プロカメラマンによるライカトーク『5人のライカ』~第一部『旅とライカ』Part.1~ » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language




「5人のライカ」イベントレポート
第一部「旅とライカ Part.1」 第一部「旅とライカ Part.2」 第一部「旅とライカ Part.3」
第二部「ライカトークバトル Part.1」 第二部「ライカトークバトル Part.2」 第二部「ライカトークバトル Part.3」

2016年8月13日(土)は、マップカメラの創業日。おかげさまでマップカメラは22周年を迎えることが出来ました。
これもひとえに、日頃マップカメラをご利用いただいているお客様のおかげです。
そんなお客様へ感謝の気持ちをこめて、マップカメラでは「5人のライカ」と題しまして、プロカメラマンの方々をお招きしてライカトークショーを開催いたしました。
今回は、そんな記念すべきイベントの一部始終をレポートとして皆様にお届けしたいと思います。

まずは、第一部。佐藤健寿氏とコムロミホ氏による「旅とライカ」のレポートをご覧ください。




◆世界各地を旅している佐藤健寿氏に「旅とライカ」とは何か?お話を伺いしました。

ライカは携帯性が高くて高画質。旅には一番良いというのが自分の経験則です。
もともとM型ライカを使っていて、今はライカSL(Typ601)をメインで使用しています。余裕があるときはライカS(Typ007)も。
ライカSL(Typ601)には主に21mm(ズミルックス M21mm F1.4 ASPH)を付けていますが、広角で明るいレンズはなかなか無いので非常に良いです。

◆ここから先は、実際の写真を交えてご覧いただきます!


こういう写真は昔だと空の色が飛んだりとか、どちらかに色が飛んでしまうパターンが多かったんですけど、今だとだいぶそれも抑えられています。
 
確かに、空のグラデーションもしっかりと残っていますね。望遠ならではの圧縮効果も素晴らしいです。
 
やっぱりフィルムと同じくらいのラチチュード(デジタルで言うダイナミックレンジのこと)は出ているのではないかと思います。
 

◆ここから闘鶏場での撮影の話へ。
闘鶏場というともちろん動き物の撮影になりますが、 ライカSL(Typ601)で連写を使用しながら撮影をしたと語る佐藤氏。

こういった動体撮影は、やはりM型だとなかなか厳しいかなとは思うんです。
闘鶏場での撮影の際もライカSL(Typ601)に21mmを付けて使っていたんですけど、本当はもともとM型で使っていて。でもそうするとどうしてもファインダーを使わないといけない。
EVFだとどうしても遅れやシャッターラグがあるんですけど、ライカSL(Typ601)になってからはフルでEVFが見れるので凄く使い勝手が良くなりました。
普段はライカSL(Typ601)に21mmを付けて、ライカMには50mmや35mmを付けて、2台体制での撮影が多いですね。

◆先ほどライカSL(Typ601)のダイナミックレンジの広さについて触れていた佐藤氏ですが、
廃墟の写真を見ながらこんなことを仰っていました。


特に廃墟の写真を撮影する時なんかは、明暗差がすごいんですよね。
光が当たっている場所と暗部になっている場所がありますから。
 
特にキューバは日差しが強いですからね。
 
そうなんです。だから、ライカSL(Typ601)になってダイナミックレンジが上がってだいぶ撮りやすくなりましたね。

◆そして最後に…

佐藤さんの写真って、すごく“音”が伝わってくるような写真だなと感じました。
佐藤さんのフィルターを通しているからなのか、空気感がすごく画になっている印象を受けました。
で、先ほどからラチチュードが凄く広いというお話を何度かお聞きしたのですけれど、「ライカだからこそ撮れる」というか、「なぜライカ」とかそういったものってあるんですか?
 
言い古されていることだとは思うんですけど、やっぱり撮られる側があんまり構えないというのはあると思います。
ライカS(Typ007)だとやっぱり大きいので、ちょっと「おっ」と思われがちなんですけど、特に海外に行ったとき…例えばアジアとかアフリカの発展途上にある国だと、これは別に悪い意味ではなくて“ライカを知らない”ことが多いんですよね。そういうところに家電的な形で知られている他社のカメラを持っていくと凄くじろじろ見られたりするんですけど、ライカだとなかなか知られていないというのもあって、撮られる側も緊張しないというのがデジタルになった今でもありますよね。
 
どうしてもカメラを意識してカメラ目線になってしまったりすると思うんですけど、 そうならずに自然な雰囲気が撮れるというのは、やはりライカだからこそ撮れる写真ということなんでしょうね。
 
それはあると思いますよ。やっぱり本当に。
 
大きい一眼レフカメラを縦に構えたりするとすごく背が高くなってしまいますけど、 ライカって(ボディが小さいので)こじんまりと撮影することができるんですよね。 だからやっぱり被写体も緊張しないで撮れるという利点は凄くありますよね。




[ Category:Leica]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

大きいはお得がいっぱい! フルサイズセンサー機のススメ! 大きいはお得がいっぱい! フルサイズセンサー機のススメ! 2017年07月22日
皆様こんにちは! デジタルカメラを新しく買う時に気にすることって幾つかありますね。 カメラの大きさや重さ、画素数、連写スピード…etc. そしてセンサーの大きさも重要です! 昔のフィルムカメラは35mm判フィルム(36x24mmサイズ)が主流でした。 しかし、デジタルカメラの時代になってからは マイクロフォーサーズ(17.3x13mm)やAPS-C(23.6x15.8mm)など多種多様な種類が登場しました。 その為、モデルによって採用しているセンサーの大きさが違っています。 様々な種類がある中で「センサー...
続きを読む
null 【SONY】αプレミアムキャンペーンも残りあと10日です! 2017年07月21日
皆様、こんにちは。 連日暑い日が続く中、梅雨明けが発表されましたがいかがお過ごしでしょうか。 現在好評をいただいている、ソニーのキャッシュバックキャンペーンですが 7月31日まで継続中です!! (↑上記バナーをクリックするとキャンペーン特設サイトにジャンプします) 今回の対象商品は α7II型のシリーズと 一部のFEレンズが対象です。 そしてなんと応募者全員に ボディなら最大¥30,000 レンズなら¥10,000 のキャッシュバック!! 期間は2017年5月19日(金)~2017年7月31...
続きを読む
【Leica】更に洗練されたミラーレスカメラ!TL2ご予約受付中!! 【Leica】更に洗練されたミラーレスカメラ!TL2ご予約受付中!! 2017年07月20日
昨年11月に発売されたLeica TLが更にパワーアップして登場! その名もLeica TL2 ・新開発の有効画素数2424万画素の高性能CMOSセンサーにより、 優れたダイナミックレンジやコントラスト・色再現性・シャープネスを実現! 更に美しい描写が楽しめます。 ・映像エンジンがQ(Typ116)等に採用されている「LEICA MAESTRO II」にグレードアップ! オートフォーカスの高速化はもちろん、4Kやスローモーション動画にも対応! ・新開発の電子シャッターで1/40000秒の超高速シャッターが可能に! 連写...
続きを読む
【TAMRON】18-400mm F3.5-6.3 Model B028 本日発売! 【TAMRON】18-400mm F3.5-6.3 Model B028 本日発売! 2017年07月20日
世界初の超望遠高倍率ズームレンズ 本日発売!! TAMRON 18-400mm F3.5-6.3 DiII VC HLD Model B028 キヤノン、ニコン用APS-Cサイズ向けレンズ 世界で初めてAPS-Cサイズ用として18-400mmまでの焦点距離、ズーム比22.2倍を実現。 望遠端400mmは、35mm判換算で620mm相当の画角となる超望遠撮影を可能とし、 迫力ある画面作りを1本のレンズで手軽に楽しむことができるようになりました。 最新の光学設計、独自開発のHLDオートフォーカスモーター、手ブレ補正機構の搭載など、 ...
続きを読む
【Leica】一風変わったMDa入荷しました! 【Leica】一風変わったMDa入荷しました! 2017年07月20日
皆様こんにちは! 今回もちょっと珍しいカメラが入荷しましたのでPick upしてご紹介します。 Leica MDa のリペイント(後塗り)が2台! Leica MDa自体が珍しいのですが、元々ボディカラーはシルバーのみでした。 MDaについてはをクリック! 今回は、薄い緑色のハンマートーンとブラックです。 ハンマートーンと言えば、Leicaでは限定モデルに時々登場する、 表面の凹凸が、光の当たり方や角度によって様々な表情を見せる仕上げですね。 「鉄の表面をハンマーで叩いて、凹凸模様を付けた表面...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]