~T・MBH 革ストラップ工房見学!③~ | Kasyapa for Leica Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト 
Select Language


前編①は > こちら
中編②は > こちら

------

…ここまで来たら、仕上がりの長さをチェックし、作業もいよいよ最終段階。
ストラップの中心に、“T・MBH”の刻印が刻まれます。







刻印自体は落ち着いて目を凝らすと読めるほどのサイズ。
かつ、なめらかなブッテーロの表面に深めに刻まれるため、程よいクラス感が演出されているように感じます。

…こうして長い時間をかけ、ようやく「1本」のブッテーロが誕生しました。








—作業の後お話を伺った際に印象的だったことがあります。
筆者が工程中「面白い」「楽しそうですね」と呟いてたときにいただいたお返事でした。

「楽しいですよ。作るともっと楽しいですよ。
楽しくて仕方ないんだよ、あの人たちも(作業中の職人の方を指して)」



職人さんも、照れたような笑みをうかべていらっしゃいました。











岡本さんが作品のアイデアを生む原動力はやはりお客様との対話とのこと。
他製品を研究するというよりは「こういうものできませんか?」という
お客様からのご要望を実現する為に、技術的なことを岡本さんが編み出す…といった形だそうです。
試作もかなりの数にのぼるとのこと。


根付、金属、木、絵画等、異業種の職人とのコラボレーションを行っている新ブランド「T・KLM」とともに、
今後の新製品がますます楽しみな「T・MBH」。

魅力ある製品は、当社下記専門店でも取り扱っています。

 >>> 筆記具専門店 KINGDOM NOTE
 >>> 時計専門店 GMT




―—こだわり。贅沢。プレミアム。
こんな言葉を「ありふれている」と感じている方。

当フェアを機会にぜひ、ライカ M9に、T・MBH カメラストラップに、出会ってみて下さい。
お手にしていただければ、現代でもここまで人の手をかけ、しかも
確かな技術とすばらしいアイデアをもって作られている「もの」があるということに
新鮮な喜びを感じていただけるに違いない、そう確信しています。







TAKUYA Okamoto
1970年生まれ 明治大学卒
2006年 TAKUYA MADE BY HAND スタート
2008年 タイ発ブランドMAISON TAKUYA 立ち上げ
      (現在岡本拓也とは一切関係ありません)
2010年 新ブランド【T・MBH】(エム ビー エイチ)で国内産に回帰し、再スタート
2010年 【T・KLM】(タクラミ)立ち上げ、職人のプロデュースを開始
      現在、蔵前工房にて革製品のデザイン・作成を行う






★★本文で紹介できなかった匠のこだわり、ご紹介しましょう★★


●コバ磨きに使う蝋



本文中では「蝋」と表記しましたが、厳密には蝋だけでなく、様々な成分をブレンドして作られたものとのこと。
独自に開発された、岡本さん秘伝の大切な蝋です。




●革包丁





革包丁は予備も含め3本ほどお持ちだそうですが、お気に入りの1本を研いで使うことが多いとのこと。
部品の切り出しの前に包丁研ぎも披露していただきましたが、撮影をするのも焦る程、かなりスピーディー!
…職人は道具の手入れも手際よく、です。




●T・MBHのステッチ糸



すべて麻糸を自家染色し、蝋引きまで行ったオリジナルの糸を使用しています。
これも革と色のバランスをとことん追求するがゆえ。
この日工房で見かけたのはおよそ10種類ほどのカラフルな色。絡まぬよう、糸は色別に分けてまっすぐ壁に掛けてありました。



取材協力:岡本拓也氏
     T・MBH(エムビーエイチ)蔵前工房の皆様


(了)











コンテンツカテゴリートップへ戻る"

KasyapaforLEICAトップへ戻る"




 

[Category: Leica Special Contents|掲載日時:2000年06月14日 13時09分]

Peter Karbe氏

ピーター・カルベ氏によるライカSLレンズ プレゼンテーション VOL.1[2019年11月09日]

2018年1月に発売されたLマウントの単焦点交換レンズ「ライカ アポズミクロン SL75mm F2.0 ASPH.」を皮切りに展開がスタートした、ライカのLマウントプライムレンズシリーズ。そのラインナップは順調に増え、いまでは35mmから90mmまで用途に合わせて選べる4本の「アポズミクロン」がラインナップされています。 ライカを愛する者にとって憧れでもある、このアポクロマートレンズたちは今後、広角3種のレンズの発売も予定されており、その動向からはますます目が離せません。 レンズの描写につ...
続きを読む
LEICA APO-SUMMICRON SL 35mm / 50mm F2 ASPH.

LEICA APO-SUMMICRON SL 35mm / 50mm F2 ASPH.[2019年10月18日]

絞り:F2 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 / 使用機材:Leica SL + APO-SUMMICRON SL35mm F2.0 ASPH. LEICAAPO-SUMMICRON SL35mm F2.0 ASPH. APO-SUMMICRON。限界を超える描写性能を持つApochromat仕様のレンズの事を指します。執筆している今現在、ライカが誇るアポズミクロンは限定モデルを除いても約10種類ほど存在します。その中で唯一、35㎜という焦点距離でその名を冠するものがこの『APO-SUMMICRON SL35mm F2.0 ASPH.』です。被写体を求め...
続きを読む
Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4 II VM

Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4 II VM[2019年09月24日]

絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:100 / 使用機材:Leica M10 + Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4 II MC VM Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4 II MC VM ...weil das Objektiv so gut ist(訳:なぜならレンズがとてもいいから)オーストリアのウィーンで創業した、世界最古の光学機器メーカーのひとつフォクトレンダー社の有名なキャッチフレーズです。今なおその血は脈々と受け継がれ、日本のコシナがフォクトレンダーブランドの製品...
続きを読む
LEICA Q2

LEICA Q2[2019年03月19日]

絞り:F1.7 / シャッタースピード:1/8000秒 / ISO:100 / 使用機材:Leica Q2 LEICAQ2 今から約4年前の2015年6月、フルサイズセンサーを搭載したライカ初のコンパクトデジタルカメラ『Q』が登場した。手に取った瞬間にライカと分かる厚みと握り心地、28mmズミルックスの描写性、フルサイズセンサーがもたらす画質性能など、完璧とも言えるパッケージに高価格帯のカメラでありながら空前の大ヒットを記録。今もなお注目を集める機種である。先日その『Q』が...
続きを読む
LEICA Q2 国内発表会レポート

LEICA Q2 国内発表会レポート[2019年03月08日]

2019年3月7日、東京・銀座『ライカプロフェッショナルストア東京』にて、『Leica Q』の後継機にあたる新型デジタルカメラ『Leica Q2』 の国内発表が行われました。今回はその様子をレポートいたします。 プレゼンターとして壇上に上がったのはライカカメラ社プロダクトマネージメントディレクターであるステファン・ダニエル氏。『Leica M10』、『Leica Q』『Leica SL』など数々のライカ製品を手がけてきた開発責任者の方です。 ・有効...
続きを読む



閉じる