Select Language
TAMRON SP 150-600mm F5-6.3 Di VC USD G2 焦点距離:600mm / 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:3200 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark III +TAMRON SP 150-600mm F5-6.3 Di VC USD G2

TAMRON SP 150-600mm F5-6.3 Di VC USD G2

タムロンの人気超望遠ズームレンズ「SP 150-600mm Di VC USD」が、さらなる進化を遂げ『SP 150-600mm F5-6.3 Di VC USD G2』として生まれ変わりました。
ここ最近、手持ち撮影が可能な超望遠ズームレンズは、シグマやニコン、ペンタックスなどから立て続けに新商品が発売されており、最も注目されているシリーズと言っても過言ではありません。
競争激化の中、投入された「G2(Generation 2)」の実力はいかに。早速撮影に出掛けてきました。

まずはいつもの動物園で、その望遠効果を試します。
普段400mmまでの望遠ズームを愛用していた筆者ですが、600mmという新たな世界の迫力に驚愕です。柵越しの離れた場所にいたのにも関わらず、ハシビロコウの鋭い視線がひしひしと伝わるすごい迫力です。


TAMRON SP 150-600mm F5-6.3 Di VC USD G2 焦点距離:375mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:2500 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark III +TAMRON SP 150-600mm F5-6.3 Di VC USD G2


旧モデルと比べ、解像性能とコントラストが向上したという光学性能にも注目です。警戒心の高いプレイリードッグの食事を邪魔することなく、これだけ鮮明に引き寄せることができました。


TAMRON SP 150-600mm F5-6.3 Di VC USD G2 焦点距離:552mm / 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:800 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark III +TAMRON SP 150-600mm F5-6.3 Di VC USD G2


ワオキツネザルのフサフサな毛並みもしっかり捉えています。カメラの画素数が向上し綺麗な画に慣れてしまった感のあるこの頃ですが、離れた距離を引き寄せての高精細な画質はやはり凄いの一言です。


TAMRON SP 150-600mm F5-6.3 Di VC USD G2 焦点距離:329mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:800 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark III +TAMRON SP 150-600mm F5-6.3 Di VC USD G2


最短撮影距離が2.7mから2.2mに短縮され、クローズアップ撮影も得意になりました。秋雨に濡れる彼岸花も、しっとりとした質感のまま綺麗に捉えます。
最短付近で線の細い彼岸花にスーッとピントが合う素早いAFにカメラとの連携の良さを感じます。


TAMRON SP 150-600mm F5-6.3 Di VC USD G2 焦点距離:552mm / 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:320 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark III +TAMRON SP 150-600mm F5-6.3 Di VC USD G2

アウトカーブの場所で塀の陰から出てくる列車を瞬時に捉える早いAFにも驚きです。動体の追随もスムーズで、最新レンズの高いAF機能を体感することができました。


TAMRON SP 150-600mm F5-6.3 Di VC USD G2 焦点距離:273mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:400 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark III +TAMRON SP 150-600mm F5-6.3 Di VC USD G2


透明感高くコントラストの高い描写は、薄暗くなってきた夕刻でもメリハリの効いた画を描き出してくれます。神社の山門や縁日の暖簾も色鮮やかに捉えています。


TAMRON SP 150-600mm F5-6.3 Di VC USD G2 焦点距離:600mm / 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:400 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark III +TAMRON SP 150-600mm F5-6.3 Di VC USD G2


神社の長い参道を超望遠で引き寄せてみました。強力な圧縮効果による迫力、賽銭箱の木目も捉える解像力、さらには大きなボケ味と、最新超望遠レンズの実力をまざまざと見せつけられた感じです。


TAMRON SP 150-600mm F5-6.3 Di VC USD G2 焦点距離:200mm / 絞り:F5 / シャッタースピード:1/160秒 / ISO:320 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark III +TAMRON SP 150-600mm F5-6.3 Di VC USD G2


お神輿の煌びやかな装飾も質感良く捉えています。


TAMRON SP 150-600mm F5-6.3 Di VC USD G2 焦点距離:150mm / 絞り:F5 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:160 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark III +TAMRON SP 150-600mm F5-6.3 Di VC USD G2


雨が浸みてしまったおみくじ。重みを増した紙の様子もしっかり伝わります。近い被写体では薄いピント面と前後の大きなボケ味を楽しむことができました。
手持ち撮影が可能なシステムとは言え、傘を差しながらの撮影が難しい超望遠ズームですが、簡易防滴構造と防汚コートによる撥水効果のおかげで、水濡れの不安なく撮影を続けることができました。


TAMRON SP 150-600mm F5-6.3 Di VC USD G2 焦点距離:150mm / 絞り:F5 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:12800 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark III +TAMRON SP 150-600mm F5-6.3 Di VC USD G2

暗いお堂の中でもクリアに捉えることができました。新たに搭載された「シャッターが切れる瞬間のみ補正されるモード3」を選択。シャッターを切った瞬間、失敗したかな?と一瞬不安になるものの、しっかり止まっている画に一安心です。
スローシャッターでもピタリと止まる高い手ぶれ補正機能はさすがタムロンレンズと言ったところでしょうか。望遠側でも4.5段分という補正能力は頼もしい限りです。


TAMRON SP 150-600mm F5-6.3 Di VC USD G2

アルカスイス互換の三脚座は反転することでとても持ちやすいグリップに早変わり。重さ2010g(キヤノン用)の重量級レンズもウエイトバランスが良いので撮影中の移動も苦になりません。また最短時以外でもズームリングをロックすることができるので、上から見下ろすシーンでの撮影でもズームが変化することはありませんでした。
また、今回触れる機会はありませんでしたが、専用のテレコンバーターやレンズのカスタマイズが可能な「タップ・イン・コンソール」が用意されるなど、光学的性能の進化だけではなく、さらなる使い勝手の向上も大きな魅力です。
高性能だけではなく使う人に配慮された新レンズ。ぜひ試していただきたい1本です。

Photo by MAP CAMERA Staff

今回はメーカー担当者のインタビューも行いました。こちらもご覧ください。

メーカー担当者インタビュー






マップカメラ TOPページへKasyapa TOPページへ

[Category: TAMRON|掲載日時:2016年09月30日 10:30:00 AM]

面白いと思ったらコチラをClick!117票


Tokina atx-m 85mm F1.8 FE

573:ハイコストパフォーマンスな中望遠『Tokina atx-m 85mm F1.8 FE』[2020年02月17日]

絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7III + Tokina atx-m 85mm F1.8 FE Tokinaatx-m 85mm F1.8 FE トキナーの新シリーズ「atx-m」。中望遠域の新定番となる 「atx-m 85mm F1.8 FE」をご紹介します。「m」は「motif(動機・創作行為)」の頭文字で、「ユーザーが創作行為を掻き立てられる」ことを意味します。とても興味深いコンセプトで撮るのが楽し...
続きを読む
Canon EOS-1D X Mark III

572:フラッグシップ一眼レフ『Canon EOS-1D X Mark III』[2020年02月15日]

焦点距離:1000mm / 絞り:F9 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:400使用機材:Canon EOS-1D X Mark III + EF500mm F4L IS II USM + エクステンダー EF2X III CanonEOS-1D X Mark III “Canon EOS-1D X Mark III”その名称を聞いたとき、新しい体験が待っていると確信しました。新開発の約2010万画素CMOSセンサーと、映像エンジン「DIGIC X」を搭載し、最高約16コマ/秒の高速連続撮影...
続きを読む
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark III

571:3代目にして完成形『OLYMPUS OM-D E-M1 Mark III』[2020年02月14日]

焦点距離:40mm / 絞り:F13 / シャッタースピード:2秒 / ISO:200 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark III + M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8 PRO OLYMPUSOM-D E-M1 Mark III 各メーカーから渾身の新機種が発表・登場している2020年。業界の主流となったミラーレスカメラを最初に作り出した、あのメーカーからも大きなサプライズがありまし...
続きを読む
Tokina FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO

570:素直でリアルな描写が魅力のマクロレンズ『Tokina FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO』[2020年02月12日]

絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:1250 / 使用機材:SONY α7III + Tokina FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO TokinaFiRIN 100mm F2.8 FE MACRO 今回はトキナーの『FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO』をご紹介します。マクロレンズは特に近接撮影において、歪みがなく高解像度の描写が必須と言われています。一方で、ポートレートなどの撮影でも活躍...
続きを読む
TAMRON 20mm F2.8 DiIII OSD M1:2

569:寄れる超広角ハーフマクロ『TAMRON 20mm F2.8 DiIII OSD M1:2』[2020年02月06日]

絞り:F9 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7III + TAMRON 20mm F2.8 DiIII OSD M1:2 TAMRON20mm F2.8 DiIII OSD M1:2 タムロンの『20mm F2.8 DiIII OSD M1:2』をご紹介します。当レンズは同24mm、同35mmとともに発表された「寄れる」広角単焦点レンズシリーズです。24mm、35mmの2本が先に発売され、20mmの当レンズが満を持...
続きを読む