Select Language


絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7III + Tokina atx-m 85mm F1.8 FE

Tokinaatx-m 85mm F1.8 FE

トキナーの新シリーズ「atx-m」。中望遠域の新定番となる 「atx-m 85mm F1.8 FE」をご紹介します。「m」は「motif(動機・創作行為)」の頭文字で、「ユーザーが創作行為を掻き立てられる」ことを意味します。とても興味深いコンセプトで撮るのが楽しみになります。
85mmといえば、狭すぎることなく、広すぎることなく、目的の景色をほどよい大きさで切り取れる画角です。ポートレートでは定番の長さであり、 ほかにもスナップ撮影などにも向いています。早速SONY α7IIIに当レンズを組み合わせ公園に向かいました。

絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7III + Tokina atx-m 85mm F1.8 FE

昔ながらのお茶屋さんとビル群のコントラストが面白かったので撮りました。カモが気持ちよさそうに泳いでいる池に、お茶屋さん。まさに都会のオアシスです。奥にあるビルの窓ひとつひとつまで精細に解像されています。

絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/3200秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7III + Tokina atx-m 85mm F1.8 FE

菜の花に水やりをしているところです。拡大してよく見ると、撒かれている水の様子も見て取れます。こうしてお世話をしてくれる人がいるから綺麗な花を楽しめるのだなとありがたい気持ちに。この場所は時期によって花が植え変わります。この間来たときは一面コスモスでしたが、この日は菜の花が公園を黄色く彩っていました。

絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/3200秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7III + Tokina atx-m 85mm F1.8 FE

絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7III + Tokina atx-m 85mm F1.8 FE

職人さんたちが松の剪定をしているところです。松の枝にピントをもっていかれないよう気を使いながら撮りました。不安定な足場でもスイスイと登り作業をする様子は格好いいの一言。この日、いくつかの公園に行きましたが、どこも松のメンテナンスをしていました。

絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7III + Tokina atx-m 85mm F1.8 FE

外にある小川を東屋から眺めることができます。この日は水か枯れていたのですが、東屋の外は心が落ち着くような風景が広がっていました。ピントは窓の桟に合わせるのが一番しっくりきます。ピントが合った窓と、外の美しいボケ味とのコントラストが素敵です。

絞り:F2.2 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7III + Tokina atx-m 85mm F1.8 FE

木の葉に日光が当たり、葉が透けていました。冬ですから落ち着いた色が多い中、瑞々しい緑色に輝いており、思わずレンズを向けました。

絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7III + Tokina atx-m 85mm F1.8 FE

開放F値1.8で梅の花を撮りました。面白いのが背景のボケ味。F1.8で撮ったところ、大きな丸ボケがたくさん浮かび上がりました。

絞り:F2.2 / シャッタースピード:1/160秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7III + Tokina atx-m 85mm F1.8 FE

苔生す小さな丘に、木漏れ日が落ちていました。よく見るとどんぐりが散らばっていて、まるで絵本の世界のようです。

絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/5000秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7III + Tokina atx-m 85mm F1.8 FE

冬の晴れた空の下にある洋館。日が当たっている白い窓も白飛びすることなく、細かいところまで綺麗に描写されています。

Tokina atx-m 85mm F1.8 FE

描写性能とコスパに優れた中望遠

85mmレンズはポートレートによく使われますが、スナップでも活躍してくれます。中望遠レンズのスナップは主役を際立たせやすく、標準レンズとはまた違った魅力があります。そんなスナップ撮影にぴったりのレンズだと感じました。またお手頃価格にもかかわらず、高コントラストや美しいボケ味といった描写性能はもちろんのこと、見た目や手触りに高級感があります。さまざまな魅力に溢れる当レンズ。ぜひお試しください。



Photo by MAP CAMERA Staff





マップカメラ TOPページへKasyapa TOPページへ

[Category:etc. |掲載日時:2020年02月17日 01:00:00 PM]

面白いと思ったらコチラをClick!18票


Nikon NIKKOR Z 20mm F1.8 S

581:近接から星景まで高い解像力を誇る『Nikon NIKKOR Z 20mm F1.8 S』[2020年03月28日]

焦点距離:20mm(35mm換算30mm相当) / 絞り:F8 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon Z50 + NIKKOR Z 20mm F1.8 S NikonNIKKOR Z 20mm F1.8 S 今回はニコンの『NIKKOR Z 20mm F1.8 S』をご紹介します。近接から星景まで、撮影距離を問わず高い解像力を誇るこの大口径広角単焦点レンズ。風景だけでなくスナップなどにもオールマイティに活躍しそうです。 広い画...
続きを読む
SONY E 55-210mm F4.5-6.3 OSS

580:長く愛される定番望遠ズーム『SONY E 55-210mm F4.5-6.3 OSS』[2020年03月23日]

焦点距離:210mm(35mm換算315mm相当) / 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:4000 / 使用機材:SONY α6500 + E 55-210mm F4.5-6.3 OSS SONYE 55-210mm F4.5-6.3 OSS ソニーの『E 55-210mm F4.5-6.3 OSS』をご紹介します。当レンズはAPS-C、Eマウント対応で、35mm換算では82.5-315mm相当になる望遠ズームレンズです。315mm相当となると大きかったり重かったりしがちですが、...
続きを読む
FUJIFILM フジノン XC15-45mm F3.5-5.6 OIS PZ

579:とことん小型・軽量な標準ズーム『FUJIFILM フジノン XC15-45mm F3.5-5.6 OIS PZ』[2020年03月20日]

焦点距離:45mm(35mm換算68mm) / 絞り:F8 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:200 / 使用機材:FUJIFILM X-A7 + フジノン XC15-45mm F3.5-5.6 OIS PZ FUJIFILMフジノン XC15-45mm F3.5-5.6 OIS PZ 本日はフジフイルムの『フジノン XC15-45mm F3.5-5.6 OIS PZ』をご紹介します。2年前に発売されて以降、多くの方が愛用し好評を博してきたレンズです。一番の特長は、Xシリーズ用レンズ...
続きを読む
SONY FE 20mm F1.8 G

578:直感的に思い通りの高画質な写真が撮れる『SONY FE 20mm F1.8 G』[2020年03月15日]

絞り:F8 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7III + FE 20mm F1.8 G SONYFE 20mm F1.8 G 今回はソニーの『FE 20mm F1.8 G』をご紹介します。周辺まで解像感に優れた超広角レンズで、景色が目の前に広がっているかのような描写を得られます。小型軽量で携帯性に優れ、合焦スピードも速いことから、機動力もあります。開放F値が1.8と明るいため、背景をぼかした...
続きを読む
FUJIFILM X100V

577:持って満足、撮って至福『FUJIFILM X100V』[2020年03月13日]

絞り:F8 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:200 / フィルムシミュレーション:CLASSIC NEGA / 使用機材:FUJIFILM X100V FUJIFILMX100V 持つ喜び。自分の手の中に収まるX100Vを眺めると、不思議と幸せな気持ちになります。中でもダイヤル類になんとも惹かれます。何度もダイヤルを持ち上げては回しISO感度を設定すると、自然と笑顔に。カメラ好きなら、こんな瞬間は至福なのではない...
続きを読む