LEICA APO-Elmar S 180mm/f3.5 | Kasyapa for Leica 
Select Language



LEICA S2 + APO-Elmar S 180mm/f3.5 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:1250 / 使用機材:LEICA S2 + APO-Elmar S 180mm/f3.5



現行のライカSシステムのレンズ群の中で、最も望遠のレンズがこの『APO-Elmar S 180mm/f3.5』です。35mm判換算で144mmとしっかりとした望遠撮影と、圧縮効果を生かし被写体を浮き立たせる事の出来るレンズです。遠方のビルでもかなり引き寄せて撮影する事が可能。F値が3.5とミディアムフォーマットの望遠レンズとしては明るいながら、このクラスのレンズには僅かな手ぶれにもしっかりと気をつけて撮影したい所です。




LEICA S2 + APO-Elmar S 180mm/f3.5 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:640 / 使用機材:LEICA S2 + APO-Elmar S 180mm/f3.5

Sシステムのどのレンズの描写でも感じる美点ですが、「解像度を極限迄切り詰めシャープネスとコントラストを優先にしている」というよりも「その場の空気や存在感をしっかりとすくい上げる。」そんな印象の描写です。発光するネオン管という高輝度の被写体ながら、管の丸みも含め実に自然に描写しています。




LEICA S2 + APO-Elmar S 180mm/f3.5 絞り:F4.8 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:1250 / 使用機材:LEICA S2 + APO-Elmar S 180mm/f3.5






LEICA S2 + APO-Elmar S 180mm/f3.5 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:320 / 使用機材:LEICA S2 + APO-Elmar S 180mm/f3.5

色収差を取り除くアポクロマート設計の恩恵か、ピント面は実にすっきりとした良い描写です。




LEICA S2 + APO-Elmar S 180mm/f3.5 絞り:F6.8 / シャッタースピード:1/180秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA S2 + APO-Elmar S 180mm/f3.5



180mmともなると、ミディアムフォーマットでもその圧縮効果は確実に出てきます。ビルの間を縫う様に配しても、グッと圧縮して期待通りの画を出してくれました。ただしf6.8でもボケは大きく、100m近く離れた先でも無限遠がボケてしまっています。こればかりはしっかりと絞って三脚で撮影をするべきで、今回は叶いませんでしたがしっかりと絞って撮影した際の画像クォリティの高さは更に素晴しいものになるでしょう。




LEICA S2 + APO-Elmar S 180mm/f3.5 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/180秒 / ISO:640 / 使用機材:LEICA S2 + APO-Elmar S 180mm/f3.5

F値が明るく、防塵防滴仕様で、35mmフルサイズ機と大差のないサイズ。街中を撮影していてもミディアムフォーマット・デジタルという印象は希薄で、ついこういった写真を撮影していましたが考えてみるとやはりこれは凄い事です。





Sシステムでしっかりとした望遠レンズを使いたい時に、この1本。ミディアムフォーマット180mm/f3.5のスペックからすると実に軽量コンパクトながら、その実力は素晴しいものです。そもそも手持ちのスナップで使用するべきレンズでは無いかもしれませんが、そんな悪条件でも十分その実力を見せてくれました。しっかりとした準備を行い撮影すれば、そのポテンシャルは計り知れないものです。







Photo by MAP CAMERA Staff




レンズカテゴリートップへ戻る"

KasyapaforLEICAトップへ戻る"




Leicalens-Report.

カテゴリー:Leica S  
 
 

 ≪BEFORE Top Page NEXT≫ 

LEICA S (Typ007) + APO MACRO SUMMARIT-S 120mm F2.5 LEICA S (Typ007) + APO MACRO SUMMARIT-S 120mm F2.5 2017年01月15日
絞り:F11/ シャッタースピード:1/125秒 / ISO:400/ 使用機材:Leica S (Typ007) + APO MACRO SUMMARIT-S 120mm F2.5 中判デジタル一眼レフ『LEICA S(Typ007)』の魅力をお伝えするフォトプレビュー第3弾。今回は寄れる中望遠レンズ『APO MACRO SUMMARIT-S 120mm F2.5』をご紹介します。30mm、70mm共に素晴らしい描写のレンズでしたが、最も中判フォーマットの“うまみ”を感じられたのが本レンズです。まずは絞り込んで遠景のカットなのですが、まるでCGのような...
続きを読む
LEICA S (Typ007) + SUMMARIT-S 70mm F2.5 ASPH. LEICA S (Typ007) + SUMMARIT-S 70mm F2.5 ASPH. 2017年01月14日
絞り:F11/ シャッタースピード:1/3000秒 / ISO:100/ 使用機材:Leica S (Typ007) + SUMMARIT-S 70mm F2.5 ASPH. 前回の『ELMARIT-S 30mm F2.8 ASPH.』に続き、中判デジタル一眼レフである『LEICA S(Typ007)』を使用してお届けするフォトプレビュー第2弾。今回はライカプロフォーマットのスタンダードレンズ『SUMMARIT-S 70mm F2.5 ASPH.』をご紹介しましょう。35mm判換算で約56mmの画角を持つ本レンズは、一般的な中判レンズのF2.8より少し明るいF2.5。6群8枚の...
続きを読む
null LEICA S (Typ007) + ELMARIT-S 30mm F2.8 ASPH. 2017年01月13日
絞り:F11/ シャッタースピード:1/45秒 / ISO:100/ 使用機材:Leica S(Typ007) + ELMARIT-S 30mm F2.8 ASPH. 数多くのデジタルカメラの中でも今回ご紹介するLeica S(Typ007)とELMARIT-S 30mm F2.8 ASPH.は“特別な存在”と呼んでいいかもしれません。通常35mm判フルサイズ(ライカ判)が一つの指標となり、カメラの性能や魅力が語られますが、本機はその上をいくセンサーサイズの30×45mm(ライカプロフォーマット)を搭載したデジタル中判カメラだからです。大型CM...
続きを読む
LEICA APO-Elmar S 180mm/f3.5 LEICA APO-Elmar S 180mm/f3.5 2012年08月17日
絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:1250 / 使用機材:LEICA S2 + APO-Elmar S 180mm/f3.5 現行のライカSシステムのレンズ群の中で、最も望遠のレンズがこの『APO-Elmar S 180mm/f3.5』です。35mm判換算で144mmとしっかりとした望遠撮影と、圧縮効果を生かし被写体を浮き立たせる事の出来るレンズです。遠方のビルでもかなり引き寄せて撮影する事が可能。F値が3.5とミディアムフォーマットの望遠レンズとしては明るいながら、このクラスのレンズには僅かな手...
続きを読む
LEICA APO-Macro Summarit S 120mm/f2.5 LEICA APO-Macro Summarit S 120mm/f2.5 2012年08月02日
絞り:F2.5 / シャッタースピード:1/180秒 / ISO:640 / 使用機材:LEICA S2 + APO-Macro Summarit S 120mm/f2.5 LEICA Sシステムの交換レンズとして『Summarit S 75mm/f2.5』『Elmarit S 30mm/f2.8』と試写を行い、その描写力の高さはもはや折り紙付きですが、絶妙な焦点距離と最短撮影距離の短さ、取り回しの良さから個人的に一押しなのがこの『APO-Macro Summarit S 120mm/f2.5』です。35mm判換算で96mm、開放2.5と十分に明るいながら単体での撮影倍率が1:2と近接撮影...
続きを読む


[↑TOPへ戻る]