Select Language




焦点距離:35mm(35mm換算:53mm)/ 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/50秒 / ISO:160 / 使用機材:FUJIFILM X-T30 + XF35mm F1.4 R

FUJIFILMX-T30

今回のKasyapaは富士フイルムから発売された「X-T30」を紹介いたします。
昨年9月に発売されたX-Tシリーズのフラッグシップ機である「X-T3」と同じ、新開発の第4世代の新イメージセンサーと画像処理エンジンを小型軽量ボディに搭載。携帯性に優れ高画質が楽しめるという、なんとも欲張りなモデル。
筆者は現在「X-T20」を愛用しており、CP+から始まる新製品ラッシュの中で一番気になっているモデルでした。念願の対面を果たした私は台湾へ向かいました。

台湾といえば、夜市や提灯の街並みが有名です。余計な光がない真っ暗な闇の中に黄色い無数の提灯がとても幻想的で、定番と思いつつ思わずシャッターを切った1枚です。
「X-T30」になり進化した部分の1つに明るく高精細になった電子ビューファインダーが挙げられます。一眼スタイルのカメラにとってファインダーの見やすさはやはり重要で、ファインダー越しにでも感動の風景がしっかり伝わります。


焦点距離:18mm(35mm換算:27mm)/ 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/25秒 / ISO:200 / 使用機材:FUJIFILM X-T30 + XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS

焦点距離:30.2mm(35mm換算:45mm) / 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/130秒 / ISO:1600 / 使用機材:FUJIFILM X-T30 + XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS

台北でも有名なパワースポットの龍山寺。まさにその名の通り龍や仏像の細かい造形が楽しめます。キットレンズの「XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS」は、ボディとのバランスもよくとても使いやすいレンズで、旅のお供には最適な1本です。
イメージ通りの画角に瞬時に切り替えられるズームレンズは、屋根の鳳凰や龍のうろこ1枚1枚まで細かいところまで鮮明に切り取ることができます。

焦点距離:35mm(35mm換算:53mm)/ 絞り:F5 / シャッタースピード:1/50秒 / ISO:640 / 使用機材:FUJIFILM X-T30 + XF35mm F1.4 R

旅の際、必ず持ち出すお気に入りレンズが「 XF35mm F1.4 R」です。約383gという軽量ボディには若干大きめレンズですが、グリップ部の突起が増したことで、より持ちやすくなった事にも触れておきます。
写真は夜市内のお店のおみくじを入れている棚で、小さな引き出しが無数に並んでいます。1つだけおみくじが飛び出した引き出しが気になり思わずカメラを向けました。上位モデルではおなじみの"8方向レバー"によりピント合わせもよりスムーズになっています。

焦点距離:35mm(35mm換算:53mm)/ 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/50秒 / ISO:1000 / 使用機材:FUJIFILM X-T30 + XF35mm F1.4 R

私が富士フイルムのカメラを愛用する最大の理由は、優れた色再現性です。様々な照明が織りなす夜市では、多彩な彩があります。そんな日本では味わえない不思議な色を1枚の絵画のように仕上げてくれます。

FUJIFILM X-T30
焦点距離:35mm(35mm換算:53mm)/ 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/50秒 / ISO:200 / 使用機材:FUJIFILM X-T30 + XF35mm F1.4 R

ランチに立ち寄った小籠包のお店。作っている職人さんの躍動感も見事に映し出してくれています。

FUJIFILM X-T30
焦点距離:35mm(35mm換算:53mm)/ 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/50秒 / ISO:320 / 使用機材:FUJIFILM X-T30 + XF35mm F1.4 R

アウトフォーカスのボケの美しさも追求した「XF35mm F1.4 R」は、テーブルフォトでも活躍。あの時味わった美味しさが、思わず脳裏をよぎる高い質感描写です。

焦点距離:35mm(35mm換算:53mm)/ 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:160 / 使用機材:FUJIFILM X-T30 + XF35mm F1.4 R

街を散策中、古き良き台湾の街並みに遭遇しましたので富士フイルムの十八番、フィルムシミュレーションの「ACROSS」モードで撮影しました。黒の締まりと豊かな階調で高精細感が引き立つ一方でノスタルジー感も。
フィルムシミュレーションは、その場の雰囲気に新たなスパイスを加える楽しい機能です。

焦点距離:35mm(35mm換算:53mm)/ 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:160 / 使用機材:FUJIFILM X-T30 + XF35mm F1.4 R

焦点距離:35mm(35mm換算:53mm)/ 絞り:F1.6 / シャッタースピード:1/1400秒 / ISO:160 / 使用機材:FUJIFILM X-T30 + XF35mm F1.4 R

古い中国的なビルの脇に西洋風の建物が建っている風景を見ると、色々な国に統治されていた台湾の歴史と深みを感じさせてくれます。そんな歴史感を残すにはシネマフィルム調の雰囲気が得られる「ETERNA」モードが合います。落ち着いた発色と豊かなシャドウトーンが古き良き台湾の街並みにしっくりくるのです。

FUJIFILM X-T30

小さな巨人

ハードなスケジュールでの撮影でしたが、使い慣れた富士フイルムのカメラということもあり、快適な撮影が楽しめました。そして優れた操作性を実現した"フォーカスレバー"や"タッチパネルディスプレイ"が、確実に使い勝手を向上させていたのが実感できました。「X-T20」で愛用していたハンドグリップがそのまま使えるのも嬉しいポイントです。
もちろん、X-T3譲りの高画質に加え、多彩な写真表現を可能にする"フィルムシミュレーション"など、最新モデルならではの充実の機能も見逃せません。ラインアップの位置付けこそ「中級機」とされていますが、秘めた実力は上位モデルに匹敵。まさに「小さな巨人」という言葉がピッタリです。


Photo by MAP CAMERA Staff












マップカメラ TOPページへKasyapa TOPページへ



カテゴリー: FUJIFILM   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:24票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

522:最高のポートレートを撮るために『SONY FE 135mm F1.8 GM』 522:最高のポートレートを撮るために『SONY FE 135mm F1.8 GM』 2019年04月21日
絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:100 使用機材:SONY α9 + FE 135mm F1.8 GM SONY  FE 135mm F1.8 GM ソニーがフルサイズミラーレス機という新たなジャンルを開拓して早5年半。初めは「専用レンズが少ない」と言われていたラインアップも充実し、今では最もレンズ選びが自由なマウントへと成長しました。そんな中、唯一ユーザーが未だ手放せないAマウントレンズがあります。それは『Sonnar T*135mm F1.8 ZA』、ボケ味とシャープネスの...
続きを読む
Nikon NIKKOR Z 24-70mm F2.8 S 521:新次元の標準ズーム『Nikon NIKKOR Z 24-70mm F2.8 S』 2019年04月20日
焦点距離:24mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:64 / 使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 24-70mm F2.8 S NikonNIKKOR Z 24-70mm F2.8 S ニコンから待望の「Z マウントシステム」対応の大口径標準ズームレンズ『NIKKOR Z 24-70mm F2.8 S』が登場しました。 注目は何と言っても、新次元の光学性能と謳うその画質ですが、手にして最初に驚くのはその小型軽量化された外観です。Fマウントの「AF-S 24-70mm F2.8E ED VR」と比べ約265gの軽量化...
続きを読む
FUJIFILM XF16mm F2.8 R WR 520:軽快な撮影が楽しめる広角レンズ『FUJIFILM XF16mm F2.8 R WR』 2019年04月16日
絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200 / 使用機材:FUJIFILM X-Pro2 + XF16mm F2.8 R WR FUJIFILMXF16mm F2.8 R WR 富士フイルムからコンパクトな広角単焦点レンズ『フジノンレンズ XF16mm F2.8 R WR』が発売されました。 16mm単焦点レンズといえば既に「XF16mm F1.4R WR」がリリースされていますが、新レンズは開放F値をF2.8に抑えたことで、僅か155gという小型軽量化に成功。軽量なミラーレスボディと合わせ、軽快なスタイルでの撮影を...
続きを読む
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-200mm F3.5-6.3 519:いつでも好きな写真が撮れる『OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-200mm F3.5-6.3』 2019年03月27日
焦点距離:94mm(換算:188mm) / 絞り:F8 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:200 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-200mm F3.5-6.3 OLYMPUSM.ZUIKO DIGITAL ED 12-200mm F3.5-6.3 陽だまりに春の温かさを感じる今日このごろ、散歩も兼ねて桜を撮りに行く方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節に迷うのが機材選び。歩くから機材を軽くしたい、でも広角も望遠も使って色々な被写体を撮りたい。そう...
続きを読む
Panasonic S1R 518:渾身のプロフェッショナルモデル『Panasonic S1R』 2019年03月23日
絞り:F9 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:100 使用機材:Panasonic LUMIX DC-S1R + LUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S. Panasonic  LUMIX DC-S1R 最初にして最高傑作。ライカ初のM型カメラ『M3』を語るときによく使われる言葉ですが、この撮影で思い浮かんだ言葉がまさにそれでした。今回のKasyapaはパナソニック初のフルサイズミラーレス機『LUMIX DC-S1R』のご紹介です。ミラーレス機の黎明期から業界を牽引してきたパナソニックのLUMIXシリーズ...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |