LEICA APO-Elmar S 180mm/f3.5 | Kasyapa for Leica Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト 
Select Language

LEICA S2 + APO-Elmar S 180mm/f3.5 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:1250 / 使用機材:LEICA S2 + APO-Elmar S 180mm/f3.5



現行のライカSシステムのレンズ群の中で、最も望遠のレンズがこの『APO-Elmar S 180mm/f3.5』です。35mm判換算で144mmとしっかりとした望遠撮影と、圧縮効果を生かし被写体を浮き立たせる事の出来るレンズです。遠方のビルでもかなり引き寄せて撮影する事が可能。F値が3.5とミディアムフォーマットの望遠レンズとしては明るいながら、このクラスのレンズには僅かな手ぶれにもしっかりと気をつけて撮影したい所です。




LEICA S2 + APO-Elmar S 180mm/f3.5 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:640 / 使用機材:LEICA S2 + APO-Elmar S 180mm/f3.5

Sシステムのどのレンズの描写でも感じる美点ですが、「解像度を極限迄切り詰めシャープネスとコントラストを優先にしている」というよりも「その場の空気や存在感をしっかりとすくい上げる。」そんな印象の描写です。発光するネオン管という高輝度の被写体ながら、管の丸みも含め実に自然に描写しています。




LEICA S2 + APO-Elmar S 180mm/f3.5 絞り:F4.8 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:1250 / 使用機材:LEICA S2 + APO-Elmar S 180mm/f3.5






LEICA S2 + APO-Elmar S 180mm/f3.5 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:320 / 使用機材:LEICA S2 + APO-Elmar S 180mm/f3.5

色収差を取り除くアポクロマート設計の恩恵か、ピント面は実にすっきりとした良い描写です。




LEICA S2 + APO-Elmar S 180mm/f3.5 絞り:F6.8 / シャッタースピード:1/180秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA S2 + APO-Elmar S 180mm/f3.5



180mmともなると、ミディアムフォーマットでもその圧縮効果は確実に出てきます。ビルの間を縫う様に配しても、グッと圧縮して期待通りの画を出してくれました。ただしf6.8でもボケは大きく、100m近く離れた先でも無限遠がボケてしまっています。こればかりはしっかりと絞って三脚で撮影をするべきで、今回は叶いませんでしたがしっかりと絞って撮影した際の画像クォリティの高さは更に素晴しいものになるでしょう。




LEICA S2 + APO-Elmar S 180mm/f3.5 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/180秒 / ISO:640 / 使用機材:LEICA S2 + APO-Elmar S 180mm/f3.5

F値が明るく、防塵防滴仕様で、35mmフルサイズ機と大差のないサイズ。街中を撮影していてもミディアムフォーマット・デジタルという印象は希薄で、ついこういった写真を撮影していましたが考えてみるとやはりこれは凄い事です。





Sシステムでしっかりとした望遠レンズを使いたい時に、この1本。ミディアムフォーマット180mm/f3.5のスペックからすると実に軽量コンパクトながら、その実力は素晴しいものです。そもそも手持ちのスナップで使用するべきレンズでは無いかもしれませんが、そんな悪条件でも十分その実力を見せてくれました。しっかりとした準備を行い撮影すれば、そのポテンシャルは計り知れないものです。







Photo by MAP CAMERA Staff




レンズカテゴリートップへ戻る"

KasyapaforLEICAトップへ戻る"




Leicalens-Report.

[Category: Leica S|掲載日時:2012年08月17日 16時00分]

MS-Optics(宮崎光学) MS-MODE-S 50mm F1.3

MS-Optics(宮崎光学) MS-MODE-S 50mm F1.3[2020年02月12日]

絞り:F1.3 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100 / 使用機材:Leica M10-P + MS-Optics MS-MODE-S 50mm F1.3 MS-Optics(宮崎光学)MS-MODE-S 50mm F1.3 昨今では様々なオリジナルレンズを手掛けるMS-Optics(宮崎光学)が、初めて手掛けたハンドメイドレンズ『MS-MODE-S 50mm F1.3』をご紹介します。元々は趣味の延長で改造レンズ(マウントの換装...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.3[2019年12月04日]

ピーター・カルベ氏が作ってみたい「リバイバル・レンズ」とは 先ほど、ラインナップの充実という点について話題になりましたが、近年ライカでは「ズマロン M28mm F5.6」「タンバール M90mm F2.2」の様な、かつてのレンズをリメイクして世に出しています。過去に作られたレンズを現代に作り直すということは難しい部分があるのでしょうか? ...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.2[2019年12月04日]

日本国内のメーカーはF1.4をはじめ、時にはF1.2やF0.95などの高性能な大口径レンズを発表しています。明るさへのこだわりが強くあるような印象を受けますが、ライカではこの「プライムレンズシリーズ」の開放F値をF2.0としました。 先のプレゼンテーションでもMレンズの「ズミルックス F1.4」に劣らないボケ感や画質のお話がありましたが、ライカにも...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.1[2019年12月04日]

前回までのライカカメラ社の光学設計マネージャ、ピーター・カルベ(Peter Karbe)氏のプレゼンテーションを元に、同氏へのインタビューの模様をお届けいたします。 できるだけレンズをクリーンに作る 「ライカSL」で「アポズミクロンM75mm F2.0 ASPH.」「アポズミクロンM90mm F2.0 ASPH.」を使って感じたのですが、他の2,400万画素のカメラと比較...
続きを読む
Peter Karbe氏

ピーター・カルベ氏によるライカSLレンズ プレゼンテーション VOL.2[2019年11月26日]

前回に引き続き、ライカカメラ社の光学設計部門マネージャであるピーター・カルベ(Peter Karbe)⽒のプレゼンテーションをお届けいたします。 高い信頼性を追求 続いては、製品クオリティの信頼性という観点から魅⼒をお話しします。高性能なレンズをつくるためには、光学設計において様々な工夫が可能ですが、一方で安定した一定品質の製品を供給するため...
続きを読む



閉じる