Select Language
FUJIFILM X100T 絞り:F2 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:640 / 使用機材:FUJIFILM X100T

FUJIFILM XF 50-140mm F2.8R LM OIS WR

クラシカルなスタイルの中に最新の技術を搭載した高級コンパクト機『FUJIFILM X100T』のご紹介です。 今回のモデルチェンジで3代目となる本機は大きなデザインの変更は無いものの、ファインダーシステムや1/32000シャッター内蔵、操作系の向上など大きく進化を遂げた機種となっています。心臓部にはX−T1と同じX-Trans CMOS IIセンサーを搭載していますが、専用設計のされた23mmフジノンレンズはフィルムライクな描写で他のXシリーズとは一線を画す表現をしてくれるカメラです。スナップショットに優れた本機を握りしめ早速試写へ向かいました。

FUJIFILM X100T 絞り:F4 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:100 / 使用機材:FUJIFILM X100T


F2の柔らかな表現から絞るにつれて変わっていく描写。開放絞りからシャープなレンズやカメラが多い中、X100Tにカメラらしさを感じてしまうのは私だけでしょうか。 写真を撮るということを改めて意識させてくれるカメラです。


FUJIFILM X100T 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100 / 使用機材:FUJIFILM X100T


自然が作り出す光と影の強烈なコントラスト。うっすらではありますがシャドウ部に少しだけ表情を残して撮影をしました。


FUJIFILM X100T 絞り:F8 / シャッタースピード:1/90秒 / ISO:100 / 使用機材:FUJIFILM X100T

大きく進化を感じたのは光学ファインダーを使用した時。レンジファインダーを使用したことのある方は分かると思いますが、ブライトフレームは距離によって差異が生じ近接時に実際の撮影イメージと大きくズレてしまうことがあります。その点、X100Tのブライトフレームはリアルタイムでパララックス補正をしてくれる優れもの。
そして光学ファインダーを使いながらフォーカスポイントを拡大表示したEVFエリアを右下に表示することも可能です。斬新なアイデアと最新の技術が詰まったファインダーシステムです。


FUJIFILM X100T 絞り:F4 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100 / 使用機材:FUJIFILM X100T


スナップショットに適したX100T。アナログ操作と光学ファインダーの組み合わせは直感的な操作が可能です。


FUJIFILM X100T 絞り:F2/ シャッタースピード:1/45秒 / ISO:1600 / 使用機材:FUJIFILM X100T


X100Tは高感度撮影でも美しい写真を撮ることができます。ISOのAUTO設定で使用範囲を設定しておけば、被写体にであった時に素早く撮影することができます。


FUJIFILM X100T 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/420秒 / ISO:400 / 使用機材:FUJIFILM X100T


X100Tはモノクローム派の方もお勧めしたいカメラです。グレートーンの表現はさすがフィルムメーカーと思わせる本格的なモノクローム写真が可能です。


FUJIFILM X100T 絞り:F8 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 / 使用機材:FUJIFILM X100T





FUJIFILM X100T 絞り:F11 / シャッタースピード:1/680秒 / ISO:100 / 使用機材:FUJIFILM X100T


かなり強い光に向かってでの撮影。逆光特性にも強い印象です。


FUJIFILM X100T 絞り:F4 / シャッタースピード:1/34秒 / ISO:800 / 使用機材:FUJIFILM X100T


新しいフィルムシミュレーション「クラシッククローム」。彩度を抑えた表現が被写体に深い味わいを持たせます。
最短撮影距離はマクロモードで10cm。ここまで寄れれば困るシーンは無いと思います。


FUJIFILM X100T 絞り:F2 / シャッタースピード:1/40秒 / ISO:800 / 使用機材:FUJIFILM X100T


こちらも「クラシッククローム」で撮影。重厚感のある写真表現に向いているモードを感じました。


FUJIFILM X100T


『FUJIFILM X100T』は手になじむという言葉がピッタリ合うカメラでした。主張しすぎない小振りなボディはとても握りやすくて操作も良好、ジャケットのポケットに忍ばせサッと取り出して撮影ができます。唯一気になったのは電源スイッチのクリック感が少し甘い印象で、気づかないうちにONになっていることがありました。
最新技術をぎゅっと詰め込んだ『FUJIFILM X100T』。持っていると写真が撮りたくなる魅力ある1台でした。

Photo by MAP CAMERA Staff





Kasyapaトップへ戻る"

[Category: FUJIFILM|掲載日時:2014年11月20日 11:10:00 PM]

面白いと思ったらコチラをClick!189票


PENTAX HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR

574:携帯性・合焦性能に優れた望遠ズーム『PENTAX HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR』[2020年02月21日]

焦点距離:210mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:160 / 使用機材:PENTAX K-1 Mark II + HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR PENTAXHD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR ペンタックスの『HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR』をご紹介します。フルサイズ一眼対応の小型・軽量望遠レンズで、手にした第一印象は「細い!」でした。これはバッグの中で邪魔にならない細さです。そしてペ...
続きを読む
Tokina atx-m 85mm F1.8 FE

573:ハイコストパフォーマンスな中望遠『Tokina atx-m 85mm F1.8 FE』[2020年02月17日]

絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7III + Tokina atx-m 85mm F1.8 FE Tokinaatx-m 85mm F1.8 FE トキナーの新シリーズ「atx-m」。中望遠域の新定番となる 「atx-m 85mm F1.8 FE」をご紹介します。「m」は「motif(動機・創作行為)」の頭文字で、「ユーザーが創作行為を掻き立てられる」ことを意味します。とても興味深いコンセプトで撮るのが楽し...
続きを読む
Canon EOS-1D X Mark III

572:フラッグシップ一眼レフ『Canon EOS-1D X Mark III』[2020年02月15日]

焦点距離:1000mm / 絞り:F9 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:400使用機材:Canon EOS-1D X Mark III + EF500mm F4L IS II USM + エクステンダー EF2X III CanonEOS-1D X Mark III “Canon EOS-1D X Mark III”その名称を聞いたとき、新しい体験が待っていると確信しました。新開発の約2010万画素CMOSセンサーと、映像エンジン「DIGIC X」を搭載し、最高約16コマ/秒の高速連続撮影...
続きを読む
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark III

571:3代目にして完成形『OLYMPUS OM-D E-M1 Mark III』[2020年02月14日]

焦点距離:40mm / 絞り:F13 / シャッタースピード:2秒 / ISO:200 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark III + M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8 PRO OLYMPUSOM-D E-M1 Mark III 各メーカーから渾身の新機種が発表・登場している2020年。業界の主流となったミラーレスカメラを最初に作り出した、あのメーカーからも大きなサプライズがありまし...
続きを読む
Tokina FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO

570:素直でリアルな描写が魅力のマクロレンズ『Tokina FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO』[2020年02月12日]

絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:1250 / 使用機材:SONY α7III + Tokina FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO TokinaFiRIN 100mm F2.8 FE MACRO 今回はトキナーの『FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO』をご紹介します。マクロレンズは特に近接撮影において、歪みがなく高解像度の描写が必須と言われています。一方で、ポートレートなどの撮影でも活躍...
続きを読む