Select Language



プロカメラマンによるライカトーク『5人のライカ』~第一部『旅とライカ』Part.1~

[ Category:Leica|掲載日時:2016年10月05日 10時15分]


「5人のライカ」イベントレポート
第一部「旅とライカ Part.1」 第一部「旅とライカ Part.2」 第一部「旅とライカ Part.3」
第二部「ライカトークバトル Part.1」 第二部「ライカトークバトル Part.2」 第二部「ライカトークバトル Part.3」

2016年8月13日(土)は、マップカメラの創業日。おかげさまでマップカメラは22周年を迎えることが出来ました。
これもひとえに、日頃マップカメラをご利用いただいているお客様のおかげです。
そんなお客様へ感謝の気持ちをこめて、マップカメラでは「5人のライカ」と題しまして、プロカメラマンの方々をお招きしてライカトークショーを開催いたしました。
今回は、そんな記念すべきイベントの一部始終をレポートとして皆様にお届けしたいと思います。

まずは、第一部。佐藤健寿氏とコムロミホ氏による「旅とライカ」のレポートをご覧ください。




◆世界各地を旅している佐藤健寿氏に「旅とライカ」とは何か?お話を伺いしました。

ライカは携帯性が高くて高画質。旅には一番良いというのが自分の経験則です。
もともとM型ライカを使っていて、今はライカSL(Typ601)をメインで使用しています。余裕があるときはライカS(Typ007)も。
ライカSL(Typ601)には主に21mm(ズミルックス M21mm F1.4 ASPH)を付けていますが、広角で明るいレンズはなかなか無いので非常に良いです。

◆ここから先は、実際の写真を交えてご覧いただきます!


こういう写真は昔だと空の色が飛んだりとか、どちらかに色が飛んでしまうパターンが多かったんですけど、今だとだいぶそれも抑えられています。
 
確かに、空のグラデーションもしっかりと残っていますね。望遠ならではの圧縮効果も素晴らしいです。
 
やっぱりフィルムと同じくらいのラチチュード(デジタルで言うダイナミックレンジのこと)は出ているのではないかと思います。
 

◆ここから闘鶏場での撮影の話へ。
闘鶏場というともちろん動き物の撮影になりますが、 ライカSL(Typ601)で連写を使用しながら撮影をしたと語る佐藤氏。

こういった動体撮影は、やはりM型だとなかなか厳しいかなとは思うんです。
闘鶏場での撮影の際もライカSL(Typ601)に21mmを付けて使っていたんですけど、本当はもともとM型で使っていて。でもそうするとどうしてもファインダーを使わないといけない。
EVFだとどうしても遅れやシャッターラグがあるんですけど、ライカSL(Typ601)になってからはフルでEVFが見れるので凄く使い勝手が良くなりました。
普段はライカSL(Typ601)に21mmを付けて、ライカMには50mmや35mmを付けて、2台体制での撮影が多いですね。

◆先ほどライカSL(Typ601)のダイナミックレンジの広さについて触れていた佐藤氏ですが、
廃墟の写真を見ながらこんなことを仰っていました。


特に廃墟の写真を撮影する時なんかは、明暗差がすごいんですよね。
光が当たっている場所と暗部になっている場所がありますから。
 
特にキューバは日差しが強いですからね。
 
そうなんです。だから、ライカSL(Typ601)になってダイナミックレンジが上がってだいぶ撮りやすくなりましたね。

◆そして最後に…

佐藤さんの写真って、すごく“音”が伝わってくるような写真だなと感じました。
佐藤さんのフィルターを通しているからなのか、空気感がすごく画になっている印象を受けました。
で、先ほどからラチチュードが凄く広いというお話を何度かお聞きしたのですけれど、「ライカだからこそ撮れる」というか、「なぜライカ」とかそういったものってあるんですか?
 
言い古されていることだとは思うんですけど、やっぱり撮られる側があんまり構えないというのはあると思います。
ライカS(Typ007)だとやっぱり大きいので、ちょっと「おっ」と思われがちなんですけど、特に海外に行ったとき…例えばアジアとかアフリカの発展途上にある国だと、これは別に悪い意味ではなくて“ライカを知らない”ことが多いんですよね。そういうところに家電的な形で知られている他社のカメラを持っていくと凄くじろじろ見られたりするんですけど、ライカだとなかなか知られていないというのもあって、撮られる側も緊張しないというのがデジタルになった今でもありますよね。
 
どうしてもカメラを意識してカメラ目線になってしまったりすると思うんですけど、 そうならずに自然な雰囲気が撮れるというのは、やはりライカだからこそ撮れる写真ということなんでしょうね。
 
それはあると思いますよ。やっぱり本当に。
 
大きい一眼レフカメラを縦に構えたりするとすごく背が高くなってしまいますけど、 ライカって(ボディが小さいので)こじんまりと撮影することができるんですよね。 だからやっぱり被写体も緊張しないで撮れるという利点は凄くありますよね。




[ Category:Leica|掲載日時:2016年10月05日 10時15分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【24人の24mm】ZEROの愉しみ。SONY RX0 2018年07月21日
ZEROの愉しみ。SONY RX0 SONY RX0のリリースを見たとき、このカメラに異様な違和感を覚えた。 アクションカムでもなく、コンパクトカメラでもないスタイリングと性能。 実際に手に取ってみると各ボタンはとても小さく押しにくい。 ブロック状のカメラは、持ちにくいし写真を確認する液晶モニターは お世辞にも見やすいとは言えない。 しかし強烈なインパクトは頭から離れない。そのカメラを街の中に持ちだしてみた。 まずは、一枚。小さい画面を覗きこみながら撮影する...
続きを読む
Nikon COOLPIX P900 【Nikon】旅のお供にNikon P900 2018年07月21日
 ついにP900の後継機種COOLPIX P1000が海外で発表されました。  P900が24-2000mm相当の光学83倍ズームレンズであったのに対し、P1000は24-3000mm相当の光学125倍ズームレンズとさらに倍率を上げ、競合する相手のいないまさしくモンスターマシンといえるデジタルカメラです。倍率以外ではホットシューが追加され、より高解像度にパワーアップした電子ビューファインダーになったのも大きな変化でしょう。  国内発表はまだですが、そう遠くないうちに日本のニコンもP1000の発表をしてくれると思いま...
続きを読む
null 【BLACK TAG】写真家・小林幹幸氏監修『TYPE208』 2018年07月20日
    プロ写真家のニーズに答えた商品を展開するマップカメラオリジナルブランド「BLACK TAG」に写真家・小林幹幸氏が自らデザインしたトートバッグ『メッセージキャンバストートバッグ TYPE208』が出来上がりました。 カラーはマリンブルーとカーキグリーンの2色。今までブラックを基調に展開していましたが小林氏の要望からシリーズ初のカラー商品になります。   小林幹幸氏が提唱するテーマが裏表にプリントされています。 「カメラと友人に」の意で「CAMERA & FRIE...
続きを読む
null 【24人の24mm】 24mmでENJOY!SUMMER 2018年07月20日
遂にマップカメラ創業祭がはじまりました!それに合わせまして、本日より『24人の24mm』というブログ企画をスタートします。創業24周年の“24”に掛け、マップカメラスタッフ24人が24mm(換算)で撮影した写真ブログを24日間掲載していく本企画。皆同じ24mmでも撮る人が変われば写真も変わる、そういった面白さを感じていただければ幸いです。ぜひお楽しみください! 24mmで ENJOY!SUMMER 夏です。暑いです。これはもうキャンプに行くしかないです。 そんなわけで向かった...
続きを読む
null アナログが熱い夏。 2018年07月20日
デジタルカメラがまだまだ高価だった時代、思い出を残す媒体の主流だったネガフィルム。 ネガフィルムはプリントして楽しむものなので、紙写真で鑑賞したという方、きっと多くいらっしゃると思います。 10年前のヘビーローテーションフィルム「Kodak Ultra Color 400 UC」で撮影した1コマを複写して、軟調に補正した1枚。 紙写真で見ていた画像はハイライトが少々白トビしていたものの、デジタル化して調整を行うと情報が次々と出てきました。 きちんと整備されたレンズと、必要十分な露光...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]