Select Language
SONY Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS 焦点距離:16mm / 絞り:F8 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7R +Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS

SONY Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS

ソニーからフルサイズ対応のEマウントレンズ「Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS」が発売されました。
既に発売されていた「FE24-70mm F4」「FE70-200mm F4」と合わせて開放F値4通しの、俗に言う小三元レンズが揃ったことになります。
まさに待望の1本であった超広角ズームレンズ。さっそく撮影に出掛けてきました。

意地悪な強い日差しと、それを反射させる金属と水面が混在する意地悪な被写体ですが、ZEISSらしいシャープで色乗りの良い描写を披露してくれました。
金属面に写り込む反射画からもその光沢感を感じ取る事ができます。強烈な逆光にも関わらず暗部の再現性の高さに、さすが最新レンズと感動すら覚えました。


SONY Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS 焦点距離:17mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7R +Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS


送迎デッキから巨大客船を撮影。166.65mの大きな船体を全て捉えることは出来ませんでしたが、その大きさ伝わる見事なワイド感です。
青空や日差しの具合もよく再現された色再現で、温度感もしっかり伝わります。


SONY Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS 焦点距離:16mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7R +Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS



SONY Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS 焦点距離:24mm / 絞り:F11 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7R +Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS


広角レンズらしいパース感が、よりワイド感を演出します。
少しゴーストが発生しましたが、これだけ強い日差しを取り込んだ事と広角レンズの構成を考えれば良く抑えられていると感じます。
空を飛ぶカモメの立体感も高く、α7Rの高解像力を見事に引き出しているのが分かります。


SONY Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS 焦点距離:16mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7R +Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS


F値開放でも、周辺減光はほとんど感じられません。
コントラストの高い描写はガラスの艶感をそのままに、反射物の様子もしっかり捉えます。


SONY Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS 焦点距離:24mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7R +Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS


約28cmの接写で柔らかなボケ味も楽しむ事ができました。
風で左右に揺れる提灯も、リニアモーターの静かで早いAFがしっかり捕まえてくれました。


SONY Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS 焦点距離:26mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7R +Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS



SONY Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS 焦点距離:35mm / 絞り:F8 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7R +Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS


望遠端35mmの描写も綺麗です。
スナップ撮影等に重宝する焦点距離は、コンパクトなα7シリーズと相まって使い勝手の良さを感じます。


SONY Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS 焦点距離:16mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:125 / 使用機材:SONY α7R +Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS


絞り開放からシャープでコントラストの高い描写は、光量の少ない時間帯での風景写真にも重宝します。
もちろん優れた手ブレ補正機能も頼りになります。


SONY Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS 焦点距離:16mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7R +Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS


高いコントラストに透明感。逆光耐性も素晴らしいの一言です。
贅沢な光学設計とT*コーティングとくれば、その描写力を疑う余地はありません。


SONY Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS

小さな鏡筒に約518gの重さ。最初は少し重く感じましたが、その描写力を見て納得。内も外もしっかり造れた品質の良さを感じます。
携帯性に優れたα7シリーズとのバランスも良く、一度手にしたら手放せない1本になりそうです。

Photo by MAP CAMERA Staff







Kasyapaトップへ戻る"

[Category: SONY|掲載日時:2014年11月10日 11:30:00 AM]

面白いと思ったらコチラをClick!177票


SONY E 16-55mm F2.8 G

559:キリリとした描写の小型・軽量標準ズーム『SONY E 16-55mm F2.8 G』[2019年12月21日]

焦点距離:36mm(換算54mm) / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α6400 + E 16-55mm F2.8 G SONYE 16-55mm F2.8 G 開放F値2.8通しの標準ズームレンズ。そう聞いてから当レンズを手にした時、その小ささと軽さに驚きました。重量はなんと494グラム。APS-C用とはいえ、大三元でこの軽さは魅力です。 そ...
続きを読む
SONY E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS

557:超望遠の世界を手軽に楽しめる『SONY E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS』[2019年12月14日]

焦点距離:328mm(換算492mm)/ 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:2500 / 使用機材:SONY α6600 + E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS SONYE 70-350mm F4.5-6.3 G OSS 『SONY E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS』は、350mmまで伸ばせるAPS-C超望遠ズームレンズです。350mmといえば、35mm換算で525mm。離れたところにある被写体はもちろん、撮る人の感...
続きを読む
SONY α6100

552:ソニーの想いが詰まったベーシック機『SONY α6100』[2019年11月30日]

焦点距離:50mm(35mm換算:75mm) / 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:2000 / 使用機材:SONY α6100 + E 50mm F1.8 OSS SONYα6100 α6000ユーザーにとって待望のタッチ操作やサイレントシャッター、そしてリアルタイム瞳AFやリアルタイムトラッキングAFなど大幅に強化されたAF性能。さらに4K動画撮影機能を搭載し、JPEGのエクストラフ...
続きを読む
SONY α9II

546:そのスピードの虜となる『SONY α9II』[2019年11月04日]

焦点距離:46mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:12800 / 使用機材:SONY α9II + FE 24-70mm F2.8 GM SONYα9II ミラーレスカメラの弱点とも言われていた動体撮影を高い技術で克服し、プロのニーズに応えた「SONY α9」の登場が2017年5月。それから約2年半の歳月を経て、さらにブラッシュアップされた「α9II」がデビューしました...
続きを読む
SONY α6600

545:機動力を写真の力に『SONY α6600』[2019年11月03日]

焦点距離:16mm / 絞り:F11 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200 / 使用機材:SONY α6600 + E 16-55mm F2.8 G SONYα6600 次々と新たな技術を投入し、カメラの未来を大きく変えてきたソニーのα。その中でもα6000シリーズは高性能と軽快さを両立させたAPS-Cミラーレス機で、パパカメラから写真趣味のハイアマチュア、プロのサブ機まで幅広いユー...
続きを読む