Select Language
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8 + Panasonic DMC-GH4 絞り:F5.6|シャッタースピード:1/500秒|ISO:200|露出補正:-0.7|使用機材:KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8 + Panasonic DMC-GH4

KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

コーワのマイクロフォーサーズ単焦点レンズ「KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8」は、2014年9月に発売された35mm判換算約17mmの超広角レンズだ。外観はオールドレンズのような指掛かりの良いピントリングがデザインの特徴となっており、良い意味で「ゴツい」外観だ。
絞りリングは1段1段しっかりと固定できるクリックのあるものだが、絞りリングのロックを解除して反対面にすることでクリック感のないアイリスとして使用できる。

老舗の光学メーカーであるコーワの単焦点レンズという事で早速パナソニックのDMC-GH4で試写に向かった。


KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8 + Panasonic DMC-GH4 絞り:F8|シャッタースピード:1/640秒|ISO:200|露出補正:-0.3|使用機材:KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8 + Panasonic DMC-GH4


広角レンズのベンチマークとして使える東京の新名所「東京スカイツリー」を京成橋から撮影してみた。結果はご覧の通り、根元から先端まで横位置で収めることができた。左に見えるビルの壁面が一つ一つ細かく描写されており画面端までしっかりと解像している。
このスカイツリー付近は常に変化しており、記録写真として残しておきたくなるスポットだ。


KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8 + Panasonic DMC-GH4 絞り:F5.6|シャッタースピード:1/1000秒|ISO:200|露出補正:-0.7|使用機材:KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8 + Panasonic DMC-GH4


OWA PROMINAR 8.5mm F2.8の素晴らしいところは解像感やヌケの良さだけではなく、超広角レンズであるにも関わらず周辺の色収差が少なく良好な画質が得られる点だ。
さらに、この解像度の高いこのレンズからの光をしっかりと受け止めて、細部まで描写するDMC-GH4も素晴らしいカメラだと感じた。


KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8 + Panasonic DMC-GH4 絞り:F5.6|シャッタースピード:1/1250秒|ISO:200|露出補正:+1.7|使用機材:KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8 + Panasonic DMC-GH4


太陽など強烈な光源がある場合には、ゴーストが出てしまうがコントラストが低下することなくヌケの良さは健在だった。


KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8 + Panasonic DMC-GH4 絞り:F8|シャッタースピード:1/125秒|ISO:1000|露出補正:+0.3|使用機材:KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8 + Panasonic DMC-GH4


解像度の高さは人工建造物だけではなく、しっかりとピントと絞りで追い込めば細かい木々の描写まで再現される。


KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8 + Panasonic DMC-GH4 絞り:F2.8|シャッタースピード:1/2500秒|ISO:200|露出補正:0|使用機材:KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8 + Panasonic DMC-GH4


最短撮影距離は20cm、レンズ先端から約10cmまで近寄ることができる。驚いたのが、絞り開放でもしっかりとコントラストがあり、解像感もあることだ。というのもオールドレンズのような外観なので、古いレンズのようなふんわりとした描写なのかと思っていたのだ。


KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8 + Panasonic DMC-GH4 絞り:F2.8|シャッタースピード:1/1600秒|ISO:200|露出補正:-0.3|使用機材:KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8 + Panasonic DMC-GH4


広角レンズ故に急激にとろけていくようなボケではないが、ある程度距離が離れれば柔らかいボケが得られる。また、解像度が高いおかげで絞り開放でのピント合わせが楽だった。


KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8 + Panasonic DMC-GH4 絞り:F2.8|シャッタースピード:1/125秒|ISO:250|露出補正:0|使用機材:KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8 + Panasonic DMC-GH4



KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8 + Panasonic DMC-GH4 絞り:F2.8|シャッタースピード:1/125秒|ISO:400|露出補正:0|使用機材:KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8 + Panasonic DMC-GH4


絞り開放時の適度な被写界深度のおかげで、屋内での撮影でも雰囲気のある写真が撮れる。超広角のパース感は慣れるまで難しく感じるが、カメラを向ける角度で面白いように調整できるので、何枚も撮ってイメージを掴むようにすると良いだろう。


KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8 + Panasonic DMC-GH4 絞り:F5.6|シャッタースピード:1/250秒|ISO:200|露出補正:0|使用機材:KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8 + Panasonic DMC-GH4


絞ってパンフォーカス撮影をすれば、さっと構えてすぐ撮れる。そしてこの解像感、シャッターチャンスに強く面白いと感じた。ただし、遠景までしっかりと描写したい場合はパンフォーカスではなく、しっかりと無限遠付近までピント合わせをしてこのレンズの良さを活かすようにしたい。きっと満足のいく結果を得られるだろう。





KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8 + Panasonic DMC-GH4


KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8は、外観から想像も付かない高い解像度、そしてヌケの良さのある現代的な描写が特徴的なレンズだ。この解像度の高さは4Kの動画撮影時にも役立つ。
絞り開放での解像感と色収差の少なさには驚かされるとともに、ほんのりと残る周辺減光が唯一の広角レンズらしい「味」となっていると感じた。

Photo by MAP CAMERA Staff






Kasyapaトップへ戻る"

[Category:etc. |掲載日時:2015年03月09日 03:30:00 PM]

面白いと思ったらコチラをClick!128票


PENTAX HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR

574:携帯性・合焦性能に優れた望遠ズーム『PENTAX HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR』[2020年02月21日]

焦点距離:210mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:160 / 使用機材:PENTAX K-1 Mark II + HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR PENTAXHD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR ペンタックスの『HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR』をご紹介します。フルサイズ一眼対応の小型・軽量望遠レンズで、手にした第一印象は「細い!」でした。これはバッグの中で邪魔にならない細さです。そしてペ...
続きを読む
Tokina atx-m 85mm F1.8 FE

573:ハイコストパフォーマンスな中望遠『Tokina atx-m 85mm F1.8 FE』[2020年02月17日]

絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7III + Tokina atx-m 85mm F1.8 FE Tokinaatx-m 85mm F1.8 FE トキナーの新シリーズ「atx-m」。中望遠域の新定番となる 「atx-m 85mm F1.8 FE」をご紹介します。「m」は「motif(動機・創作行為)」の頭文字で、「ユーザーが創作行為を掻き立てられる」ことを意味します。とても興味深いコンセプトで撮るのが楽し...
続きを読む
Canon EOS-1D X Mark III

572:フラッグシップ一眼レフ『Canon EOS-1D X Mark III』[2020年02月15日]

焦点距離:1000mm / 絞り:F9 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:400使用機材:Canon EOS-1D X Mark III + EF500mm F4L IS II USM + エクステンダー EF2X III CanonEOS-1D X Mark III “Canon EOS-1D X Mark III”その名称を聞いたとき、新しい体験が待っていると確信しました。新開発の約2010万画素CMOSセンサーと、映像エンジン「DIGIC X」を搭載し、最高約16コマ/秒の高速連続撮影...
続きを読む
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark III

571:3代目にして完成形『OLYMPUS OM-D E-M1 Mark III』[2020年02月14日]

焦点距離:40mm / 絞り:F13 / シャッタースピード:2秒 / ISO:200 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark III + M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8 PRO OLYMPUSOM-D E-M1 Mark III 各メーカーから渾身の新機種が発表・登場している2020年。業界の主流となったミラーレスカメラを最初に作り出した、あのメーカーからも大きなサプライズがありまし...
続きを読む
Tokina FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO

570:素直でリアルな描写が魅力のマクロレンズ『Tokina FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO』[2020年02月12日]

絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:1250 / 使用機材:SONY α7III + Tokina FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO TokinaFiRIN 100mm F2.8 FE MACRO 今回はトキナーの『FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO』をご紹介します。マクロレンズは特に近接撮影において、歪みがなく高解像度の描写が必須と言われています。一方で、ポートレートなどの撮影でも活躍...
続きを読む