プロカメラマンによるライカトーク『5人のライカ』~第一部『旅とライカ』Part.1~ » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language




「5人のライカ」イベントレポート
第一部「旅とライカ Part.1」 第一部「旅とライカ Part.2」 第一部「旅とライカ Part.3」
第二部「ライカトークバトル Part.1」 第二部「ライカトークバトル Part.2」 第二部「ライカトークバトル Part.3」

2016年8月13日(土)は、マップカメラの創業日。おかげさまでマップカメラは22周年を迎えることが出来ました。
これもひとえに、日頃マップカメラをご利用いただいているお客様のおかげです。
そんなお客様へ感謝の気持ちをこめて、マップカメラでは「5人のライカ」と題しまして、プロカメラマンの方々をお招きしてライカトークショーを開催いたしました。
今回は、そんな記念すべきイベントの一部始終をレポートとして皆様にお届けしたいと思います。

まずは、第一部。佐藤健寿氏とコムロミホ氏による「旅とライカ」のレポートをご覧ください。




◆世界各地を旅している佐藤健寿氏に「旅とライカ」とは何か?お話を伺いしました。

ライカは携帯性が高くて高画質。旅には一番良いというのが自分の経験則です。
もともとM型ライカを使っていて、今はライカSL(Typ601)をメインで使用しています。余裕があるときはライカS(Typ007)も。
ライカSL(Typ601)には主に21mm(ズミルックス M21mm F1.4 ASPH)を付けていますが、広角で明るいレンズはなかなか無いので非常に良いです。

◆ここから先は、実際の写真を交えてご覧いただきます!


こういう写真は昔だと空の色が飛んだりとか、どちらかに色が飛んでしまうパターンが多かったんですけど、今だとだいぶそれも抑えられています。
 
確かに、空のグラデーションもしっかりと残っていますね。望遠ならではの圧縮効果も素晴らしいです。
 
やっぱりフィルムと同じくらいのラチチュード(デジタルで言うダイナミックレンジのこと)は出ているのではないかと思います。
 

◆ここから闘鶏場での撮影の話へ。
闘鶏場というともちろん動き物の撮影になりますが、 ライカSL(Typ601)で連写を使用しながら撮影をしたと語る佐藤氏。

こういった動体撮影は、やはりM型だとなかなか厳しいかなとは思うんです。
闘鶏場での撮影の際もライカSL(Typ601)に21mmを付けて使っていたんですけど、本当はもともとM型で使っていて。でもそうするとどうしてもファインダーを使わないといけない。
EVFだとどうしても遅れやシャッターラグがあるんですけど、ライカSL(Typ601)になってからはフルでEVFが見れるので凄く使い勝手が良くなりました。
普段はライカSL(Typ601)に21mmを付けて、ライカMには50mmや35mmを付けて、2台体制での撮影が多いですね。

◆先ほどライカSL(Typ601)のダイナミックレンジの広さについて触れていた佐藤氏ですが、
廃墟の写真を見ながらこんなことを仰っていました。


特に廃墟の写真を撮影する時なんかは、明暗差がすごいんですよね。
光が当たっている場所と暗部になっている場所がありますから。
 
特にキューバは日差しが強いですからね。
 
そうなんです。だから、ライカSL(Typ601)になってダイナミックレンジが上がってだいぶ撮りやすくなりましたね。

◆そして最後に…

佐藤さんの写真って、すごく“音”が伝わってくるような写真だなと感じました。
佐藤さんのフィルターを通しているからなのか、空気感がすごく画になっている印象を受けました。
で、先ほどからラチチュードが凄く広いというお話を何度かお聞きしたのですけれど、「ライカだからこそ撮れる」というか、「なぜライカ」とかそういったものってあるんですか?
 
言い古されていることだとは思うんですけど、やっぱり撮られる側があんまり構えないというのはあると思います。
ライカS(Typ007)だとやっぱり大きいので、ちょっと「おっ」と思われがちなんですけど、特に海外に行ったとき…例えばアジアとかアフリカの発展途上にある国だと、これは別に悪い意味ではなくて“ライカを知らない”ことが多いんですよね。そういうところに家電的な形で知られている他社のカメラを持っていくと凄くじろじろ見られたりするんですけど、ライカだとなかなか知られていないというのもあって、撮られる側も緊張しないというのがデジタルになった今でもありますよね。
 
どうしてもカメラを意識してカメラ目線になってしまったりすると思うんですけど、 そうならずに自然な雰囲気が撮れるというのは、やはりライカだからこそ撮れる写真ということなんでしょうね。
 
それはあると思いますよ。やっぱり本当に。
 
大きい一眼レフカメラを縦に構えたりするとすごく背が高くなってしまいますけど、 ライカって(ボディが小さいので)こじんまりと撮影することができるんですよね。 だからやっぱり被写体も緊張しないで撮れるという利点は凄くありますよね。




[ Category:Leica|掲載日時:10月05日 10時15分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【SONY】 α7IIと冬真っ盛りの北海道へ(後編) 【SONY】 α7IIと冬真っ盛りの北海道へ(後編) 2018年02月19日
前回に引き続き冬の道央、上川地方を旅してまいります。 昨日掲載の別スタッフの記事を見て、社内に真冬の北海道を旅しているスタッフがいたのかと驚きました。 ご覧の皆様も定番の夏に限らず、冬の北海道はいかがでしょうか。きっとその美しさに魅せられます。 SONY α7II + RAYQUAL PK-SαE + PENTAX FA31mm F1.8 Limited (1/60s f/2.8 ISO2000) 雪を照らす豆球の光が優しく、心が洗われます。 時間に追われ目まぐるしく状況が変わる都会も悪くはありませんが、 このような心穏やかな環境も私は大変...
続きを読む
【Leica】Leicaと行く北海道旅行 【Leica】ズマールと行く北海道旅行 2018年02月18日
冬の寒さが最も厳しくなる2月。札幌で行われるさっぽろ雪まつりを終着点に設定し、5泊6日の北海道旅行へと行ってきました。 持って行った機材は『SONY α7II』と『Leica ズマール L50mm F2』と『Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM』の計3点。今回のマップタイムズでは、その中でも『SONY α7II』と『Leica ズマール L50mm F2』の組み合わせで撮影した写真をご紹介いたします。 時期はすこしずれていますが、別のスタッフも最近北海道旅行に行っていたよう...
続きを読む
【Leica】ライブ撮影 with SL (Typ601) + ノクティルックス その2 【Leica】ライブ撮影 with SL (Typ601) + ノクティルックス その2 2018年02月17日
50mm F0.95 1/125秒 ISO3200 皆様こんにちは! 本日載せるのは、去年私が追いかけていたバンドの定例ライブの最終回(12月開催)です。 11月に行ったライブ風景はコチラ! ボーカルはライブが始まる前にお客さんとオセロで勝負。 ボーカルが黒、お客さんが白。果たして勝敗は…。後程、載せます。 50mm F0.95 1/125秒 ISO2500 ほぼ毎月撮っている場所なので、何となくですがホームに来た感があります。 撮っていて落ち着くと言いますか。 24mm F1.4 1/125秒 ISO5000 今回はズミルック...
続きを読む
Bergger Pancro 400 フィルム紹介 『BERGGER Pancro 400』 2018年02月17日
2000年代以降デジタルカメラの台頭によりフィルムの需要が減少し、 フィルムのバリエーションも年を追うごとに少なくなってきています。 しかし最近では、SNSの影響などもありフィルムカメラへの関心が高まっています。 街中でも首からフィルムカメラを下げている方を多く見かけるようになりました。 フィルムカメラの写りの要になってくるのがレンズとフィルムです。 レンズ選びもさることながら、どのフィルムがその撮影に適しているのか、自分好みなのか選ぶことは悩みどころです。 そこでこのブロ...
続きを読む
【FUJIFILM】Xスペシャルイベントレポート 【FUJIFILM】Xスペシャルイベントレポート 2018年02月16日
X-T2、X-Pro2に次ぐフジフイルム第3のフラッグシップ機として2018年2月15日に発表された『FUJIFILM X-H1』。中判ミラーレス機GFX 50Sを彷彿とさせる外観と、Xシリーズ初の最大5.5段分のボディ内手ブレ補正機能が搭載された本機の登場に驚かれた方も多いのではないでしょうか。 今回マップタイムズでは、同日に開催された『FUJIFILM Xスペシャルイベント』の様子をお伝えいたします。 開催場所は、港区・赤坂。 事前申込制で先着200名限定のイベントだったので...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]