Select Language




TAMRON (タムロン) 10-24mm F3.5-4.5 DiII VC HLD B023E(キヤノン用) 焦点距離:10mm(換算16mm)/ 絞り:F6.3/ シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100/ 使用機材:Canon EOS 80D ボディ + TAMRON 10-24mm F3.5-4.5 DiII VC HLD B023E(キヤノン用)
TAMRON (タムロン) 10-24mm F3.5-4.5 DiII VC HLD B023E(キヤノン用)


タムロンからは先日『SP 70-200mm F2.8 Di VC USD G2』が発売されたことが記憶に新しいですが、今回のKasyapaではその後まもなく発売されたAPS-C機専用レンズ『TAMRON 10-24mm F3.5-4.5 DiII VC HLD』をご紹介いたします。
『SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II LD Aspherical [IF]』からおよそ8年ぶりのリニューアルとなる本レンズ。リニューアルを心待ちにしていた方も多いのではないでしょうか。

リニューアルしたタムロンの広角ズームの性能を確かめるべく、『Canon EOS 80D』に装着して早速撮影へと出かけてきました。
まずは広角側の写りを堪能しよう!ということで、ズームリングを10mm(35mm判換算で16mm)に合わせてビルをアオリ撮影。広角レンズならではの迫力のある写りに加えて、クリアな描写が気持ちいいですね。周辺部も流れることなくしっかりと写しだしてくれているのも嬉しいポイントです。


TAMRON (タムロン) 10-24mm F3.5-4.5 DiII VC HLD B023E(キヤノン用) 焦点距離:13mm(換算21mm)/ 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/100秒 / ISO:100/ 使用機材:Canon EOS 80D ボディ + TAMRON 10-24mm F3.5-4.5 DiII VC HLD B023E(キヤノン用)


レンズの構成は9群12枚から11群16枚になり、新開発の大口径非球面レンズをはじめとする特殊レンズを計4枚使用しています。
諸収差が効果的に補正されており、広角レンズで特に気になる周辺部分の歪みも程よく抑えられています。


TAMRON (タムロン) 10-24mm F3.5-4.5 DiII VC HLD B023E(キヤノン用) 焦点距離:24mm(換算38mm)/ 絞り:F4.5/ シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100/ 使用機材:Canon EOS 80D ボディ + TAMRON 10-24mm F3.5-4.5 DiII VC HLD B023E(キヤノン用)


望遠側は換算で38mmなので、標準レンズとして使うことが出来るのもメリットの1つ。
望遠側のF値がF4.5と少々暗いのが気がかりでしたが、実際に撮影をしてみるとそのネガティブなイメージはどこへやら。上の写真のようにボケの美しさを生かした撮影を楽しむことも可能です。
ボケ味もうるさくなく、タムロンらしい優しい写りが魅力的です。


TAMRON (タムロン) 10-24mm F3.5-4.5 DiII VC HLD B023E(キヤノン用) 焦点距離:24mm(換算38mm)/ 絞り:F4.5/ シャッタースピード:1/40秒 / ISO:250 / 使用機材:Canon EOS 80D ボディ + TAMRON 10-24mm F3.5-4.5 DiII VC HLD B023E(キヤノン用)
TAMRON (タムロン) 10-24mm F3.5-4.5 DiII VC HLD B023E(キヤノン用)


前モデルには無かった手ブレ補正機構『VC』が本レンズには搭載されています。4段分もの手ブレ補正ということで、室内での撮影はもちろん、夜間の手持ち撮影でも大いに活躍してくれることでしょう。

ちなみにこちらの写真は、お昼に食べたスズキのムニエルの赤ワインソース掛け。窓際の席でちょうどよくお日様の光が料理を照らしてくれていたので、すぐに食べたいとはやる気持ちを抑えながら最短距離までぐぐっと寄って撮影をしました。風景全体を捉えるだけでなく、テーブルフォトもばっちりこなしてくれます。


TAMRON (タムロン) 10-24mm F3.5-4.5 DiII VC HLD B023E(キヤノン用) 焦点距離:15mm(換算24mm)/ 絞り:F6.3/ シャッタースピード:1/30秒 / ISO:250/ 使用機材:Canon EOS 80D ボディ + TAMRON 10-24mm F3.5-4.5 DiII VC HLD B023E(キヤノン用)


新モーター「HLD」が搭載されたのはこのレンズが初めて。駆動力に優れているとメーカーサイトにも書いてあるように、AFは驚くほどスムーズです。小型・軽量なので駆動力だけでなく機動力にも長けているのが嬉しいですね。
広角~標準域の撮影が手軽に楽しめるので、旅行のお供にぴったりのレンズです。


TAMRON (タムロン) 10-24mm F3.5-4.5 DiII VC HLD B023E(キヤノン用) 焦点距離:10mm(換算16mm)/ 絞り:F8/ シャッタースピード:1/80秒 / ISO:100/ 使用機材:Canon EOS 80D ボディ + TAMRON 10-24mm F3.5-4.5 DiII VC HLD B023E(キヤノン用)


シャドウからハイライトにかけての滑らかな描写がたまりません。白トビも黒ツブレもすることなく風景全体を切り取ってくれています。


TAMRON (タムロン) 10-24mm F3.5-4.5 DiII VC HLD B023E(キヤノン用) 焦点距離:10mm(換算16mm)/ 絞り:F3.5/ シャッタースピード:1/640秒 / ISO:100/ 使用機材:Canon EOS 80D ボディ + TAMRON 10-24mm F3.5-4.5 DiII VC HLD B023E(キヤノン用)


花壇に植わっていた花を真上から広角で。ぐわっと迫りくるようなカットが撮れました。
広角レンズだとどうしても周辺減光が目立ちがちですが、本レンズでは開放で撮影をしても周辺減光はほとんど見られませんでした。


TAMRON (タムロン) 10-24mm F3.5-4.5 DiII VC HLD B023E(キヤノン用) 焦点距離:10mm(換算16mm)/ 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100/ 使用機材:Canon EOS 80D ボディ + TAMRON 10-24mm F3.5-4.5 DiII VC HLD B023E(キヤノン用)


ビルに反射した強い光をものともしない安心の逆光耐性!前モデルでも評価の高かった逆光耐性ですが、その性能の素晴らしさはしっかりと継承されているようです。


TAMRON (タムロン) 10-24mm F3.5-4.5 DiII VC HLD B023E(キヤノン用) 焦点距離:10mm(換算16mm)/ 絞り:F8/ シャッタースピード:1/100秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 80D ボディ + TAMRON 10-24mm F3.5-4.5 DiII VC HLD B023E(キヤノン用)


工事現場を上から広角で撮影してみると、なんだかミニチュアのように見えてきますね。(笑)
ここからいったいどんな形に出来上がるのか想像もつきませんが、工事の過程を見るのが面白くて、撮影が終わった後もついついじっと眺めてしまいました。


TAMRON (タムロン) 10-24mm F3.5-4.5 DiII VC HLD B023E(キヤノン用) 焦点距離:22mm(換算35mm)/ 絞り:F5/ シャッタースピード:1/640秒 / ISO:100/ 使用機材:Canon EOS 80D ボディ + TAMRON 10-24mm F3.5-4.5 DiII VC HLD B023E(キヤノン用)


広角レンズは最短撮影距離が短いせいもあってか、ファインダーを覗きながら撮影をしていると知らず知らずのうちに被写体に近寄ってしまいがち…。水辺での撮影は特に注意が必要なのですが、本レンズは各所に防滴用のシーリングが施されている簡易防塵防滴構造を採用しているため、安心して撮影を楽しむことが出来ます。
ちなみに、防塵防滴に加えて防汚コートも施されているので撥水・撥油性にも優れています。お手入れも楽ちんな親切設計ですね。


TAMRON (タムロン) 10-24mm F3.5-4.5 DiII VC HLD B023E(キヤノン用) 焦点距離:24mm(換算38mm)/ 絞り:F4.5/ シャッタースピード:1/640秒 / ISO:100/ 使用機材:Canon EOS 80D ボディ + TAMRON 10-24mm F3.5-4.5 DiII VC HLD B023E(キヤノン用)


路肩に咲いていた草花を捉えた1枚。左奥のピンク色はチューリップです。街中の木々が暖かい光を受けて嬉しそうに咲き始めているのを見ると、春がもうすぐそこまで来ていることを実感させられます。
ピンポイントで花を捉えるのも、辺り一面に咲き誇る花畑を写すのも、どちらも出来てしまうのがこのレンズの良い所。まさにこれからの季節にぴったりの1本なのではないでしょうか。


TAMRON (タムロン) 10-24mm F3.5-4.5 DiII VC HLD B023E(キヤノン用) 焦点距離:24mm(換算38mm)/ 絞り:F5/ シャッタースピード:1/30秒 / ISO:250/ 使用機材:Canon EOS 80D ボディ + TAMRON 10-24mm F3.5-4.5 DiII VC HLD B023E(キヤノン用)


途中寄った水族館で撮影した1枚です。つぶらな瞳がかわいいですね。
動物園の場合は望遠レンズが活躍しますが、水族館はどちらかというと広角~標準域が活躍するイメージです。
…それにしても、トカゲの質感もそうですが木の質感表現が特に素晴らしいですね。とてもガラス越しに撮影した1枚とは思えません。


TAMRON (タムロン) 10-24mm F3.5-4.5 DiII VC HLD B023E(キヤノン用) 焦点距離:20mm(換算32mm)/ 絞り:F8/ シャッタースピード:1/40秒 / ISO:100/ 使用機材:Canon EOS 80D ボディ + TAMRON 10-24mm F3.5-4.5 DiII VC HLD B023E(キヤノン用)


誰もいない会議室。天井の明暗のグラデーションがお気に入りの1枚です。静粛な雰囲気が画面越しに伝わってくるようです。


TAMRON (タムロン) 10-24mm F3.5-4.5 DiII VC HLD B023E(キヤノン用)
TAMRON (タムロン) 10-24mm F3.5-4.5 DiII VC HLD B023E(キヤノン用)

『TAMRON 10-24mm F3.5-4.5 DiII VC HLD』いかがでしたでしょうか。
マウント部分にはルミナスゴールドカラーのブランドリングがあしらわれていますが、New SPシリーズはこのリングが太く、それ以外のレンズは細いとのこと。前モデルと比べてより高級感のある洗練されたデザインが魅力的です。

このレンズを1日通して使用してみて思ったのは、「広角~標準域までカバーをするレンズは1本持っておくとかなり便利なのでは?」ということ。
「いまさら何を…」というくらい当たり前のことなのかもしれませんが、実際に使用してみるとその便利さがやみつきになります。かゆい所に手が届くって、こういうことを言うんだ…。としみじみと感じてしまいました。
私は普段単焦点レンズばかり持ち歩いているのですが、そんな方にこそぜひ使っていただきたいのが『TAMRON 10-24mm F3.5-4.5 DiII VC HLD』なのです。
今回使用したのはキヤノン用ですが、キヤノン用の発売日はニコン用より少し後の2017年3月23日(木)予定です。キヤノンユーザーの方、お楽しみに!

これからの季節、満開の桜を撮影したり、ゴールデンウィークにどこかに旅行にいったりと撮影の機会がグッと増えてきます。そんな大事な思い出を丸ごと収めてくれるのが広角レンズの良いところ。ぜひこの機会に手に取ってみてください!

Photo by MAP CAMERA Staff





マップカメラのTOPページへKasyapaのTOPページへ



カテゴリー: TAMRON   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:14票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

418:常に持ち歩きたくなる1台『FUJIFILM X-T20』 418:常に持ち歩きたくなる1台『FUJIFILM X-T20』 2017年04月21日
焦点距離:33mm(換算50mm)/ 絞り:F3.6/ シャッタースピード:1/240秒 / ISO:200/ 使用機材:FUJIFILM X-T20 + フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS 今回のKasyapaでは、フジフイルムのミドルクラスミラーレス一眼『X-T10』の後継機である『X-T20』をご紹介いたします。 フジフイルムらしい洗練されたクラシカルなデザインが目を引く本機。X-T10と比べると全くと言っていいほど外観の違いはありませんが、なんとフラッグシッ...
続きを読む
417:伝統と現代が重なる135mmゾナー『CarlZeiss Batis 135mm F2.8』 417:伝統と現代が重なる135mmゾナー『CarlZeiss Batis 135mm F2.8』 2017年04月20日
絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/100秒 / ISO:800/ 使用機材:SONY α7RII + Carl Zeiss Batis 135mm F2.8 Eマウント専用レンズとしてツァイスより展開している『Batis』シリーズに伝統の135mmという焦点距離が登場しました。今回はその新レンズである『CarlZeiss Batis 135mm F2.8』を早速レポートいたします。 戦前のレンジファインダーレンズから通常のラインアップとして存在していた135mm。時代が一眼レフに変わっても135mmは存在していましたが、F1.4...
続きを読む
416:被写体の魅力を引き出してくれる1本『SIGMA A 135mm F1.8 DG HSM』 416:被写体の魅力を引き出してくれる1本『SIGMA A 135mm F1.8 DG HSM』 2017年04月06日
絞り:F1.8/ シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:100/ 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV ボディ + SIGMA A 135mm F1.8 DG HSM 次々にハイクオリティなレンズやカメラを生み出しているシグマから、またまた新レンズの登場です。その名も『SIGMA A 135mm F1.8 DG HSM』。 私は前々からシグマのレンズが大好きで、中でもArtラインレンズシリーズの大ファンです。ボケの美しさもさることながら、がっちりピントが合った時のあのカミ...
続きを読む
415:圧倒的な解像力と写真画質『FUJIFILM GFX 50S』 415:圧倒的な解像力と写真画質『FUJIFILM GFX 50S』 2017年03月30日
絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/80秒 / ISO:100使用機材:FUJIFILM GFX 50S + GF 63mm F2.8 R WR / フィルムシミュレーション:CLASSIC CHROME フジフイルムといえば、やはりXシリーズ。・・・というのは最近の話で、昔から様々なフォーマットのカメラや写真関連用品を作り、日本の写真文化を支えてきたメーカーです。その中でもブローニーフィルムを使う中判カメラは、今までこんなに多くの種類を出しているのかと驚くほどのバリエーション数。そして現在も『GF670...
続きを読む
414:極上のボケ味と解像力『SONY FE 100mm F2.8 STF GM OSS』 414:極上のボケ味と解像力『SONY FE 100mm F2.8 STF GM OSS』 2017年03月26日
絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/60秒 / ISO:400/ 使用機材:SONY α7R II + FE 100mm F2.8 STF GM OSS 「新しいソニーのFEレンズは、STFらしいよ。」そんな話を聞いた時、ついにミノルタの伝家の宝刀をEマウントへ持ち出したな。と勝手ながらに思いました。 STFこと、“Smooth Trans Focus”(スムース・トランス・フォーカス)とは、アポダイゼーション(APD)光学エレメントという、レンズの周辺にいくほど通る光の量(透過光量)が少なくなる特殊効果フィルター(...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |