StockShot

  • タグ一覧
  • 検索
867:毎日が輝く単焦点『Nikon NIKKOR Z DX 24mm F1.7』

867:毎日が輝く単焦点『Nikon NIKKOR Z DX 24mm F1.7』

2023年06月24日



絞り:F7.1 / シャッタースピード:1/3200秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon Z50 + NIKKOR Z DX 24mm F1.7

 

NIKKOR Z レンズ初、APS-Cサイズ/DXフォーマット待望の明るい単焦点レンズ『Nikon NIKKOR Z DX 24mm F1.7』が登場しました。フルサイズ対応レンズに『NIKKOR Z 26mm F2.8』や『NIKKOR Z 28mm F2.8』などもありますが、DXフォーマット専用でF1.7の明るさがあるというのが嬉しいポイントです。サイズもコンパクトで重量は約135gしかなく、さらに付属のレンズフードも小さいので付けっぱなしレンズとして人気になること間違いなし。明るく、寄れて、小さい。そしてDXフォーマットで単焦点デビューする方にも気軽にオススメできる価格というのも魅力の一つです。今回、そんな魅力に溢れた一本で撮影してまいりました。毎日のスナップもたっぷり楽しめる『NIKKOR Z DX 24mm F1.7』の写り、ぜひご覧ください。

 

絞り:F2.2 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:640 / 使用機材:Nikon Z50 + NIKKOR Z DX 24mm F1.7

 

絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:125 / 使用機材:Nikon Z50 + NIKKOR Z DX 24mm F1.7

 

 

絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:125 / 使用機材:Nikon Z50 + NIKKOR Z DX 24mm F1.7

 

木目の細かなところまでよく写る解像感、立体感。射しこんだ陽でうっすらと変わる繊細さも素晴らしいです。スナップや旅行で気楽に使いたいレンズだからこそ、撮って出しでここまで写るレンズであるというのは嬉しいことです。

 

絞り:F1.7 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:125 / 使用機材:Nikon Z50 + NIKKOR Z DX 24mm F1.7

 

画面いっぱいを被写体で埋めるのもいいですが、陽が出ていないタイミングで画が重くなりそうだったので空の明るさを取り入れました。寄って撮影しても画面のどこかに「ヌケ」を作りやすいのが36mm(35mm判換算)の良いところです。

 

絞り:F1.7 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon Z50 + NIKKOR Z DX 24mm F1.7

 

たとえば街を歩いているときに見つけた素敵なお店や路地裏。その場にある色んな要素を取り込んだざっくりと取り込むことが出来るのも少し広めの画角だからできること。50mmとセットで持ち歩きたくなる理由はこの「ちょうどいい広さ」ではないでしょうか。

 

絞り:F1.7 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:400 / 使用機材:Nikon Z50 + NIKKOR Z DX 24mm F1.7

 

これだけの立体感と解像感を開放絞りで得られるとは。メリハリがあって本当に良く写るレンズだなと感心します。
 

絞り:F1.7 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon Z50 + NIKKOR Z DX 24mm F1.7

 

せっかくの晴れ日だったので紫陽花を光を取り入れるためにローアングルから見上げるように撮りました。違う角度から紫陽花を見てみると花の隙間から漏れる光でキラキラと輝いていました。レンズ単体で約135gほど、付属のレンズフードを装着しても全然軽いのでノーファインダーで片手で撮影するのも苦になりません。変わった撮影方法にチャレンジしようと思ったのもこの軽さがあってこそです。逆光ではフレアやゴーストが発生することもありますが、嫌な出方はあまりしません。

 

絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon Z50 + NIKKOR Z DX 24mm F1.7

 

近接でも素晴らしい解像力。最短撮影距離も0.18mと短く、こんな風に被写体に寄ってみたりテーブルフォトでも活躍する万能レンズです。

 

絞り:F5 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon Z50 + NIKKOR Z DX 24mm F1.7

 

 

絞り:F1.7 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon Z50 + NIKKOR Z DX 24mm F1.7

 

 

絞り:F11 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon Z50 + NIKKOR Z DX 24mm F1.7

 

最小絞りはF11。夕暮れが近い少し日が傾きだしてきた時間帯に空を撮影しましたが周辺まですっきりと写りました。絞ったことでパッと見で解像感が上がったのが一目で分かります。さらにモノクロで写真を見てみると明暗のトーンをとても繊細に描いてくれることに気付きます。モノクロスナップも楽しめる一本です。

 


 

毎日が輝く単焦点

軽くてお手軽なスナップレンズ。ライトなイメージだったのに撮って見るとその写りの良さに衝撃を受けました。「小さい、軽いけど高解像」ではなく「高解像、その上軽くて小さい」という魅力に溢れた一本だったのです。逆光性能も高く、それでいてフレアやゴーストが出ないわけではないという程良い塩梅。使いやすい画角に明るさ、ボケ、しかも寄れる。初めて単焦点レンズを使うという方でも色々工夫をしながら撮影を楽しめるレンズになっています。撮影スタイルに縛りが発生しない小ささや軽さならではのシャッターチャンスをぜひ狙ってみてほしいです。Nikon ZシリーズAPS-Cセンサーサイズを使っている方全員におススメしたい『Nikon NIKKOR Z DX 24mm F1.7』。朝から夜までどの時間帯も楽しめるこのレンズでぜひ楽しい毎日を。

 
Photo by MAP CAMERA Staff

 

新規会員登録
マップカメラのおすすめイベント

EarlySummerSALE 先取/下取交換15%UP

RECOMMEND

PAGE TOP