Select Language

焦点距離:600mm / 絞り:F8 / シャッタースピード:1/2500秒 / ISO:800
使用機材:Canon EOS-1D X Mark II + SIGMA Sports 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM

SIGMA Sports 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM

野鳥、鉄道、航空機、レース、スポーツなど、被写体によっては超望遠レンズがないと絶対に撮れない世界が存在します。しかし いざ超望遠レンズを買おうとすると迷うもので、利便性を考えてズーム?もしくは描写重視で単焦点?焦点距離はどれにしよう?などベストな選択が難しく、しかも高価格帯のレンズが多いため何本も揃えるにはそれなりの資金も必要になる敷居の高さもあります。
そこでオススメしたいのが今回ご紹介する『SIGMA Sports 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM』。60mmの標準画角から、なんと600mmの超望遠までこの1本でカバーすることができる弩級の望遠ズームレンズです。しかし肝心の写りは?と心配する方もいらっしゃるでしょう、どうしても高倍率ズームは描写が劣るイメージがあるのも事実です。私自身も高倍率ズームなりの写りだろうと思い撮影に臨んだ今回の撮影でしたが、その予想を『SIGMA Sports 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM』は良い意味で裏切ってくれました。まずは航空祭で撮影した写真をご覧いただければと思います。

焦点距離:600mm / 絞り:F8 / シャッタースピード:1/2500秒 / ISO:800
使用機材:Canon EOS-1D X Mark II + SIGMA Sports 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM

焦点距離:348mm / 絞り:F8 / シャッタースピード:1/3200秒 / ISO:800
使用機材:Canon EOS-1D X Mark II + SIGMA Sports 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM

普段は標準レンズでスナップばかり撮っている私にとって、撮りなれない航空機の撮影は緊張しました。失敗しないようにと高速シャッター寄りの露出で固定し撮影へ挑んだのですが、『EOS-1D X Mark II』のAFシステムにダイレクトに反応する『SIGMA Sports 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM』は快適そのもの。ピントはカメラとレンズに任せ、こちらはひたすら被写体を追うことに集中できます。

焦点距離:413mm / 絞り:F8 / シャッタースピード:1/2500秒 / ISO:800
使用機材:Canon EOS-1D X Mark II + SIGMA Sports 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM

焦点距離:60mm / 絞り:F8 / シャッタースピード:1/2500秒 / ISO:800
使用機材:EOS-1D X Mark II + SIGMA Sports 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM

ワイド端60mmで撮影するとこの画角。とても同じレンズで撮影したとは思えない守備範囲の広さです。他のスポーツ撮影でも言えますが、屋外でのレンズ交換はセンサーへの塵の混入などリスクがあるため、なるべくレンズ交換を行わずに撮影をしたいところ。それを『SIGMA Sports 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM』ならズームリングを回すだけで会場の雰囲気が伝わる標準画角の撮影が可能なのですから驚きです。

SIGMA (シグマ) Sports 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM
焦点距離:600mm / 絞り:F8 / シャッタースピード:1/2500秒 / ISO:800
使用機材:Canon EOS-1D X Mark II + SIGMA Sports 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM

SIGMA (シグマ) Sports 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM
焦点距離:204mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200
使用機材:Canon EOS EOS-1D X Mark II + SIGMA Sports 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM

全域で高画質を実現した、最強望遠ズーム。

50-500mmの後継として登場した今回の『SIGMA Sports 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM』。先代から高評価だった画質性能は更に磨かれ、もはや写真を見ただけではズームと単焦点のどちらで撮影したのか分からないレベルまで到達しているように思えます。撮影中は航空機をフレームに捉えるべくズームリングを操作しながら連写を続けたのですが、トルク感も絶妙で画角の微調整も思いのまま。4段分のレンズ内手ぶれ補正も相まって気持ちよく撮影することができました。重量約2.7キロの重量級レンズではありますが、レンズ交換なしに60mmから使える焦点域を考えれば非常に優れた機動性と言えます。

焦点距離:233mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/2500秒 / ISO:1600
使用機材:Canon EOS R + マウントアダプター EF-EOS R + SIGMA Sports 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM

焦点距離:600mm / 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:800
使用機材:Canon EOS R + マウントアダプター EF-EOS R + SIGMA Sports 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM

続いては撮影場所を動物園に変え、ボディも『EOS R』にアダプターを組み合わせたミラーレスシステムへとスイッチ。望遠側の開放F値は6.3と少々暗めですが、常用感度の高い現代のデジタル機ならISO感度を上げて撮影しても問題ありません。もふもふとしたトラの毛並みも見事に写し出しています。

焦点距離:368mm / 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100
使用機材:Canon EOS R + マウントアダプター EF-EOS R + SIGMA Sports 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM

SIGMA (シグマ) Sports 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM
焦点距離:600mm / 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:200
使用機材:Canon EOS R + マウントアダプター EF-EOS R + SIGMA Sports 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM

焦点距離:600mm / 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:200
使用機材:Canon EOS R + マウントアダプター EF-EOS R + SIGMA Sports 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM

SIGMA (シグマ) Sports 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM


SIGMA (シグマ) Sports 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM

“無敵”の望遠ズーム。

『SIGMA Sports 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM』の撮影を終えてみて「この1本で望遠域の写真は全て撮れる」というのが率直な感想です。ボケを生かしたポートレート撮影などは別として、キリッとした高解像度の写真を撮るならば本レンズで十二分。高倍率ズームとは思えない画質を生み出してくれるズームレンズです。フィールドにあれやこれやとレンズを何本も持って行くよりは、望遠域を『SIGMA Sports 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM』に任せて、プラスでF2.8通しの標準ズームを持っていけば、ほとんどの撮りたい写真を撮れるのではと思いました。また、今回はフルサイズ機での撮影でしたが、『Nikon D500』などのAPS-C機に装着すれば換算90-900mmのスーパー超望遠ズームに変わるのも注目すべきところ。場所によって被写体との距離が大きく変わる野鳥やモータースポーツの撮影で活躍してくれそうなレンズです。他ブランドには無い焦点域や高い描写性能など、実にシグマらしい1本でした。初めての超望遠レンズの選択肢としてぜひオススメしたいレンズです。


Photo by MAP CAMERA Staff




マップカメラ TOPページへKasyapa TOPページへ




[Category: SIGMA|掲載日時:2019年01月07日 08:15:00 PM]

面白いと思ったらコチラをClick!55票


Tokina atx-m 85mm F1.8 FE

573:ハイコストパフォーマンスな中望遠『Tokina atx-m 85mm F1.8 FE』[2020年02月17日]

絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7III + Tokina atx-m 85mm F1.8 FE Tokinaatx-m 85mm F1.8 FE トキナーの新シリーズ「atx-m」。中望遠域の新定番となる 「atx-m 85mm F1.8 FE」をご紹介します。「m」は「motif(動機・創作行為)」の頭文字で、「ユーザーが創作行為を掻き立てられる」ことを意味します。とても興味深いコンセプトで撮るのが楽し...
続きを読む
Canon EOS-1D X Mark III

572:フラッグシップ一眼レフ『Canon EOS-1D X Mark III』[2020年02月15日]

焦点距離:1000mm / 絞り:F9 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:400使用機材:Canon EOS-1D X Mark III + EF500mm F4L IS II USM + エクステンダー EF2X III CanonEOS-1D X Mark III “Canon EOS-1D X Mark III”その名称を聞いたとき、新しい体験が待っていると確信しました。新開発の約2010万画素CMOSセンサーと、映像エンジン「DIGIC X」を搭載し、最高約16コマ/秒の高速連続撮影...
続きを読む
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark III

571:3代目にして完成形『OLYMPUS OM-D E-M1 Mark III』[2020年02月14日]

焦点距離:40mm / 絞り:F13 / シャッタースピード:2秒 / ISO:200 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark III + M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8 PRO OLYMPUSOM-D E-M1 Mark III 各メーカーから渾身の新機種が発表・登場している2020年。業界の主流となったミラーレスカメラを最初に作り出した、あのメーカーからも大きなサプライズがありまし...
続きを読む
Tokina FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO

570:素直でリアルな描写が魅力のマクロレンズ『Tokina FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO』[2020年02月12日]

絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:1250 / 使用機材:SONY α7III + Tokina FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO TokinaFiRIN 100mm F2.8 FE MACRO 今回はトキナーの『FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO』をご紹介します。マクロレンズは特に近接撮影において、歪みがなく高解像度の描写が必須と言われています。一方で、ポートレートなどの撮影でも活躍...
続きを読む
TAMRON 20mm F2.8 DiIII OSD M1:2

569:寄れる超広角ハーフマクロ『TAMRON 20mm F2.8 DiIII OSD M1:2』[2020年02月06日]

絞り:F9 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7III + TAMRON 20mm F2.8 DiIII OSD M1:2 TAMRON20mm F2.8 DiIII OSD M1:2 タムロンの『20mm F2.8 DiIII OSD M1:2』をご紹介します。当レンズは同24mm、同35mmとともに発表された「寄れる」広角単焦点レンズシリーズです。24mm、35mmの2本が先に発売され、20mmの当レンズが満を持...
続きを読む