Select Language
FUJIFILM X30 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/75秒 / ISO:200 / 使用機材:FUJIFILM X30

FUJIFILM X30


今回は新しく生まれ変わったFUJIFILMの高級コンパクト『X30』のご紹介です。 クラシカルなスタイルで人気だった先代からデザインも一新。機能面も有機EL電子ビューファインダーとチルト液晶が搭載されるなど大きく変わりました。 写りに関してはセンサーサイズは違えど上位機種『X−T1』と同じローパスレスのX-Trans CMOS IIを搭載。FUJIFILMのフィルムシミュレーションも進化しています。 小さいながら贅沢な装備とワンランク上のカメラを脅かす描写性能を持つX30を早速試写してきました。

FUJIFILM X30 絞り:F4 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:400 / 使用機材:FUJIFILM X30


広角端で使用が出来るスーパーマクロモードは最短1cmからのピント合わせが可能です。一眼レンズでは味わえない広角マクロという撮影も本機の魅力の一つです。


FUJIFILM X30 絞り:F11 / シャッタースピード:1/25秒 / ISO:800 / 使用機材:FUJIFILM X30


光の筋が出るように絞り込んでの撮影。本機には絞り込んだときに発生する回折ボケをカメラが補正してくれる“点像復元処理”機能が入っています。 作例は逆光なので分かりづらいですが、絞り込んでも四隅までシャープに撮る事が可能です。


FUJIFILM X30 絞り:F2.2 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:200 / 使用機材:FUJIFILM X30


新しいフィルムシミュレーション “クラシッククローム”を使って撮影してみました。 彩度が少し落ち着き、黒が引き締まった絵作りになります。


FUJIFILM X30 絞り:F3.2 / シャッタースピード:1/90秒 / ISO:200 / 使用機材:FUJIFILM X30


今までは“おおよそ”だった光学ファインダーから新たに搭載した236万ドットの有機EL電子ビューファインダーは、Xシリーズ上位機種のファインダーを覗いているように鮮明で見やすいです。これは今まで「コンパクトデジタルはファインダーが無いから」とためらっていた方にも納得できる完成度だと思います。 操作系はXシリーズのボタン配置を踏襲しており、Xシリーズユーザーなら説明書を見ずに直感的に操作をする事が出来ます。


FUJIFILM X30 絞り:F2.5 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:100 / 使用機材:FUJIFILM X30



FUJIFILM X30 絞り:F3.6 / シャッタースピード:1/140秒 / ISO:100 / 使用機材:FUJIFILM X30


X30のローパスレスセンサーはフジノンレンズの性能も相まって写真に先鋭感を与えてくれます。


FUJIFILM X30 絞り:F2.5 / シャッタースピード:1/450秒 / ISO:100 / 使用機材:FUJIFILM X30


少し暗い逆光での撮影ですが、シャドウ部も潰れず黒の中にしっかりとレンガが描かれているのはX-Trans CMOS IIの性能を示しています。


FUJIFILM X30 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/240秒 / ISO:100 / 使用機材:FUJIFILM X30


この淡い空の色などはFUJIFILMデジタル機独特の色彩表現だと思います。人の目で見た印象に近い色を出してくれます。


FUJIFILM X30 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/240秒 / ISO:100 / 使用機材:FUJIFILM X30


濃い色と淡い色が混ざり合う水面の写り込みもX30は美しい写真にしてくれます。


FUJIFILM X30


FUJIFILM X30

筆者はプライベートでXシリーズのミラーレス機を使用していますが、X30はそれに劣らないくらいの性能を見せてくれました。 なにより機動性が抜群で、さっと取り出しファインダーを覗いて撮影する事が気持ちよく行えます。 そして電子ビューファインダーを内蔵した事により、コンパクトデジタルながら『カメラを使っている』という事を意識させてくれます。 正直コンパクト機もここまできたかと思える機種でした。コンパクトはサブ機という方も多いと思いますが、X30を手にしたらメインカメラの出番が少なくなるかも知れません。


Photo by MAP CAMERA Staff





Kasyapaトップへ戻る"

[Category: FUJIFILM|掲載日時:2014年10月28日 08:30:00 PM]

面白いと思ったらコチラをClick!139票


PENTAX HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR

574:携帯性・合焦性能に優れた望遠ズーム『PENTAX HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR』[2020年02月21日]

焦点距離:210mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:160 / 使用機材:PENTAX K-1 Mark II + HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR PENTAXHD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR ペンタックスの『HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR』をご紹介します。フルサイズ一眼対応の小型・軽量望遠レンズで、手にした第一印象は「細い!」でした。これはバッグの中で邪魔にならない細さです。そしてペ...
続きを読む
Tokina atx-m 85mm F1.8 FE

573:ハイコストパフォーマンスな中望遠『Tokina atx-m 85mm F1.8 FE』[2020年02月17日]

絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7III + Tokina atx-m 85mm F1.8 FE Tokinaatx-m 85mm F1.8 FE トキナーの新シリーズ「atx-m」。中望遠域の新定番となる 「atx-m 85mm F1.8 FE」をご紹介します。「m」は「motif(動機・創作行為)」の頭文字で、「ユーザーが創作行為を掻き立てられる」ことを意味します。とても興味深いコンセプトで撮るのが楽し...
続きを読む
Canon EOS-1D X Mark III

572:フラッグシップ一眼レフ『Canon EOS-1D X Mark III』[2020年02月15日]

焦点距離:1000mm / 絞り:F9 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:400使用機材:Canon EOS-1D X Mark III + EF500mm F4L IS II USM + エクステンダー EF2X III CanonEOS-1D X Mark III “Canon EOS-1D X Mark III”その名称を聞いたとき、新しい体験が待っていると確信しました。新開発の約2010万画素CMOSセンサーと、映像エンジン「DIGIC X」を搭載し、最高約16コマ/秒の高速連続撮影...
続きを読む
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark III

571:3代目にして完成形『OLYMPUS OM-D E-M1 Mark III』[2020年02月14日]

焦点距離:40mm / 絞り:F13 / シャッタースピード:2秒 / ISO:200 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark III + M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8 PRO OLYMPUSOM-D E-M1 Mark III 各メーカーから渾身の新機種が発表・登場している2020年。業界の主流となったミラーレスカメラを最初に作り出した、あのメーカーからも大きなサプライズがありまし...
続きを読む
Tokina FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO

570:素直でリアルな描写が魅力のマクロレンズ『Tokina FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO』[2020年02月12日]

絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:1250 / 使用機材:SONY α7III + Tokina FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO TokinaFiRIN 100mm F2.8 FE MACRO 今回はトキナーの『FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO』をご紹介します。マクロレンズは特に近接撮影において、歪みがなく高解像度の描写が必須と言われています。一方で、ポートレートなどの撮影でも活躍...
続きを読む