Select Language



Tokina AT-X 70-200mm F4 PRO FX VCM-S 焦点距離:95mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:800 / 使用機材:Nikon D800E +Tokina AT-X 70-200mm F4 PRO FX VCM-S

Tokina AT-X 70-200mm F4 PRO FX VCM-S

2013年のCP+で紹介されてからその発売が待たれていた「Tokina AT-X 70-200mm F4 PRO FX VCM-S」がついに登場しました。
トキナーレンズとしては初となるリング式超音波モーターの採用や、手振れ補正機構を搭載するなど、技術面でも大幅な向上が図られている本レンズ。
気になるその性能を試すべく撮影に出掛けてきました。

デジタルカメラの高画素化が進む現在、気になるはその描写力ですがその心配は必要ありませんでした。 美しい羽色の再現性や質感はもちろん、クリアーで立体感ある描写に本レンズの性能の高さを一瞬で感じる事ができました。


Tokina AT-X 70-200mm F4 PRO FX VCM-S 焦点距離:200mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:800 / 使用機材:Nikon D800E +Tokina AT-X 70-200mm F4 PRO FX VCM-S


特に驚いたのがその美しいボケ味。背景の花をうるさくせず、メインをしっかり引き立てています。
ボケを重視して作られたとは聞いていましたが、予想以上の美しさに感動すら覚えます。


Tokina AT-X 70-200mm F4 PRO FX VCM-S 焦点距離:185mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:400 / 使用機材:Nikon D800E +Tokina AT-X 70-200mm F4 PRO FX VCM-S


噴水の側でシャボン玉遊びをする子供達のカットでは、細かい水しぶきが強い日差しに反射しノイズぽい表情になりました。
ですが、これも解像力が高いが故で、霧状の水滴までしっかり捉えているのが分かります。
立体感ある描写に、シャボン玉の透明感など本当に良く写っており、解像力の高さを改めて感じました。


Tokina AT-X 70-200mm F4 PRO FX VCM-S 焦点距離:200mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/25秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D800E +Tokina AT-X 70-200mm F4 PRO FX VCM-S


高精細カメラで撮影する際に、特に注意したいのが手振れです。特に望遠レンズではなおさらのことですが、本レンズからトキナーレンズにも待望の手振れ補正モジュールが搭載されました。
絞り約3段分の補正のおかげで、光量の少ない場面でも高感度に頼らず安定した撮影をする事ができます。


Tokina AT-X 70-200mm F4 PRO FX VCM-S 焦点距離:200mm / 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:400 / 使用機材:Nikon D800E +Tokina AT-X 70-200mm F4 PRO FX VCM-S


もう1つの新機構、リング式超音波モーターによるAF駆動も静かに素早く反応してくれました。
マニュアルでの微調整も幅広いフォカースリングは扱いやすく、ホールディング性も含めかなり使いやすくなった印象を受けます。


Tokina AT-X 70-200mm F4 PRO FX VCM-S 焦点距離:155mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:400 / 使用機材:Nikon D800E +Tokina AT-X 70-200mm F4 PRO FX VCM-S



Tokina AT-X 70-200mm F4 PRO FX VCM-S 焦点距離:200mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:400 / 使用機材:Nikon D800E +Tokina AT-X 70-200mm F4 PRO FX VCM-S


早いシャッタースピードで捉えた噴水では、水滴の1つ1つまで確認する事ができました。
この精細感はカメラの性能にも依る事が大きいと思いますが、3600万画素のカメラの性能を存分に引き出しているレンズの性能の高さも見逃せません。


Tokina AT-X 70-200mm F4 PRO FX VCM-S 焦点距離:70mm / 絞り:F8 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D800E +Tokina AT-X 70-200mm F4 PRO FX VCM-S


過去にも数本トキナーレンズを使ってきましたが、その時気になったのが逆光時のフレア発生率の高さです。
その記憶が頭をよぎったため、意地悪で太陽をファインダー内に入れてみました。
かなり強引な撮影だったためフレアは発生しましたが、逆光で潰れてしまうかと思った各ゴンドラも細部までしっかり確認できる見事な透明感を披露してくれました。
さらにこれだけの明暗差がある中で、フリンジは発生しておらず、色収差もしっかり対応されている事が分かります。


Tokina AT-X 70-200mm F4 PRO FX VCM-S 焦点距離:200mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D800E +Tokina AT-X 70-200mm F4 PRO FX VCM-S



Tokina AT-X 70-200mm F4 PRO FX VCM-S 焦点距離:200mm / 絞り:F8 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:400 / 使用機材:Nikon D800E +Tokina AT-X 70-200mm F4 PRO FX VCM-S



Tokina AT-X 70-200mm F4 PRO FX VCM-S

手振れ補正や超音波モーターなど、他メーカーと比較すると若干出遅れた感のあったレンズですが、この高い解像力と美しいボケ味はかなり強力な武器になりそうです。
フィルター口径サイズを67mmに抑えたスリムな鏡筒は携帯性にも優れ、なによりトキナーレンズらしい高級感ある質感も大きな魅力です。
スペックだけでは判断できない魅力がいっぱい詰まったレンズの登場です。

Photo by MAP CAMERA Staff


Kasyapaトップへ戻る"

カテゴリー:etc.    
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:88票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

null 422:最高峰の性能をもつ歴史的な一台『SONY α9』 2017年05月28日
焦点距離:159mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:800 / 使用機材:SONY α9 + FE 70-200mm F2.8 GM OSS 『α9』海外発表は衝撃的でした。以前よりα7系の最上位機種はネット上の噂として存在していましたが、電撃発表された機種はα7シリーズではなく『α9』という全く新しいカメラだということ。そしてフルサイズRAW書き出しで秒間20コマ連写という今までの常識では考えられない技術が投入されていること。さらに付け加えるなら、EVFなのに連写時のブラ...
続きを読む
421:ハイスペック超広角ズーム『Panasonic LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm F2.8-4.0 ASPH.』 421:ハイスペック超広角ズーム『Panasonic LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm F2.8-4.0 ASPH.』 2017年05月25日
焦点距離:8mm(換算16mm)/ 絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/3200秒 / ISO:200/ 使用機材:Panasonic LUMIX DC-GH5+LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm F2.8-4.0 ASPH. パナソニックから、新たに超広角ズームレンズが登場しました。その名も『Panasonic LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm F2.8-4.0 ASPH.』。 「エルマリート」の明るさを誇る超広角ズームレンズですが、本レンズの特徴はその明るさだけでなく、ライカの基準...
続きを読む
SIGMA C 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM 420:破壊力抜群のライト・バズーカ『SIGMA C 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM』 2017年05月19日
焦点距離:400mm / 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV+SIGMA C 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM シグマから小型軽量と高い光学性能を両立した新しい望遠ズーム『Contemporary 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM 』が発売されました。 新レンズのポイントは、何と言ってもその軽さです。約1160gにまで軽量化されたレンズは想像以上に持ちやすく、被写体の動きに合わせ自由に振り回すことができます。まずはこのメリットを活かすべ...
続きを読む
null 419:誰しもが楽しめるF0.95『中一光学 SPEEDMASTER & CREATOR』 2017年04月22日
純正レンズでは無い、いわゆるサードパーティー製と呼ばれるレンズの中でも絶対的な明るさで注目されているのが、中一光学『SPEEDMASTER』シリーズです。F1.4よりも明るいF1.2~F0.95という開放値を持ちながら、価格は想像以上にリーズナブル。でも国産レンズじゃないんでしょ?肝心の写りはどうなの??という皆様の疑問に答えるべく、今回はSPEEDMASTERを含む中一光学製レンズ6本のフォトプレビューとなります。ぜひご覧ください。 絞り:F0.95 / シャッタースピード:1/8000秒...
続きを読む
418:常に持ち歩きたくなる1台『FUJIFILM X-T20』 418:常に持ち歩きたくなる1台『FUJIFILM X-T20』 2017年04月21日
焦点距離:33mm(換算50mm)/ 絞り:F3.6/ シャッタースピード:1/240秒 / ISO:200/ 使用機材:FUJIFILM X-T20 + フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS 今回のKasyapaでは、フジフイルムのミドルクラスミラーレス一眼『X-T10』の後継機である『X-T20』をご紹介いたします。 フジフイルムらしい洗練されたクラシカルなデザインが目を引く本機。X-T10と比べると全くと言っていいほど外観の違いはありませんが、なんとフラッグシッ...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |