Select Language



Hasselblad Stellar 絞り:F4.9 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:160 / 使用機材:Hasselblad Stellar



Hasselblad社がおくるプレミアム・ラインの第2弾として発売された『Hasselblad Stellar』。先代『Lunar』ではチタニウム外装やルビーをあしらったボディの仕上がりに注目が集まりましたが、今回発売となった『Hasselblad Stellar』もスタイリッシュで実に魅力的な外観です。シャンパンゴールドのボディにしっくりと似合ったハンドグリップは、ウッドまたは、カーボンファイバーの7種類から選ぶことができます。ウッドグリップはウォルナット、パドウク、そしてゼブラなど6種類の高級材を削りだし、熟練した職人によって制作されています。また洗練されたカーボンファイバーのハンドグリップは、航空業界で採用されている圧縮成形技術によって作られています。

独特な形状のグリップは指がかりが良く、色々な構え方が出来るのにも驚きました。軽量・コンパクトな『Stellar』の外観と相まって、使い勝手はとても良いです。




Hasselblad Stellar 絞り:F5.0 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:125 / 使用機材:Hasselblad Stellar

広角域でもその描写は実に安定したもの。全体にわたって高い解像感を持ち、気持ちのよいヌケ感で描写しています。周辺が暗めに見えるのは光の当たり方ですね、優秀な仕上がりです。




Hasselblad Stellar 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/50秒 / ISO:3200 / 使用機材:Hasselblad Stellar



EXIFデータで確認して驚きましたが、このカットはISO3200のもの。もちろん少々ディティールの欠損は有りますが、このコンパクトボディでここまで描写するのには、手放しで賞賛したい仕上がりです。
『Hasselblad Stellar』は良い意味でカメラらしくないのも大きなポイント。ウッドグリップにベージュがかった柔らかな曲線デザインで構成される『Stellar』は大柄のカメラを出すのがはばかられる様なレストランなどでも、その場の雰囲気を崩さず馴染んで撮影する事が出来ます。それでいて高感度に強く、レンズの口径も大きい。暗いシチュエーションでもしっかりと頼れるところは心強い1台です。




Hasselblad Stellar 絞り:F4.9 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:125 / 使用機材:Hasselblad Stellar






Hasselblad Stellar 絞り:F7.1 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:125 / 使用機材:Hasselblad Stellar

諧調表現等も素晴らしい。もちろんセンサーサイズはフルサイズ機などと比べれば小さいですが、この諧調幅の自然さ、広さは実に優秀。アンダー部やハイキー部にもしっかりトーンが残っている故に、しっかりと重みのある描写をしてくれます。




Hasselblad Stellar 絞り:F5.0 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:125 / 使用機材:Hasselblad Stellar






Hasselblad Stellar 絞り:F5.0 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:1000 / 使用機材:Hasselblad Stellar





Hasselblad Stellar 絞り:F4.9 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:250 / 使用機材:Hasselblad Stellar

この質感描写にはうなってしまいました。これでも『Hasselblad Stellar』、コンパクト機です。夕暮れ時の微妙な色彩の残る時間帯で、夕日の繊細なカラーバランスもしっとりと、ガラスのつややかさやそれに対するレンガ壁の重みまで、実に見事に描き分けています。




Hasselblad Stellar 絞り:F5.0 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:200 / 使用機材:Hasselblad Stellar







『Hasselblad Stellar』にはハンドストラップとロングのネックストラップの2種類が付属。今回の撮影ではハンドストラップを使用しましたが、イタリアンレザーで丁寧に仕上げられたストラップは『Stellar』のカラーリングにもベストマッチ。常に持ち歩くにも軽快で、素晴らしい相棒となってくれるのではないでしょうか!



Photo by MAP CAMERA Staff


お買い物はこちら

Kasyapaトップへ戻る"





カテゴリー:etc.    
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:136票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

SIGMA Art 14-24mm F2.8 DG DN 535:超広角ズームの理想形『SIGMA Art 14-24mm F2.8 DG DN』 2019年09月16日
焦点距離:24mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:6400 / 使用機材:SONY α7 III + SIGMA Art 14-24mm F2.8 DG DN SIGMAArt 14-24mm F2.8 DG DN 待望のフルサイズミラーレス専用レンズがシグマから発売となりました。フルサイズミラーレス機の魅力を最大限に活かすためには高性能なレンズシステムのラインナップが増えることはとても嬉しいことです。今回のKasyapaでは『SIGMA Art 14-24mm F2.8 DG DN』をご紹介いたします。 ミラー...
続きを読む
SONY α7R IV 534:これが6100万画素の画質力『SONY α7R IV』 2019年09月08日
焦点距離:20mm / 絞り:F8 / シャッタースピード:0.4秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7R IV + FE 16-35mm F2.8 GM SONYα7R IV 人気のフルサイズミラーレスカメラを牽引するソニーからまた凄い製品が登場しました。高精細シリーズ「R」の4代目『α7R IV』は、従来機の有効4240万画素から6100万画素へと一気に高画素化されました。 中判サイズの5000万画素カメラが登場した際に、35mmサイズセンサーの限界が見えた気がした筆者にとっては、まさに晴天の霹靂...
続きを読む
Nikon NIKKOR Z 85mm F1.8 S 533:Zシリーズ待望の中望遠『Nikon NIKKOR Z 85mm F1.8 S』 2019年09月06日
絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/5000秒 / ISO:320 / 使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 85mm F1.8 S NikonNIKKOR Z 85mm F1.8 S ニコンからZシリーズの新レンズ『NIKKOR Z 85mm F1.8 S』が発売されました。ニコン独自の設計指針と品質管理をさらに厳格化したNIKKOR Zレンズの中でも、さらに高いレンズ基準を満たす「S-Line」のレンズです。 これまでに発売されている「35mm F1.8」と「50mm F1.8」はいずれも優秀な写りを披露してくれました。同じF1.8の...
続きを読む
SONY FE 35mm F1.8 532:理想のスタンダードレンズ『SONY FE 35mm F1.8』 2019年09月01日
絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7 III + FE 35mm F1.8 SONYFE 35mm F1.8 数多いFEレンズのラインアップの中でもコストパフォーマンスに優れたスタンダードシリーズはFE 50mm F1.8、FE 85mm F1.8とありましたが、広角側の35mmが遂に追加され、スナップからポートレートまで幅広い撮影に対応できるようになりました。今回のKasyapaは多くの方が待ち望んでいた1本、『SONY FE 35mm F1.8』のご紹介です。 ...
続きを読む
SONY RX100M7 531:コンパクトの新境地『SONY Cyber-shot DSC-RX100M7』 2019年09月01日
焦点距離:9mm (約24mm)/ 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY DSC-RX100M7 SONYCyber-shot DSC-RX100M7 躍進するα7シリーズと並行して、RXシリーズも代を重ねるごとにファンが増えているカメラです。従来のコンパクトカメラのサイズを維持しながらも、その性能は最新のミラーレス機並み。鮮明な内蔵EVFを覗き込みながらシャッターを切れば、1インチセンサーとは思えない高画質とレスポンスの良いAF性能に誰しもが驚くは...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |