LEICA APO-Macro Summarit S 120mm/f2.5 | Kasyapa for Leica Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト 
Select Language

LEICA S2 + APO-Macro Summarit S 120mm/f2.5 絞り:F2.5 / シャッタースピード:1/180秒 / ISO:640 / 使用機材:LEICA S2 + APO-Macro Summarit S 120mm/f2.5



LEICA Sシステムの交換レンズとして『Summarit S 75mm/f2.5』『Elmarit S 30mm/f2.8』と試写を行い、その描写力の高さはもはや折り紙付きですが、絶妙な焦点距離と最短撮影距離の短さ、取り回しの良さから個人的に一押しなのがこの『APO-Macro Summarit S 120mm/f2.5』です。35mm判換算で96mm、開放2.5と十分に明るいながら単体での撮影倍率が1:2と近接撮影にも大きな力を発揮してくれます。開放でのボケ味も良く、シャープネスとのバランスから浮き立つ様な描写が期待できます。この写真も、葉の細やかな描写と前後ボケの美しさが際立っている1枚です。




LEICA S2 + APO-Macro Summarit S 120mm/f2.5 絞り:F2.5 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:640 / 使用機材:LEICA S2 + APO-Macro Summarit S 120mm/f2.5

シャープネスはしっかりとありながら、実にバランスの良い描写です。




LEICA S2 + APO-Macro Summarit S 120mm/f2.5 絞り:F2.5 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA S2 + APO-Macro Summarit S 120mm/f2.5



この位の焦点距離ともなると前後のボケは非常に大きく、中判ならではの浮かび上がる様な描写が得られます。距離感も、焦点距離のバランスも、ポートレートレンズとしては最適な仕上がりですね。描写も『Elmarit S 30mm/f2.8』ほどシャープネスとコントラストが強い訳ではなく、繊細さを感じさせる線の細い描写のレンズなので雰囲気作りにも良いでしょう。




LEICA S2 + APO-Macro Summarit S 120mm/f2.5 絞り:F2.5 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:640 / 使用機材:LEICA S2 + APO-Macro Summarit S 120mm/f2.5

高輝度のガラス食器が前後にある、という厳しい条件ですがやはりボケは素直。これくらいしっかりと輪郭を崩してぼけてくれればシチュエーションを選ばず活躍させられそうです。




LEICA S2 + APO-Macro Summarit S 120mm/f2.5 絞り:F2.5 / シャッタースピード:1/180秒 / ISO:320 / 使用機材:LEICA S2 + APO-Macro Summarit S 120mm/f2.5

柔らかいですね…トーンも美しく、被写体の柔らかい印象をしっかりと写し留めてくれています。個人的にはライカMビゾフレックス用のマクロエルマー65mm以来、LEICAマクロレンズには全幅の信頼をおいていますが、このレンズも期待通りの実に良い仕上がりです。




LEICA S2 + APO-Macro Summarit S 120mm/f2.5 絞り:F2.5 / シャッタースピード:1/750秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA S2 + APO-Macro Summarit S 120mm/f2.5

もちろん、『マクロ』とはいえ遠景の描写も良好。タイル1枚1枚の光の反射迄、ぜひご覧下さい




LEICA S2 + APO-Macro Summarit S 120mm/f2.5 絞り:F2.5 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:1250 / 使用機材:LEICA S2 + APO-Macro Summarit S 120mm/f2.5

木目の光の反射が美しいです。『LEICA S2』でのISO 1250での撮影ですが、想像以上にしっかりした描写に驚きました。中判デジタルは素子が大きいために高感度は苦手、といった印象が有りましたがそんな心配は無用の様です。






マクロレンズゆえ、レンズは鏡筒のかなり奥に存在しています。ピントの立ちが良く、ピントリングも太いためマニュアルフォーカスも実にしやすい仕上がりでした。これにしっかりとした外着けバヨネットフードもあり、さすがの仕上がりの良さです。AFをして、ピントリングを動かせば自動的にマニュアルフォーカスでピントを微調整できるのも実に便利な仕様です。これ1本で、かなりの応用範囲をカバーする本レンズ。ライカSシステムの中でもおすすめの1本です。







Photo by MAP CAMERA Staff




レンズカテゴリートップへ戻る"

KasyapaforLEICAトップへ戻る"




Leicalens-Report.


[Category: Leica S|掲載日時:2012年08月02日 18時57分]

MS-Optics(宮崎光学) MS-MODE-S 50mm F1.3

MS-Optics(宮崎光学) MS-MODE-S 50mm F1.3[2020年02月12日]

絞り:F1.3 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100 / 使用機材:Leica M10-P + MS-Optics MS-MODE-S 50mm F1.3 MS-Optics(宮崎光学)MS-MODE-S 50mm F1.3 昨今では様々なオリジナルレンズを手掛けるMS-Optics(宮崎光学)が、初めて手掛けたハンドメイドレンズ『MS-MODE-S 50mm F1.3』をご紹介します。元々は趣味の延長で改造レンズ(マウントの換装...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.3[2019年12月04日]

ピーター・カルベ氏が作ってみたい「リバイバル・レンズ」とは 先ほど、ラインナップの充実という点について話題になりましたが、近年ライカでは「ズマロン M28mm F5.6」「タンバール M90mm F2.2」の様な、かつてのレンズをリメイクして世に出しています。過去に作られたレンズを現代に作り直すということは難しい部分があるのでしょうか? ...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.2[2019年12月04日]

日本国内のメーカーはF1.4をはじめ、時にはF1.2やF0.95などの高性能な大口径レンズを発表しています。明るさへのこだわりが強くあるような印象を受けますが、ライカではこの「プライムレンズシリーズ」の開放F値をF2.0としました。 先のプレゼンテーションでもMレンズの「ズミルックス F1.4」に劣らないボケ感や画質のお話がありましたが、ライカにも...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.1[2019年12月04日]

前回までのライカカメラ社の光学設計マネージャ、ピーター・カルベ(Peter Karbe)氏のプレゼンテーションを元に、同氏へのインタビューの模様をお届けいたします。 できるだけレンズをクリーンに作る 「ライカSL」で「アポズミクロンM75mm F2.0 ASPH.」「アポズミクロンM90mm F2.0 ASPH.」を使って感じたのですが、他の2,400万画素のカメラと比較...
続きを読む
Peter Karbe氏

ピーター・カルベ氏によるライカSLレンズ プレゼンテーション VOL.2[2019年11月26日]

前回に引き続き、ライカカメラ社の光学設計部門マネージャであるピーター・カルベ(Peter Karbe)⽒のプレゼンテーションをお届けいたします。 高い信頼性を追求 続いては、製品クオリティの信頼性という観点から魅⼒をお話しします。高性能なレンズをつくるためには、光学設計において様々な工夫が可能ですが、一方で安定した一定品質の製品を供給するため...
続きを読む



閉じる