Select Language




SAMYANG (サムヤン) XP 85mm F1.2 (キヤノン用) 絞り:F1.2 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 6D + SAMYANG XP 85mm F1.2 (キヤノン用)

SAMYANG (サムヤン) XP 85mm F1.2 (キヤノン用)


昨月、どどっと新製品が発売されたサムヤンレンズシリーズ。今回のKasyapaでは、発売された中でも一際目を引くレンズ『SAMYANG XP 85mm F1.2』をご紹介いたします。
本レンズは超高画素・8K動画に対応したプレミアムレンズ。このレンズの焦点距離とF値を見て、キヤノンユーザーの方ならきっと『Canon EF85mm F1.2L II USM』を連想されたことでしょう。筆者も例に漏れず、そのうちの一人です。

開放でどんな写りを魅せてくれるのかが気になって居ても経ってもいられず、冒頭から早速F1.2での撮影です!…どうですか?このボケ味。そしてこんなに明るいレンズなのに、“F1.2”なのに、ピント面がふわふわとフィルターがかかったように滲むこともなくしっかりと写っているのには驚きでした。
「良い意味で、F1.2のレンズらしくない」これが私のファーストインプレッションです。


SAMYANG (サムヤン) XP 85mm F1.2 (キヤノン用) 絞り:F4 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 6D + SAMYANG XP 85mm F1.2 (キヤノン用)


今回の撮影機材は小型・軽量な『Canon EOS 6D』。ボディの方がレンズよりも軽いので安定感に対する懸念もありましたが、撮影の際に煩わしさを感じることはありませんでした。手のひらにフィットする滑らかなレンズフォルムのおかげでしょうか。
本レンズは有難いことにこのスペックのレンズにしてはかなり価格がリーズナブルなので、プロの方はもちろんのこと、アマチュアの方でも手の出しやすいレンズとなっています。


SAMYANG (サムヤン) XP 85mm F1.2 (キヤノン用) 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:800 / 使用機材:Canon EOS 6D + SAMYANG XP 85mm F1.2 (キヤノン用)


中望遠レンズとの相性抜群の、ヌケの良い描写が目を引きます。
…実はこのレンズ『EF85mm F1.2L II USM』よりも最短撮影距離が15cmほど短い80cmとなっているので、ギリギリではありますがこんな風にテーブルフォトを楽しむことも可能です。


SAMYANG (サムヤン) XP 85mm F1.2 (キヤノン用) 絞り:F4 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 6D + SAMYANG XP 85mm F1.2 (キヤノン用)





SAMYANG (サムヤン) XP 85mm F1.2 (キヤノン用) 絞り:F2 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 6D + SAMYANG XP 85mm F1.2 (キヤノン用)


このレンズのように明るいレンズの場合、フォーカスポイントがアテにならないこともあるとよく耳にしますが、意外と命中率は高くわざわざライブビューでピント拡大をして撮影をせずともしっかりとピントを合わせることが出来ました。操作のしやすいピントリングのおかげもあるかもしれませんね。


SAMYANG (サムヤン) XP 85mm F1.2 (キヤノン用) 絞り:F1.2 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 6D + SAMYANG XP 85mm F1.2 (キヤノン用)


さて、ふたたびF1.2で撮影です。吸い込まれるようなボケ味とはまさにこのこと。吸い込まれるどころか、飲み込まれていきそうなくらいです。


SAMYANG (サムヤン) XP 85mm F1.2 (キヤノン用) 絞り:F2 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 6D + SAMYANG XP 85mm F1.2 (キヤノン用)


マニュアルフォーカスだから動きものは向いてない…なんてことはありません。気持ちよさそうに毛づくろいをする猫もこの通り。動物が逃げるか逃げないか、絶妙な距離感を撮ることができるレンズ。それが中望遠レンズなのです。
ところで、拡大をしてみて初めて気づきましたが、猫の舌ってこんなふうになっているんですね。


SAMYANG (サムヤン) XP 85mm F1.2 (キヤノン用) 絞り:F1.6 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 6D + SAMYANG XP 85mm F1.2 (キヤノン用)


奥行き感の演出は見事なもので、前ボケを入れることでそれがより一層際立ちます。


SAMYANG (サムヤン) XP 85mm F1.2 (キヤノン用) 絞り:F8 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:250 / 使用機材:Canon EOS 6D + SAMYANG XP 85mm F1.2 (キヤノン用)


夕暮れ時、ランニングをする少年たちに優しい西日が降りそそいでいるところを撮影しました。
ゴースト・フレアがよく抑えられているので、逆光下での撮影でも大いに活躍してくれるレンズです。


SAMYANG (サムヤン) XP 85mm F1.2 (キヤノン用) 絞り:F5 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 6D + SAMYANG XP 85mm F1.2 (キヤノン用)





SAMYANG (サムヤン) XP 85mm F1.2 (キヤノン用) 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 6D + SAMYANG XP 85mm F1.2 (キヤノン用)


とある展示に行った際の一枚です。無数の数字が天井から吊り下げられていて、私以外にもたくさんの人たちが数字にカメラを向けていました。
数字の間から覗くライトの光が強く、ゴーストが出ないか少し心配になりましたがとりこし苦労だったようですね。先ほどの夕暮れ時の撮影同様、しっかりとフレア・ゴーストを抑えてくれています。


SAMYANG (サムヤン) XP 85mm F1.2 (キヤノン用) 絞り:F1.6 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:320 / 使用機材:Canon EOS 6D + SAMYANG XP 85mm F1.2 (キヤノン用)


クリスマスは終わりましたが、大体のイルミネーションはバレンタインの時期である2月半ばまで点灯しています。この写真は六本木のけやき坂で撮影をした1枚なのですが、ショーウインドウに写りこんだイルミネーションが良いアクセントになってくれました。


SAMYANG (サムヤン) XP 85mm F1.2 (キヤノン用) 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 6D + SAMYANG XP 85mm F1.2 (キヤノン用)


こちらはイルミネーションを室内から撮影した1枚。手前の棚にピントを合わせているので背景のイルミネーションが綺麗な玉ボケとなっています。なかなか薄暗い場所での撮影であったのにも関わらず、ISO100で撮れるのはさすが大口径レンズと言ったところでしょうか。


SAMYANG (サムヤン) XP 85mm F1.2 (キヤノン用)


『SAMYANG XP 85mm F1.2』いかがでしたでしょうか。
上の写真をご覧いただくと分かるように、大きな前玉が印象的です。また、鏡筒はアルミ合金で作られているため堅牢性も申し分ありません。多くを語らない、シンプルなレンズデザインも魅力的ですね。

開放からしっかりと解像し、マニュアルフォーカスレンズとしての使い心地も抜群の本レンズ。現状キヤノンマウントでしか展開がありませんが、この写りの良さからしてぜひ他のマウントにも対応してもらいたいレンズだと感じました。
明るい中望遠レンズをお探しのキヤノンユーザーの方、ぜひこのレンズも一度試してみてください!



Photo by MAP CAMERA Staff









カテゴリー:etc.    
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:15票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

418:常に持ち歩きたくなる1台『FUJIFILM X-T20』 418:常に持ち歩きたくなる1台『FUJIFILM X-T20』 2017年04月21日
焦点距離:33mm(換算50mm)/ 絞り:F3.6/ シャッタースピード:1/240秒 / ISO:200/ 使用機材:FUJIFILM X-T20 + フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS 今回のKasyapaでは、フジフイルムのミドルクラスミラーレス一眼『X-T10』の後継機である『X-T20』をご紹介いたします。 フジフイルムらしい洗練されたクラシカルなデザインが目を引く本機。X-T10と比べると全くと言っていいほど外観の違いはありませんが、なんとフラッグシッ...
続きを読む
417:伝統と現代が重なる135mmゾナー『CarlZeiss Batis 135mm F2.8』 417:伝統と現代が重なる135mmゾナー『CarlZeiss Batis 135mm F2.8』 2017年04月20日
絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/100秒 / ISO:800/ 使用機材:SONY α7RII + Carl Zeiss Batis 135mm F2.8 Eマウント専用レンズとしてツァイスより展開している『Batis』シリーズに伝統の135mmという焦点距離が登場しました。今回はその新レンズである『CarlZeiss Batis 135mm F2.8』を早速レポートいたします。 戦前のレンジファインダーレンズから通常のラインアップとして存在していた135mm。時代が一眼レフに変わっても135mmは存在していましたが、F1.4...
続きを読む
416:被写体の魅力を引き出してくれる1本『SIGMA A 135mm F1.8 DG HSM』 416:被写体の魅力を引き出してくれる1本『SIGMA A 135mm F1.8 DG HSM』 2017年04月06日
絞り:F1.8/ シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:100/ 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV ボディ + SIGMA A 135mm F1.8 DG HSM 次々にハイクオリティなレンズやカメラを生み出しているシグマから、またまた新レンズの登場です。その名も『SIGMA A 135mm F1.8 DG HSM』。 私は前々からシグマのレンズが大好きで、中でもArtラインレンズシリーズの大ファンです。ボケの美しさもさることながら、がっちりピントが合った時のあのカミ...
続きを読む
415:圧倒的な解像力と写真画質『FUJIFILM GFX 50S』 415:圧倒的な解像力と写真画質『FUJIFILM GFX 50S』 2017年03月30日
絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/80秒 / ISO:100使用機材:FUJIFILM GFX 50S + GF 63mm F2.8 R WR / フィルムシミュレーション:CLASSIC CHROME フジフイルムといえば、やはりXシリーズ。・・・というのは最近の話で、昔から様々なフォーマットのカメラや写真関連用品を作り、日本の写真文化を支えてきたメーカーです。その中でもブローニーフィルムを使う中判カメラは、今までこんなに多くの種類を出しているのかと驚くほどのバリエーション数。そして現在も『GF670...
続きを読む
414:極上のボケ味と解像力『SONY FE 100mm F2.8 STF GM OSS』 414:極上のボケ味と解像力『SONY FE 100mm F2.8 STF GM OSS』 2017年03月26日
絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/60秒 / ISO:400/ 使用機材:SONY α7R II + FE 100mm F2.8 STF GM OSS 「新しいソニーのFEレンズは、STFらしいよ。」そんな話を聞いた時、ついにミノルタの伝家の宝刀をEマウントへ持ち出したな。と勝手ながらに思いました。 STFこと、“Smooth Trans Focus”(スムース・トランス・フォーカス)とは、アポダイゼーション(APD)光学エレメントという、レンズの周辺にいくほど通る光の量(透過光量)が少なくなる特殊効果フィルター(...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |