Select Language




絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/6400秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + Carl Zeiss Otus 100mm F1.4 ZF.2

Carl ZeissOtus 100mm F1.4 ZF.2 / ZE

世界最高性能を謳う「Carl Zeiss Otus」シリーズに望遠域をカバーする『Otus 100mm F1.4』が登場しました。同じクラスのレンズの中でも最高のクオリティを誇るという本レンズ。これまでに発売されたOtusシリーズを振り返ってみても、性能の高さは容易に想像がつき、期待は高まる一方です。

いざ手元に届き、撮影に出掛けようと準備をしていると、ある問題が発生しました。想像より重い、大きい...。
Otusシリーズのコンセプトは一切の妥協をしないこと。すなわち小型軽量化のために性能を犠牲にすることはないのです。機材の重さが苦になり始め、所有機材を少しづつミラーレスにシフトしている筆者にとってこの重さは難敵です。少しでも軽くしようと思い、Zシリーズに「マウントアダプターFTZ」を介して装着したものの、グリップから手首への負荷が大きく感じられます。ここはウエイトバランス重視で一眼レフの出番ということになりました。

水辺に咲く菖蒲も長い焦点距離のおかげで、容易に引き寄せることができます。
薄いピント面をマニュアル操作で絞り込んでいくと、光学ファインダー越しでもキレと抜けの良さが実感できます。緻密な操作が要求されるものの大きなゴム製のピントリングは程よいトルクで操作しやすく、ライブビューを併用すれば特段難しい印象もありません。AFでは味わえない、ピントを操作する楽しさを思い出させてくれます。質感描写も素晴らしく、薄いながらに張りのある花びらの様子をしっかり捉えています。

絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/40秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + Carl Zeiss Otus 100mm F1.4 ZF.2

室内照明の無い古民家。F1.4の大口径レンズはファインダー内も明るく、スムーズな操作を可能にします。
襖、畳の縁などの直線部も歪みなく捉えており、見た景色をそのままに描いてくれます。ハイライトの境界部分にも擬色の発生もなく、光のトーンを上品に再現しています。

絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + Carl Zeiss Otus 100mm F1.4 ZF.2

Carl Zeiss Otus 100mm F1.4 ZF.2
絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + Carl Zeiss Otus 100mm F1.4 ZF.2

Carl Zeiss Otus 100mm F1.4 ZF.2
絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + Carl Zeiss Otus 100mm F1.4 ZF.2

マニュアルで追うのは難しい蝶を駄目元で撮影したカット。厳密に見たらピントは甘めでも、大きく綺麗な前後のボケが被写体を浮き立たせてくれます。
それにしても本当に綺麗なボケです。見れば見るほど画の中に吸い込まれていような不思議な感覚になります。ボケの綺麗なレンズは多くありますが、ここまで凄いと思わせるレンズも久しぶり。世界最高と呼ばれる所以を感じます。

Carl Zeiss Otus 100mm F1.4 ZF.2
絞り:F2 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + Carl Zeiss Otus 100mm F1.4 ZF.2

公園で日向ぼっこをしていた猫にカメラを向けると突然、細い木製の手すりの上に飛び乗り爪を研ぎ始めました。断りもなくカメラを向けたことに怒ったのか臨戦態勢をアピール。細い足場で踏ん張る後ろ足、背中から腰にかけての筋肉の張りなどがしっかり感じられます。まるで戦い方を考えているかのような表情がなんとも言えません。動物の横顔でもこれだけ伝わるのですから、ポートレート撮影ならもっと感動的な画になることでしょう。

Carl Zeiss Otus 100mm F1.4


レンズの描写力が圧倒的すぎる

絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + Carl Zeiss Otus 100mm F1.4 ZE

続いてはボディをCanon EOS 5D Mark IVへスイッチ。ショーウィンドウに飾られたグラスの美しさに目を惹かれ思わずシャッターを切った一枚から。いつもは撮影前から完成形が見えている(どのように撮れるか想像できている)のですが、このカットを液晶で確認した時、思わずため息が出ました。これは凄い、想像以上のレンズだ、と。ピント面の解像力さやボケの深さなどではなく、画作りの力が強すぎる。『Carl Zeiss Otus 100mm F1.4 ZE』はコンシューマーが購入できる最高峰のレンズだと実感しました。

絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + Carl Zeiss Otus 100mm F1.4 ZE

高価で描写が良いと言われているレンズは何が違うのか、と友人から聞かれることがあるのですが、そのような時「普通じゃない写りをする」と私はいつも答えています。普段目にする何気ない景色や物も、そのようなレンズで撮ればたちまち作品に変える力、惹きつける力を持っている。本レンズからもその力を十分感じます。

絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + Carl Zeiss Otus 100mm F1.4 ZE

絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/8000秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + Carl Zeiss Otus 100mm F1.4 ZE

絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/50秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + Carl Zeiss Otus 100mm F1.4 ZE

木々に囲まれた素敵な雰囲気のレストラン。拡大すると少し手ブレを思わせる写りですが、想像以上に撮れた一枚だったので掲載させていただきました。木々の隙間を狙ってシャッターを切ったのですが、そのボケ具合がなんとも妖艶で美しいです。

絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/5000秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + Carl Zeiss Otus 100mm F1.4 ZE

最後は毛繕いをする白鳥のカット。シャッターを切る1秒前にクチバシに含んだ水滴を飛ばしたため、周りの水面に無数の波紋が立っています。反射する光のアクセントも相まって、いい一枚が撮れました。

Carl Zeiss Otus 100mm F1.4

改めてZeissの凄みを思い知った。

ここまで描写の力を感じるレンズはなかなか無いと思えるほど、改めてZeissレンズの凄みを感じた1本でした。極薄なピント面をマニュアルフォーカスでコントロールし、撮れる画は想像を超えるほど極上品。これほど撮影冥利に尽きるレンズは他に無いかもしれません。様々なレンズを撮影する機会がありますが、その中でも難易度の高いレンズだとも言えました。しかしその分、簡単に写真を撮らせてくれない面白さや喜びを感じられるレンズです。
今やカメラの主流はミラーレスへ移り変わろうとしている時代、一眼レフのメリットとは?と問われた時、光学ファインダーや豊富な純正レンズの他に「Carl Zeiss Otusが使用できる」と言っても、言い過ぎでは無いと思います。Carl Zeissが世界最高性能を目指して開発したOtusシリーズ、カメラや写真を愛する方に一度は使用していただきたい魅力が本レンズにはありました。


Photo by MAP CAMERA Staff








マップカメラ TOPページへKasyapa TOPページへ



カテゴリー: Carl Zeiss & Voigtlander   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:35票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

Canon EOS 90D 536:APS-C一眼レフの完成形『Canon EOS 90D』 2019年09月21日
焦点距離:50mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:1600 / 使用機材:Canon EOS 90D + EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM CanonEOS 90D ミラーレスカメラが普及し始めた現在、Canonから新しい一眼レフカメラが登場しました。それがAPS-C一眼レフEOS 80Dの後継機として登場したAPS-C一眼レフEOS 90Dです。 EOS 80Dが発売されたのは2016年3月。3年の時を経て誕生したEOS 90Dは格段に進化したカメラとなっています。有効画素数は2420万画素から3250...
続きを読む
SIGMA Art 14-24mm F2.8 DG DN 535:超広角ズームの理想形『SIGMA Art 14-24mm F2.8 DG DN』 2019年09月16日
焦点距離:24mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:6400 / 使用機材:SONY α7 III + SIGMA Art 14-24mm F2.8 DG DN SIGMAArt 14-24mm F2.8 DG DN 待望のフルサイズミラーレス専用レンズがシグマから発売となりました。フルサイズミラーレス機の魅力を最大限に活かすためには高性能なレンズシステムのラインナップが増えることはとても嬉しいことです。今回のKasyapaでは『SIGMA Art 14-24mm F2.8 DG DN』をご紹介いたします。 ミラー...
続きを読む
SONY α7R IV 534:これが6100万画素の画質力『SONY α7R IV』 2019年09月08日
焦点距離:20mm / 絞り:F8 / シャッタースピード:0.4秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7R IV + FE 16-35mm F2.8 GM SONYα7R IV 人気のフルサイズミラーレスカメラを牽引するソニーからまた凄い製品が登場しました。高精細シリーズ「R」の4代目『α7R IV』は、従来機の有効4240万画素から6100万画素へと一気に高画素化されました。 中判サイズの5000万画素カメラが登場した際に、35mmサイズセンサーの限界が見えた気がした筆者にとっては、まさに晴天の霹靂...
続きを読む
Nikon NIKKOR Z 85mm F1.8 S 533:Zシリーズ待望の中望遠『Nikon NIKKOR Z 85mm F1.8 S』 2019年09月06日
絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/5000秒 / ISO:320 / 使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 85mm F1.8 S NikonNIKKOR Z 85mm F1.8 S ニコンからZシリーズの新レンズ『NIKKOR Z 85mm F1.8 S』が発売されました。ニコン独自の設計指針と品質管理をさらに厳格化したNIKKOR Zレンズの中でも、さらに高いレンズ基準を満たす「S-Line」のレンズです。 これまでに発売されている「35mm F1.8」と「50mm F1.8」はいずれも優秀な写りを披露してくれました。同じF1.8の...
続きを読む
SONY FE 35mm F1.8 532:理想のスタンダードレンズ『SONY FE 35mm F1.8』 2019年09月01日
絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7 III + FE 35mm F1.8 SONYFE 35mm F1.8 数多いFEレンズのラインアップの中でもコストパフォーマンスに優れたスタンダードシリーズはFE 50mm F1.8、FE 85mm F1.8とありましたが、広角側の35mmが遂に追加され、スナップからポートレートまで幅広い撮影に対応できるようになりました。今回のKasyapaは多くの方が待ち望んでいた1本、『SONY FE 35mm F1.8』のご紹介です。 ...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |