に...
続きを読む
525:開放描写が美しいポートレートズーム『TAMRON  35-150mm F2.8-4 Di VC OSD』 525:開放描写が美しいポートレートズーム『TAMRON 35-150mm F2.8-4 Di VC OSD』 2019年06月07日
焦点距離:42mm / 絞り:F3 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:400 使用機材:Nikon D850 + TAMRON 35-150mm F2.8-4 Di VC OSD TAMRON  35-150mm F2.8-4 Di VC OSD ポートレートレンズと聞くとみなさんはどのようなレンズを思い浮かべるでしょうか?このカテゴリーのアイコンとも言える85mm、それより少し長い105mm、近年注目を浴びている135mm。どれも中望遠レンズと呼ばれているもので明るい単焦点レンズが主流です。像面の歪みが少なく、ボケも綺...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |