Select Language




中一光学 SPEEDMASTER 25mm F0.95

純正レンズでは無い、いわゆるサードパーティー製と呼ばれるレンズの中でも絶対的な明るさで注目されているのが、中一光学『SPEEDMASTER』シリーズです。F1.4よりも明るいF1.2~F0.95という開放値を持ちながら、価格は想像以上にリーズナブル。でも国産レンズじゃないんでしょ?肝心の写りはどうなの??という皆様の疑問に答えるべく、今回はSPEEDMASTERを含む中一光学製レンズ6本のフォトプレビューとなります。ぜひご覧ください。

中一光学 SPEEDMASTER 25mm F0.95 絞り:F0.95 / シャッタースピード:1/8000秒 / ISO:100 / 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II + 中一光学 SPEEDMASTER 25mm F0.95(マイクロフォーサーズ用)


中一光学 SPEEDMASTER 25mm F0.95 絞り:F0.95 / シャッタースピード:1/5000秒 / ISO:200 / 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II + 中一光学 SPEEDMASTER 25mm F0.95(マイクロフォーサーズ用)


中一光学 SPEEDMASTER 25mm F0.95 絞り:F0.95 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:200 / 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II + 中一光学 SPEEDMASTER 25mm F0.95(マイクロフォーサーズ用)


中一光学 SPEEDMASTER 25mm F0.95


開放F0.95と驚異的な明るさを誇るレンズは、イメージサークルが他マウント比べ小さいマイクロフォーサーズ機でも大きなボケ味を楽しむことができます。ボケ自体はオールドレンズの様な独特なボケ味ですが、周辺減光もなく、ピント面はとてもシャープで解像力の高さが伺えます。特筆すべきはレンズのサイズ。F0.95の大口径にして約230gの小型・軽量は大きな魅力です。また最短25cmの接写が可能で、マクロレンズ的な要素も持ち合わせており、様々なシーンでの活躍が見込めます。高画質と使い勝手の良さがコンパクトにまとまった本レンズは、常に携帯したい1本です。









中一光学 SPEEDMASTER 35mm F0.95 II

中一光学 SPEEDMASTER 35mm F0.95 絞り:F0.95 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:200 / 使用機材:FUJIFILM X-Pro2 + 中一光学 SPEEDMASTER 35mm F0.95(フジフイルムX用)


中一光学 SPEEDMASTER 35mm F0.95 絞り:F0.95 / シャッタースピード:1/900秒 / ISO:100 / 使用機材:FUJIFILM X-Pro2 + 中一光学 SPEEDMASTER 35mm F0.95(フジフイルムX用)


中一光学 SPEEDMASTER 35mm F0.95 絞り:F0.95 / シャッタースピード:1/900秒 / ISO:200 / 使用機材:FUJIFILM X-Pro2 + 中一光学 SPEEDMASTER 35mm F0.95(フジフイルムX用)


中一光学 SPEEDMASTER 35mm F0.95II



『SPEEDMASTER 35mm F0.95II』はF1.4よりもはるかにボケやすく、開放での解像感もこの明るさを考えればかなりの物。想像以上によく写るレンズというのが印象でした。そして大きさもいいですね、I型はF0.95なりの大玉レンズだったのに対し、このII型は本当に小さくなりました。明るい50mmレンズとして違和感なく使用出来る大きさと重量です。個人的に『XF35mm F1.4 R』を愛用していた身としては、純正レンズにプラスワンの選択肢で欲しいレンズだと思いましたね。XFレンズは非の打ち所がないと言っていいほど優れた描写のレンズばかりですが、新たな写真表現を考えた場合、このF0.95という明るさは相当魅力的です。常用レンズとしてカラーだけでなくモノクロームでも使いたいレンズです。













中一光学 SPEEDMASTER 50mm F0.95

中一光学 SPEEDMASTER 50mm F0.95 M67(ソニーE用/フルサイズ対応) 絞り:F0.95 / シャッタースピード:1/8000秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7 + 中一光学 SPEEDMASTER 50mm F0.95 M67(ソニーE用/フルサイズ対応)


中一光学 SPEEDMASTER 50mm F0.95 M67(ソニーE用/フルサイズ対応) 絞り:F4 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7RII + 中一光学 SPEEDMASTER 50mm F0.95 M67(ソニーE用/フルサイズ対応)


中一光学 SPEEDMASTER 50mm F0.95 M67(ソニーE用/フルサイズ対応) 絞り:F0.95 / シャッタースピード:1/3200秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7 + 中一光学 SPEEDMASTER 50mm F0.95 M67(ソニーE用/フルサイズ対応)


中一光学 SPEEDMASTER 50mm F0.95 M67(ソニーE用/フルサイズ対応)


日向+開放で撮影をした時、少し絞り込んで撮影をした時、日陰+開放で撮影をした時と様々な条件で撮影を行いましたが、条件によってくるくると表情を変える面白いレンズだなと感じました。特に開放での撮影時は、日向と日陰でだいぶ写りが違ってきます。
1枚目の写真は花壇に植わっている真っ白なマーガレットが光を反射することで、ソフトフィルターがかかったような優しい写りになりました。
初期仕様からフィルター径の変更及びコーティングの改良がなされており、以前は気になったフレアやゴーストも前ほど気にならなくなりました。これはかなり嬉しいポイントですね。
今回は街角でのスナップ写真がメインでしたが、柔らかい描写を得意とするレンズなので、ポートレート撮影でも大いに活躍してくれることでしょう。









中一光学 SPEEDMASTER 85mm F1.2

中一光学 SPEEDMASTER 85mm F1.2 絞り:F1.2 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + 中一光学 SPEEDMASTER 85mm F1.2(ニコン用)


中一光学 SPEEDMASTER 85mm F1.2 絞り:F1.2 / シャッタースピード:1/8000秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 +中一光学 SPEEDMASTER 85mm F1.2(ニコン用)


中一光学 SPEEDMASTER 85mm F1.2 絞り:F1.2 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + 中一光学 SPEEDMASTER 85mm F1.2(ニコン用)


中一光学 SPEEDMASTER 85mm F1.2


卓越した明るさを持つ『SPEEDMASTER』シリーズの最後はフルサイズ対応の85mmです。開放F1.4のものが多い85mmですが、『SPEEDMASTER』の本レンズはF1.2を採用。ここでもズバ抜けたスペックを見せつけてくれました。大きなフラッグシップ機に装着しても大きいと感じる約920gの大型レンズは、まさにガラスの塊といった質感。持った瞬間これは良く写りそうと感じた第一印象どおりの高い透明感と柔らかさを兼ね備えた描写を披露してくれました。ポートレートやファッションに活躍すること間違いなしのレンズです。










中一光学 CREATOR 35mm F2

中一光学 CREATOR 35mm F2 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:200 / 使用機材:Canon 5D Mark IV + 中一光学 CREATOR 35mm F2(キヤノンEF用)


中一光学 CREATOR 35mm F2 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:200 / 使用機材:Canon 5D Mark IV +中一光学 CREATOR 35mm F2(キヤノンEF用)


中一光学 CREATOR 35mm F2 絞り:F2 / シャッタースピード:1/8000秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon 5D Mark IV + 中一光学 CREATOR 35mm F2(キヤノンEF用)


中一光学 CREATOR 35mm F2


『SPEEDMASTER』シリーズに比べ、この『CREATOR』シリーズはスタンダードスペック。しかし、スタンダードほどその性能の良し悪しが分かりやすいものでもあります。35mmの画角に開放F2という使いやすいレンズでしたが、開放は少し柔らかめ、少し絞ると途端にシャープネスが向上します。イメージでいうと少しノスタルジックな味のする現代のレンズですね。初めてのマニュアルフォーカスレンズにオススメしたい1本です。EOSでいえば一部レンズがマウントアダプターで使用できますが、オールドレンズで35mmF2のレンズはそんなにありませんし、本レンズならミラー干渉を起こす心配もありません。価格を考えれば十二分な性能を持ったレンズと言えるでしょう。注意点としては、逆光にそれほど強くないので汎用フードを付けることをオススメします。













中一光学 CREATOR 135mm F2.8 II

中一光学 CREATOR 135mm F2.8 II 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:200 / 使用機材:PENTAX K-1 + 中一光学 CREATOR 135mm F2.8 II(ペンタックス用)


中一光学 CREATOR 135mm F2.8 II 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/2500秒 / ISO:200 / 使用機材:PENTAX K-1 + 中一光学 CREATOR 135mm F2.8 II(ペンタックス用)


中一光学 CREATOR 135mm F2.8 II 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:1600 / 使用機材:PENTAX K-1 + 中一光学 CREATOR 135mm F2.8 II(ペンタックス用)


中一光学 CREATOR 135mm F2.8 II


『CREATOR 135mm F2.8 II』というレンズを試したのですが、これは侮れない描写力ですね。焦点距離が135mmなのでボケ味も大きく、開放の解像感も高いです。そして大きさが非常にコンパクトなことに驚きました。普段あまりポートレートを撮らない私でも、撮影中に明るい中望遠レンズがあればいいのになと思うことがあります。そんな方に価格も大きさもピッタリのレンズだと思いますね、これならいつでもプラスワンで持っていけるサイズです。そしてAPS-Cフォーマット機で使用すれば換算200mmのF2.8というスペックになるのも見逃せません。1本持っていると撮影がより楽しくなるレンズだと思います。


さて、今回は個性ある6本のレンズをまとめたフォトプレビューでしたが、いかがでしたか?中一光学は20年間も日本企業と共にレンズ製造を行ってきた経験のある企業ということで、どのレンズも確かな物作りを感じるものでした。マウントにもよりますが、F0.95の明るさを持つレンズは、なかなか手にすることができない特別なレンズだと思います。それを誰しもが使用出来るように実現させてくれたのが『SPEEDMASTER』シリーズ。そして、スタンダードながら驚くほどコストパフォーマンスの優れた『CREATOR』シリーズです。そのどのレンズも期待以上の描写力と完成度でした。ぜひ今後の選択肢として中一光学製のレンズも検討していただきたいですね。純正レンズには無い、新たな楽しみが増えるはずです。


Photo by MAP CAMERA Staff






カテゴリー:etc.    
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:31票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

SIGMA Art 35mm F1.4 DG HSM 440:最高レベルの描写性能『SIGMA Art 35mm F1.4 DG HSM』 2017年08月17日
絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 + SIGMA Art 35mm F1.4 DG HSM 前回に続き、ニコンマウントのシグマレンズを紹介。今回はArtレンズの草分け的存在『Art 35mm F1.4 DG HSM』です。 すべてにおいてワンランク上のクオリティを実現し、「最高」の基準を刷新するシグマの自信作として発売されたのが2013年1月。以後本レンズの素晴らしさが瞬く間に広がり、現在のArtレンズの充実ぶりに繋がったと言っても過言ではありません。す...
続きを読む
TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2 439:さらに磨き上げられた大口径標準ズーム『TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2』 2017年08月15日
焦点距離:55mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/40秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 + TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2 先日のシグマに続き、タムロンからも最新の高画素カメラにも対応した新世代大口径標準ズームレンズ『SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2』が発売されました。 旧モデルの「SP 24-70mm F2.8 Di VC USD」の登場が2012年5月でしたから、かなりのハイペースでのモデルチェンジになります。デジタルカメラの進化のスピードが著しいとは言え、それに...
続きを読む
null 438:ワンランク上へ進化した軽量フルサイズ一眼レフ『Canon EOS 6D Mark II』 2017年08月11日
絞り:F4/ シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200/ 使用機材:Canon EOS 6D Mark II + EF24-70mm F4L IS USM 今よりもずっとフルサイズ機というのが憧れの存在だった2012年、「小型軽量なフルサイズ一眼レフ機のエントリーモデル」というコンセプトでCanonとNikonより『EOS 6D』と『D600』それぞれが発売されました。当時のフルサイズ機のイメージといえば画質重視のプロ・ハイアマチュア機であり、その分『大きい・重い・高価』という三重苦とまでは言いませ...
続きを読む
437:フォクトレンダー史上最高のマクロレンズ『Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical』 437:フォクトレンダー史上最高のマクロレンズ『Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical』 2017年08月11日
絞り:F2/ シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:100/ 使用機材:SONY α7RII + Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount 今回のKasyapaでは、F2の明るさを誇るマクロレンズ『Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical』をご紹介いたします。 本レンズは発表当初からEマウントユーザーの話題をさらい、今年2月に開催されたCP+での先行展示でもたくさんの方が実際に手に取って試されていたの...
続きを読む
SIGMA Art 50mm F1.4 DG HSM 436:圧倒的な解像力の『SIGMA Art 50mm F1.4 DG HSM』 2017年08月11日
絞り:F4 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 + SIGMA Art 50mm F1.4 DG HSM 充実の一途を辿るシグマのArtシリーズの大口径単焦点レンズ。先日、超広角の「14mm F1.8」が発売され、14mmから135mmの間に7種類ものバリエーションが揃いました。改めてシリーズのKasyapaを見返してみると、すべてキヤノン用で撮られていることに気づきます。 ニコン純正の単焦点レンズもF1.4とF1.8のシリーズが種類豊富に発売されており、これらのレンズとの差が...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |