Select Language
FUJIFILM XF 16-55mm F2.8 R LM WR 絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/280秒 / ISO:400 / 使用機材:FUJIFILM X-T1 + XF 16-55mm F2.8 R LM WR

FUJIFILM XF 16-55mm F2.8 R LM WR


FUJIFILM X-T1の登場により大口径ズームレンズを望む声が高まったXシリーズ。今回は『XF50-140mm F2.8 R LM OIS WR』に続くF2.8通しの第2弾『XF 16-55mm F2.8 R LM WR』のご紹介です。35mm判換算で約24mm~84mm相当の焦点距離をカバーする本レンズは12群17枚のレンズ構成に円形絞りと最新のレンズコーティングを施し、防塵防滴機能まで兼ね備えたXF標準ズームのフラッグシップモデルです。高性能レンズが揃うXシリーズだけに、その描写力に期待をしてしまいます。大きさと重さから見ても只者ではない雰囲気の本レンズ、果たしてその描写力はいかなるものなのか。早速本レンズをX-T1へ装着し試写へ向かいました。

FUJIFILM XF 16-55mm F2.8 R LM WR 絞り:F4/ シャッタースピード:1/3800秒 / ISO:400 / 使用機材:FUJIFILM X-T1 + XF 16-55mm F2.8 R LM WR


落花した椿。儚くて美しい光景は春の訪れを予感させてくれました。
フォーカス面はシャープに解像しつつ、減光や歪みを感じさせない高い光学性能です。新開発の「Nano-GI コーティング」は強い光の反射を受けてもゴーストやフレアにとても強く、クリアな写真にしてくれます。


FUJIFILM XF 16-55mm F2.8 R LM WR 絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/300秒 / ISO:400 / 使用機材:FUJIFILM X-T1 + XF 16-55mm F2.8 R LM WR


和室で抹茶を飲み、ひと休み。
本レンズの最短撮影距離は標準で0.6m。マクロモードを使用すると広角端で0.3m、望遠端で0.4mです。F2.8の明るさを生かし、グッと被写体へ近付けば美しいボケ味が写真を包み込みます。


FUJIFILM XF 16-55mm F2.8 R LM WR 絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/500秒 / ISO:400 / 使用機材:FUJIFILM X-T1 + XF 16-55mm F2.8 R LM WR





FUJIFILM XF 16-55mm F2.8 R LM WR 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/240秒 / ISO:200 / 使用機材:FUJIFILM X-T1 + XF 16-55mm F2.8 R LM WR


立体感のある笹のショット。F5.6で四隅までしっかりと写り込んでいます。
本レンズの持つ解像力の高さをX-T1のローパスレスセンサーがさらに引き立てています。


FUJIFILM XF 16-55mm F2.8 R LM WR 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/240秒 / ISO:400 / 使用機材:FUJIFILM X-T1 + XF 16-55mm F2.8 R LM WR


まるで高性能な単焦点レンズで撮影している様な先鋭な描写です。緩やかにカーブするガラス面と格子枠を、画が潰れる事無く細かな所まで描写しています。


FUJIFILM XF 16-55mm F2.8 R LM WR 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/950秒 / ISO:400 / 使用機材:FUJIFILM X-T1 + XF 16-55mm F2.8 R LM WR





FUJIFILM XF 16-55mm F2.8 R LM WR 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/150秒 / ISO:400 / 使用機材:FUJIFILM X-T1 + XF 16-55mm F2.8 R LM WR





FUJIFILM XF 16-55mm F2.8 R LM WR 絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/320秒 / ISO:200 / 使用機材:FUJIFILM X-T1 + XF 16-55mm F2.8 R LM WR


氷の冷たさまで伝わってきそうな写真です。絞り開放でもフォーカス面は実にシャープ、ズームレンズでここまで写るのかと驚きました。


FUJIFILM XF 16-55mm F2.8 R LM WR 絞り:F4/ シャッタースピード:1/60秒 / ISO:400 / 使用機材:FUJIFILM X-T1 + XF 16-55mm F2.8 R LM WR





FUJIFILM XF 16-55mm F2.8 R LM WR


本レンズを最初手にしたとき、何気なく自分の足を露出開放で撮ったのですが、写真を拡大してみるとズボンの繊維が一つ一つ折り重なる所までシャープに描写する性能に大変驚きました。ここまで写る標準ズームレンズはなかなか経験がありません。

そして撮影時に感じたのがレンズ自体の完成度の高さです。金属鏡筒のしっかりとした手応えと手になじむ形状、絞りリングのクリック感も素晴らしくF22からA(オート)へ切り替えの時は感触を変えてある所など、細かな所まで良く作り込まれています。フィルター径はXFレンズで最も大きい77mm、重量655gという迫力ある大きなレンズですが、このレンズ性能を思えば「高性能が故のこと」と納得してしまうはずです。

『XF 16-55mm F2.8 R LM WR』はフラッグシップの名に恥じない、単焦点レンズに迫る素晴らしい性能をもったレンズでした。描写性能にこだわりたいカメラファンも納得する一本だと思います。今までのXシリーズユーザーはもちろん、Xシリーズに興味や買い替えを検討されている方に是非一度使ってその写りを体験していただきたいレンズでした。



Photo by MAP CAMERA Staff







Kasyapaトップへ戻る"

[Category: FUJIFILM|掲載日時:2015年02月26日 09:00:00 AM]

面白いと思ったらコチラをClick!144票


FUJIFILM (フジフイルム) X-Pro3

553:カメラとしてのこだわりと本質『FUJIFILM X-Pro3』[2019年12月05日]

絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:400 / フィルムシミュレーション:クラシッククローム使用機材:FUJIFILM X-Pro3 + フジノン XF23mm F2 R WR FUJIFILMX-Pro3 Xシリーズのフラッグシップ機として登場したX-Proシリーズ。デジタル表示を見ながらダイヤルやファンクションボタンを駆使してカメラとレンズを操作する時代に、あえてフィル...
続きを読む
FUJIFILM XF16-80mm F4 R OIS WR

542:XFレンズの新しいスタンダード『FUJIFILM XF16-80mm F4 R OIS WR』[2019年10月25日]

焦点距離:16mm / 絞り:F5 / シャッタースピード:1/20秒 / ISO:640 / フィルムシミュレーション:Velvia 使用機材:FUJIFILM X-T3 + XF16-80mm F4 R OIS WR FUJIFILMXF16-80mm F4 R OIS WR 焦点域で選ぶのか、明るさで選ぶのか、多くの方が直面するズームレンズ選びのテーマだと思います。フジフイルムのXFレンズで言えば、通称・大三元レンズに相...
続きを読む
FUJIFILM XF16mm F2.8 R WR

520:軽快な撮影が楽しめる広角レンズ『FUJIFILM XF16mm F2.8 R WR』[2019年04月16日]

絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200 / 使用機材:FUJIFILM X-Pro2 + XF16mm F2.8 R WR FUJIFILMXF16mm F2.8 R WR 富士フイルムからコンパクトな広角単焦点レンズ『フジノンレンズ XF16mm F2.8 R WR』が発売されました。 16mm単焦点レンズといえば既に「XF16mm F1.4R WR」がリリースされていますが、新レンズは開放F値をF2.8に抑...
続きを読む
FUJIFILM X-T30

517:小さな巨人『FUJIFILM X-T30』[2019年03月20日]

焦点距離:35mm(35mm換算:53mm)/ 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/50秒 / ISO:160 / 使用機材:FUJIFILM X-T30 + XF35mm F1.4 R FUJIFILMX-T30 今回のKasyapaは富士フイルムから発売された「X-T30」を紹介いたします。 昨年9月に発売されたX-Tシリーズのフラッグシップ機である「X-T3」と同じ、新開発の第4世代の新イメージセンサーと画像...
続きを読む
FUJIFILM GFX 50R

502:気軽に使える最高画質『FUJIFILM GFX 50R』[2018年11月28日]

絞り:F8 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:400 / フィルムシミュレーション:Velvia 使用機材:FUJIFILM GFX 50R + フジノン GF45mm F2.8 R WR FUJIFILM GFX 50R 次々と注目度の高いミラーレス機が発表される昨今、改めて自身が所有しているカメラシステムを見直されている方も多いのではないでしょうか。巷の話題がフルサイズミラーレス...
続きを読む