Select Language




TAMRON SP 15-30mm F2.8 Di VC USD G2 焦点距離:30mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 / 使用機材: Nikon D5 +TAMRON SP 15-30mm F2.8 Di VC USD G2

TAMRON SP 15-30mm F2.8 Di VC USD G2



タムロンの人気の超広角ズームレンズ「SP 15-30mm F2.8 Di VU USD」が最新G2シリーズの『SP 15-30mm F2.8 Di VC USD G2』として生まれ変わりました。
優れた描写性能に強力な手ブレ補正や速い超音波モーターなど、既に完成の域に達したと思われていたレンズのリニューアルに、どんな進化を遂げたのか、とても気になります
向かったのは昔の建物が移築された博物館。早速タイムスリップしたかのような懐かしい風景を綺麗に切り取ってくれました。


TAMRON SP 15-30mm F2.8 Di VC USD G2 焦点距離:20mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/6秒 / ISO:100 / 使用機材: Nikon D5 +TAMRON SP 15-30mm F2.8 Di VC USD G2


鮮やかな金色のリングが目を引くG2レンズですが、もっとも注目すべきは新開発のAXコーティングではないでしょうか。
曲率が高い凸面レンズも均一にコーティングすることで、周辺部まで反射率が一定になり、有害なゴーストを排除し、クリアで抜けの良い写りを実現したとのこと。生憎の天候で、強い光源を入れることはできませんでしたが、庭先から差し込む光のトーンを綺麗に再現してくれました。広角ズーム特有の歪みもなく、フラッグシップレンズに相応しい上質な描写を確認できました。


TAMRON SP 15-30mm F2.8 Di VC USD G2 焦点距離:15mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/8秒 / ISO:100 / 使用機材: Nikon D5 +TAMRON SP 15-30mm F2.8 Di VC USD G2


手ブレ補正機能もさらに強化され、CIPA基準の4.5段分を達成しています。室内でのスローシャッターでもカメラを固定することなく、手持ちでクリアな撮影が楽しめました。望遠レンズばかりに注目される手ブレ補正機能ですが、風景撮影など広い画角を絞り込んで撮影する際など、焦点距離に関係なく重宝する機能です。


TAMRON SP 15-30mm F2.8 Di VC USD G2 焦点距離:30mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/15秒 / ISO:400 / 使用機材: Nikon D5 +TAMRON SP 15-30mm F2.8 Di VC USD G2


山道を散策しているとたくさんのキノコを発見しました。その中で一際目立っていたのが真っ赤なキノコです。調べてみるとタマゴタケかベニテングダケのようなのですが、あまり詳しくないので判断がつきません。仮にベニテングダケなら毒キノコなので触れないでおくことにします。
鮮やかな赤い色に魅せられて、最短距離の28cmまで寄っての撮影では、とても大きなボケ味も楽します。手前のキノコから右奥のキノコに目線を移すだけで、まるで毒に侵されたかのような不思議な感覚になります。


TAMRON SP 15-30mm F2.8 Di VC USD G2 焦点距離:24mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:100 / 使用機材: Nikon D5 +TAMRON SP 15-30mm F2.8 Di VC USD G2


水田では稲刈りが終わり干されていましたが、生憎の雨で濡れてしまったようです。そんな質感も上手に捉えています。広角レンズの写真は引きで見ることが多いですが、ぜひ画像をクリックして拡大してみてください。実の1つ1つを細かに捉えているのが分かります。
撮影中も時々雨に降られましたが、そんな時は耐久性が増した防汚コートが活躍しました。 水滴が付いても簡単に拭き取ることができます。フィルターの装着ができない前玉が飛び出した設計は、何かと不安が多いですが、耐久性も向上したというコートが弱点をしっかりカバーしてくれる印象です。


TAMRON SP 15-30mm F2.8 Di VC USD G2 焦点距離:30mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100 / 使用機材: Nikon D5 +TAMRON SP 15-30mm F2.8 Di VC USD G2


接写時のピント面はとても薄く、風に揺れる花を撮る時は集中力が必要です。鏡筒部分が少々太めのレンズは、レンズを下から支える左手への収まりがよく、若干の重さは感じるものの安定したホールド感で撮影が楽しめます。


TAMRON SP 15-30mm F2.8 Di VC USD G2 焦点距離:15mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/50秒 / ISO:100 / 使用機材: Nikon D5 +TAMRON SP 15-30mm F2.8 Di VC USD G2



TAMRON SP 15-30mm F2.8 Di VC USD G2 焦点距離:24mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:400 / 使用機材: Nikon D5 +TAMRON SP 15-30mm F2.8 Di VC USD G2


昔ながらの機織りが置かれていました。奥に大きな窓があったため、広角レンズの逆光は厳しいかなと覚悟しながら撮影したものの、細い糸までしっかり捉えてくれました。もちろん、AFも素早く狙ったところに収まります。暗部の描写も素晴らしく、とにかくクリア感が際立っています。


TAMRON SP 15-30mm F2.8 Di VC USD G2 焦点距離:28mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:400 / 使用機材: Nikon D5 +TAMRON SP 15-30mm F2.8 Di VC USD G2


縁側に置かれていた懐かしいメンコ。目の前にあるものをサッと撮影しても高い解像力で捉えます。テーブルフォトなどにも最適です。


TAMRON SP 15-30mm F2.8 Di VC USD G2 焦点距離:17mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/15秒 / ISO:100 / 使用機材: Nikon D5 +TAMRON SP 15-30mm F2.8 Di VC USD G2


成田山の山門の大きな提灯を下から見上げてみました。広角レンズ特有のパース効果でより臨場感が楽しめました。


TAMRON SP 15-30mm F2.8 Di VC USD G2 焦点距離:20mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/25秒 / ISO:100 / 使用機材: Nikon D5 +TAMRON SP 15-30mm F2.8 Di VC USD G2


鮮やかな三重塔の装飾もご覧の通り。上空を見上げるような構図でも屋根沿いにフリンジは発生せず、改めて優れた光学性能を確認できました。


TAMRON SP 15-30mm F2.8 Di VC USD G2



つい先日、同じくタムロンから発売された「TAMRON 17-35mm F2.8-4 Di OSD」も試してみました。そのレンズが高性能でもすごく使いやすかったため、価格差分の性能差を実感できるか少々不安でしたが、さすがフラッグシップレンズ。使用されているレンズの枚数が増えていても、それをまったく感じさせない素晴らしい透明感です。ファインダーを覗いた瞬間に感じるキレの良さは最上級。撮影欲を掻き立てる魅力を感じます。高性能で綺麗なEVFファインダー搭載のミラーレス機が増えていますが、ぜひとも光学ファインダーでその美しさを実感していただきたいと感じました。
頼りになる手ブレ補正機能に、速いAF、信頼の防汚コート。別売りアクセサリーの TAMRON TAP-in Consoleに対応し、カスタマイズが可能になるなど、少し重さを感じる1,100g(ニコン用)のレンズには、タムロンの最新技術がしっかり凝縮されていました。
画質にこだわったフラッグシップシリーズと、携帯性とコストパフォマーンスに優れたカジュアルレンズ。どちらを選ぶか悩みの日々が続きます。

Photo by MAP CAMERA Staff












マップカメラのTOPページへKasyapaのTOPページへ

カテゴリー: TAMRON   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:20票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

Nikon Z 50mm F1.8 S 505:次世代のスタンダードレンズ『Nikon Z 50mm F1.8 S』 2018年12月08日
絞り:F4 / シャッタースピード:1/50秒 / ISO:64 / 使用機材: Nikon Z7 +NIKKOR Z 50mm F1.8 S NikonNIKKOR Z 50mm F1.8 S ニコンZシリーズの発表時にラインナップされた3本の中の1本『NIKKOR Z 50mm F1.8 S』。突然の発売延期にやきもきされた方も多いのではないでしょうか? お待たせいたしました。待望の新世代大口径標準レンズの登場です。 ニコン独自の設計指針と品質管理をさらに厳格化したNIKKOR Zレンズの中でも、さらに高い基準を満たすレン...
続きを読む
Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 504:切り取り過ぎない程よい画角が魅力『Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5』 2018年12月07日
絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7RIII + Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 今回のKasyapaでは、フォクトレンダーから新しく登場した中望遠マクロ『MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5』をご紹介いたします。 人気を博している『MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical』に続く2本目のレンズということもあり、発売が延期されるほど注目され...
続きを読む
SIGMA C 56mm F1.4 DC DN 503:ハイパフォーマンスのContemporary『SIGMA C 56mm F1.4 DC DN』 2018年12月07日
絞り:F4 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:100 / 使用機材: SONY α6500 +SIGMA Contemporary 56mm F1.4 DC DN SIGMAContemporary 56mm F1.4 DC DN シグマより発売されたミラーレス用中望遠レンズ『Contemporary 56mm F1.4 DC DN』を紹介いたします。 Artレンズに匹敵する高画質を実現したという本レンズ。今回は「ソニー Eマウント」用レンズと「SONY α6500」の組み合わせで色づき始めた紅葉を見に出かけてきました。最近は画質優先の大きなレンズが...
続きを読む
FUJIFILM GFX 50R 502:気軽に使える最高画質『FUJIFILM GFX 50R』 2018年11月28日
絞り:F8 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:400 / フィルムシミュレーション:Velvia 使用機材:FUJIFILM GFX 50R + フジノン GF45mm F2.8 R WR FUJIFILM GFX 50R 次々と注目度の高いミラーレス機が発表される中、改めて自身が所有しているカメラシステムを見直されている方も多いのではないでしょうか。巷の話題がフルサイズミラーレスを中心に騒がれている中、フジフイルムは35mmフルサイズより大きなセンサーを搭載したGFXシリーズの新製...
続きを読む
SIGMA Art 40mm F1.4 DG HSM 501:新たな表現を生み出す『SIGMA Art 40mm F1.4 DG HSM』 2018年11月22日
絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + Art 40mm F1.4 DG HSM SIGMA Art 40mm F1.4 DG HSM 焦点距離40mmと聞くと皆さんはどのようなレンズを想像するでしょうか?35mmと50mmの間を埋める少しマイナーな焦点距離のレンズは、昔から薄型・軽量のパンケーキレンズなどが占めていました。私もその焦点距離を聞くと、現行のEF40mm、ペンタックス40mm、5mm増えるとテッサー45mmやニッコール45mm、ちょっとマ...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |