Select Language




焦点距離:600mm / 絞り:F8 / シャッタースピード:1/2500秒 / ISO:800
使用機材:Canon EOS-1D X Mark II + SIGMA Sports 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM

SIGMA Sports 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM

野鳥、鉄道、航空機、レース、スポーツなど、被写体によっては超望遠レンズがないと絶対に撮れない世界が存在します。しかし いざ超望遠レンズを買おうとすると迷うもので、利便性を考えてズーム?もしくは描写重視で単焦点?焦点距離はどれにしよう?などベストな選択が難しく、しかも高価格帯のレンズが多いため何本も揃えるにはそれなりの資金も必要になる敷居の高さもあります。
そこでオススメしたいのが今回ご紹介する『SIGMA Sports 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM』。60mmの標準画角から、なんと600mmの超望遠までこの1本でカバーすることができる弩級の望遠ズームレンズです。しかし肝心の写りは?と心配する方もいらっしゃるでしょう、どうしても高倍率ズームは描写が劣るイメージがあるのも事実です。私自身も高倍率ズームなりの写りだろうと思い撮影に臨んだ今回の撮影でしたが、その予想を『SIGMA Sports 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM』は良い意味で裏切ってくれました。まずは航空祭で撮影した写真をご覧いただければと思います。

焦点距離:600mm / 絞り:F8 / シャッタースピード:1/2500秒 / ISO:800
使用機材:Canon EOS-1D X Mark II + SIGMA Sports 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM

焦点距離:348mm / 絞り:F8 / シャッタースピード:1/3200秒 / ISO:800
使用機材:Canon EOS-1D X Mark II + SIGMA Sports 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM

普段は標準レンズでスナップばかり撮っている私にとって、撮りなれない航空機の撮影は緊張しました。失敗しないようにと高速シャッター寄りの露出で固定し撮影へ挑んだのですが、『EOS-1D X Mark II』のAFシステムにダイレクトに反応する『SIGMA Sports 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM』は快適そのもの。ピントはカメラとレンズに任せ、こちらはひたすら被写体を追うことに集中できます。

焦点距離:413mm / 絞り:F8 / シャッタースピード:1/2500秒 / ISO:800
使用機材:Canon EOS-1D X Mark II + SIGMA Sports 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM

焦点距離:60mm / 絞り:F8 / シャッタースピード:1/2500秒 / ISO:800
使用機材:EOS-1D X Mark II + SIGMA Sports 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM

ワイド端60mmで撮影するとこの画角。とても同じレンズで撮影したとは思えない守備範囲の広さです。他のスポーツ撮影でも言えますが、屋外でのレンズ交換はセンサーへの塵の混入などリスクがあるため、なるべくレンズ交換を行わずに撮影をしたいところ。それを『SIGMA Sports 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM』ならズームリングを回すだけで会場の雰囲気が伝わる標準画角の撮影が可能なのですから驚きです。

SIGMA (シグマ) Sports 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM
焦点距離:600mm / 絞り:F8 / シャッタースピード:1/2500秒 / ISO:800
使用機材:Canon EOS-1D X Mark II + SIGMA Sports 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM

SIGMA (シグマ) Sports 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM
焦点距離:204mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200
使用機材:Canon EOS EOS-1D X Mark II + SIGMA Sports 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM

全域で高画質を実現した、最強望遠ズーム。

50-500mmの後継として登場した今回の『SIGMA Sports 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM』。先代から高評価だった画質性能は更に磨かれ、もはや写真を見ただけではズームと単焦点のどちらで撮影したのか分からないレベルまで到達しているように思えます。撮影中は航空機をフレームに捉えるべくズームリングを操作しながら連写を続けたのですが、トルク感も絶妙で画角の微調整も思いのまま。4段分のレンズ内手ぶれ補正も相まって気持ちよく撮影することができました。重量約2.7キロの重量級レンズではありますが、レンズ交換なしに60mmから使える焦点域を考えれば非常に優れた機動性と言えます。

焦点距離:233mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/2500秒 / ISO:1600
使用機材:Canon EOS R + マウントアダプター EF-EOS R + SIGMA Sports 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM

焦点距離:600mm / 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:800
使用機材:Canon EOS R + マウントアダプター EF-EOS R + SIGMA Sports 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM

続いては撮影場所を動物園に変え、ボディも『EOS R』にアダプターを組み合わせたミラーレスシステムへとスイッチ。望遠側の開放F値は6.3と少々暗めですが、常用感度の高い現代のデジタル機ならISO感度を上げて撮影しても問題ありません。もふもふとしたトラの毛並みも見事に写し出しています。

焦点距離:368mm / 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100
使用機材:Canon EOS R + マウントアダプター EF-EOS R + SIGMA Sports 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM

SIGMA (シグマ) Sports 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM
焦点距離:600mm / 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:200
使用機材:Canon EOS R + マウントアダプター EF-EOS R + SIGMA Sports 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM

焦点距離:600mm / 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:200
使用機材:Canon EOS R + マウントアダプター EF-EOS R + SIGMA Sports 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM

SIGMA (シグマ) Sports 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM


SIGMA (シグマ) Sports 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM

“無敵”の望遠ズーム。

『SIGMA Sports 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM』の撮影を終えてみて「この1本で望遠域の写真は全て撮れる」というのが率直な感想です。ボケを生かしたポートレート撮影などは別として、キリッとした高解像度の写真を撮るならば本レンズで十二分。高倍率ズームとは思えない画質を生み出してくれるズームレンズです。フィールドにあれやこれやとレンズを何本も持って行くよりは、望遠域を『SIGMA Sports 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM』に任せて、プラスでF2.8通しの標準ズームを持っていけば、ほとんどの撮りたい写真を撮れるのではと思いました。また、今回はフルサイズ機での撮影でしたが、『Nikon D500』などのAPS-C機に装着すれば換算90-900mmのスーパー超望遠ズームに変わるのも注目すべきところ。場所によって被写体との距離が大きく変わる野鳥やモータースポーツの撮影で活躍してくれそうなレンズです。他ブランドには無い焦点域や高い描写性能など、実にシグマらしい1本でした。初めての超望遠レンズの選択肢としてぜひオススメしたいレンズです。


Photo by MAP CAMERA Staff




マップカメラ TOPページへKasyapa TOPページへ




カテゴリー: SIGMA   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:19票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

FUJIFILM X-T30 517:小さな巨人『FUJIFILM X-T30』 2019年03月20日
焦点距離:35mm(35mm換算:53mm)/ 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/50秒 / ISO:160 / 使用機材:FUJIFILM X-T30 + XF35mm F1.4 R FUJIFILMX-T30 今回のKasyapaは富士フイルムから発売された「X-T30」を紹介いたします。 昨年9月に発売されたX-Tシリーズのフラッグシップ機である「X-T3」と同じ、新開発の第4世代の新イメージセンサーと画像処理エンジンを小型軽量ボディに搭載。携帯性に優れ高画質が楽しめるという、なんとも欲張りなモデル。 筆...
続きを読む
RICOH GR III 516:GRの魔力『RICOH GR III』 2019年03月15日
絞り:F14 / シャッタースピード:1/25秒 / ISO:200 使用機材:RICOH GR III RICOH  GR III デジタル技術の進歩により、カメラの形や存在も大きく変わった現代。その中で変わらないコンセプト、変わらないアイデンティティを貫き通すカメラが存在します。今回のKasyapaは、カメラ好きなら誰しもがその名を知るGRの新モデル『RICOH GR III』のご紹介です。 フィルムカメラ時代より数々のプロカメラマンも愛用してきたGRシリーズ。その存在を...
続きを読む
Canon EOS RP 515:必要なものだけをよりコンパクトに『Canon EOS RP』 2019年03月15日
焦点距離:35mm / 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS RP + RF35mm F1.8 MACRO IS STM CanonEOS RP キヤノンから第二のフルサイズミラーレス一眼カメラ『EOS RP』の登場です。 ソニーやニコン、そしてまもなく発売されるパナソニックもフルサイズミラーレス機のスタートは、ほぼ同じデザインの筐体に画素数の異なる2モデルを同時発表というスタイルでした。一方キヤノンはまず、オンリーワンとなる「EOS R」販売後...
続きを読む
PENTAX HD DA*11-18mm F2.8 ED DC AW 514:DA広角レンズの完成形『PENTAX HD DA★11-18mm F2.8 ED DC AW』 2019年03月02日
焦点距離:14mm(35mm換算:21mm)/ 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/6000秒 / ISO:400 / 使用機材:PENTAX KP + HD DA★11-18mm F2.8 ED DC AW PENTAXHD DA★11-18mm F2.8 ED DC AW 今回のkasyapaでご紹介するのは、PENTAXブランドをその身に宿し、2019年、満を持して新たに展開されたDAスターレンズ。その名も、『PENTAX HD DA★11-18mm F2.8 ED DC AW』です。 11-18mmという焦点距離は、35mmフルサイズ換算で17-27.5mm相当の画角となります。最...
続きを読む
SONY α6400 513:また一歩、上位モデルに近づいた『SONY α6400』 2019年02月24日
焦点距離:31mm(35mm換算:46mm)絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:100 / 使用機材: SONY α6400 +E 18-135mm F3.5-5.6 OSS SONYα6400 SONYから新しいAPS-Cセンサー搭載のミラーレス一眼カメラ『α6400』が発売されました。フルサイズミラーレス一眼カメラの最先端技術を小型ボディに凝縮したという「α6400」は、お出掛けのお供に最適な1台です。 間も無く平成も終わりを迎えようとしています。移りゆく時代の中で、その時代に活躍した...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |