LEICA Elmarit S 30mm/f2.8 ASPH. | Kasyapa for Leica Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト 
Select Language

LEICA S2 + Elmarit S 30mm/f2.8 ASPH. 絞り:F8.0 / シャッタースピード:1/45秒 / ISO:640 / 使用機材:LEICA S2 + Elmarit S 30mm/f2.8 ASPH.



『LEICA Elmarit S 30mm/f2.8』、ライカSシステムの5本のラインナップの中で最新のレンズであり、35mm判換算で24mmと広角レンズならではの描写を期待できるスペックのレンズです。その画角とミディアムフォーマットという点を鑑みなくとも、この描写は驚愕すべきものでしょう。『LEICA S2』のレンズラインナップの優秀さはかねてより耳にしていましたが、ここまでの描写とは思いませんでした。周辺すみずみまで描写に破綻が無く、細かいパイプ等も自然な立体感を保って描写されているのはフォーマット故の余裕からでしょうか。前回試写を行った75mmも優秀な描写でしたが、解像感の高さはそれ以上と思われます。




LEICA S2 + Elmarit S 30mm/f2.8 ASPH. 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA S2 + Elmarit S 30mm/f2.8 ASPH.

車のヘッドライト、その実に細かい部分まで描写しています。絞り開放でこの写りなのですから参ってしまいますね。ライカといえばレンジファインダーのMシリーズがやはり有名ですが、35mm判一眼レフのRシリーズのレンズはその描写の良さゆえ熱狂的なファンが居たものです。「ライカの一眼レンズは凄い」はSシリーズのレンズにもあてはまるのでしょう。




LEICA S2 + Elmarit S 30mm/f2.8 ASPH. 絞り:F8.0 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA S2 + Elmarit S 30mm/f2.8 ASPH.



ミドルフォーマット故、F8まで絞り込んでも遠景がぼけてしまっていますが、中距離、近距離の描写は凄みすら感じさせる怒濤の解像力です。重ね重ねですが、これで元データの1/4。撮影中に背面液晶で確認しているだけで、これは凄いレンズだという事が一目で分かる高画質です。ただし解像力だけを優先してカリカリになってしまう事無く、全体のトーン描写のバランスもとれているのは設計段階でのポリシーに基づくものでしょうか。それぞれの被写体がそれぞれとして、立体感を持って存在しているのはさすがです。




LEICA S2 + Elmarit S 30mm/f2.8 ASPH. 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:320 / 使用機材:LEICA S2 + Elmarit S 30mm/f2.8 ASPH.

金属の質感、ガラスの質感、細かい部分まで実にしっかりとした描写です。『LEICA S2』はミディアムフォーマット一眼レフとしては驚愕の使いやすさですが、レンズもフォーカシングを含め取り回しの良いもの。ついついフルサイズのデジタル一眼を使用している感覚で使ってしまうのですが…その使い方でも結果を残してくれるというのが『LEICA S2』のパッケージングの素晴らしさでしょう。また、少々雨がふっても気にしないで撮影できるのは試写でも非常に助かった点です。




LEICA S2 + Elmarit S 30mm/f2.8 ASPH. 絞り:F8.0 / シャッタースピード:1/350秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA S2 + Elmarit S 30mm/f2.8 ASPH.

逆光耐性も良好、試写中にもフレアを感じた事はほぼありませんでした。しかしミディアムフォーマットで30mmともなると、スペック以上に開放感の有る撮影が行えます。






35mmフルサイズと比べれば少々大柄なレンズですが、ミディアムフォーマットで30mm、防塵防滴仕様でF2.8という大口径スペックを考えれば納得のサイズです。大きなフォーマットというのは時にレンズ性能に無理を強いるものですが、このレンズにはそんな心配はいらないでしょう。ライカSシステムの最広角域を担う本レンズ、Sシステムの完成度を更に高める、ライカ銘レンズの1本です。







Photo by MAP CAMERA Staff




レンズカテゴリートップへ戻る"

KasyapaforLEICAトップへ戻る"




Leicalens-Report.

[Category: Leica S|掲載日時:2012年07月27日 18時49分]

MS-Optics(宮崎光学) MS-MODE-S 50mm F1.3

MS-Optics(宮崎光学) MS-MODE-S 50mm F1.3[2020年02月12日]

絞り:F1.3 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100 / 使用機材:Leica M10-P + MS-Optics MS-MODE-S 50mm F1.3 MS-Optics(宮崎光学)MS-MODE-S 50mm F1.3 昨今では様々なオリジナルレンズを手掛けるMS-Optics(宮崎光学)が、初めて手掛けたハンドメイドレンズ『MS-MODE-S 50mm F1.3』をご紹介します。元々は趣味の延長で改造レンズ(マウントの換装...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.3[2019年12月04日]

ピーター・カルベ氏が作ってみたい「リバイバル・レンズ」とは 先ほど、ラインナップの充実という点について話題になりましたが、近年ライカでは「ズマロン M28mm F5.6」「タンバール M90mm F2.2」の様な、かつてのレンズをリメイクして世に出しています。過去に作られたレンズを現代に作り直すということは難しい部分があるのでしょうか? ...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.2[2019年12月04日]

日本国内のメーカーはF1.4をはじめ、時にはF1.2やF0.95などの高性能な大口径レンズを発表しています。明るさへのこだわりが強くあるような印象を受けますが、ライカではこの「プライムレンズシリーズ」の開放F値をF2.0としました。 先のプレゼンテーションでもMレンズの「ズミルックス F1.4」に劣らないボケ感や画質のお話がありましたが、ライカにも...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.1[2019年12月04日]

前回までのライカカメラ社の光学設計マネージャ、ピーター・カルベ(Peter Karbe)氏のプレゼンテーションを元に、同氏へのインタビューの模様をお届けいたします。 できるだけレンズをクリーンに作る 「ライカSL」で「アポズミクロンM75mm F2.0 ASPH.」「アポズミクロンM90mm F2.0 ASPH.」を使って感じたのですが、他の2,400万画素のカメラと比較...
続きを読む
Peter Karbe氏

ピーター・カルベ氏によるライカSLレンズ プレゼンテーション VOL.2[2019年11月26日]

前回に引き続き、ライカカメラ社の光学設計部門マネージャであるピーター・カルベ(Peter Karbe)⽒のプレゼンテーションをお届けいたします。 高い信頼性を追求 続いては、製品クオリティの信頼性という観点から魅⼒をお話しします。高性能なレンズをつくるためには、光学設計において様々な工夫が可能ですが、一方で安定した一定品質の製品を供給するため...
続きを読む



閉じる